ハッチィ さん プロフィール

  •  
ハッチィさん: 八〇屋 自力の健康ブログ
ハンドル名ハッチィ さん
ブログタイトル八〇屋 自力の健康ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hachimaruya/
サイト紹介文自力で得る健康情報をお伝えします。
自由文周りが常識だと思っている健康情報が、実は意外だったりします。みんなで幸せになる情報を広めたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/08/07 18:01

ハッチィ さんのブログ記事

  • 現代が過去に追いついた?
  • 先日、NHKの番組で、内臓の各臓器はそれぞれの役割だけでなく他の臓器にも伝達機能があり、各臓器は単独で行動しているだけではない。 各臓器は、カラダ全体で協力しあって活動している。 ということを現代の科学的分野で説明していました。 これは東洋医学でいうと五行論に当てはまるのではないかと思って見ていました。 東洋医学の五行論ができた頃は紀元前ですので、食の健康が今のようなビタミンやミネラルといった不足がち [続きを読む]
  • 収穫の秋
  • 夏は暑いので汗をかきますので、スイカはカラダを冷やすにはいい水分です。 桃からぶどう・なしなど、秋も美味しい果物があります。 日本は四季がありますので、それぞれの季節に美味しい果物が食べられる良い国です。 自然と共に暮らしている私たちは、自然の恩恵を得て生活することが健康な生き方だと思います。 四季に従って食べたくなる果物が変化していくのも自然の感覚だと思います。 できるだけ多くの人達に、たくさんの [続きを読む]
  • 健康なカラダを作るのは食べ物
  • 便利なことは良いことだと誰もが認めると思います。 すべてのものは陰陽、裏と表があります。 便利になれば新しい問題が生まれます。 昔は石炭がエネルギーの中心でした。 人の力で掘りまくっても一日にとれる量はわずかです。 石炭を早くたくさん今までより楽にとるためにダイナマイトが使われました。 初めは誰もが喜んだと思います。 しかし、そのダイナマイトを開発したとき、それが戦争の道具になると想像して作られたでし [続きを読む]
  • 自分がすべて
  • 最近忙しさが増し仕事に追われる中、久しぶりに体操(ストレッチ)をやりました。 初めの方に雑巾がけのポーズをやります。 ヨガの犬のポーズに近い形です。 驚いたことに、足の裏が全部床につきません。 かかとが浮いてしまいます。 その後もいろんなポーズをするのですが以前のようにできなくなっていました。 毎日とはいかなくても、カラダを使わないとどんどん固くなり縮んでしまいます。 腰が曲がり背中が丸まり、歩くとき [続きを読む]
  • 根本治療!
  • 熱中症でダウンする人がこの季節は毎年増えています。 テレビのあちこちで『こまめに水分を取りましょう。』や、暑さ対策のCMが頻繁に見られます。 年々、日本人はカラダが弱くなっていくような氣がします。 高校生の甲子園野球や陸上競技などは、真夏の炎天下で行います。 将来、観客も含め選手も、熱中症でダウンする人が続々出てきたら、競技日程や開催時期などが対策として変わっていくことも起こりえるのでは? 便利な世の [続きを読む]
  • お風呂の活用
  • お風呂に入る目的は? 汚れを落とすため。 そんなにカラダって汚れるのでしょうか? ちょっと汗をかくと臭い臭いと防臭のCMが・・・。 日本人はそんなに臭くないと思いますが、もしカラダが臭いとしたら食べ物が原因です。 その話しはまたあとで。 汚れを落とすだけならシャワーでサッサとキレイにすればいいのですが、ゆっくり湯船に浸かるのがカラダにはいいと日本人は昔からの習慣にしているようです。 入浴のしかたもいろ [続きを読む]
  • いらないものは出す
  • 私は毎日朝食を食べませんし、毎月一回の一日ファスティングをおこなっています。 ファスティング=断食は、修行ではなく、内臓を休ませ、カラダに溜まった不要な老廃物を出すためです。 一日三食食べている人は、食べないということが理解できないようです。 一日三食食べている人は、食べないと力が出ない、フラフラする、などと言います。 一日三食食べている人は、テレビでも、医者でも栄養はこの [続きを読む]
