むかしのいすみちゃん さん プロフィール

  •  
むかしのいすみちゃんさん: 遊華のよくばりお花レッスン
ハンドル名むかしのいすみちゃん さん
ブログタイトル遊華のよくばりお花レッスン
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tommy3ami
サイト紹介文ムーミン谷より千年の都京都で華道修行。和と洋を取り入れた欲張りなレッスンの内容を紹介して行きます。
自由文千葉県いすみ市出身東京板橋区在住、欲張り池坊華道家
遊華社の金綱幸月さん、生け花とウエディングブーケやアロマの香り石鹸粘土でお花作り、プリザの加工と欲張りなレッスンで遊心、ヒヨコも作り小さな教室でコツコツ。
いすみ鉄道ファン。花のスポンサーです。お花をいけることで今の心理状態を知る。気楽に参加出来ます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/08/11 14:19

むかしのいすみちゃん さんのブログ記事

  • 新芽も見てね~サンゴミズキをいける。
  • 魅せられた花材(サンゴミズキ)でお稽古です。・ミズキ科の植物、学名(シラタマミズキ)の変種フトイと取り合わせて季節のお花で水盤に。4月と思えないあつい日もあり、お水を見せて涼し気にいけました。生徒さんの作品から*花材、フトイ・サンゴミズキ・スカシユリ新風体・生花花材、サンゴミズキ・スカシユリ・赤ヤナギこんな花です。 [続きを読む]
  • 生花の基本より「葉蘭」をいける。
  • 生花正風体、一種いけ・花材、葉蘭(ハラン)葉蘭にはじまり、葉蘭に終わると言うくらい、昔からお稽古の花材、昇進テストは、葉蘭かリアトリスそんなことを言われた時代もありました。お花がないのでさみし〜いなんて思うのは昔のこと。現代では葉が美しいと・・・空気が洗浄される・・・長持ちするで人気です。生徒さんの作品から*7枚いけ真を中心に前に3枚、後ろに3枚*9枚いけ真を中心に、前に4枚、後ろに4枚 [続きを読む]
  • 中国大連よりの楊さん第85回池坊東京連合支部いけばな展に参加
  • いけばなの根源池坊展会期、2018年3月21日(水)〜30日(金)会場、上野東京都美術館、ギャラリーA・B・C社中の楊さん参加作品と展示作品は1部ですお見苦しい点は御容赦ください。                   迎え花         床の正式な飾り方は、 三具足、右に燭台、中央に香炉、左に花瓶を飾る。         後に花瓶と花が独立していけばなとなったとうかがっております。仏教はインドよ [続きを読む]
  • 生花の基本「ハラン」をいける。
  • 生花の基本的な形は、真・副・体の3つの役枝により構成されます。真は花器の2,5倍〜3,5倍くらい。副は真の3分の2。体は真の3分の1。花形は前から見て半円の形を表している。全体には円形を表します。副の出ているほうが陽方、体の出のほうが陰方。立体的になる。・葉蘭(ハラン)7枚生けお稽古の花材に最適、葉蘭(ハラン)にはじまり、ハランに終わるといわれるくらい、陰陽の深いお稽古です。右葉、左葉と分ける。真から [続きを読む]
  • 生花三種生け垂れ物の枝をいかす。
  • 一足早く春を感じる花材でお稽古。生徒さんの作品から・生花*花材、桜・コデマリ・チューリップで三種生けです。どれも春を感じると・・・桜も開花が多く、コデマリも開花していて可愛い、楽しいお稽古になりました。真に桜、少し低めに副と後ろのあしらいになびきのよいコデマリの枝を用います。体真には赤いチューリップでまとまっています。・自由花変形花器使用花材、アリアムリーキ・ユーカリ・オンシジューム・リューココリネ・自由花、桜・チュー [続きを読む]
  • 生花「彼岸桜をいける」
  • ヒューマンアカデミーカルチャースクール成増校のレッスンよりお彼岸の頃に満開に咲くので彼岸桜の名前がつきました。薄い色のピンクは少しさみし気な感じがします。彼岸桜の枝はぼさぼさとしている。つき枝をよくみて整理します。一種生けでいける時には里から山に開花していく自然にならい、体、副に開花を用います。中上段には蕾がちのものを用います。二種いけには桜に色合いのよい花が良いでしょう。今日はチューリップを用い [続きを読む]
  • 生花一種・二種いけ「桃に菜の花」
  • ヒューマンアカデミーカルチャースクール成増校のレッスン花材、桃・菜の花桃は女児の健やかな成長を願い祈る縁起の良い花。桃の節句によくいけられます。原産地は中国、縄文時代より栽培される。一種生け、桃は矯めやすいので曲をいかしていけます。真の前後には曲のある枝を用いるのがよい。副も優しい曲のある、つき枝のあるものがよい。二種いけでは真の線の美しさをいかしていけます。根〆はいろどりのよい菜の花でいけます。 [続きを読む]
  • ○○ちゃまのお花道生花「桃に菜の花」をいける
  • 5節句の1つ「桃の節句」。・上巳の節句。桃は春の季語。「桃と菜の花で生花2種いけ」。桃の枝をよく見てつき枝をいかし、やさしくいける。線の美しさを真副にそのままいかす。桃は矯(ため)がよくきく。・バラ科、桃属・原産地、中国・桃は邪気を払い不老不死の霊薬に使われたことから、女児の健(すこやか)な成長を祈る縁起の良い花。・花言葉、気立てのよさ・天下無敵・私はあなたのとりこ・・・。.○○ちゃま綺麗にいけま [続きを読む]
  • 「花の桃李会」花展Final、池坊東京会館①
  • 2018年2月18日(日)池坊東京会館1Fホールにて。【桃李の会】は池坊次期次期家元専宗様を名誉会長として、池坊いけばなを学ぶ40歳未満のメンバーで構成されています。いけばなを通じて様々な職業の若い方のいけばな交流会です。今回が最後のイベントだそうで、池坊東京会館(旧池坊御茶ノ水学院)にて行われておりました。会場には春のお花、それぞれにお好きなお花が伸び伸びで、みずみずしい〜がいっぱい,そしてお花を見にこら [続きを読む]