金℠玉ゆきゑ さん プロフィール

  •  
金℠玉ゆきゑさん: ビキニcomブッダ@ブラジル
ハンドル名金℠玉ゆきゑ さん
ブログタイトルビキニcomブッダ@ブラジル
ブログURLhttp://bumbumyukie.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブラジルの常夏の地・ナター ルNATALで暮らすエイリアン。信仰は仏教。ユニフォームはビキニ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/08/12 23:36

金℠玉ゆきゑ さんのブログ記事

  • 滝行のできるレストラン・ゑん
  • 『水商売なのに水ナシ』だ、と、前回のブログで書いた。水タンクのひびわれ修理をほどこし、接着剤がなかなか乾かんもんやけん、水が使えないキャンプ生活のなか、なんとか土曜日のレストラン営業日の朝には接着剤が乾いた。さぁ、水をタンクにあげるぞ、っちゅうときに大工親方のファビオが登場。念には念をいれる、っちゅうことで、乾いた接着面にさらに保護シートを貼りつけた。 「さぁこれで水漏れ修理は完璧だ!」ほっ、と胸 [続きを読む]
  • 水商売なのに水なし
  • われながらこのごろはめちゃくちゃがんばっとる。先月から、しょっちゅう停電しよる。先週の土曜日からは漏電がひどくて、シャワーをあびるにも命がけなのだ。ビリビリしびれんごと神経をぴりぴりさせながらの生活は、スリリングではあるが、やはりくたびれる。そのうえ、天井からの水漏れがマキシマムで、イライラもマックスになっとるんよ。神経がキリキリしとるけん忘れ物やうっかりミスも多い。きょうは材料を借りるために集落 [続きを読む]
  • いけいけクロちゃん♪
  • もう1週間経過しとるばってん、W杯のブラジル敗退はものすごーーくがっかりした。あしたの日曜日には決勝戦がひかえておる、っちゅうのに、しーーーんと静かなブラジル。ブラジル中にあふれとったブラジルカラーは、この日以降、街からも集落からも消えてしまった。ヨーロッパ勢ばかり残るベスト4には興ざめするが、先日のクロアチア・イングランド戦はオレにとって今大会いちばん面白かった。南米勢が敗れ去ったとはいえ、ヨー [続きを読む]
  • NHKラジオでしゃべるぞ♪
  • なんやかやとおかげさまで忙しくさせてもろうとるうちに、故郷・福岡県では、博多山笠が佳境に入り今週末にはいよいよフィナーレの追い山ではないか!ブラジルのトップニュースでも連日、日本の大雨被害のことが報じられていたので気を病んだが、さいわいオレの家族友人知人には甚大な被害はなかっただが、これほどの死傷者のでる災害に大きな畏れを感じた。博多もようやく梅雨があけるころだろうか。追い山の日にあたる今度の日曜 [続きを読む]
  • やっぱりサッカーが大好きだ
  • きのうはすごい1日やったなーー、と、一夜明けても高ぶっとる。できることなら、24時間前、ブラジルをわくわく応援しとる時点に戻りたい。そして、日本戦の後半に日本が1点入れ、そのあとすぐに2点目を入れた2 vs 0の時点に戻ってうれしさの絶頂を味わいたい。日本ベルギー戦は、集落の仲間たちと観戦した。日本が決勝トーナメントに残っている、っちゅうことにおどろいとるブラジル人たち。試合解説のブラジル人すら香川が試 [続きを読む]
  • 1週間後はブラジルvs日本!?
  • ブラジル・セルビア戦は、NATAL市内に暮らす日本人の友・ちよちゃん宅でわいわいしながら観戦した。勝ち試合やったけど、なんだかもやもやする試合やった。ブラジル、もっと行けるぞ! とネイマールファンのオレは彼の華麗なるプレイが観たくて未練が残った。アンチネイマールのちよちゃんはすがすがしいほど糞味噌に彼をけなしよったが。そんでから。きのうの日本・ポーランド戦は、ほんとしょーーーうもないJOGOやった。ひとつの [続きを読む]
  • たまの裏側から日本代表を応援!