  • 子供の教育より大人の教育
  • ついこの前まで、日本人のガン患者は4人に1人といわれていましたが、今は2人に1人だといいます。 ガンを治す薬や保険、その他たくさんの対策が増えています。 ガン以外でも、新しい病氣が発生すれば新しい薬が開発されるという方向に人類は向かっているようです。 ガンの原因はもともとなんなのでしょう? ガンになるカラダを作ったのは誰のせいでもない自分自身ではないでしょうか? カラダを作 [続きを読む]
  • 大事なのは、すべて考え方
  • 腸内環境が大事だというコマーシャルが多くなってきました。 どのコマーシャルでも腸に有効なビフィズス菌、乳酸菌、さらに生きた菌を摂取する内容ばかりです。 医薬品でも健康食品でも善玉菌を摂取すれば、一見腸内環境が整ったように思えます。 いくら善玉菌を摂取しても定着しなければ腸内環境が良くなったとはいえません。 善玉菌が定着するということは、腸内が活発に活動し、自力で作られる腸内 [続きを読む]
  • 調味料を選びましょう
  • いつも毎日の生活習慣の大事さをお伝えしていますが、その中でも食事は特に大事です。 なぜなら、自分のカラダは食べたものでできているからです。 食材の大事さは私も分かっているのですが、カラダに良い食材を選ぶ方が困難な時代になってしまいました。 営利優先主義な世の中での私個人のお伝えは、どれだけ世の為になっているのか考えてしまいます。 私の思いを私の代わりに伝えてくれるいい [続きを読む]
  • 癖は直るはず
  • 以前私もよく聞いたし、人にも言ってました。 『魚が釣れなくて困っているかわいそうな人に、自分が釣った魚をあげるより魚の釣り方を教えてあげる方が本当の親切だ。』と。 今でもそう思っているのですが、いくら釣り方を教えてあげようとしても、聞く耳を持たないか、釣り方の練習をしなければ、魚を釣れるようにはなりません。 魚が欲しいのか、魚を釣りたいのか? 魚がたくさん欲しいならば、網な [続きを読む]
  • 生活習慣は自力で身に付ける
  • 便利さもほどほどにしないと自分で自分の首を締めることになります。 新聞などでヤマト運輸が話題になっています。 お客様獲得にどれだけサービスができるか各社競争した結果、自社の経費と人件費と過重労働が問題になっています。 そこで働く人達も、お客さんとしての自分は、便利な生活を求めたい氣持ちはみんな同じです。 業社はより便利で安いものを提供しようとしますが、どこかにそれなりの結果 [続きを読む]
  • 人間的成長
  • いろんな健康法があります。 どれも理論の裏付けがあり納得できる内容ばかりです。 大きな病氣にならないためにはどんな健康法がいいのでしょう? 答えは自分でいいと思った、又は感じた健康法です。 ここで間違えてはいけないのは、自力をないがしろにしてはいけない。 これからお花見のシーズンで、お酒を飲む人が増えると思います。 『飲みすぎには〜薬。』 ではなく、飲み過ぎて二日酔い [続きを読む]
  • カラダが動けば氣も動く
  • 氣とは特別なものではなく、誰でも活用でき誰でもすでに体験しているものです。 氣功をやらなくても氣というものを理解することはできると思います。 もうお彼岸で寒さも和らいできました。 寒い時はどうしてます? どんな方法にしても暖房にどっぷり浸かるか、カラダを動かして温めるしかありません。 寒くなるとすぐ暖房に頼ることは、そこには自分自身の氣が働いておらず、温まろうという行動 [続きを読む]
  • 半身浴と酵素断食
  • そろそろ花粉の影響が出ている人がいるようです。 外はまだ寒い日がありますが、確実に春の流れに変わってきています。 カラダはそう感じていますので、カラダもだんだん緩んできています。 冬までにため込んだものを、カラダの緩みと共に排出されていきます。 季節の自然を生かせない生活習慣をしている多くの人は、カラダが季節に対応できない人も多くなっています。 カラダがせっかく緩んで今までた [続きを読む]
  • 頑張らないで頑張ろう
