金子ラル さん プロフィール

  •  
金子ラルさん: LARGE AS LIFE LOG
ハンドル名金子ラル さん
ブログタイトルLARGE AS LIFE LOG
ブログURLhttp://largeaslife.blog103.fc2.com/
サイト紹介文5歳の娘とのこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/08/10 17:01

金子ラル さんのブログ記事

  • バンド名だか曲名だか・・・Walk The Moon
  • わずか2年半のアメリカ駐在でしたが、「駐在期間を代表する曲は何だろう」と考えてみた時に、思い浮かぶのがこのバンドの曲です。今でも覚えているのが、花火大会だかお祭りだかで(覚えてない)、カバーバンドがいろいろと演奏している中、“ふ〜ぅふ〜♪”というサビが印象的なこの曲が演奏されたのです。近くにいたおばあちゃんが一緒に口ずさんでいたので、きっと昔から親しまれている曲なんだな、と思い、帰宅後、“Shut up a [続きを読む]
  • 伊集院光のエッセイにハマる
  • 伊集院光の「のはなし さん」を近所のブックオフで200円で確保しました。「のはなし」の「いち」と「に」は、それぞれ文庫になった「イヌ&キジ」と「カニ」で購入していたのですが、その世界観というか面白さに、「さん」が文庫化されるのを待ちきれませんでした。伊集院光と言えば、私の世代にとっては、三宅裕司のヤングパラダイスの後番組をやっていた人で(今調べてみると、間に約1年間別番組があったようですが)、ヤンパラ [続きを読む]
  • 『ディセンダント2』が放送!
  • アメリカでチビ加が好きになったテレビで、果たして日本でどれぐらい知られているんだろう?という番組に「ディセンダント」があります。私は見たことはないのですが、チビ加がよくその歌を歌っていました。「What's my name, what's my name〜♪」とか。アメリカでは「ディズニーチャンネル」というテレビチャンネルをよく見ていたのですが、アニメだけではなく、青春もの、学校もののドラマを放送しています。日本でも放送されて [続きを読む]
  • イヤホンも買い換えました
  • iPod touchを買い替えたタイミングで、イヤホンも更新しました。予算は5千円程度に設定してネットで調べてみると、ZERO AUDIOやSennheiserなど、いくつかおススメされているものもあったのですが、iPodを持参して、お店で実際に試聴した結果、オーディオテクニカのATH-CKR50がベストでした。アマゾンのレビューでは一部に酷評も見られるのですが、自分の好きな音楽には合っていると思いました。わが耳を信じます(笑)ちなみに、試 [続きを読む]
  • iPod Touchを買いました
  • 電車通勤にもすっかり慣れ、クルマで通勤していた頃がもはや夢のようです。クルマ通勤の時には、iPodをUSBでカーステレオに接続して聴いていたのですが、常時USB接続していたせいか、iPodの電池がまったく持たなくなってしまいました。夜に充電して、朝夕それぞれ1時間ぐらい使うと、電池の残量メーターは赤くなってしまい、充電が必要な状態になります。充電を忘れた時など、あまりに不便なので、溜まっていたビックカメラのポイ [続きを読む]
  • 大きな決断をしました
  • あっという間に、帰国してから3カ月が過ぎました。この間、引越しを含む生活のセットアップ、新しい仕事への適応など、いろいろなことがありましたが、わが家では、ひとつ大きな決断を下しました。それは、チビ加の中学受験です。チビ加が渡米したのは、小学2年生が終わった4月。そこからアメリカの小学校に編入、7月までの2ヶ月ちょっとを2nd Gradeとして過ごし、8月末から始まる現地校で、3rdと4thの2年間を修了しました。その間 [続きを読む]
  • ダラスでの最後のコンサート
  • 帰国が決まってからバタバタといろいろなコンサートに行きましたが、最後はアイアン・メイデンで締めました。場所は、渡米後初めてのコンサートで行ったモトリー・クルー、その後のBON JOVI、アリアナ・グランデ(は送っていっただけですが)と同じく、ダラスのダウンタウンにあるアメリカンエアラインセンターです。メイデンは、日本で2回ほど観ているのですが、1度目が渋谷公会堂かどこか(中野サンプラザかも)、2度目がZEP [続きを読む]
  • 「君の街から、本屋が消えたら大変だ!」
  • 電車の中吊り広告で見かけた、雑誌ポパイの17年9月号の見出しです。そうです、本当に大変です。アメリカから帰ってきてみると、駅前にあった大きな書店がなくなり、ドラッグストアになっていたのです・・・。これは本当にショックです。これを理由に引っ越しをしてもいいぐらいショックを受けています。考えてみれば、会社に近い新橋・虎ノ門近辺も、次々と本屋が閉店してしまい、今では数えるほどしかありません。ネット通販の拡 [続きを読む]
  • 帰国しました
  • すっかり間が空いてしまいましたが、無事に日本に帰国しました。帰国前には、メタリカに続く滞米中最後のコンサートとして、アイアン・メイデンを観に行ったり、家族揃ってロデオや独立記念日の花火を観に行ったりしました。また、最大イベントだったのは、オーランドからバハマを往復するディズニークルーズ、そして、ディズニーワールドへの9泊10日の旅行です。この辺のイベントは、おいおい記事に書きたいな、と思っております [続きを読む]
  • アメリカ!メタリカ!
