大野多恵子(おおのたえこ) さん プロフィール

  •  
大野多恵子(おおのたえこ)さん: 「もったいない」から始める上質生活
ハンドル名大野多恵子(おおのたえこ) さん
ブログタイトル「もったいない」から始める上質生活
ブログURLhttp://ecott.exblog.jp/
サイト紹介文新宿区のライフオーガナイザー/ハッピー冷蔵庫アドバイザー・大野多恵子のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2011/08/11 22:05

大野多恵子(おおのたえこ) さんのブログ記事

  • 函館「蔦屋書店」にて冷蔵庫本の読書会
  • 昨年出版した拙著「冷蔵庫さえ片づければ、なにもかもうまくいく」を使っての読書会が行われることになりました。なんと、場所は北海道函館の「蔦屋書店」にて。私が現地まで行くわけではなく、函館在住の一級建築士&ライフオーガナイザー・岩崎美乃さんによる企画で、美乃さんご自身が講師を務めます。「片づけと建築のプロとの読書会」と題した参加型の勉強会。参加者全員が交代で本を音読して、章ご... [続きを読む]
  • 「もうレシピ本はいらない」に激しく共感
  • 稲垣えみ子さんの著書「もうレシピ本はいらない」を読んでかなりの感銘を受けました!アフロヘアで有名な元朝日新聞記者という著者。さすが、さらさら〜っと読める文章に引き込まれて、夢中で読み終えました。稲垣さんは、退職後「メシ・汁・漬物」の単純料理に目覚めて、毎日の食事はその繰り返し。10分でできて、材料費は1食200円で、それでいて、走って家に帰りたくなるほど「美味しい!... [続きを読む]
  • 朝食のフレッシュジュースが新習慣に
  • 朝飲む野菜や果物のジュースは、体にとってもいいと言われていますね。ジューサーやミキサーで、新鮮なジュースを作れれば、言うことなし。ただ、私はこのジューサーやミキサーの類を取り出して、また洗ってしまうという一連のことがかなり面倒に感じていて、ずっと敬遠していました。いや、新婚当時は使っていたんです。なんだって、一応チャレンジしていましたから。でも、いつの間にか使わないものは、... [続きを読む]
  • もらって一番うれしいプレゼント
  • 人からプレゼントをされて、一番うれしいものって何でしょう?プレゼントそのものが、その人の気持ちの表れですから、なんだってうれしいには違いないのですが。私の場合、あえてひとつ挙げるとしたら、花です。うん、美味しいお菓子もいいな〜^^どちらも消えものですが、生花をもらうと、部屋がぐっと華やぎ、気持ちが明るくなります。自分ではなかなか買わない花束やブーケだからこそ。花屋さ... [続きを読む]
  • 買いもの好き
  • 昨日、今日と、ようやく秋晴れの日となりました。出かけるにはぴったりのこんな日に、日ごろ買いたかったもののまとめ買いを。ところで、みなさんは、買いものは好きですか?嫌いですか?私は、見るのは好きだけれど、買いものそのものは、好きではないとずっと思っていました。まあ、買いものと言っても、家具、家電の大物から服、雑貨、食材までいろいろとあるわけですが。その中で、私は、食材... [続きを読む]
  • 傘を大切に使うということ
  • ずっと雨の日続きで、長傘が手放せないこのごろです。私の愛用の傘は、こちら。今は亡き義母が使っていたもの。もう10年以上前に、義母の住んでいた東京の家と、当時私たちが住んでいた三島と、せわしなく行き来していました。なので、母亡き後は、とりあえずそこにあったモノを使うという感じで、この傘もそのひとつでした。自分の好みかどうかということもあまり考えずに。いつの間にかず... [続きを読む]
  • 野菜室から全ての野菜を取り出して料理にとりかかる【冷蔵考】