  • 私はあまりテレビは見ませんが、先日たまたま見たテレビのコマーシャルで、面白いやりとりを見ました。 質問者『これを使うとコラーゲンが増えるのかぁ。』回答者『コラーゲンが増えるカラダになるのです。』そんな二人のやりとりを何回も繰り返していましたが、質問者は回答者の言っている内容が最後まで理解できないようでした。 便利で豊かな世の中は、簡単に早く結果の出るものが求められます。 薬がい [続きを読む]
  • 内臓のコリを取りましょう
  • 内臓の筋肉を意識したことがありますか? 特に胃の周り。 私は現役で走っていたころは、ある程度内臓の調子が自分で分かりました。 レースで中、長距離を走ると、必ず最後はラストスパートの勝負となります。 スピードを上げて走っているのに、最後はさらに自分を追い込みスパートをかけます。 その時の感覚は、はらわたがかき回されるような感覚になります。 内臓が疲れているとラストのスピード [続きを読む]
  • 今年も風邪の効用
  • この時期になると『風邪ひいた。』の声が聞かれます。 さあ、どの薬がいいのでしょう? となりそうです。 野口先生著の本『風邪の効用』は面白いですよ。 私は子供の頃は、どこか具合が悪いとすぐに薬を飲んでいました。 病弱でしたので、ほとんど毎日薬漬けでした。 そんな私が、今では薬に頼らない自力の健康法を勧めるとは思ってもみませんでした。 カラダは、疲れれば疲労がたまってカラ [続きを読む]
  • 習慣も変化
  • 私にとって2017年は、駅伝と共に幕が明けた印象です。 実業団では、なつかしき古豪旭化成の優勝。 大学では、我が後輩たち青山学院大学の箱根駅伝3連覇。 私は、東京都江東区民駅伝の40年間出場。 今年も元氣に走れて良かった。(^^♪ 『練習は嘘をつかない。』と言いますが、その通りです。 今回は練習をしてきましたので、楽しく走れました。 楽で便利な世の中になり、さ [続きを読む]
  • 病氣にならない生き方
  • 今、ロノウィルス・インフルエンザそれに新しい菌や病名が聞かれます。 対策としては、感染源を絶つことや、新しい薬を作ること。 多くの病氣の人が助かるのであれば、それはそれで大事なことだと思います。 病氣はなぜ氣が病むと書くのでしょうか? 体が病むのですから病体ではないでしょうか? 病体であれば病んだ体を治すのですから、感染源を絶つことや、新しい薬を作って体の悪い所を攻撃す [続きを読む]
  • 自分をチェンジ
  • 腸内環境・腸内フローラを良くするために、乳酸菌などを積極的に摂りましょう、などの宣伝が増えています。 便秘で困っている人が多いようですが、外からどんなに良い菌を摂っても、便秘を治すという目的ではなかなか解決できないようです。 私共ハ〇屋で扱っている惚れ惚れウンコの素は、パッケージに、『便秘薬ではありません。』と記載しています。 なぜ、その名の通り惚れ惚れとした排便になるかという説明は [続きを読む]
  • 正しくても間違っていても習慣は身に付く
  • 私共は毎週日曜日と木曜日にナチュラルストレッチという体操教室を実施しております。http://www.hachimaruya.com/stretch.html ストレッチの始めは、正座して心を落ち着けます。 ほとんどの人の正座は正座した時の足の裏の形が、さかさまハの字か、ーーのように平行になっています。 ストレッチをする時の正座は、膝を合わせ膝立ちになり、足のかかとも合わせ、両足の裏がllの形にしてから、かかとにお尻を乗せる [続きを読む]
  • カラダが良くなるスイッチ
  • サプリメントは英語でsupplementといいます。 それは補給するsuppleするためのアイテムです。 発展途上国では、栄養不足は大変重要な問題です。 WHOの統計では、途上国の就学前の子供1億4700万人以上が発育阻害といわれています。 発育阻害とは、慢性的な栄養不良の代表的な症状です。 ビタミン、ミネラルが不足することで栄養不良がおこります。 今の日本で栄養が足りないなどの現象は [続きを読む]
  • 油も必要
  • 体の中で一番油を必要とする臓器は脳です。 脳は水分が78%を占めていますが、それを除くと60%が脂質で構成されています。 人間の脳は胎児期に盛んに細胞分裂を行い、出生後1年間で約80%が完成、3歳までに回路が決定されているといわれています。 脳の情報伝達物質に関わる神経細胞の細胞膜には「オメガ3」という不飽和脂肪酸が欠かせません。 なぜなら、脳の神経細胞はオメガ3が20%以上含ま [続きを読む]