FPキム さん プロフィール

  •  
FPキムさん: FPとして千葉県で活躍するきむのブログ
ハンドル名FPキム さん
ブログタイトルFPとして千葉県で活躍するきむのブログ
ブログURLhttps://fpkimu.blog.fc2.com/
サイト紹介文物質的な面と精神的な面で「豊かに生きるヒント」を語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/08/08 15:37

FPキム さんのブログ記事

  • 「情熱的な男」と「ストーカー」、「熱血指導」と「暴力指導」は紙一重
  • かなり昔にテレビを見ていたら、ある有名な芸人さんが、「情熱的な男とストーカーは紙一重」というギャグで、笑いをとっておりました。ただ大笑いした後に、冷静になって考えてみると、これはギャグというよりも、名言ではないかと思いました。その理由としてこの芸人さんが指摘するように、情熱的な男とストーカーを区別するのは、なかなか難しい問題だからです。女性側が男性に対して、わずかでも好意を持っている状態の時に、ア [続きを読む]
  • 「若者の保守化が進んでいる」という主張は、選挙に負けた野党の言い訳
  • ニュースサイトの政治に関する記事を読んでいると、「日本最大の保守政党である自民党が若者から支持されているのは、若者の保守化が進んでいるからだ」という主張が、たまに記載されているという印象があります。なお「保守政党」とは伝統的な価値観を保守、維持、擁護する事を目標にした政党であり、その反対は伝統的な価値観の改革を目標にした、「リベラル政党」になります。また「保守化」とは古くからの制度、習慣、考え方な [続きを読む]
  • 「専業主婦になりたい」という方は、昭和に通ずる道を歩いていこう!
  • 厚生労働省が発表した平成29年(2017年)の調査によると、18歳未満の子供がいる世帯で、母親が仕事をしている割合は、前年より3.6ポイント増えて、70.9%になりました。このように7割を超えるのは、平成16年(2004年)に調査を開始してから、初めてになるそうです。調査を実施した厚生労働省は、「育休制度などが普及し、子供を持つ母親が働きやすい環境が整いつつあるのではないか」という、自画自賛な分析を [続きを読む]
  • 「一人っ子」と「末子」の性格の違いが出ていた、TOKIOの謝罪会見
  • TOKIOのメンバーである山口達也さんが、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事を受け、他の4人のメンバーが平成30年(2018年)5月2日に、都内のホテルで謝罪会見を行いました。この謝罪会見のすべてを見たわけではないのですが、城島茂さんと松岡昌宏さんの表情には悲壮感が漂っていた印象があり、また松岡さんについては、途中で涙を見せる場面がありました。それに対して国分太一さんと長瀬智也さんは、 [続きを読む]
  • 過労自殺、セクハラ、文書改ざんの根底にあるのは「辞められない社会」
  • 平成28年(2016年)の終わり頃に、大手広告代理店である電通の女性社員が自殺したのは、過労によるものだったとして、三田労働基準監督署が労災認定したというニュースが話題になりました。このニュースについて紹介した、あるニュースサイトの記事を読んでいたら、「そんなに仕事が辛いなら早く退職して、別の仕事を探せば良かったのではないか?」という意見が、コメント欄に掲載されているのを見つけました。この意見に対 [続きを読む]
  • 「炎上」は演出された国民の怒り、「デモ」は増幅した国民の怒り
  • 先日ニュースサイトの記事を読んでいたら、野球評論家として活躍する張本勲さんが、あるテレビ番組に出演した際、大谷翔平選手の3試合連続ホームランについて、「まぐれかアメリカのピッチャーのレベルの低下」と発言して、炎上したと記載されておりました。これを含めた最近の張本さんの発言は、納得できないものが多いので、炎上したのはよく理解できるのですが、改めて考えると少し変だと思ったのです。その理由として張本さん [続きを読む]
  • 収入とSNSでのつながりは、一定の数値を超えると幸福度は低下する
  • 最近インターネットで検索していると、気のせいかもしれませんが、収入と幸福度の関係を解説した記事をよく見かけます。内容的にはどの記事もだいたい同じで、収入が増えるほど幸福度は高くなっていくけれども、それが一定の数値になると幸福度は頭打ちになる、または幸福度は低下するというものです。この一定の数値の部分が、記事によって違いがあるのですが、大阪大学の調査を元に作成された記事によると、世帯所得が150万円 [続きを読む]
  • 生活保護の受給者を批判するより、その方の真似をした方が得策である
  • 先日あるラジオ番組を聞いていたら、20代のOLの女性が、同僚の女性を批判する投稿をしておりました。その同僚の女性はぶりっ子のように振るまったり、職場の男性に媚を売ったりしているため、特に年上の男性から可愛がられているそうです。そのため自分が仕事で失敗した時には、上司はきつく怒るのに、その同僚の女性が失敗した時には、あまり怒らないそうです。しかも職場に男性がいない時には、別人のように態度が変わるため [続きを読む]