一ノ谷博士 さん プロフィール

  •  
一ノ谷博士さん: パソコンを便利に使う(Windows編)
ハンドル名一ノ谷博士 さん
ブログタイトルパソコンを便利に使う(Windows編)
ブログURLhttp://tmpcservice.cocolog-nifty.com/windows/
サイト紹介文パソコンを使うに当たって便利そうな豆知識、フリーソフトの紹介を書いています。
自由文パソコン出張サポートのT&MPCサービス福岡は、福岡市を中心にパソコントラブル解決やサポートを行っています。パソコンでお困りの時はT&MPCサービス福岡へご相談下さい。

T&MPCサービス福岡
福岡県糟屋郡須惠町上須恵1267−2
TEL: 092-410-6278
依頼受け付け時間: 9:00 - 21:00
定休日: 不定休
<T&MPCサービス福岡 公式サイト>
http://tmpcservice.life.coocan.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/08/07 17:49

一ノ谷博士 さんのブログ記事

  • タスクマネージャーに、若葉マークが?
  • Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)に更新した後で、タスクマネージャーを開くとプロセスタブ内の「状態」に若葉マークのように見えるアイコンが表示されている。初心者マークのはずはないと思うのだが何だろう?詳しく見てみると、若葉のマークの前に「中断」と表示されている。どうやらWindows10で実行されているUWPアプリケーションがバックグラウンドに回った時の状態を表現するものらしい。参考記事:UWPアプリケ [続きを読む]
  • リカバリして古いWindowsに戻ったPCをWindows10に再アップグレードするには
  • 最近、何度かパソコンの故障などで、Windows7やWindows8.1を再インストールした場合、Windows10へのアップグレードは無料でできるのか聞かれました。マイクロソフトは、一旦Windows10にアップグレードしたパソコンでは、リカバリなどで、古いWindowsに戻った場合でも、無料で再アップグレードできるとしています。リカバリ後のWindowsには、アップグレードに使うアイコンなどは表示されません。代わりに以下のサイトからアップグレ [続きを読む]
  • コマンドラインの編集
  •  コマンドプロンプトでは、前に実行したコマンドを繰り返したり、少しだけパラメーターを変えて実行したくなることがある。そのような場合に使うために各キーに編集用のショートカットが割り当てられている。これらのショートカットキーを使いこなせばコマンド文の編集が手軽にできるだろう。以下にまとめて紹介する。コマンドライン編集用のキーボードショートカットキーキー動作の説明1、[←]カーソルを1文字左へ移動2、[ [続きを読む]
  • コマンドプロンプトのレイアウトを設定
  • Windowsのアプリでは画面サイズを自由に変更できるが、コマンドプロンプトではこれができない。理由は、古いDOSの画面(画面幅が固定のコンソール画面)をエミュレートしているからだ。DOSの時代には画面のサイズを自由に変更するなどということは考えられなかった。しかし、Windows上のコマンドプロンプトではプロパティのレイアウトタブからサイズを変更できるようになっている。というわけで、コマンドプロンプトの画面サイズを [続きを読む]
  • コマンドプロンプトのプロパティを開く。
  • まずはシステムメニューを開く。これは、コマンドプロンプトウィンドウの左上に表示されているアイコンを すれば開くことができる。次にプロパティを開くが、コマンドプロンプトが開いた状態で、[Alt]+[Space]−[P]キーで、直接開くことができるので、こちらのほうが簡単である。プロパティの開き方だけでは、分量が少ないので、オプションの項目のうち、コマンドの履歴に関して簡単に解説しよう。バッファーサイズ [続きを読む]
  • Windows10の起動時に指定したアプリを自動実行するには。
  • 古いWindowsにはスタートメニューに、「スタートアップ」という項目があったので、起動させたいアプリのショートカットをドラッグアンドドロップするだけで、簡単にアプリの自動実行ができていました。しかし、Windows10のスタートメニューには、「スタートアップ」は見当りません。実は、「スタートアップ」は隠しフォルダーとして今でも存在しています。エクスプローラーのC:Users(ユーザー名)AppDataRoamingMicrosoftWindowsSta [続きを読む]
  • LibreOffice5.4をMSオフィスの代わりに使う。
