fuji さん プロフィール

  •  
fujiさん: 野菜と果樹の育て方|初心者も簡単栽培で大収穫!!
ハンドル名fuji さん
ブログタイトル野菜と果樹の育て方|初心者も簡単栽培で大収穫!!
ブログURLhttp://yasai-sodatu.net/
サイト紹介文野菜と果樹栽培の管理方法。初心者のかたにも分かりやすく、おいしい育て方のコツをご紹介。
自由文地植えはもちろん、プランター栽培、無農薬についても詳しいです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/08/10 18:39

fuji さんのブログ記事

  • 新ジャガイモとは?|ビタミン ミネラルたっぷり!
  • ジャガイモの収穫はとても楽しみです■新ジャガイモとは新ジャガイモは、そういう品種が存在するわけではありません。新米や、新タマネギも、そういう品種があるわけではなく、収穫後貯蔵せず、すぐに出荷するため”新”がつけられますね。新ジャガイモの場合は、秋に収穫され、冬の間は貯蔵され関東標準では5月位の間に少しずつ出荷されたジャガイモと、春に収穫されたジャガイモが同時期に出回るため、春に収穫されたジャガイモ [続きを読む]
  • ジャガイモ 花は摘む?
  • 紫や白の花が咲きますジャガイモはビタミンCが豊富な健康野菜です。家庭菜園でも、育てやすく手がかからないので人気者ですね。愛らしい花が咲きますが、摘んだほうが良いのでしょうか?■ジャガイモ 花は摘む?ジャガイモには白や紫色のきれいな花が咲きます。広大なジャガイモ畑に花が咲くさまは、とても美しく見ごたえのある風景です。ところで、ジャガイモの花に栄養分がとられて、収穫量に影響が出るようなことは無いのでしょ [続きを読む]
  • ジャガイモ 芽かき方法
  • ジャガイモの芽かき、追肥、土寄せが、大きなイモを作ってくれます ジャガイモは家庭菜園の定番の野菜です。植え付け時期は、2月〜3月です。手がかからず、失敗も少なく、ジャガイモの収穫は、楽しい芋ほりができます。貯蔵性がよく、たくさん収穫したら、いつでもほくほくのジャガイモを楽しむことができますね。ジャガイモそのものを味わうふかしイモやじゃがバターは、大きめのイモで作りたいものですね。■ジャガイモ 芽かき [続きを読む]
  • ジャガイモの肥料は?
  • ジャガイモの元肥、追肥は大切です。ジャガイモは保存性も良く、幅広く料理でき、ビタミンCや食物繊維も多く美容にも良いのが嬉しいですね。■ジャガイモの肥料は?ジャガイモを丈夫に育てるための土壌はどのように作ったらよいのでしょう。また、どのような肥料をいつどんなふうに施すと収穫量が上がるでしょうか。1.好む土壌は?ジャガイモは酸性の土壌を好みます。そのため、土壌を中和する苦土石灰を施す必要はありません。ま [続きを読む]
  • 浴光催芽=芽だしの方法
  • ジャガイモの浴光催芽このように芽がでてきますC)網走支庁清里地区農業改良普及センター■浴光催芽=芽だしの方法通常、ジャガイモのタネイモの植え付けは、4月上旬までに行います。植え付け適期を逃すと、肥大に必要な日数が足りず、小さなイモしか収穫できなくなってしまいます。しかし、菜園の栽培サイクルの都合などで、どうしても植え付けが遅くなってしまう場合は、浴光催芽=芽だしという手段があります。さらに、芽だしは [続きを読む]
  • ジャガイモのプランター栽培|ウイルス病予防にタネイモを使用
  • ジャガイモは、容器、袋栽培でも立派に育ちます2018、1月のデジマ収穫(秋植え)、美味しいですよ!ジャガイモ、プランターで栽培ジャガイモの発芽ジャガイモはコツさえつかめば、プランターやトロ箱、袋栽培でも、大きなイモを栽培することができます。スーパーで購入する食用のジャガイモは、ウイルス病にかかっていることが多いので、必ずタネイモ用のイモを買います。■栽培管理・容器土量が多いほど良くできます。収穫量は土 [続きを読む]
  • ジャガイモの育て方|イモを大きくおいしく栽培するコツ!
  • ジャガイモ畑ジャガイモは、初心者の方でも育てやすい野菜です。地植えはもちろん、袋栽培、プランターでも収量が上がります。掘り立てのジャガイモのおいしさは、驚くほど味わいがあります。栽培ポイント1.信頼できるお店で無菌のタネイモを入手します2.土に茎葉が残るため、連作はしません3.芽かきをして実の質を高くしますジャガイモの栽培は北海道が有名で、15〜20℃の冷涼な気候を好み、昼夜の温度差があると良く成 [続きを読む]
  • サツマイモ 大きくならない原因は?
