アメリ さん プロフィール

  •  
アメリさん: ツアーコンダクターの四季
ハンドル名アメリ さん
ブログタイトルツアーコンダクターの四季
ブログURLhttps://ameblo.jp/tourshop/
サイト紹介文添乗とカフェのお仕事大好き。 美味しいものと綺麗なものでのんびり生きてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2011/08/04 16:42

アメリ さんのブログ記事

  • 保護者に慰められる
  • 海外から帰国し久々、保育園で子供達を迎える朝いつもは、こちらを見るなり手をバタバタさせて笑ってくれる子供達なのにシラ〜ッ・・・あんた誰?もう帰って来たの?別にいいのに。みたいな冷たい視線をこちらに向けるゼロ歳一歳児たちまだ歩けない彼らを保護者から抱っこで受けるのだが泣きこそしないものの、心なしか距離を感じる。私だけの思い過ごしじゃない証拠に保護者が、「あらら〜どうしたんでしょう笑○○ちゃん、先生大 [続きを読む]
  • サラからのクリスマスプレゼント
  • いつもいつも温かい思いやりで私の英国滞在を彩ってくれるサラ今回は私が新しいスマホカバーを探してることをさりげなくキャッチしてたらしくハイ!これ!と、渡されて開けてみたらKate spadeのスマホカバーとOsprey のパーティバッグ、サラー!奮発し過ぎ〜私が何をあげたかって恥ずかしくてここに書けません。絶対、大事にするからね! [続きを読む]
  • No7のコスメ
  • たまーに実年齢より若く見られることがある。添乗中は、空調の中で過ごすことが多く炎天下で観光したり冬場は、顔を洗わず寝たりしてるのに何故だろうと考えた時20代の頃から使ってるランコムのお蔭かなと。Diorのホワイトシリーズも効いてるかもしれない。それプラスここ数年は英国製No7が加わりました。今回は、リキッドファンデーションと口紅セーラムを購入しました。クリームも値段の割に優れものです。ストックが少なくなっ [続きを読む]
  • ロイヤルオペラハウス「カバレリア・ルスティカーナ」
  • もはやロンドンのみならず世界にその名を広めておられる椿姫さん今回も良席ありがとうございます!曲が素晴らしい。マスカーニ一番の出世作。上は、オペラ前に食事をする館内レストラン他にも2カ所あります。要予約。オペラ前に、椿姫さんとボンドストリートの指定されたDebenham5階カフェで会いました。穴場!椿姫さん、相変わらず独身生活(笑)を謳歌してるのが外見にそのまま現れてまるで30代。前日会った友人(ポプラさん)の、こ [続きを読む]
  • 人を「ズレてる」と批判する人の「私が(オレが)法律」
  • 人が何に不満を感じ、怒りや違和感を覚えるかは立場やおかれてる環境によって違うと思う。だから、大抵の人の見解や、それへの反論を聞いてもあー同じ同じ!か自分はこう思う!なのだが時に、人を「ズレてる」と表現する人を見るとたいした自信だなあと驚かされるのです。ズレてるということは、「自分が軸(基本)であってあなたはそこからズレてますよ」ということですよね?つまり、自分が法律のよう。ごくたまにいます。この表現 [続きを読む]
  • 土曜の朝の幸せ
  • カフェでのイングリッシュブレックファースト。今日も快晴のロンドン、空気が透明ゆるやかに時間が流れるカフェ店内BGMは、クラプトンJとのランチの時は、気を利かせて私の好きなコールドプレイをかけてくれたのでした。なんだか優雅ねーとお思いの方ブログってね、Facebookもそうだけど良いことを描くと、それだけのように思われがち例えば、私は毎回休暇だけで来てるわけではない。今回も教会でのボランティア、保育園手伝いサン [続きを読む]
  • 友人関係は狭く深く
  • 毎度おなじみ英国の友ウィンブルドンのJ宅でランチ外での約束だったが突如、うち来ない?となった。それにしても、いつふいに訪れても家の中がきれいです。息子三人とは思えない。(それぞれ家を出てるのに代わる代わる帰ってくる。)憧れるわ。「アメリの家もきれいでしょ?」とJやめて、やめて!せっかく良い気分でいるのに思い出させないで。お庭もきれい。このお宅もけっこう長く招かれたり泊まったりしている。一からお互いのお [続きを読む]
  • ロンドンO&Cクラブ☆シャンパンナイト
  • おしゃれが面倒で(←女として終わったね)しばらく行かなかったオックスフォード&ケンブリッジクラブのメンバーズシャンパンナイト。なぜ卒業生でもないのにこんなに何度も訪れているかといえばロンドンで親しくしてる人達に卒業生が多いことは書いてきたがここは偉大なる卒業生たちのメンバーフィーで維持されてるらしくそれはけっして安くはないようなのだ。で、メンバーは、私の友人たちだけかもしれないが頻繁に、ここを利用し [続きを読む]
  • 熊本市議員にみる「子連れ」母の身勝手さ
  • 以前にアップしたことあるがロンドンの教会で開かれた開演夕刻の日英合唱団クリスマスコンサート教会内にコンサート中、鳴り響いた泣き声は日本人子供たちのものだけだった。どんなに暖房を効かせていても、広い教会は肌寒く席は子供にとって堪え難い閉塞感、眠い時間帯空腹、保育士の立場から言わせていただくと大勢の大人が集まる場所は子供の月齢によっては不衛生そこで我慢させる2時間泣くなという方が無理でしょう。子供にと [続きを読む]
