nuruinu さん プロフィール

  •  
nuruinuさん: アディショナルタイム+7min
ハンドル名nuruinu さん
ブログタイトルアディショナルタイム+7min
ブログURLhttps://jefsoccer.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ジェフ千葉、Jリーグを応援するブログ。他人の意見に流されつつも、持論をなぐり書く、自己満足な内容です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/08/08 20:50

nuruinu さんのブログ記事

  • 昇格プレーオフは関東勢の決戦へ。ジェフも出たかったね
  • どうも、わたしです。J2は順位が出そろい、プレーオフ進出のチームもそろいました。今回はJ2で3位〜6位の4クラブが決定戦を行い、勝ち残った1チームがJ1の16位のチームと決定戦を行う、とても狭き門の決戦です。J2では3位横浜FC、4位町田、5位大宮、6位東京Vと、まさに関東勢が残りました。4位町田はライセンスの関係で出場できず、3チームで争うことになります。J1の16位の可能性があるのは現在2試合を残し、柏(勝ち点33)、名 [続きを読む]
  • 若手の出場はあったが、台頭とまでは行かなかったか
  • どうも、わたしです。今年はジェフの若手がかなり出場した年と思いますが、完全にレギュラーを獲得するまではいけなかったですね。一番活躍したのは、鳥海くんかと思います。センターバックを中心に24試合出場、近藤や増嶋。エベルトらがいる中、多くの試合に出場してきたと思います。次はみぞぶちくんか、15試合出場で、先発のゲームも多く、出場を果たしたように思います。GKの大野くんも初出場があり、終盤戦にかけ9試合出場、 [続きを読む]
  • 栃木のカウンターの形を学びたい<2018年J2第42節栃木戦@フクアリ>
  • ジェフ0−0栃木どうも、わたしです。ジェフは、なかなか相手のブロックを崩すことができず、得点を挙げることができませんでした。今節は、ジェフは遅い攻めに徹していましたが、栃木のようなカウンターの形を作りたいと感じました。流れを簡単に振り返ります。ゲームはジェフはボールを回し、栃木はロングボール主体の、それぞれの形で始まった。ジェフがボールをもってパスを回し、栃木はコンパクトな守備でボールを入れさせな [続きを読む]
  • 象徴−栃木戦即レポ
  • ジェフ0−0栃木どうも、わたしです。シーズン最終戦を、勝利で飾ることはできませんでした。相手のブロックを崩しきれず、パスミスをかっさらわれて裏を取られる、今季を象徴するようなシーンが目立つゲームになってしまいました。さて、ゲームはジェフはボールを回し、栃木はロングボール主体の、それぞれの形で始まった。ジェフがボールをもってパスを回し、栃木はコンパクトな守備でボールを入れさせない形が続き、ジェフは栃 [続きを読む]
  • 情報が少ないオフの時期は寂しいな
  • どうも、わたしです。まもなくシーズンも終了ですが、(レディースは皇后杯がありますが)、シーズン終了から12月の中頃までは、あまりリリースもなく、情報が少ない時期になるかなと思います。こういった時期は、ジェフ要素が少なくて、ちょっと寂しい時期ですね。こういった時期にも、練習試合やイベントなどで、何か話題があったらいいのですが、さすがに選手も休ませてあげたいし、話題は少ないのかもしれません。ここまでのシ [続きを読む]
  • 《プレビュー》明日はJ2栃木戦@フクアリ
  • ※11月16日分の更新です。どうも、わたしです。前節アウェイで快勝したジェフは、ホームに栃木を迎えます。シーズン最終戦、連勝で締めくくりたい一戦です。ジェフと栃木の対戦成績は、リーグ戦で、ジェフの4勝2敗7分(14得点11失点)です。ジェフと栃木の最終対戦は、今年6月にJ2第21節をアウェイで戦い、1−0で勝利しています。ここ5試合の栃木は、1勝3敗1分け(4得点6失点)です。(ジェフは3勝2敗0分け(9得点7失点)) [続きを読む]
  • 失点の多かった今期、どう総括されるのか。
  • どうも、わたしです。とうとう最終戦を迎えますね。ジェフはあと1節を残して、72得点72失点と、得点も失点もものすごい数字になっています。得点は、昨年の70得点を塗り替え、かなりの攻撃力を見せたと思います。一方で、72失点というのは大きな問題で、昨年の58失点からも大きく増えてしまっています。守備面の課題というのは、当然昨年からの課題として、今期はチーム内で大きく取り上げられるべきと思いますが、結果的に大きな [続きを読む]
  • サッカー選手もどんどん脱いで筋肉を見せればいいと思う
