hagetaka225 さん プロフィール

  •  
hagetaka225さん: 風が吹いている
ハンドル名hagetaka225 さん
ブログタイトル風が吹いている
ブログURLhttp://getricher.seesaa.net/
サイト紹介文あたなの人生に一服の刺激を加えたい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2011/08/04 17:45

hagetaka225 さんのブログ記事

  • 音楽は消耗品?
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 音楽は消耗品?▼師走のいち日、北陸で古き良き音響に浸る機会を得た。金沢蓄音器館でのことである。市内で長年、レコード店を営んできた男性のコレクションなど約600台と3万枚ものSP盤が集まる。数分おきに針を上げ下げせねばならないが、その手間も含め素朴な味わいだ。▼音の出るラッパの形に工夫があるものや仏壇のような高級機種など。生演奏に近い音を追い求めた情熱に触れ、背筋 [続きを読む]
  • 日本人に、もっと毒を!
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 日本人に、もっと毒を!汚い、といって電車のつり革に触らない人は、逆に不健康だと思う。毒気など無縁の顔で理想ばかり語っていた政治家は、あっさりと折れてしまった。お人好しがどれだけ罪かということを自覚しない国が、外交で失敗ばかりする。毒とは何かを知らない子供ほど、人に平気で毒をかける。あるいは自分にさえ毒をかけて、あっさりと死んでしまう。あるいは「人に嫌われたくな [続きを読む]
  • 遠ざかろうとする伝統を少しでも引き戻すため
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 遠ざかろうとする伝統を少しでも引き戻すため▼明治の昔はめいめいのお膳だったのが、ちゃぶ台にかわり、やがてダイニングテーブルに――。食卓の変化は時代を映す。かつては、家の中での地位を示し、しつけの場としての役割も担った食事の席は、戦後、一家だんらんを象徴する場となった。現在はどうだろう。▼約20年間、1960年以降に生まれた親がいる家庭の食事を追った岩村暢子さんの新著 [続きを読む]
  • 誰かが決めた限界なんて関係ない!
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 誰かが決めた限界なんて関係ない!運命なんてただの言葉。誰もが無限の可能性を持って生まれてくる。なのにみんな、いつしかそれを忘れて、どこかで拾ってきた限界ってやつに自分を押し込もうとする。まあ、しょうがない、僕のミノホドはこの位だと、もっと小さく身を縮めなきゃと。全部でっち上げ、ただの思い込み。誰かのルールでプレイするのはもう終わりだ。空気を読まずに勝負を挑め。 [続きを読む]
  • 夢中って無敵だ!
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 夢中って無敵だ!誰かに決められたことをやるのはもう終わり。これからは自分のやりたいことを思いっきりやれる時代。勉強も、仕事も、趣味も、夢中になれば何だってできる。いや、本当に夢とか希望とか持っていないといけないのか。世間から認められたい。何者かになりたい。だけど、他人と比べられたくない。誰かが決めた「自分らしさ」より、自分に正直でいたい。今この瞬間に夢中になれ [続きを読む]
  • 企業間のつぶし合いとさらなる独占
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 企業間のつぶし合いとさらなる独占▼「プライバシーは罪である」。現在公開中の米映画「ザ・サークル」は、そんな社是を掲げた架空のIT(情報技術)企業「サークル」が舞台だ。世界の検索需要の9割を握り、交流サイト会員は30億人。街にはカメラを置き人々の個人情報を絶え間なく蓄積していく。▼こう書くと秘密結社めくが、1万人が働くオフィスは明るく設備は整い、若者が憧れる職場だ [続きを読む]
  • NHK「問われる公共性」
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 公共放送の定義が曖昧▼1923年(大正12年)の関東大震災後、焼け野原になった東京では、治安を脅かすデマが広がった。混乱の収束に活躍したのが、まだ珍しかったラジオだ。翌々年に、NHKの前身の組織が本格的な放送を始めた。災害時の報道はNHKの祖業のようなものといえる。▼英語や裁縫、手芸といった講座やラジオドラマが放送開始の年に始まり、番組制作費用をまかなおうと、利用者 [続きを読む]
  • 未来をどこまで想像できるか
