ハノイリビング さん プロフィール

  •  
ハノイリビングさん: 「ハノイリビング」スタッフレポート
ハンドル名ハノイリビング さん
ブログタイトル「ハノイリビング」スタッフレポート
ブログURLhttp://hanoi-living.com/
サイト紹介文ベトナムハノイの旬な不動産情報から生活情報まで「濃さ」にこだわり発信しています
自由文お近くの日本人学校の情報、生活をするための商業施設の場所、日本人の口に合う、安くておいしい「穴場の飲食店 」
など、生活をする上で欠かせない「地に足の着いた細かい情報」なども合わせて発信していこうと思います。
私が一度見て、確かめたモノだけを感想と共に お伝えしていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/08/04 18:49

ハノイリビング さんのブログ記事

  • ベトナムハノイで正月だけOpenするBunの美味しいローカル店のご紹介
  • Bunの美味しい正月限定Openのローカル店ハノイリビングの田口です。さて、ベトナムは今日から新年を迎えました。私達日本人からすると、先月日本で正月のお屠蘇気分に浸ったかと思うと、また違った種類の正月を迎えることになり、なにやら「こそばゆい気持ち」になります。もう私もベトナムに来て6年が経ちました。ベトナムは年明けと同時に華々しく花火を打ち上げます。これが毎年恒例の儀式。丁度私のアパートのベランダからスマ [続きを読む]
  • アパートに夜遅く女性を招き入れるのは御法度!?その後のお話
  • 街中で見かけた新婚さんカップルハノイリビングの田口です。先日、お客様のご案内中に見かけた、街の結婚式。綺麗な新婦さんと、上品そうな新郎さんの素敵な笑顔に、思わず写真を撮ってしまいました。今日は、こんな男女にとって朗報になるお話かと思います。勿論皆さんにも直撃するお話です。私が2011年にハノイに赴任してきて以来、何度となく耳にしてきた「不文律」があります。それは、「異性同士が夜遅くに同じ部屋で過ごすこ [続きを読む]
  • ベトナムハノイに住む「生粋のハノイ人」の数が減っているお話
  • ハノイ市内はいつもと変わらぬ佇まいですハノイリビングの田口です。今日は当社のお母さんスタッフ「マダムHuyenさん」との会話で知った、「へぇ〜」と言うお話を軽くさせていただきます。お客様のご案内が終わり、車で帰社する途中。いつも私は「ハノイリビング女子」と一緒に、お客様のご案内をさせていただく機会が多いのですが・・・中でもハノイリビング歴5年の御大「マダムHuyen」さんと一緒に回ることは、最近とみに減って [続きを読む]
  • 「Vinhomes Times City ? Park Hill」単身向け新築高層アパートのご紹介
  • Park Hillのマンション群ハノイリビングの田口です。ハノイ市内のどこから眺めても必ず目に付く建物があります。ハノイにお住まいの方であれば、毎日嫌でも目にするので、全員ご存知ですね。一つはKim Maに建つ「LOTTE CENTER HANOI」。もう一つは、ハノイ西部に建つ、ベトナムで一番ののっぽビル「CALIDAS LANDMARK72(カリダスランドマーク)」。これらはいずれも韓国が建てたランドマークタワーです。実はもう一つあります。1棟 [続きを読む]
  • ご案内からご入居・契約更新までの流れについて
  • 「部屋を見に行って気に入ったら、しばらくの間予約ってできないのでしょうか?」「入居までにいくらくらいのお金を用意しておけばいいんでしょう?」「日本に居ながらにして、ハノイのお部屋を検討ってできないですかね」「ベトナム人のオーナーとのやりとりや契約更新手続きなどは、代行してもらえるのでしょうか?」日々のお問い合わせでよく受けるご質問です。ハノイ赴任の辞令が降り、慌ただしく準備を始めるケースが大半です [続きを読む]
  • 年老いた親を日本に残して単身赴任するということ、続編
  • おかんと最後に行った「護国神社」の桜の下て゛ハノイリビングの田口です。昨年の2月、同タイトルの記事を書きました。親父を亡くしたときです。「年老いた親を日本に残して単身赴任するということ」それはテト休みに入った初日でした。自分の「死に目」に子供を立ち会わせる配慮など、かけらもない・・・親父の鮮やかなほど、あっけない最後を書かせていただきました。その時は忙しさにかまけて2ヶ月間、ブログが書けずにイライラ [続きを読む]
