wsmh さん プロフィール

  •  
wsmhさん: WSMH
ハンドル名wsmh さん
ブログタイトルWSMH
ブログURLhttp://wsmh.net/
サイト紹介文自分のきになることをメモしています。たまに、仕事(Web系)とサーフィンの道具なども書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/08/05 15:52

wsmh さんのブログ記事

  • 日焼け止めスプレーのおすすめランキング!顔・メイクの上からも手軽に
  • 紫外線が強くなってくる春〜夏時期、日焼け止めの使用は必須ですよね。ドラッグストアやデパートでは様々なタイプの日焼け止めが販売されていますが、何を購入すればいいのか迷ってしまった…という方も多いのでは?スプレータイプの日焼け止めはメイクの上からでも塗布することができて手軽に紫外線対策ができるので人気。手も汚すことがなく顔に直接噴霧することができます。今回は日焼け止めスプレーのメリット・デメリットをは [続きを読む]
  • 海水浴やサーフィンに!おすすめ&最強の日焼け止め
  • サーフィンなどのマリンスポーツや海水浴、水遊びをするなら日焼け止めは絶対に手放せないですよね。特に、陽射しが強い夏の海は紫外線も強く、普段使っている日焼け止めだと、水に落ちやすかったり、効果が弱かったりするので「どんな日焼け止めを選んでいいのか…」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は…サーフィン・マリンスポーツ専用の日焼け止め用途にあわせての選び方(スティックタイプやリップタイ [続きを読む]
  • 市販でおすすめ&人気の日焼け止めランキング【2018年】
  • 皆さんは日焼け止めを選ぶ時に何を重要視していますか?UVカットに優れた「SPF」「PA」の数値の高いものや、水や汗に強い「ウォータープルーフ」、馴染みやすいテクスチャーのジェル・乳液タイプかさらっとしたパウダータイプや、ささっと楽に塗れるスプレータイプ、敏感肌にも使える無添加・ノンケミカルのものなど目的や使用感によっても違う様々なタイプの日焼け止めがあります。今回は人気・おすすめの日焼け止め商品の他に、 [続きを読む]
  • 「江の島」光のイベント3選(イルミネーション・灯籠・キャンドル)
  • 江の島は、光のイベントを通年でおこなっています。真夏の8月は1000基の灯籠によるライトアップ「江の島灯籠」秋の10月下旬〜11月初旬は、約7000基のキャンドルに火が灯される「湘南キャンドル」冬の11月下旬〜2月下旬の関東三大イルミネーションに選ばれている光のフェスティバル「湘南の宝石 〜江の島を彩る光と色の祭典〜」冬のイルミネーション「湘南の宝石」が1番有名ですが、夏と秋のイベントも素敵です。下記は、2017年に [続きを読む]
  • 知っておくべきSEOの基礎知識「URL正規化」とは
  • URLの正規化は、SEO内部施策の中で重要だと知っているけど、「具体的に何をチェックしたらいいのかな…」「どうやって正規化の対応したらいいかわからない」とお困りではありませんか?そんな方のために、URLの正規化のために最低限チェックしたほうがいいポイントをまとめました。具体的には、「www有無」「https/httpのリダイレクト」「index.html(index.php)有無」などの基本的な正規化404エラーの正規化やcanonical設定につ [続きを読む]
  • 「江の島岩屋」は数々の伝説が眠る神秘的な洞窟!
  • 江の島の西側に位置する、隠れた穴場スポット「江の島岩屋」。徒歩で向かうとかなりの距離がありますが、弁天橋から出航している遊覧船「べんてん丸」を使うとスムースにたどり着く事ができます。岩屋の前には磯遊びができる岩場が広がり、小さいカニやエビなどを捕まえたりもできるので子供たちの遊び場としておすすめです。江の島岩屋とは永い歳月を経て波の浸食でできた「江の島岩屋」は、第一岩屋(152m)と第二岩屋(56m)の [続きを読む]
  • 「江の島 岩屋」は数々の伝説が眠る神秘的な洞窟!
  • 江ノ島の西側に位置する、隠れた穴場スポット「江の島 岩屋」。徒歩で向かうとかなりの距離がありますが、弁天橋から出航している遊覧船「べんてん丸」を使うとスムースにたどり着く事ができます。岩屋の前には磯遊びができる岩場が広がり、小さいカニやエビなどを捕まえたりもできるので子供たちの遊び場としておすすめです。江の島岩屋とは永い歳月を経て波の浸食でできた「江の島 岩屋」は、第一岩屋(152m)と第二岩屋(56m) [続きを読む]
  • 「江の島 サムエル・コッキング苑」は江ノ島の頂上にある植物園
  • 江ノ島の頂上まで到達したら「サムエルコッキング苑」の入口が見えてきます。またその先には島のシンボルともいわれる展望灯台・シーキャンドルも!それではさっそくその見どころなどをご紹介していきましょう!江の島サムエル・コッキング苑とは異国情緒溢れる「江の島サムエル・コッキング苑」は四季折々の様々な花や植物を鑑賞する事ができる植物園。「サムエル・コッキング」とは、この植物園を造ったイギリスの貿易商人かの名 [続きを読む]
  • 「江の島 サムエル・コッキング苑」は江ノ島の頂上にある植物園
  • 江ノ島の頂上まで到達したら「サムエルコッキング苑」の入口が見えてきます。またその先には島のシンボルともいわれる展望灯台・シーキャンドルも!それではさっそくその見どころなどをご紹介していきましょう!江の島サムエル・コッキング苑とは異国情緒溢れる「江の島サムエル・コッキング苑」は四季折々の様々な花や植物を鑑賞する事ができる植物園。「サムエル・コッキング」とは、この植物園を造ったイギリスの貿易商人かの名 [続きを読む]
  • 「江の島サムエル・コッキング苑」は江の島の頂上にある植物園
  • 江の島の頂上まで到達したら「サムエルコッキング苑」の入口が見えてきます。またその先には島のシンボルともいわれる展望灯台・シーキャンドルも!それではさっそくその見どころなどをご紹介していきましょう!江の島サムエル・コッキング苑とは異国情緒溢れる「江の島サムエル・コッキング苑」は四季折々の様々な花や植物を鑑賞する事ができる植物園。「サムエル・コッキング」とは、この植物園を造ったイギリスの貿易商人かの名 [続きを読む]
  • 江の島「弁財天仲見世通り」はレトロな商店街!食べ歩き・ランチにも
  • 江の島観光に来たのなら「弁財天仲見世通り」の商店街はぜひ立ち寄りたい場所。しらすが食べられる海鮮料理店や、お土産屋さん、江の島名物が販売されているお店が並んでおり、たくさんの人達で賑わっています。今回は実際に商店街を見て回ってきたので詳細にレポートしていきましょう!レトロさが魅力「弁財天仲見世通り」島の入り口に建てられた鳥居は「青銅の鳥居」。文政4年(1821年)に再建されたもので藤沢市の指定文化財にも [続きを読む]