  • 食品ロスで、一番多いのは野菜、果物と言われています。大切な栄養源が捨てられてしまっては、ほんとに「もったいない」ですよね。冷蔵庫の野菜室にいっぱい詰め込まれているとついつい見えないものは忘れがちに。「全てが見える」という収納方法も大切ですが、早めに「使いきる」という意識も大切です。私がよくやるのは、食事の支度のときに、野菜室から、ほとんど全ての野菜を調理台の上にいったん... [続きを読む]
  • 広い!楽しい!有楽町の無印良品
  • 昨日は、有楽町の無印良品へ。ふだんは、あまり有楽町方面へは行かないのですが、久しぶりの無印店内は、1階に野菜売り場やグリーンショップが出来ていてびっくり。野菜、果物、調味料など、見ているだけで楽しい空間です。2階、3階も、かなり広びろしていて、書籍などのレイアウトも、とってもおしゃれ。ちょうど「無印良品週間」の最終日。駆け足でしたが、キッチン用品、クッション、そし... [続きを読む]
  • 日常に生かす母の手作り陶器
  • 今年94歳になる母は、今は老人ホームで暮らしていますが、まだ残された実家には、母の思い出品がいっぱい詰まっています。母は、洋裁、和裁、刺繍、人形作り、陶芸・・・と、手作りが得意で、若いころからずっと、何かしら作っていました。比較的歳をとってから始めたのが陶芸で、その作品も、実家の棚にはところ狭しと置いてありました。私も結構譲り受けましたが、今日常的によく使っているのが、こ... [続きを読む]
  • 我が家のフライパン事情
  • 我が家にあるフライパンは、現在3つ。コンロ下の引き出しに、立てて収納しています。サイズは、大(26センチ)が2つで、小(21センチ)がひとつ。ステンレスの重めのフライパンは、結婚当初からずっと使い続けていますが、他は、何度も買い替えを。結局軽めのものが、毎日フル稼働しています。最近買った小サイズの方は、深さもあるので、鍋代わりにも。炒めて、煮て、蓋をしてしばらく置く... [続きを読む]
  • 食材管理は自分の目で確かめたい【冷蔵考】
  • 最近の冷蔵庫には、いろいろな便利機能が付いていますが、庫内の食材を撮影できるカメラユニットもそのひとつ。庫内カメラを設置することで、外出先からも冷蔵庫の中身が確認できるというもの。ただ、最近のニュースで、この機能についてはパンフレットから削除されてしまったとか。思いのほか、これは受け入れられなかったということです。食品ロスを出さない冷蔵庫の整理法をお伝えしている私として... [続きを読む]
  • ライフオーガナイザーで良かった!
  • 私は、2011年にライフオーガナイザーの資格を取ったので、かれこれ6年。振り返れば、これまでいろいろな時期がありましたが、そもそも資格を取ったきっかけは、まずは自分自身のために。ずっと片づけが苦手で、暮らし全体がなんとなく雑然としていて、思考の整理もできていなかったので、いつもスッキリとした暮らしに憧れていました。ライフオーガナイズを学んでからは、部屋の仕組みづくりと自分の... [続きを読む]
  • 非常用ストックのレトルトカレーを美味しい日常食に
  • 災害のときの非常食もかねて、我が家でいつもストックしているのがレトルトカレー。賞味期限が近づいてくると、日常食としてお昼ごはんメニューにすることが多いのですが、ただ温めるだけでなく、ここでひと手間加えます。冷蔵庫に残っているもの、肉とか野菜を炒めて、そこにレトルトカレーを加えると栄養バランスもとれるし、見た目も豪華になります。卵をスクランブルエッグにして加えることもある... [続きを読む]
  • 辛いときこそ「ありがとう」を探す
  • 辛いとき、苦しいとき、どんなことができるかというと感謝できることを、ひたすら探します。感謝できることって、ほんとうにあらゆるところに潜んでいるって、そんなときこそ気づけます。午後の晴れ間に、ありがとう!電車が空いていて、座れて、ありがとう!美味しいご飯に、ありがとう!思わぬ人からの連絡、ありがとう!話を聞いてくれて、ありがとう!いくつでも、いくつでも。。。数... [続きを読む]
