真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回 さん プロフィール

  •  
真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回さん: 真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回まで
ハンドル名真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回 さん
ブログタイトル真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回まで
ブログURLhttps://ameblo.jp/akane12777/
サイト紹介文真田丸の最終回までのネタバレ・あらすじをご紹介。その他のドラマのネタバレ・あらすじ・最終回も。
自由文真田丸の最終回までのネタバレ・あらすじ・キャストなどの情報をまとめた丁寧な記録ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/08/06 07:56

真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回 さんのブログ記事

  • 善徳女王 ネタバレ ピダム及び毘曇の乱は実在したのか?
  • 韓国ドラマ善徳女王 ネタバレ ピダム及び毘曇の乱は実在したのか?波乱万丈の歴史ドラマ『善徳女王』は、50話を越えてからが最も面白くなって来るのではないでしょうか? 【善徳女王 関連記事】韓国ドラマ 善徳女王(ネタバレ含む)50話 死に方まで美しいミシルに制作サイドは何か義理でも?韓国ドラマ『善徳女王』の歴史的背景と矛盾点について(ネタバレ含む)さて本題です。今日は、クールダンディのナムギル様の出世役と [続きを読む]
  • このブログで今後やりたい事その①関連キーワードによる整理
  • このブログで今後やりたい事その①関連キーワードによる整理なんかね、「映画レビュー」っていう公式ジャンルに振り分けられてから、映画じゃなくてドラマの事を、あんまり書いたら、ペナルティーで「その記事を削除して、映画レビュー公式ジャンル」から追放しますよ!みたいな、脅しがかかるようになったんですよwwこれ、元々、やめちまおうと思ってたブログですしね…それに「映画レビュー公式ジャンル」から、もし本当に追放 [続きを読む]
  • パーフェクトルーム 概要・ネタバレ・感想(洋画)
  • 映画ネタバレパーフェクトルーム 概要・ネタバレ・感想(洋画)パーフェクトルーム 概要2014年のアメリカ映画。監督:エリク・ヴァン・ローイ2008年のベルギー映画『ロフト.』のハリウッドリメイク。「何重もの罠が仕掛けられた予測不能なサスペンス・スリラー」とか、「極上のサスペンス・スリラー」とかの売り文句で紹介されてるが、すべてを知ってしまうと、登場人物の心理が短絡的過ぎて予測不能じゃなくて理解不能。パーフ [続きを読む]
  • 映画の基礎知識〜娯楽映画と娯楽映画以外の映画 
  • 映画の基礎知識〜娯楽映画と娯楽映画以外の映画 映画のジャンルって皆さん、気になりますか?SFかと思って観たらファンタジーだったとか、ホラーかと思って観たらサスペンスだったとか、けっこう、よくある事じゃないでしょうか?自分の好きなジャンルがある方は、観賞しようとしてる映画のジャンルって、気になる事もあるかと思います。映画の専門誌に出て来る「ジャンル映画」というワードを御存じでしょうか?これは「ジャン [続きを読む]
  • 評価が分かれる映画『半落ち』(邦画)を視て1つだけ確かに言える事
  • 評価が分かれる映画『半落ち』(邦画)を視て1つだけ確かに言える事そもそも、この映画映画『半落ち』のジャンルはいったい何なのだろう?ミステリーと呼ばれるものは一般的には推理小説である。ところが、この映画では冒頭から犯人はわかっており、推理するのは犯人ではなく、その罪の罪状が嘱託殺人でいいのか否か。そしてその推理の焦点となっているのは唯一「空白の2日間」と指摘される犯行後の2日間のみ。この2日間に何を [続きを読む]
  • 変な映画『メメント』ネタバレ含む感想(洋画)
  • 変な映画『メメント』ネタバレ含む感想(洋画)全く変わった映画だよ『メメント』タイトルも変わってるけどね。メメントは英語なら、記念の品、形見、思い出の種などの意味で、語源がラテン語の「思い出せ」15分しか記憶を保持出来ない主人公が、妻を殺害し、自分にも、こんな辛い障害を負わせた犯人を探し出して復讐を遂げようとする様子を追いかけてるんだけど、時系列を逆さまにして、描いてあるんだよね。うつぶせの遺体が写っ [続きを読む]
  • 最近視た「つまらない映画」2(邦画と洋画)に一言
  • 最近視た「つまらない映画」(邦画)に一言の続編記事となります。最近視た「つまらない映画」2(邦画と洋画)に一言『ハーフ・デイズ』(何の説明もなく一組のカップルの二通りの人生の選択が交互に展開する。)彼女の実家訪問するか?それをエスケープしてデートするか?という二択があり、2つとも選ぶ事は出来ない筈のところを、なぜか強引に両方実行するというこの映画。一方は平凡な1日で、もう一方はそこそこスリリングな1 [続きを読む]
  • 最近視た絶賛はしないけど、割と良かった映画のネタバレを含む感想