  • ”ホームレスの人用の自販機”
  • やはり英国には勝てない。勝ち負けの問題じゃないけど認めざるをえません。この国の偉大さを。日本だって、一応頑張ってるようなのだ。厚労省も住宅困窮者用住宅を計画している。(この空き家余りの日本で新たに建設(笑))いろいろ試みるんだけど、都内某区の警察署長が英国中にあるOxfamなどのチャリティーショップを見て「日本では120パーセント無理」「悪の温床になる。」と言われたように店舗経営の方達が、「日本では給料払って [続きを読む]
  • 川口祖父母殺害少年と児童虐待、犯罪大国日本にプロはいない?
  • 普段フジは見ないけど今日は見てよかった。仕事柄、見るべきと思ってた。今、Mr.サンデーで学校にも行けずラブホテルで寝泊りを続けそこを追い出された後は野外テントで寝泊りしてた男の子の話が取り上げられている。最後は実の母親立川千明によって祖父母殺人を強要されて懲役15年となってしまった。母親はなんとわずか4年6ヶ月の刑期「誰が納得しますかね?」と宮根さん誰も納得しません。刑務所から出てくるな!ブス!関係ない [続きを読む]
  • 紅葉の荻窪大田黒公園
  • 一週間ブログ更新を怠ってると、友人たちが不安がる。このご時世、海外のどこにいるのかと。理由は数年前の渋谷スパガス爆発至近距離に住んでた私と連絡取れないと周りが騒いだ。海外のWiFi環境の悪いホテルにいただけなのだが。帰国後、メール返信に追われた経験から近況を、特に添乗に出る人間はマメにアップするのが礼儀・・・と反省したものの、いやー、赤ちゃんを一日中抱っこしたり世話してるとねー週末、本当に久々ラグビー [続きを読む]
  • 公共乗り物の恐ろしさ
  • 読者友達から この頃、日本のニュースに怒ってないねと言われた。 いや、怒ってるんだけど 気力が続かないというか・・・ 跡をたたない施設職員による殺人、虐待 警察や教師によるドロボウやわいせつ事件 他の先進国なら大問題となる事件がここ日本では毎日のことだから。 逆に、人々の大きなインパクトとならず 「日本は平和な国」などという嘘いつわり話が横行してるのは、いいのか悪いのか。 先日、ツアーのお客様が還付金詐欺 [続きを読む]
  • 子供に見せたくないCM「さとふる」
  • どういう人間が作ったのだろう。 どういう会社のどんな種類の役員達が許可したのだろう。 うるさいオバカタレントの鈴木奈々が出て来て耳障り 世の中には、うるさい人間とバカが苦手と言う人少なくないと思う。彼女はWである。 鈴木奈々が出てきたらチャンネル変えたくなるわとこぼしたら あれ?変えないの?オレ消すよと男友達 何だかだで価値観同じだから続いてると感じるのはこういう時 私達は鈴木奈々本人に何の恨みもない。た [続きを読む]
  • 離れたくないゼロ歳、一歳児
  • 子供の頃、日曜日夕方の「サザエさん」が流れると少し寂しくなった。あー、明日からまた学校かあ・・・学校は行ってしまえば大好きで放課後も校庭でドッジボールなどしてなかなか帰宅せず叱られてたが朝起きるのと算数がイヤだった。中学時代は、数学で0点を取ったぐらい。私の前後何年かに0点は出てないと後に先生はキッパリおっしゃった。ところが今、日曜の夜が嬉しい。あと何時間かで、お風呂入って眠れば翌朝には子供達に会え [続きを読む]
  • クイーンズタウン のシーフード
  • 湖畔のOKショップここには、とても感じの良い日本人青年が接客しています。そのアーケード内にある有名シーフードレストランfinsランチはやっていないため今回はお隣でしたが、ここのシーフードも本当に美味しいです。白ワインとよく合うムール貝ベルギーと双璧もしくはムール貝そのものの大きさならこちらが勝ってました。つい先日食べたばかりなのにまた行きたい。 [続きを読む]
  • オリエント急行パリ-ベニス間一泊二日
  • ロンドンで親しくさせていただいてるポプラさんのブログにオリエント急行話がアップされてたので良い機会、私も最近はまってるアルバム整理の中から紹介させていただきます。鉄道旅行ブームの昨今これから鉄道車中泊の旅を検討されてる方に参考になれば幸いです。*お客様撮影アルバムなので、これでもかと添乗員(私)が出てきます。すみません。パリ東駅ホームのオリエント急行専用カウンターでこのようにチェックインします。行程 [続きを読む]
  • 快晴のテカポ湖と善き羊飼いの教会
  • 素晴らしいお天気に恵まれました。写真でこの感動を伝えることは難しい。やはり肉眼に勝るものなしといっても、私の腕が未熟なだけなんですけど。善き羊飼いの教会ではざーっと入って、寄付もせず騒ぐだけ騒いで退出する団体が悲しい。(ほとんど日本、韓国、中国・・・)ここ、教会です。観光スポットになってしまっているけどでも、教会なのです・・・ [続きを読む]
  • マウントクック☆パーフェクト!
  • アオラキのマウントクックニュージーランドツアーでは欠かせないスポットですが、頂上まで見える確率3割。ここは国立公園の中でショッピングモールも土産屋もスーパーも美術館もありません。この潔さが好きなんだけどでも、逆に言うと雨が降ったらすることなし本当にツアコンにとって試練の場となります。天文ツアー、オーロラツアー、スイスツアーなど天候に左右されるツアーしかり。前回のハーミテージ泊では、ほとんど何も見え [続きを読む]