  • 11周年記念に思う!ブログを続けるための秘訣は。。。
  • 今日9月26日は、私にとってのブログ記念日です。2006年に初めてブログを書いてから丸11年。ちょうど去年の今日は、10周年記念として、感慨深くその想いを書いていました。今年は、また少し違った意味で深い想いを抱いています。この7月から8月にかけて、ブログが書けなくなりました。プライベートなことで、仕事ができなくなり、ブログの更新も、ままならなくなりました。一度お休み... [続きを読む]
  • 都内でおすすめのスタバ!とっておきの2カ所
  • カフェめぐりは、私の趣味のひとつ。気に入った場所を見つけると、わくわくします。かつて、ライター時代に伊豆を中心に、日々、取材できる店さがしをしていた名残りでもあるかもしれません。東京では店が多すぎて、迷いますが、スターバックス(スタバ)は、安心できる大好きな空間です。でも都内のスタバは、ほとんど混んでいて、空席を探すのに苦労することも。そんな中、最近、穴場ともいえる... [続きを読む]
  • 着古した衣類をウエスにする時間は妙に落ち着きます
  • この夏にホームウエアとして着ていた2〜3着のカットソー、毎日、本当によく活躍してくれました。とことん着古して、着尽くしたので、ためらいなくウエスに。前から少しためていた古いTシャツなども一緒にチョキチョキ切り始めたら、なぜかその時間がとても楽しくて。。無心になれるこんな単純作業は、妙に心が落ち着くのです。次々と小さな布きれになって、いくつも小袋に分けていきました。これ... [続きを読む]
  • 「しぶくら」メンバーの冷蔵庫を大公開
  • 昨日開催した「しぶくらまつり」にて、しぶくらメンバーの「リアル冷蔵庫!これは誰の?」という企画がありました。あらかじめ6人の各家庭の冷蔵庫写真を展示して、「いったいこれは誰の家の冷蔵庫?」と当てるものです。お子さんが何人とか、家族構成で冷蔵庫の様子も変わってきます。しかし、実際には難しかったですね〜私は、ハッピー冷蔵庫アドバイザーとして、事前に写真を見比べました... [続きを読む]
  • BOOK OFF行きにはならなかった本
  • 本棚は、時々見直して、本の位置を変えてみるのがいいのだとか。確かに、ずっとそのままにしておくと、流れがなくなってずっと見えないままの本も出てきたります。そして、新陳代謝のためには、私はたとえ1〜2冊でもBOOK OFFへ持っていってまた、新しい本を取り入れるようにしています。以前にも書いたことがありますが、そのときの行動パターンがあります。これは、もう手放してもいいかなという... [続きを読む]
  • 5分あればこの1カ所が整頓できます
  • 昨日、出かける前にちょっと余裕で支度ができたので、あと5分ほどで何かできる〜と思い。。。取りかかったのが、こちらチェスト内の服の整頓。まず、Before写真がこちら。服をたたむのが好きでない私は、忙しくなってくると、こんな風に乱れてきますが、まあ、これですぐに取り出せるので、あまり困りはしないのです。・・・が、5分くらいあれば、ちょっときれいに出来るかな〜とだいたい色... [続きを読む]
  • 「心に響く話し方」この方に励まされ
  • しばらくブログの更新ができないでいた時期、時々受け取っていたこの方のメルマガに励まされていました。言響〜心に響く話し方〜の宮北結僖先生。セミナーコンテストでお世話になり、昨年の「片づけ大賞」の受賞前にも大変お世話になった先生です。いつも自分の軸がぶれなくて、みんなの心に届く話し方とは、どんなことなのかを教えてくださる素敵な、チャーミングな先生なのです。自分では、な... [続きを読む]