  • 前回書いたように、MR.BIGとMETALLICAとで迷っていましたが、やはり、アメフトのスタジアムの大きさを感じてもらいたい、という点と、ずっと立っていないといけない会場より座席があった方がよいだろう、ということで、メタリカのコンサートに行ってきました。家族3人でのコンサートは、なんと、「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサート以来です。「おかあさんといっしょ」から「メタリカ」へ、間に何かなかったのか?という [続きを読む]
  • 日本に帰ります・・・
  • この夏に、日本に帰任することになりました。帰任については、年明けぐらいから話はあったのですが、正式に決まりました。2015年の1月に赴任してからわずか2年半、赴任前のノイローゼ状態はどこへやら、アメリカ生活にも馴染んできて、これから・・・という時なので残念ですが、こればかりは仕方ありません。時間内はきっちり仕事をして、5時を過ぎたらプライベートに切り替えるというスタイルは、日本ではなかったもので、このま [続きを読む]
  • トム・キーファーが大好きだ
  • アメリカに来たての頃、コンサート情報を見ていた時にこの名前を見つけて、「活動を続けてたんだ。アメリカにいるってことは、こういう人たちを観るチャンスがあるってことなんだな。」と嬉しく思ったのを思い出します。その時なぜ行かなかったのか覚えていませんが、今回、またダラスにやってくるのを知り、行ってきました。個人的名盤には入れていなかったものの、CINDERELLAのアルバムはiPodから消すことができず、年に数回は必 [続きを読む]
  • アマリロと言えば・・・
  • グランド・キャニオンと比べて、前回ご紹介したパロ・デュロ・キャニオンがマイナーな理由のひとつには、近くにラスベガスのような観光都市がない、ということも影響しているのかもしれません。パロ・デュロ・キャニオンにもっとも近い都市はアマリロなのですが、残念ながら、ほとんど観光するところもありません・・・。私たちが行ったのは、有名な観光客向けのレストラン「ビッグ・テキサン」と、キャディラックが地面に突き刺さ [続きを読む]
  • パロ・デュロ・キャニオンへ行ってきました
  • 「パロ・デュロ・キャニオン」という名前を聞いても、知っている方はほとんどいないと思いますが(失礼)、一応、アメリカでは、グランド・キャニオンに次ぐ、2番目の峡谷らしいです。そのパロ・デュロ・キャニオンですが、場所は、アマリロに近く、ダラスからはクルマで4〜5時間と言ったところです。ほとんど何もない道をえんえんと突っ走ります。うちの会社のアマリロ出身のおっちゃんに、ダラスからクルマで行けるところで、ど [続きを読む]
  • 初めてのU2、初めてのAT&Tスタジアム
  • どちらも凄かったです。まずは、AT&Tスタジアム。野球を観にアーリントンへ行くと、すぐ近くにAT&Tスタジアムが見えているのですが、中に入ってみて、改めてその大きさに驚きました。ググってみると、収容人数は100,000人で、東京ドームの55,000人と比べてのその大きさがわかりますね。バーも高級感が漂っていましたし、ちょっとしたスペースにはソファが置いてあったりして、皆、こういうところでアメフトを観ているんだな、やは [続きを読む]
  • 出張先での痛恨のミス
  • 日本からの出張者に同行して、ナッシュビルへ行きました。私を含めて、日本人4人、アメリカ人1名の総勢5人です。うち2人が初めてのナッシュビルということで、何か喜んでもらえることがないかな〜?と考えていた時、ナッシュビル=ミュージックシティだし、何かコンサートがあるかも!と閃きました。調べてみると、なんと「HALL & OATES」と「TEAR FOR FEARS」のカップリングコンサート(+さらに1組の前座)があるではないですか [続きを読む]
  • アメリカでのチケット購入について
  • アメリカに来て、便利だな〜と思ったことのひとつに、イベントのチケット購入があります。チケット購入のサイトとしては、Ticketmaster、Vividseats、Stubhubといったところがメジャーなんだろうと思いますが、例えば、ふと「野球でも観に行こうかな」と思い立ったとして、そういったサイトを見てみると、こんな感じで、日程とチケット情報が載っています。さらに詳しく見ると、何列目の席がいくら、とか出てきます。こういったサ [続きを読む]
  • 今さらながら『進撃の巨人』にハマる
  • ずっと前に、飛行機の中で、実写版の映画を見たりして、話はなんとなく知っていた『進撃の巨人』。同じ頃に観た映画の「メイズ・ランナー」と同じようなイメージを持ってました。(結局、メイズランナーも2と3を観ていないので、どんな話かはよくわかりません。)ところが、先日たまたま、某評論家が「『進撃の巨人』は若者たちにとっての思想書になるつつある」というようなことを言っているのを聞いて、へぇと思い、最初に数巻を [続きを読む]
  • アメリカ東海岸旅行での心残り
  • 日本のゴールデンウィークに便乗して、アメリカの都会部分を旅行してきました。まずは、ワシントンDCへ。この日はたまたまトランプ大統領就任100日目だったせいか、ホワイトハウスには大勢の人が集まっていました。夕方5時ちょうどにホワイトハウスからヘリコプターが飛んでいったのですが、あとで大統領のスケジュールを見たら、どうもこれにトランプ大統領が乗っていたようですね。中指を立てている人も写っています。博物館や [続きを読む]
  • ハンドスピナーで集中力アップ!?