  • 日本代表の2戦目は、ブラジル時間の日曜日お昼12時スタートやった♪サッカーボール・たま??片手に準備万端のオレ。折しも本日は、ブラジル6月祭の真んなか日、聖者・ペドロの日なのだ。6月祭りには、田舎っぺな服を着るのが習わしやし、オレも日本サムライブルー+ブラジル田舎祭の衣装、っちゅういでたちで観戦だ。夫・Welderも娘・うたも在宅の、、っちゅうかレストランゑんの営業日の日曜日、家族3人でノートパソコンで観 [続きを読む]
  • なかよし母娘
  • 三十三回忌のおつとめのためにサンパウロに出張しとった夫が、ようやく帰ってきた。ものすごくものすごくうれしいのは、妻であるオレ以上に、娘・うただった。このおつとめの依頼がきたときに、「お願い、行かないで!」と、うたはすがりついて頼んだ。のだ。パピー、おねがい、行かんで!文字通り、足にすがりついた。「パピーが帰ったとき、 わたしかお母さんかどっちかが 死体になっとるよ!」 げな。そう。オレら母娘はもの [続きを読む]
  • おめでとう♪ Seleção Japonesa
  • ワールドカップの日本初戦、まさかのコロンビアをやぶっての勝利!オレはひとりで朝ごはんを食べながらの観戦だったのだが、じつにすがすがしい試合となった。しょっぱなにコロンビアにレッドカードが出たときには、ちょうど4年前の悪夢がよみがえったものだ。4年前の同日・6月19日に、オレの暮らすここNATALでのギリシャvs日本戦を思い出したのだ。ギリシャにレッドカードがでて1人選手が少ないという好条件のなか0対0でひ [続きを読む]
  • W杯2018ブラジル初戦
  • きのうは待ちに待ったワールドカップ2018のブラジル初戦。夫・Welderは留守やが、オレと娘とでワクワクしながら観戦に出かけた。キーニョん家で修理工事をしながらファビオたちと観戦。スイスと1vs1で引き分けるというしょうもない試合結果に、あえて感想を言うこともなく、なにごともなかったかのように大工仕事を続けながら、飲みつづけた。「おい、ブラジル戦はまだか?」「さっきのラーメン頭はどこの選手だ?」「メキシコは [続きを読む]
  • ブラジルはゴミ箱じゃないぞ!
  • 貧乏やから、っちゅうわけもあるが、物持ちがいい。衣類も服も、下着だって長く使う。きったねーな、と評されると思うが、パンツ(下着の)だって日本から持ってきてまだ着けているものもある。ビキニも然り。10年以上の付き合いの物もある。靴ならば30年選手もおる!だから、多くの日本人的な消費テンポには、とまどう。毛玉がついたセーターはもう外では着れない、とか、流行遅れやからもう使えない、っちゅう発想がわからん [続きを読む]
  • 世界の玉蹴り合戦はじまりはじまり〜
  • 「くだらんことにうつつをぬかしとるひまはない!」と、きのう言うた舌の根もかわかんうちに、世界の玉蹴り合戦のはじまりに浮かれまくっとるオレ。誰がなんといおうとオレら夫婦は、サッカー観戦が大好きなのだ。このごろはレストラン営業がいそがしく集落のチームの応援に行けずにいてさみしいのだが、ワールドカップ中は思う存分サッカー観戦にうつつをぬかそうと思うとる。ブラジルにてワールドカップを観戦するのも、今回で3 [続きを読む]
  • おのおのよろしく覚醒すべし
  • 心臓に毛がはえとる、とか、殺しても死にそうにない、っちゅうような褒め言葉をよくいただく。(褒め言葉よね?)そんな輝かしきオレの心臓が値を上げた、じゃなくて、値が上がるならよかばってん、音を上げたんよ。結果から言うと、急を要する事態ではなくて、服薬で治療となり、安心したのだが、途中経過では緊迫したものもあった。心臓は幼少期に手術をしているので、その後遺症というか、人より弱っているので、薬を飲んで治療 [続きを読む]
  • よいではないか、よいではないか
  • 土曜、日曜と、ひどい雨降りで、お客さんがゼロやった。うちは市街地から1時間かかる田舎やし、レストランのすぐそばのビーチや湖は観光名所だ。ビーチや湖で遊んだ帰りのお客さんがほとんどなので、悪天候の日は必然的にお客さんが少ない。ベランダにもじゃんじゃん雨が振り込む。降り込んでは掃き、降り込んでは掃く僧侶にして料理長のWelder。待ち時間にはメンテナンスにいそしむ僧侶にして料理長のWelder。汚点と、じゃなくて [続きを読む]
  • あやしい店
  • 高円寺で『SMOKIN' FISH』">『SMOKIN' FISH』っちゅうBadな音楽炸裂のイタリア料理屋を営んどる悪友・KAYAが、集客のために、やっちまったこと。『これだけは絶対しないって決めてた イタリア国旗????を掲げるやつ。 心折れてしましたww。』言い訳として、ほとんどの人々が魚の燻製屋だと勘違いしとるから、だと。ふんっ。ちゃらちゃらしやがって。と、悪態をついたオレだが、オレもカヤのことを攻められん。なぜなら、日本 [続きを読む]
  • たくさんの光をあびよう