  • パソコンのトラブルで、Windows10を初期化した。その過程で、アプリケーションソフトが全て削除され、動作が軽くなったのは大変ありがたいのだが、やはりソフトがないと困る。とりあえず、今月の支払いを計算するためにフリーのオフィスソフトをインストールすることにした。計算だけなら、電卓でできるわけだが、記録を残しておく必要があるので、エクセルのようなソフトが一つはほしい。LibreOffice5.4はマイクロソフト・オフィ [続きを読む]
  • Windows10のスタートメニューによく使うフォルダーを表示する。
  • スタートメニューの左側には、「アカウント」、「エクスプローラー」、「設定」などが初期設定で並んでいるが、ここには「ドキュメント」、「ダウンロード」、「ピクチャー」などのフォルダーを表示することもできる。スタートメニュー、左端の歯車アイコン(設定)を開く。個人用設定を開き画面左側の「スタート」を する。次に、「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」を する。今回は、私が頻繁に利用する「 [続きを読む]
  • Microsoft Edgeの修復
  • Microsoft Edge に問題が発生した時に、簡単に修復を行えるようになりました。インターネットエクスプローラーでは、問題が生じたときは、インターネットオプションを使って、修復やリセットができます。Microsoft Edgeでも、インターネットオプションを使って修復、リセットできるという文書を見たことがあり、試したことがありますが、これだとインターネットエクスプローラーとMicrosoft Edgeの区別ができないんですよね。今回 [続きを読む]
  • インターネットオプションを開くコマンド
  • インターネットオプションは、インターネットエクスプローラーのツールから開くことが多いのだが、マルウエアの削除などで、インターネットエクスプローラーを閉じた状態で、インターネットオプションを使わなければいけない場合もある。そのような時は、コントロールパネルを開いて、「ネットワークとインターネット」とたどり、インターネットオプションを開くのが普通である。ところがWindows10では、コントロールパネル自体が [続きを読む]
  • バックグラウンドで動作しているアプリ
  • Windows10では、人の操作を受けずにバックグラウンドで動作しているアプリがあります。確認するには、「設定」→「プライバシー」→「バックグラウンドアプリ」とたどります。通常、最初から、「アプリのバックグラウンド実行を許可する」がオンになっています。下に、実行が許可されているアプリがたくさん並んでいますが、普段使用していないアプリはオフにすればいいでしょう。電力の消費量が節約できる可能性があります。ただ [続きを読む]
  • Windows10 Creators Updateで、夜間モードがサポートされた。
  • Windows10 Creators Updateで、ディスプレイからブルーライトを減らす設定が追加された。Win+Iキーで、設定を開く。[システム] を開いて、 「ディスプレイ」の項目の「夜間モード」をオンにする。「夜間モード設定」から色合いや利用する時間帯 (スケジュール) を設定することができる。ブルーライトが、目に影響を与えると思う人はこの設定を利用するといい。参考記事:ブルーライトをカットするPCディスプレイ設定方法!パソコ [続きを読む]
  • Edgeのリーディングリストを利用しよう。
  • 一度には読み切れないサイズのページを開いた時は、リーディングリストを利用しよう。Edgeのアドレスバー内の星(☆)ボタンを して、リーディングリストに追加するだけでいい。頻繁に利用するサイトはお気に入りに登録し、リーディングリストには、一度に読み切れない記事や、後で読み直す可能性のある記事を登録している。リーディングリストを確認したいときは、横線が3本並んだボタンを した後、星(☆)ボタン [続きを読む]
  • Microsoft Edgeでコルタナを使う。
  • まず、Windowsで、コルタナをつかえるようにしておく。次に、Microsoft Edgeの「詳細設定」パネルで、「Microsoft EdgeでCortanaを有効にする」をオンにする。これで、表示しているページの調べたい文字を強調表示して右 したときに表示されるメニューから、コルタナに質問できるようになる。画像1(文字列を強調表示してコンテキストメニューを表示した)画像2(コルタナに質問するとこうなる)事例として、あげた文字列 [続きを読む]
  • タブを保存しておいて、必要な時に表示しなおす。