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 未来をどこまで想像できるか進みつづける時間の先に、何を見るか。止まることのない時間の向こうに、何を思い描くか。想像したことのない未来は、創造できない。まっすぐな視線の先にしか、新しい常識は現れない。先駆的なアイディアだって、革新的なテクノロジーだって、それは、未来を自由に想像し、未来を強く渇望し、そこに向かおうとするひたむきな意志からしか生まれない。未来とは、 [続きを読む]
  • 言わなければいけない言葉ほど、うまく言えない。
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 言わなければいけない言葉ほど、うまく言えない。この子が大きくなったら、大人同士でいろいろ話がしたいなぁ。親になったあの日、まだ言葉を知らない小さな命を前に、そう願った人も、少なくないはずです。それから、どうですか?親子の会話は、つづいていますか?親と子の関係は磁石に似ているのかも知れません。いちばん近くにいる存在だからこそ、時に強く反発し合う。つい口うるさくな [続きを読む]
  • 常識に噛みつけ。それが勝負の常識。
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 常識に噛みつけ。それが勝負の常識。▼大リーグ史上最高の1番打者と称賛されるのはオークランド・アスレチックスなどで活躍し野球殿堂入りを果たしたリッキー・ヘンダーソン(58)。通算1406盗塁と2295得点は、球史に輝く金字塔だ。今年、アスレチックスの本拠球場が、彼の名に改称された。▼全米のマイナーリーグ、独立リーグを含む300以上の球場を踏破し「球場巡礼」というサイトを立ち [続きを読む]
  • こんなに不思議な幸福な場所はほかにない
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA こんなに不思議な幸福な場所はほかにないいつも、誰かが座っている。それは、世界の真ん中の椅子だから。ある時は、グラスを片手にわたしが。ある時は、読書をする妻が。またある時は、こいつが、ちゃっかり座ったりしている。誰が座ってもいい、我が家のルール。みんな、真ん中が好きだから、ここは世界の真ん中。だから、みんな我が家が大好きだから。こんな場所は、世界にふたつとない。 [続きを読む]
  • 挑みつづけるかぎり負けはない
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 挑みつづけるかぎり負けはないまだなにも決まってはいない。レールになんて乗るな。ここからはなんだってありだ。着せられた制服も貼られたレッテルも誰かの勝手な期待も邪魔だったら捨てればいい。何かになりたい? だったら、あなたがなればいいだけ。遠慮なんかしてる場合じゃない。動け。ぶつかれ。不可能を乗り越えるほどあなたはもっとうまく、もっと強くなれるはず。挑みつづけるか [続きを読む]
  • 未来がまた今日はじまる!
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 未来がまた今日はじまる!時は、繰り返す。同じように日は沈み、朝はまたやってきて、季節は巡る。夜しかない世界や、夏しかない国も、宇宙のどこかにあるかもしれないが、同じ時は、ない。時は、いつもはじまりなのだ。新しい朝が生まれ、新しい季節がやってくる。ただ、風のように過ぎていくのが嫌だった。だから時を手元に置きたいと思ったのかもしれない。時は重なり、わたしの時となる [続きを読む]
  • やれることを、やれるときに、やれるだけ!
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA やれることを、やれるときに、やれるだけ!たのしむことをなまけてはいけない。情熱は、運命さえ引き寄せる。見る夢は叶わず、追う夢は叶う。目の前に立ちはだかるのは壁ではなく、扉かもしれない。成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは続ける勇気だ。[お願い] 少しでも参考になった方は、こちらに投票をお願いいたします。       ↓ ↓ ↓ ※応援よろしくお [続きを読む]
  • パイプを閉ざすことにならぬよう
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA パイプを閉ざすことにならぬよう▼いい国つくろう鎌倉幕府。語呂合わせで覚えた年号は忘れにくいものだ。ところが、最新の学説では成立の時期をめぐり他に5説あるという。高校生向け参考書に紹介されていた。源頼朝が守護・地頭の任命権を握った年として1185年が学界で最有力説らしい。▼研究成果を反映し、語呂も変わるかもしれない。「歴史とは現在と過去の尽きることのない対話である」 [続きを読む]
  • 表情って、それだけでギフトだ!