  • 最近視た絶賛はしないけど、割と良かった映画のネタバレを含む感想『黒執事』 水嶋ヒロがクールな“悪魔で執事”を好演?”《黒執事 映画感想》これは、ずいぶんと以前、コミック作品の方を先に1巻だけ読んでいて、その時はさほど面白いとも思わなかったんですが、水嶋ヒロがどんな風にセバスチャンを演じているのかと興味があって視てみました。19世紀のイギリスから現在の国籍不明な国へ。そして、その国には主人公らを含めて [続きを読む]
  • 映画 モモ 概要・ネタバレ・感想(洋画感想)
  • 映画 モモ 概要・ネタバレ・感想映画 モモ 概要1986年、西ドイツ・イタリア合作映画。ドイツの作家ミヒャエル・エンデが書いた1973年刊行の同タイトルの児童文学作品を原作とした映画。原作本『momo』は、発行の翌年にドイツ児童文学賞を受賞しており、翻訳されて、世界中で読まれている。映画の冒頭で、エンデ自身が本人の役で出演している。因みにエンデの作品は『ネバーエンディング・ストーリー』というタイトルで映画化され [続きを読む]
  • 最近視た「つまらない映画」(邦画)に一言
  • 最近視た「つまらない映画」(邦画)に一言『シンデレラゲーム』 ペラッペラな脚本やね。(原作は新井淳平の小説)『王様とボク』 何を伝えたいのかわからん。『猫侍 玉之丞、江戸へ行く』 わざわざ映画にするほどもものでもない(ドラマで十分)猫を可愛く撮影さえしとけば脚本は適当でいいと思ってるとしか思えない。『君と100回目の恋』 手抜きな脚本やね。お手軽アイテムでのタイムリープには目を瞑るが、どうしても何度 [続きを読む]
  • 映画 君と100回目の恋 概要・ネタバレ・感想
  • 映画 君と100回目の恋 概要・ネタバレ・感想映画 君と100回目の恋 概要2017年2月公開の邦画。台湾、タイ、韓国、中国でも上映され、中国ではリメイクが制作される予定。旬な俳優、坂口健太郎が、大切な彼女を失いたくなくて時を100回巻き戻すというタイムリープものなんだけど、タイムリープ感はない。映画 君と100回目の恋 ネタバレ大学の文学部に在籍する葵海(あおい)。音楽の好きな彼女は幼馴染の陸やその他の男女メン [続きを読む]
  • 映画『さくらん』概要と感想
  • 映画『さくらん』概要と感想映画『さくらん』 概要2007年2月公開。蜷川実花が、安野モヨコの同名漫画を映画化。江戸時代の吉原遊郭に8歳で売られてきた粗野な少女が、やがて成長して遊女となり、辛酸を嘗めつつも花魁(おいらん)となって花魁道中を務めるまでに出世する様を描く。映画『さくらん』 感想この作品、主役が土屋アンナなんだけど、そもそもハーフ顔の遊女なんて、おそらく有り得ない。子供時代は、日本人の子役が演 [続きを読む]
  • 映画『セブン』の罰は必ずしも死ではない(ネタバレ含む)
  • 映画『セブン』の罰は必ずしも死ではない(ネタバレ含む)この映画で起こる連続猟奇殺人事件のベースとなっているのが7つの大罪。7つの大罪とは、キリスト教(カトリック教会の方)に古くから示される罪の教義で、6世紀後半にグレゴリウス1世が8つを7つに整理しなおして完成させた。その7つとは「暴食」「強欲」「怠惰」「色欲」「傲慢」「憤怒」「嫉妬」である。犯人は、この7つの大罪に偏執して、それらを犯した人間に制裁 [続きを読む]
  • 精神病患者の妄想を視覚化した映画 まとめ
  • 精神病患者の妄想を視覚化した映画 まとめ基本的に私は「妄想を視覚化して、その事を伏せたままで観客に現実かのように視せておいて、後で種明かし。」という手法が好きではない。夢オチの次くらいに嫌いなオチだわ。この記事では、あんまり、その種の映画は視たくないのに間違えて視てしまったという残念な映画をまとめておきます。精神病患者の妄想を視覚化した映画 1『シャッター アイランド』本格ミステリー大作と紹介され [続きを読む]
  • 映画『異人たちの棲む館』概要・ネタバレ・あらすじ・感想
  • 異人たちの棲む館 概要・ネタバレ・あらすじ・感想異人たちの棲む館 概要2012年公開のイタリア映画。監督: フェルザン・オズペテクあまり期待せずに視たけど、かなりの掘り出し物でした。異人て何なのかしら?…って思ったら「幽霊」の事だった。ならば、どうしてタイトルを『幽霊の棲む館』にしなかったのか?それはたぶん…それだとホラーとかオカルトだろうと誤解されてしまうからかもwwジャンルとしてはファンタジーです [続きを読む]
  • 映画『クィーン』概要と感想
  • 映画『クィーン』概要と感想映画『クィーン』概要監督:スティーヴン・フリアーズ。2006年、イギリス映画。ダイアナ元皇太子妃が事故死した当時を、エリザベス女王の目線から描いた映画。正直、この映画について、記事を書こうか否かは随分と迷った。このブログでは、皆さまが未見の映画を、見るべきか、やめるべきか判断される場合に、少しでも参考ななればと言う思いから、私が視て、面白かった映画だけについて書くのではなくて [続きを読む]
  • 韓国ドラマ『それでも青い日に』最終回まで視聴終わり! 感想
  • 韓国ドラマ『それでも青い日に』最終回まで視聴終わり!感想『それでも青い日に』このドラマは、いわゆる韓国ドラマの「朝ドラ」と呼ばれているジャンルの作品です。視たことのない方のために、ざっくりと作品の概要・あらすじを紹介【韓国ドラマ『それでも青い日に』概要・あらすじ】とある田舎町の資産家の息子イ・サングには、妻の他に愛人のエシムがいた。イ・サングの妻と愛人は同時期に身籠る。産み月も近いのにサングに十分 [続きを読む]