  • Edgeには、現在のタブをいったん保存して、後で見たくなった時にわざわざ閲覧履歴から呼び出さなくても再表示することができる機能が追加された。タブを保存するには、タブ列の左に2つある小さいボタンの右側を すればよい。(Microsoft Edge左上を切り取った画像)タブはコレクションとして保存され、コレクションごとでもページごとでも後で復元できる。タブを復元するには、タブ列の左端に2つある小さいボタンの左側を [続きを読む]
  • Microsoft Edgeのタブプレビュー機能
  • タブをいくつも開いているとどのタブがどんなページだったかわからなくなることがある。そんなときは、タブプレビュー機能を使おう。タブの右にある小さな下向きの矢印ボタンを するとタブが拡大されて、各ページごとのサムネイルが表示される。ただ、この機能を初めて使った時には、画面上部の一定面積(結構大きい)を占有するので邪魔だと思ってすぐに上向きの矢印ボタンを使ってオフにしてしまった。オフにしていても内 [続きを読む]
  • パソコンの画面に突然「あ」、「A」が表示される。
  • Windows10をCreators Update(1703)にしてから画面の真ん中に大きく「あ」、「A」と表示されるようになりました。これは日本語入力のモードを変更すると表示されます。私はこれをありがたく思っているのですが、これを表示できないようにしてほしいという相談を受けたので、そのやり方を書くことにしました。文字入力が可能なアプリを開くとタスクバー右の通知領域に、「あ」または、「A」が表示されますのでこれを右 してか [続きを読む]
  • Microsoft Edgeの検索エンジンを変更する。
  • Microsoft Edgeでは、Bingがデフォルトの検索エンジンに設定されているが、これは好みの検索エンジンに変更できる。今回は、検索エンジンをグーグルに変更して見た。1、Microsoft Edgeを開いて、上部右側の「・・・」を する。2、開いた画面の最下部にある「設定」を する。3、開いた画面を下にスクロールして、「詳細設定を表示」を する。4、「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」という [続きを読む]
  • 見ているサイトのURLを手軽に取得する方法
  • インターネットエクスプローラーか、マイクロソフトエッジでサイトを開いているときに「F6」キーを押すとURLが反転するので、Ctrl+Cでコピーする。ブログなど書いていて、紹介したいサイトなどあった時に、この方法を知っていればリンクを貼るのが楽になると思う。パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡スマホからはこちらへ Feedly ■コラムの第35弾です。▼スタートページが勝手に変更、警告メッセージが消えない…ウイルス [続きを読む]
  • ビームフォーミングとは
  • 「ビームフォーミング」とは、無線LAN親機が電波を使って子機の位置を常に推定して、最適な電波を送信する機能である。 通常は無指向で放射状に送信しているが、ビームフォーミング対応なら、電波干渉を減らして強い電波を送ることが可能だ。しかし、この機能を利用するには、子機の側でも対応している必要がある。6s以降のiPhoneや「Xperia X Performance」など、スマホやタブレットなどで対応している機器は多くなっている。   [続きを読む]
  • FlashPlayerのキャッシュを削除する手順。
  • FlashPlayerのキャッシュを削除する手順。まず、ブラウザはすべて終了させておきます。コントロールパネルを開きます。Windows10 Creaters Update版の場合は、スタートメニュー→Windowsシステムツール→コントロールパネルとたどります。FlashPlayerが見当たらない場合は、コントロールパネルの右側にある表示の方法:カテゴリ▼を大きいアイコンに変更して見ましょう。「Flash Player(32ビット)」を開きます。「高度な設定タブ」 [続きを読む]
  • Creators Update(1703)で変わったところ その1
  • Creators Update(1703)を使うようになって数日たったが、Anniversary Update(1607)を使っていた時と同じことをやる分には戸惑うようなことはあまりない。Edgeに多少の変更が行われてる以外はデスクトップ画面では何も変わったところはないように見える。ただ、いろいろと扱っていくうちに気がついたことがあるので、紹介しよう。まず気がついたのが、コントロールパネルの開き方が難しくなっていることだ。「スタート」ボタンを右 [続きを読む]