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 表情って、それだけでギフトだ!今年も、特別な季節がやってきた。一年で一番、人が人を思う季節。調べて、悩んで、吟味して。わたしたちはどうして、プレゼントを贈り合うのだろう。それはきっと、大切な人が喜んでくれる、その表情をもらうためなんだと思うのです。表情って、自分だけのものじゃない。人にあげられるものでもあるんだ。笑おう。泣こう。怒ろう。驚こう。悩もう。のめり込 [続きを読む]
  • 主張する、媚びない、忖度しない!
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 主張する、媚びない、忖度しない!▼「いま、どのくらい『女の時代』なのかな。」。西武流通(後のセゾン)グループがこう問いかける広告を新聞に掲載してから37年たつ。言葉の横には打ち掛け姿で結婚式に臨む女性の写真。結婚や育児で仕事を辞めても再就職制度がありますよ、と訴える内容だった。▼コピーを書いた糸井重里氏が用意した案は、実は「人材、嫁ぐ。」だった。女性を人材と認め [続きを読む]
  • 目標は漂流し続けている!
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 目標は漂流し続けている!▼冬になると日本海の上空は、一面低い雲に覆われる。季節風に揺られ、乗組員らはどんなに心細かったろう。今年も北朝鮮からの木造船の漂流や漂着が続く。日本の港でなら50年前でさえ見なかった古びた型。文字通り「板子(いたご)一枚下は地獄」の操業だったのではないか。▼経済制裁の中、漁獲に活路を見いだそうとの国策のようだ。とりわけ、食糧が不足しがちな [続きを読む]
  • ゼロから再出発する覚悟が欲しいものだ
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA ゼロから再出発する覚悟が欲しいものだ▼当選の喜びに沸く選挙事務所みたいな光景だった。バンザイ、バンザイ、バンザーイ――。大相撲九州場所の千秋楽、40回目の優勝を決めた横綱白鵬が表彰式恒例のインタビューの締めくくりに、満員の観客に「バンザイ」を促し、盛大に三唱した先日の出来事である。▼暴行事件の現場にいた当事者が・・・と横綱審議会は苦言を呈したが、あのとき、場内は [続きを読む]
  • ぬるま湯のなかでは経営革新が起こりにくい
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKAぬるま湯のなかでは経営革新が起こりにくい江戸の昔も値下げ要求は珍しくなかった。飛脚の仕事を請け負う江戸日本橋の商人は、取引先の酒問屋や紙問屋に、値下げは勘弁してほしいとの書面を再三にわたって出している。物流博物館(東京・港)の特別展が紹介する飛脚業者の様子は現代の中小企業と重なる。▼大名家から代金の1割減額を求められ、5分引きにとどめようと交渉したが、結局、押 [続きを読む]
  • 目的のない闘い
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 目的のない闘い目的を持たないことが、“わたしの目的”だった。つまり、限定された目的なんか持ちたくない。いつも目的を超えて平気でいる。そこから自分が開けていく。目的なんかない闘いだったが、それだけが、わたしが生を貫いていく筋だった。大人よく、大人たちは若者の気が知れないとか、だらしないとか、自分たちの時代のズレを、若い世代のほうにおっかぶせる。未熟なら未熟なりに [続きを読む]
  • オートメーション化の追求が描く未来予想図
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA オートメーション化の追求が描く未来予想図ロボットたちが人類に歯向い、世界を征服する…なんてSF映画でよく観かけるストーリー。近年は自動化によって多くの仕事が奪われる、なんて未来予測も。本当にフィクションのままでいられるんでしょうか。「オートメーション化」の侵略/72%の人が不安を抱えているアメリカの意見や傾向に関する調査を行うシンクタンク「ピュー研究所」。のべ4,135 [続きを読む]
  • 「みこしを据える」のは敬遠されだした?
  • 【今日のことば】presented by HAGETAKA 「みこしを据える」のは敬遠されだした?▼大阪での勤務時代、会社近くの立ち飲みの店によく通った。元は酒の小売りをしていたが、いつしかミニ居酒屋と化したふうの空間である。手作りのつまみは値段別に棚に置かれ、飲み物も含めて客が自ら運び、伝票に「正」の字を書き込んでいく。セルフ形式だった。▼フロアは省力化され、客も1時間を超える滞在はまれ。阪神タイガースやB級グルメな [続きを読む]