  • 大きいサツマイモに育てたいですねサツマイモ、子供から大人まで年齢を問わず、大人気ですね。昔から日本人には馴染み深いおいもさんです。スイーツに使われたり、天ぷらにしたり、ほくほくの焼き芋にしたりとおいしい食べ方も多いです。名前の通り、日本では約4割が鹿児島で生産されています。レシピもたくさんありますので、家に保存があるととても便利なサツマイモです。家庭菜園での難易度も高くはありませんので、ぜひ、挑戦 [続きを読む]
  • サツマイモ栽培 おいしくない理由は?
  • おいしくないのは、理由がありますサツマイモは、家庭菜園初心者でも簡単に育てることができます。暑さに強く、水が少なくても肥料が少なくても、生育することができるたくましい野菜です。年間の最高月の平均気温が22℃以上であれば生育可能ですし、手もかかりませんので週末菜園などにもお勧めです。秋に収穫して春まで数ヶ月の保存も可能で、使い道が豊富にあるサツマイモは、家庭菜園で収穫できると重宝しますね。 ちょっとし [続きを読む]
  • サツマイモの肥料は?
  • 収穫がとっても楽しみなサツマイモサツマイモは暑さに強く、やせた土地でもたくましく生長する野菜です。乾燥にも強いため、なかなか水やりに行くことができない遠い畑や、日差しが強く乾燥しやすい屋上菜園などにも適しています。南国の作物なので年間の最高月の平均気温が22℃以上が必要ですが、暖かい地域であれば、初心者のかたでも栽培ができます。ヒルガオ科だけあって、花も可憐です■サツマイモの肥料は?やせ地でも育つと [続きを読む]
  • サツマイモ 苗の植え方は?
  • 植え付け後の苗、発根してくると、茎葉がピンとしてきます焼き芋や天ぷら、スイートポテトなど、子供や女性に大人気のサツマイモ。腹持ちもいいですのでダイエットにも効果的です。またビタミンCや食物繊維も豊富に含まれ、保存も長くできますので重宝します。家庭菜園での難易度は初級。サツマイモは、救荒野菜とも呼ばれ、やせ地でも元気に、育つので初心者でも挑戦できます。 サツマイモの苗  C)プロジェクト鹿児島■サツマイ [続きを読む]
  • サツマイモの育て方|やせ地でも簡単栽培、初心者でも高収穫!
  • サツマイモ畑やせ地でもよく育ち、丈夫で育てやすいサツマイモは、初めて野菜作りをする人でも失敗なく育てられます。サツマイモの育て方をわかりやすくご紹介しましょう。栽培ポイント1.水はけと通気性を良くします2.肥沃な場所を避け、肥料分を控えます3.つる返しでイモの数を制限します■品種育てやすく、ホクホクした食感の「ベニアズマ」、早掘り用の「高系14号」がおすすめです。サツマイモには、形や色、大きさが異 [続きを読む]
  • ビワを小さく仕立てるには?
  • ビワは高さ10メートルにも生長しますビワは温かい地域だと早生種から晩生種まで栽培できます。しかしミカン栽培よりも北の寒い地域では、晩生種を選んだほうが無難です。ビワは、思った以上に大きく生長するので、小さく仕立てるときは、3年くらいを目途に仕立て直します。 また、花が多く咲き、実がつきすぎる性質があります。芽かき、摘房、摘蕾、摘果を行い、実の数を制限します。ビワの葉は漢方薬として使えます。ビワ温灸、 [続きを読む]
  • ビワ 枯れる原因は?
  • ビワ、爽やかな甘さで美味しいです初夏に旬をむかえるビワ。日本では昔から馴染み深い果物です。現在も庭先でたくさんの実をつけているビワの木を見かけますね。ビワの種にはアミグダリンという成分が葉の1300倍も含まれていて、神経痛の治療などに使用されてきました。ビワは追熟しない果物ですので、保存はあまりできません。冷蔵庫などの低温での保存にも弱いですので、暗い所で保存してなるべくはやめに食べるようにします。ビ [続きを読む]
  • ビワ 大きな実をつけさせるには?