  • 梅雨入り前の初夏の陽気で日差しが強くなっとる日本では、美白文化に則った女性たちが日焼けをますます気にしだす時候やろう。オレのようにまったく日焼けを気にしないのもどうかと思うが、太陽を極端に避けるのは心身の健康によろしくないと思う。朝めざめてカーテンをあけて太陽をあびることで、心身があたらしく動き出す、っちゅうこともあるやろうし、自律神経をととのえるためにも必要やろう。うちの猫や犬も、おなかに太陽を [続きを読む]
  • Move!!!!! ぐずぐずしとるひまはない。
  • 近日中に死ぬ予定はないのだが、先日、遺書を書こうと思いたちMacのメモの項目をひとつ増やし、まず、遺書、と記した。改行して、きよちゃんへ、と書いて、さらに改行し、しばーーーらく考えたのち、ありがとう、と書いたらもう、よくわからない感情がぐーーっとあがってきて涙となっておどろくほど涙が止まらんくなって動けんくなった。オレには、遺書など書く必要はない、と、よく解った。オレ亡きあとのことは、生きている夫と [続きを読む]
  • 猫の生活が第一
  • 犬猫の殺傷処分、野良猫への去勢手術については、いつかきちんとブログにて書きたいと思うとったんばってん先日のブログにて、あっさりと書きすぎたことを少し悔いていた。以下8行が、その内容だ。 ↓自分の主観、否、人間の主観で世界を見ている者は、愚かな行為を犯し、しかもその行為を道義的だと勘違いしておる。野良猫を捕まえて去勢手術をする行為はその最たるものだ。去勢済みの目印として耳をさくらの花びらのようにカッ [続きを読む]
  • 母の日に毒を吐く
  • 母の日に水を差すようなことを書くが、オレはつねづね、産んだ私は立派だわ、っちゅう女が大嫌いだ。産むことはたまたま妊娠さえできれば生理機能のひとつとして女性には出来ることだ。それなのに、母親になった女のなかには、ものすごくエラそうなやつが多い。自分が産んだ子を育てとる、っちゅうことはそんなに立派で偉いことなのか!?自分の子がかわいいのは、たいていの親の常である。なので、自分の子を一所懸命そだてるのも [続きを読む]
  • のら仕事
  • 『ド』が付くぐらいの田舎生まれ・田舎育ちなので、いま暮らしとるブラジルの常夏僻地のこの土地にも都会育ちの日本人よりも馴染むのが早かったと思う。小さな頃から、昆虫も爬虫類も両生類も身近な生き物やった。やけんたいていの生き物に遭遇してもビビることはない。ビビるんは、タランチュラと毒蛇とサソリくらいのものだ。生き物とは共存したいと思うとるので、なるぺく殺生せずにすませたいが、先日はカシューナッツの木の葉 [続きを読む]
  • まんまとだまされた!
  • うちの敷地には、野生動物がいろいろ棲んでいる。最近仲良くなりつつあるのが、こいつら。マーモセット、っちゅう小さなサルだ。たまに遊びにくるので果物をあげたり話かけたりしよる。ガンバ(Gambá)というフクロネズミも暮らしている。ねずみやイタチに似ているが、別名・オポッサムという。カンガルーみたいにおなかの袋をもつ有袋類で、そのポケットのなかで赤ちゃんは乳を飲んで大きくなる。以前このガンバの赤ちゃんが庭に [続きを読む]
  • こころは顔に表れる
  • だいぶ前にブログに掲載した弁栄聖者をはじめとする3僧の写真について、コメントをいただいた。『武道家の静かで自信のある面相と同じだ』と。その通りだと思う。この3僧は、仏道を深く力強く歩まれた高僧である。ご慈顔をみた者の心のなかに、徳の高さが深々と沁み入ってくる。人は見た目で判る。年若いころの顔貌は、生まれ持った要素を写すのみでつるりとしておりなかなか中身までは表れにくいが、年を経るごとにこころの中が [続きを読む]
  • オリジナルメンバー
  • ここんとこ雨が多い。たいていは夜中じゅう降り続いて朝になると止むんやが、いまの時期は1日中降り続くこともある。先日は朝になってもやまない種類の雨で、ここ数日わが家の修理に来てくれよるファビオも雨の日は来ない。オレらも外作業をあきらめて晴耕雨読を決め込んだのだが午後になって雨が上がったので、どうしても庭の木を剪定したくなって友人宅に貸しとるハシゴを返してもらいに行った。そしたらば集落の大工たちが集ま [続きを読む]
  • 一年廻った『食は命』
  • 『食は命』を概念として営んできたレストランゑんが4月8日で1周年を迎える。われわれの体は口から食すもので出来ている、という考えのもと、口に入れるものを大切にするという志にて、1年間お客さんに料理を提供してきた。最初のひと月、ひとりも来なかったお客さんはゆっくりゆっくりとではあるがじょじょに増えていき、いまでは折れ線グラフで客数を記したら、ビンビンの角度で上昇しとる。食べるものはそのまま命の糧、栄養 [続きを読む]
  • 世界中が文字を読まなくなってきた
  • 1ヶ月前に『大好きな作家が14年ぶりに本を出す うれしい読みたい!』と、ブログに書いたら、コメントにて『買って送ってあげる』と、おっしゃってくださったかたがおった。ありがたいことである。そのかたから本が届いて、じっくりゆっくり読み始めたのだが、ついに昨夜読み終わった。読み終わってしもたのだ。すこしさみしい。 こんなに慈しんで本を読むことができたのも、拙ブログを読んでくれたかたが在ったおかげさまだ。オ [続きを読む]