  • どうも、わたしです。鍛えられた肉体を見せるというのは、いいことと思います。最近、ライザップのCMなんかで、痩せる前と痩せた後の体を比較することもありますが、筋肉やおなかなどを見せるのも、一般的になってきたような気がします。こういった健康美というのは、あこがれますし、かっこいいですよね。サッカー選手は、ユニフォームを脱ぐことがルールにより禁じられていますし、インナーもつけているので、肌や筋肉を見せるこ [続きを読む]
  • 引き分けというのがめっきり減ったように思います
  • どうも、わたしです。データを取ったわけではないのですが、引き分けというのがめっきり減ったように思います。以前は、勝ち引き分け敗戦の中で、引き分けの比率は高いシーズンもあり、勝ち点を分け合うことも多かったように思います。しかし、今のジェフは、勝ちか負けに、はっきり分かれてしまうことが多いようです。得点がしっかりとれていることと、失点も多いことで、チームの出来であったり、相手との相性で、はっきり善し悪 [続きを読む]
  • 熊谷が起点となる闘莉王をよく止めたと思う<2018年J2第41節京都戦@西京極>
  • ジェフ3−0京都どうも、わたしです。京都戦では、ジェフは3点取ったものの、守備面での安定が光ったように思います。ターゲットになっていた京都FW闘莉王を、熊谷がしっかり抑えたのが大きかったようにに感じます。流れを簡単に振り返ります。序盤はジェフがつないでいくが、京都がシンプルにジェフのハイラインの裏にボールを入れてくる形で、ジェフはピンチを迎えた。しかし、やや守備位置を下げ修正を図ると、裏は取られなく [続きを読む]
  • 明確−京都戦即レポ
  • ジェフ3−0京都どうも、わたしです。ジェフはとても引き締まったゲームを行い、3−0の大勝となりました。打ち合いにならず、しっかりゼロでまとめるとともに、各選手、チーム全体がビジョンを明確にしたように感じました。さてゲームを振りかえると、序盤はジェフがつないでいくが、京都がシンプルにジェフのハイラインの裏にボールを入れてくる形で、ジェフはピンチを迎えた。しかし、やや守備位置を下げ修正を図ると、裏は取 [続きを読む]
  • レンタルになっている選手の動向も気になるところ
  • どうも、わたしです。リーグ戦も終盤になってくると、レンタルで放出している選手や、レンタルで獲得している選手の動向も気になります。ぬけがあったら申し訳ないのですが、レンタルで放出しているのが、岡本・吉田(愛媛)、岡野(大分)、壱晟(山口)、レンタルで獲得しているのが、増嶋(柏)、下平(横浜FM)であるとおもいます。岡本は、愛媛で守護神として多くのゲームに出場し、かなりの活躍をしています。岡野くんも途中 [続きを読む]
  • 《プレビュー》明日はJ2京都戦@西京極
  • ※11月9日分の更新です。どうも、わたしです。前節ホームで快勝劇を見せたジェフは、アウェイで京都と対戦します。ずっ友といわれ、J2で長く戦う京都に対し、勝利をおさめたい一戦です。ジェフと京都の対戦成績は、リーグ戦で、ジェフの19勝12敗8分(74得点58失点)です。ジェフと京都の最終対戦は、今年3月にJ2第7節をフクアリで戦い、2−0で勝利しています。ここ5試合の京都は2勝3敗0分け(4得点6失点)です。(ジェ [続きを読む]
  • J1の降格争いが熾烈に。降格圏には柏も
  • どうも、わたしです。来期もジェフはJ2で戦うことになりますが、そうするとJ1からどこが落ちてくるのかも気になります。現在降格争いが熾烈になってきており、のこり3試合でどうなるのか気になります。現在18位長崎、17位柏になっており、16位鳥栖から11位神戸までが勝ち点4差なので、プレーオフ圏はかなり熾烈といえるでしょう。長崎と鳥栖が勝ち点7差、柏と鳥栖が勝ち点3差なので、この2チームが自動降格圏を脱するのも、ぎりぎ [続きを読む]
  • 「全部が全部“前から”ではない」形はいいとおもいます
  • どうも、わたしです。前節徳島戦では、ジェフは先制後やや引いて守備的な時間を作りましたが、町田也真人選手のコメントを引用すれば、先週から「全部が全部“前から”ではない」という守り方にトライしている、とのことです。またエスナイデル監督のコメントからは、プレスの掛け方で、ハイラインハイプレスとは違ったツールが増えた、とのことでした。確かに今までのジェフと違い、相手がボールを前に進めてくるまではプレスをか [続きを読む]
  • 堅守速攻という新たなプラン<2018年J2第40節徳嶋戦@フクアリ>
  • ジェフ2−0徳島どうも、わたしです。ジェフは先制後、やや守備を固め、相手に持たせてボールを入れさせず、奪ってはカウンターをかけるスタイルをとったと思います。前線の高い位置でポゼッションするだけでなく、ペースをうまくコントロールできる、いいプランであったと思います。内容を簡単に振り返ります。ゲームはジェフが積極的に入り、前からのプレスで押し込むと、10分に押し込んで得たCKから、増嶋が決めて先制に成功し [続きを読む]
  • 理想−徳島戦即レポ