  • 大きなおいしい実をつけさせたいですねビワは江戸時代に中国から渡来した果樹です。日本では房総半島以西の太平洋岸の温かい地域、鹿児島、長崎、香川、愛媛、千葉などで栽培されています。寒害の心配がある地域では、「田中」など寒さに強い品種を選びます。ビワの実は黄色く色づき、甘い香りがしたら収穫時期です。さて、大きくて美味しいビワの育て方をご紹介しましょう。 ビワの花と蜜蜂■ビワ 大きな実をつけさせるには?1. [続きを読む]
  • ビワの栄養
  • ビワ、爽やかで美味しい果実ですビワ(枇杷)は、程よい甘さが爽やかな、初夏の風物詩ともいえる果物です。もともとは中国原産の果物ですが、すっかり日本に溶け込み、各地で自生しています。ビワは橙色をしていますが、この色は、βカロテンによるものです。そのため、果物としてはβカロテンを豊富に含んでいます。■ビワの栄養◎βカロテンβカロテンは抗酸化作用があるため、動脈硬化の予防や抗がん作用、高血圧の改善などの薬 [続きを読む]
  • ビワ 種の育て方
  • ビワは種からも育ちますが……ビワ(枇杷)はバラ科・ビワ属の常緑高木です。自生地は日本、中国です。収穫するまでに4〜5年かかります。木が大きくなるので植え場所を選ばないと、周囲の日当たりが悪くなります。北側に植えたり、鉢植えにして栽培しましょう。鉢植えは日当たり、風通しのよい場所に置きます。冬の寒冷地では室内へ取り込み、冷害を防ぎましょう。食べたビワのようにおいしい果実が採れることは少ないですが、ビワ [続きを読む]
  • ビワの実がならないときは?
  • ビワの花は−3℃まで耐えられますビワは農薬なしでも大丈夫なので家庭果樹にむいています。1花房に80から120個も花がつくので、美つきを制限します。ビワはどの品種も1本で結実します。受粉樹や人工授粉は必要ありません。ビワの木は放置しておくと大きく生長します。剪定を行って低く樹高を抑えるか、鉢植え栽培をします。ビワの実がならない原因をご紹介します。実が少なかったり、ならないととても残念です■ビワの実がならない [続きを読む]
  • ビワの育て方 鉢植え|主枝を横に誘引し低く栽培
  • ガーデン ストーリーさんの果樹苗は充実していますビワは、バラ科ビワ属に分類される常緑高木です。自生地は中国、日本で、収穫されるまで4〜5年かかります。ビワの鉢植えの育て方をご紹介します。 ビワは生育旺盛な樹で、ミカン栽培ができる場所が適しています。暖かい土地では早生種〜晩生種が作ることが可能です。しかし寒い土地では、晩生種が適しています。実生台木に接ぎ木をした1〜2年目のポット苗が園芸店に出回ります。 [続きを読む]
  • ビワの育て方 庭植え|緑が美しく果実も楽しめます
  • 鈴なりです!ビワは江戸時代に中国から伝わった果樹で、生育が旺盛な常緑樹です。蕾や花は低温に弱いため、寒い地域には適しません。九州から新潟県、福島県ぐらいまで分布しています。ビワは無農薬でつくることができるので、家庭園芸にむいています。ビワの庭植えの育て方をご紹介しましょう。ビワは何も手入れをしないと背が高くなってしまいますが、北側に植えたり、剪定をしたり、鉢植えにして低く仕立てます。ビワの葉は漢方 [続きを読む]
  • ワイルドストロベリーの利用法
  • ワイルドストロベリー(Fragaria vesca)は、野苺の一種で、ヘビイチゴとはまた違いますが、エゾヘビイチゴといった別名を持ちます。主に利用するのは、葉と実の部分で、果実は、イチゴ同様、甘酸っぱく、とても美味しく食べられます。葉は、ハーブティーにできます。また、ワイルドストロベリーの利用法は食用にするだけではなく、さまざまな方法がありますので、ぜひ活用してみてください。花もかわいらしいです■ワイルドストロ [続きを読む]
  • ワイルドストロベリー 実が赤くならないのは?
  • あれ? 実が茶色っぽいですかわいらしい花と実をつけることで大人気の「ワイルドストロベリー」。ワイルドストロベリーは、ふつうのイチゴと比べて、害虫にも強く、寒さにも耐えることができるので初心者にも育てやすい植物です。しかし、ワイルドストロベリーが赤く色づかないことがあります。その原因をご紹介しましょう。 ワイルドストロベリーは、「幸せな家族」「尊重と愛情」「無邪気」という花言葉をもちます。アメリカで [続きを読む]
  • ワイルドストロベリー 実がならない原因は?
  • ワイルドストロベリー 実がならない原因をご紹介します 「ワイルドストロベリーを植えて実がなると結婚できる!」、というジンクスがブームになり、一躍有名になったワイルドストロベリー。育てやすくかわいらしいので現在でも人気を保っています。ヨーロッパでは「幸運と愛」、アメリカでは「奇跡を呼ぶハーブ」と呼ばれていて、とても縁起の良い植物です。花言葉は、幸せな家庭、尊重と愛情、清浄、無邪気です。ふつうのイチゴ [続きを読む]