  • 日本ではどうなのか分りませんが、チビ加の小学校では、大人気のおもちゃ。それが、このハンドスピナーです。日本の連休に合わせて旅行に行ってきたのですが、旅行前にヨメさんが注文したハンドスピナーがいつ家に届くのか、チビ加はずっとそればかり気にしていました。帰宅時にまだ届いていないことがわかると、ふてくされる始末(笑)旅先のニューヨークでも、路上で販売しているのを目にしたので、ちょっとしたブームなのかもし [続きを読む]
  • チビ加のコンサートデビュー
  • このところ、続けて私のライブ参戦記録について書いていましたが、その間に、チビ加も初のコンサート参戦を飾りました。「初の」と言っても、もっと小さい頃に、しまじろうコンサートとおかあさんといっしょのファミリーコンサートに行っているので、厳密には、初めての外タレの初コンサートです。いや、アメリカにいる場合はこちらが外国人なので、外タレではなくて、アーティストのコンサートと言った方がいいのかな。これまで、 [続きを読む]
  • デイヴ・メニケッティはやはり人間国宝だった
  • Y&Tのライブに行ってきました。場所は、先日TESTAMENTを観たGAS MONKEYですが、先日のライブハウスとは違って、今回はBAR&GRILLというお店の方。どこがステージなんだろうと思いながら行ってみると、お店の脇に少し広めのテラスがあり、そこがステージでした。客席も狭くて、ステージが近いです。入場料18ドルを支払い、手に「OK」のスタンプを押してもらいます。これがチケットの代わりです。8時ちょっと前から、前座のJoey C. Jo [続きを読む]
  • ダラス マーべリックスを観に行ってきました
  • 今回は、北米に4大プロスポーツのうち、ベースボール(MLB),アイスホッケー(NHL)に続いて、バスケットボール(NBA)の観戦に、家族揃って行ってきました。4月15日からプレイオフが始まるようで、シーズン最後のギリギリです。試合は、ダラス・マーべリックス対デンバー・ナゲッツ。と言っても、NBAについてもほとんど知識がありません。今期の成績表を見てみると、マーべリックスは、ウェスタン15チームのうち12位とあまり強くない [続きを読む]
  • アメリカのライブハウスに行ってみました
  • 先週の金曜日、意を決して、アメリカのライブハウスへ行ってきました。実はこの場所、こちらへ来た早々に会食場所と間違えて来てしまったことがあるのですが、その時に、長髪のジャンキーっぽいおっちゃんにお金をせびられました。それ以来、ちょっと怖い場所という認識でした。ですが、いつまでいられるかわからないアメリカ生活なので、勇気を出して行ってみることにしたのです。メインアクトは、スラッシュメタルの雄、TESTAMEN [続きを読む]
  • 思わぬ落とし穴が・・・
  • 前回の記事に書いたように、色々と購入できたブックオフめぐりでしたが、中でも楽しみにしていたのが、このCDです。先輩ブログの海さんイチオシのアジアン・カンフー・ジェネレーションの中で、「最初に聴くならこれ」と薦めていただいたアルバムです。私もたいがいですが、海さんは、私以上に守備範囲が広く、アイドルからテクノからラップからメタルまで、ありとあらゆるジャンルの音楽を聴き込まれる方です。言うならば、私の守 [続きを読む]