たけごろう さん プロフィール

  •  
たけごろうさん: PACHINKO西遊記
ハンドル名たけごろう さん
ブログタイトルPACHINKO西遊記
ブログURLhttp://sfqrk275.blog112.fc2.com/
サイト紹介文映画・ドラマ・アニメの情報を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2011/08/12 02:35

たけごろう さんのブログ記事

  • AT THE DEVIL’S DOOR (2014) 〜 洋画 ホラー 〜
  • 『 AT THE DEVIL’S DOOR 』 (原題:At the Devil's Door / 別題:Home) は、2014年に製作されたアメリカ映画。 不動産ブローカーとして働く女性が、担当した売家に纏わる恐怖の体験を、二つの時間軸を交差させながら描くホラー。 監督・脚本は、短編「Maid (2004)」短編「Cry for Help (2005)」短編「Chinese Box (2009)」短編「ディスコード (2011)」「ディスコード -DISCORD- (2012)」TVドラマ「A Crime to Remember (2014 [続きを読む]
  • リディバイダー (2017) 〜 洋画 SF・サスペンス・アクション 〜
  • 『 リディバイダー 』 (原題:Kill Switch / Redivider) は、2017年に製作されたオランダ・ドイツ・アメリカ合作映画。 エネルギーの枯渇が大きな問題となっている近未来、エネルギー問題解決のために造られた地球をコピーしたもうひとつの地球 “エコーワールド” を舞台に、突如発生したエネルギーシステムの暴走を食い止めるべく地球の命運を託された男を待ち受ける衝撃の運命を、現実の地球では通常の客観映像、複製世界で [続きを読む]
  • 死霊館 (2013) 〜 洋画 ミステリー・スリラー・ホラー 〜
  • 『 死霊館 』 (原題:The Conjuring) は、2013年に製作されたアメリカ映画。 実在する著名な超常現象研究家エド&ロレーヌ・ウォーレン夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に、アメリカ・ロードアイランド州に建つ一軒家に引っ越して来た夫婦と5人の娘たちが遭遇する怪奇現象の恐怖と、館に巣食う邪悪なものに立ち向かうウォーレン夫妻の姿を描くオカルト・ホラー「死霊館」シリーズの第1作。 監督は「ソウ (2004)」「デッド [続きを読む]
  • タイタン (2018) 〜 洋画 SF・サスペンス・スリラー 〜
  • 『 タイタン 』 (原題:The Titan) は、2018年に製作されたイギリス・スペイン・アメリカ合作映画。 人類の異常なまでの増加による環境破壊や資源の枯渇で人類滅亡が間近に迫った近未来の地球を舞台に、人類最後の希望となった土星の衛星タイタンへの移住計画のために人体改造を受けた男が辿る運命を描くSF・スリラー。 監督は、短編「Keine besonderen Vorkommnisse (2009)」短編「Life Is Easy (2010)」短編「Hope (2013)」 [続きを読む]
  • ダウンサイズ (2017) 〜 洋画 SF・コメディ・ドラマ 〜
  • 『 ダウンサイズ 』 (原題:Downsizing) は、2017年に製作されたアメリカ映画。 人間を14分の1サイズに縮小可能になった未来を舞台に、体を小さくすることで生活に関わるコストも縮小出来ることから現在の資産でも富豪になれると縮小化を決意した主人公を待ち受ける予想外の事態を、ユーモアと社会風刺を織り交ぜて描くヒューマン・コメディ。 監督は、TVM「インサイド・アウト / ショートSexストーリー (1992)」「ハイスクー [続きを読む]
  • 富江 tomie (1998) 〜 邦画 ホラー 〜
  • 『 富江 tomie 』 (英題:Tomie) は、1998年10月31日に東京国際ファンタスティック映画祭で上映、1999年3月6日より大映配給にて公開された日本映画。 男たちを虜にし、破滅へと導いていく美少女につきまとわれる若い女性の恐怖の体験を描くモダン・ホラー。原作は、1986年に漫画家・伊藤潤二が、第一回楳図かずお賞に投稿して佳作入選し、漫画家デビューを飾ったホラー漫画「富江」。 監督・脚本は「うめく排水管 (2004) [続きを読む]
  • 娼年 (2017) 〜 邦画 官能・ロマンス・ドラマ 〜
  • 『 娼年 』 (英題:Call Boy) は、2017年に製作、2018年4月6日よりファントム・フィルム配給にて公開された日本映画。 愛に懐疑的な青年が、ふとしたことから女性専用コールクラブで働くことになり、様々な女性と体を重ねていく中で彼女たちの悩みや欲望を受け止めていくとともに、自らも成長していく姿を、妥協のない性愛描写を通して描き出していく。 原作は、2016年8月に演出・三浦大輔、主演・松坂桃李で舞台化され、俳優 [続きを読む]