  • 女性留守宅無断侵入者、その正体は?動機は?一体何?
  • 結論はこのベトナム語に書かれています真犯人、果たしてそれは一体だれ?ハノイリビングの田口です。冒頭のベトナム語のletter。字は上手くありませんが、丁寧に、一生懸命書かれています。ベトナム語に堪能な方が見れば「ほうっ」と感心される内容かもしれません。なぜこの文章が出て来たのか、誰が書いたのか、今日はそのお話をします。お客様からの通報をいただく事件はベトナムの大型連休(4月29日〜5月2日)の間におきました [続きを読む]
  • Vol.21 アパートにベトナム人異性を招き入れる際の注意点(その2)
  • ベトナム発ビジネス情報「Access」に毎月投稿していますベトナム発ビジネス情報雑誌「Access」への投稿記事をアーカイブさせていただきます。順にバックナンバーをこちらのサイトでアップしていきます。何を考え、どんな内容で書かせていただいているかは、こちらの稿で説明させていただいております。ご参考ください。なお、他のバックナンバーをご覧になりたい場合は、次のリンク先をご確認ください。Access投稿記事バックナンバ [続きを読む]
  • 今、こんな日本人がベトナムハノイに来られています!
  • さて、ここから歴史は始まるハノイリビングの田口です。今日は、つい先日お目にかかったとても愉快で豪快で真剣な二人の男(お客様です)をご紹介します。店舗物件を探されていた方です。その方々との出会いは、ある日突然でした。ハノイリビングの日本人専用窓口電話が鳴り、威勢の良い江戸っ子口調で、「今ノイバイ空港についたのよー。お宅は店舗物件取り扱ってる?」慌ててタクシーに乗ったのか、息を弾ませながら、いきなり単刀 [続きを読む]
  • The Hanoi Club(ハノイクラブ)の魅力について Part2
  • ハノイクラブには隠れた素晴らしさがありますハノイリビングの田口です。以前タイ湖東岸エリアにある「The Hanoi Club(ハノイクラブ)」について、その魅力を書かせていただきました。The Hanoi Club(ハノイクラブ)の魅力についてタイ湖東岸エリアと言っても南北に長いので、どのあたりか、念の為にGoogle Mapを付けておきます。老舗のサービスアパートですので、ご存知の方も多いかと思います。Fraser Suitesとの位置関係をご [続きを読む]
  • Thai Nguyenにある日帰り可能な青葉茂る村「Thai Hai Village」をご紹介します
  • 新緑に囲まれてひっそり佇む村がありますハノイリビングの田口です。ある日、また例の方から電話が掛かってきました。いつものように、形を崩さずに、いつもの調子で、「ああ、田口さん。今良いですか?いやぁー、まあ、どうでも良い話なんですがねー」彼のいつもの枕詞です。しかし、その次に飛び出してくる話は、ハノイに3年や4年いたくらいでは、とうてい及びも付かない、突拍子もないお話の場合が多いんです。山岳の少数民族し [続きを読む]
  • Vol.13 「高い家賃だから快適な住まい」とは限らないお話
  • ベトナム発ビジネス情報「Access」に毎月投稿していますベトナム発ビジネス情報雑誌「Access」への投稿記事をアーカイブさせていただきます。順にバックナンバーをこちらのサイトでアップしていきます。何を考え、どんな内容で書かせていただいているかは、こちらの稿で説明させていただいております。ご参考ください。なお、他のバックナンバーをご覧になりたい場合は、次のリンク先をご確認ください。Access投稿記事バックナンバ [続きを読む]
  • Vol.14 ベトナムって「安心・安全」な国・・・のようです
  • ベトナムで渋く発刊されているビジネス情報月刊誌「Access」ベトナム発ビジネス情報雑誌「Access」への投稿記事をアーカイブさせていただきます。順にバックナンバーをこちらのサイトでアップしていきます。何を考え、どんな内容で書かせていただいているかは、こちらの稿で説明させていただいております。ご参考ください。なお、他のバックナンバーをご覧になりたい場合は、次のリンク先をご確認ください。Access投稿記事バックナ [続きを読む]