  • ジェフ2−0徳島どうも、わたしです。とても激しいゲームになりましたが、ジェフとしては先制し、終盤に追加点を取り、無失点で逃げ切る素晴らしい内容であったと思います。序盤で先制後は、しっかり守備をまとめ、理想的なゲームであったと思います。さて、ゲームはジェフが積極的に入り、前からのプレスで押し込むと、10分に押し込んで得たCKから、増嶋が決めて先制に成功した。先制後は、徳島にボールを持たせる展開となり、ジ [続きを読む]
  • 早いセットプレーを狙う意識は大事だね
  • どうも、わたしです。ジェフはここ数年、早いセットプレーで相手の裏を取るプレーが、意識されていますね。今期も、早いセットプレーから得点を取る場面もあり、いい傾向と思います。相手が準備できていないのでカウンターと同じく、相手の陣形が混乱するような形になります。全体的にボールウォッチャーになってしまうこともあり、相手が一瞬止まってしまうようにも思います。ただ、こういった早いセットプレーを警戒する選手もお [続きを読む]
  • 《プレビュー》明日はJ2徳島戦@フクアリ
  • ※11月3日分の更新です。どうも、わたしです。前節はアウェイで無得点の連敗となってしまったジェフは、ホームに徳島を迎えます。ホームで、連敗を食い止め、意地を見せたい一戦です。ジェフと徳島の対戦成績は、リーグ戦で、ジェフの7勝7敗1分(19得点17失点)です。ジェフと徳島の最終対戦は、今年3月にJ2第4節をアウェイで戦い、1−4で敗戦しています。ここ5試合の徳島は、0勝5敗0分け(1得点8失点)です。(ジェフは2勝3 [続きを読む]
  • ルールやマナーにのっとって、騒ぐ空間にしたいね
  • どうも、わたしです。報道で出ていましたが、渋谷のハロウィンは逮捕者が出たりで、大変だったようですね。一部の悪い人たちによって治安が悪くなってしまい、来年以降は規制がかかったりと、やりにくくなってしまうのかもしれません。日本ではまったく知名度のなかったイベントから、数年で急成長したイベントなので、ある意味、サッカーも集客の面ではお手本にするべきイベントと思っています。ただ一方で、ハロウィンもサッカー [続きを読む]
  • 積み上げる信念あるクラブに育ってほしい
  • どうも、わたしです。今期は残り試合も少なくなり、来季のことを考える季節になってきましたが、来期への方針がどうなっていくのか、考えてしまいます。サッカーの話ではないですが、外国の大統領選などでは、トランプ大統領をはじめ、過激な右派候補が勝利する国が増えており、国民ファーストという風潮が広まっています。うまくいかなかったところに、サポーターの不満が噴出することで、クラブ側も、サポーターファーストの流れ [続きを読む]
  • 積み上げる信念あるクラブに育ってほしい
  • どうも、わたしです。今期は残り試合も少なくなり、来季のことを考える季節になってきましたが、来期への方針がどうなっていくのか、考えてしまいます。サッカーの話ではないですが、外国の大統領選などでは、トランプ大統領をはじめ、過激な右派候補が勝利する国が増えており、国民ファーストという風潮が広まっています。うまくいかなかったところに、サポーターの不満が噴出することで、クラブ側も、サポーターファーストの流れ [続きを読む]
  • 残りゲームは若手のテストも兼ねていくか
  • どうも、わたしです。のこり3試合となり、昇格や降格の可能性もなくなった今、若手のテストの場が必要かなと感じます。来期からはJリーグでは、J2J3で、若い選手を出場させることを義務付けるような制度も検討されていて、若手を出場させることも求められていると思いますが、来期に向けてのことを考えるにあたり、若手を出場させていくというのは、大事と思います。ここのところは、大野くんがGKとしての出場を奪い取っていますが [続きを読む]
  • ゴール前への飛び出しでチャンスを作る場面も<2018年J2第39節岐阜戦@長良川>
  • ジェフ0−2岐阜どうも、わたしです。ゲーム全体では、岐阜ペースで進んだゲームに感じ、いいところは作れなかったように思います。ただ、今節はゴール前に後方から飛び込んでくる選手がおり、工夫も感じたゲームでした。内容を簡単に振り返ります。序盤はジェフのプレスとコンパクトな守備がさえ、岐阜のパスワークを寸断すると、カウンターからチャンスを作った。サイドに人数をかけると、中央には逆サイドが走り込む形もでき、 [続きを読む]
  • 不外ー岐阜戦即レポ
  • ジェフ0−2岐阜どうも、わたしです。攻撃的なチーム同士の戦いという対戦でしたが、両軍、守備面がしっかりしていたように感じました。ジェフは相手のマークが外せず、崩すことができなかったように思います。さて、ゲームの流れを振りかえると、序盤はジェフのプレスとコンパクトな守備がさえ、岐阜のパスワークを寸断すると、カウンターからチャンスを作った。サイドに人数をかけると、中央には逆サイドが走り込む形もでき、攻 [続きを読む]