Mina sensei さん プロフィール

  •  
Mina senseiさん: 豪州メルボルンで日本語学校設立-日本語教師
ハンドル名Mina sensei さん
ブログタイトル豪州メルボルンで日本語学校設立-日本語教師
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/minibabybell321
サイト紹介文オーストラリア・メルボルンで日本語学校創立−経営者兼日本語教師として120%頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/08/13 17:31

Mina sensei さんのブログ記事

  • 両親のやりとりが面白い今日この頃
  • 父親は昔から「あいつ(母親)が俺に惚れたんだ!」とずっと言っているのですが、それから夫婦として連れ添う事40年。父の態度は変わらず一貫しています。先日、朝のNHK連続テレビ小説”わろてんか”を見ていた時の事。(藤吉)「俺について来ると苦労するぞ。」(てん)「覚悟の上です。」という松阪桃季と葵わかなの熱いやりとりを見て、「俺とお前みたいだな」と鼻の穴を広げる父。「…言われてないし。似てないし。」と横で [続きを読む]
  • 順風満帆予定の2018年!
  • 皆さん、新年あけましておめでとうございます!元旦に神社にお参りに行き、始めは危ない小川の橋を渡るような心配事があるが驚き迷う事は無い後には何も彼も平和に収まると神のお告げを受けました。←所謂おみくじ(大吉!)つまり憂慮せず前に突き進めと言う事かとぼそっと呟くと、いつも通りでいいってことじゃんと横から姉のつっこみが入ります。うんうん、やりますよ。今年はなんか色々と気合い入ってます。神(おみくじ)にも [続きを読む]
  • 一歳の誕生日パーティ
  • これまた随分前の話になりますが、備忘録として残しておかないとです。広い芝生があり子供達も駆け回れるし、コース料理なので楽々ということで、場所は市内のレストランを選びました。「プレゼントを持ってきてもらうお礼に食事は主催のこちらもち」というスタイルがうちの家族には新鮮だったようです。なんか両親にも食事を奢るなんて大人になった気分です。まずは会食。テーブルを挟んで談笑しながらオードブルとメインを食べま [続きを読む]
  • 憧れの人
  • 市民会館でお爺ちゃんお婆ちゃんとのんびり社交ダンスを楽しんでいた私ですが、社交ダンスって思った以上に楽しいし、オーストラリアに戻ったらまた育児に追われる日々だし(オーストラリアの幼稚園は週に2〜3回日しかないのです)、仮にレッスンに行けたとしても英語で指導だから細かいところまでわかんないだろうし、ぶつぶつぶつぶつ…とうとう本格的にレッスンを受けることにしました!市民会館と違って、ガラス張りのきちんとし [続きを読む]
  • 「許す」のタイミング
  • 双子の喧嘩が増えました。どっちかが手を出してしまったり足を出してしまったりと傷つけ合う事も。そんな時はやった方に謝らせるのですが、謝られた方には「すぐに”いいよ”って言わなくてもいいよ、 ちょっと待ってて、今はまだ”いいよ(許すよ)”って言えない、でもいいからね」と言っています。無理してすぐに許さなくても、気持ちに正直に、それが大事だと思います。もちろん彼女達は後で「もういいよ、大丈夫だよ」と言う [続きを読む]
  • 欧米人との旅ーコンセプトの違う過ごし方
  • 沖縄へ一週間行くとしましょう。美ら海水族館に那覇シティ観光、首里城に琉球村にフルーツランドに...あ、ビーチでマリンスポーツもしたいな〜よし、毎日の計画を立てないと!…なんて考えていたら、欧米人と旅行はできないかもしれません。なんてね。もちろん人によりけりでしょうし、「〇〇人は」という括りは良くないのでこっからは実体験を基に話します。トレント(オーストラリア人/43才/カンタス航空正社員)と5泊6日の [続きを読む]
  • ダンパ荒らし
  • 社交ダンスを始めてみました。と言っても市民会館でお爺ちゃんお婆ちゃんに入ってやらせてもらってる程度ですが。ここでの楽しみは、ダンスを習う他に人生の大先輩達と気軽にお話できること。日本はビートルズが来てからエレキに変わったんだとか昔の社交ダンスの在り方なんかを聞いては、昭和の男の浪漫を感じています。先週の話題は「ダンパ荒らし」。ダンパ(ダンスパーティ)荒らしとは…昔のダンスパーティでは終わりに近づく [続きを読む]
  • 私の母
  • 家にいると用事もないのに来客がやって来る一歩家を出れば必ず知り合いに声をかけられ電話やメッセージも常に忙しい私の母はそんな人です週に三回テニスをしておりこれがまたスゴい先週も試合があったけれど残念ながら3位48歳に負けた〜と本気で悔しがる母を横目に、いや3位って普通に凄いけどな…と思う娘でしたしかもその翌々日に家に帰ると、優勝トロフィーが飾ってあるではないですかどうやら「今日は優勝した」らしいしかもよ [続きを読む]
  • 4才誕生日と移植1周年のパーティ
  • 双子が4才になりました〜と言っていたのがなんと半年前(笑)皆さんにワイワイとお祝いしてもらったあの日から半年も経ってしまっています…なので今更報告になりますが、双子の4才の誕生日かつ、双子妹の脳死肝移植から無事一年経ったお祝いとして、ホームパーチーをしました。こっからは写真で振り返ります。今回はデコレーションに気合い入れて準備がんばりましたー!まずは部屋のデコレーション。壁①。毎晩せっせとペーパー [続きを読む]
  • バイリンガル双子、英語力崩壊。
  • オーストラリアから日本へ移住したのが3月末。その前に2ヶ月日本で過ごしたりオーストラリアに数週間戻ったりしてたので、この8ヶ月をブレークダウンすると…↓日本滞在期間:6ヶ月オーストラリア一時帰国期間:2ヶ月で、先月オーストラリアに4週間戻りましたが、英語力が見事に崩壊していました。ダディに何か伝えたい時も「マミーがこれ言って、英語わかんないもん」…。大好きだった保育士と再会した時も、抱っこされなが [続きを読む]
  • 日本語の取り出し授業
  • 昔に比べて日本に住んでいる外国人って増えましたよね。私が住んでいる辺りは決して都会ではないのですが、それでも地元の小学校では外国人児童が増えてきたようです。国籍としては中国人、フィリピン人が多いみたいです。で、日本語がままならない外国人児童は授業についていけないので、一週間に数時間、通常の授業から取り出して別室で日本語指導もしくは教科指導を受ける、これを「取り出し授業」と言います。先月その取り出し [続きを読む]
  • 現状報告
  • 私生活に関する内容でブログアップしていない時間が長すぎて、何から書いていいのやら。。。とりあえず私は今、ホーチミンです!住んでません。旅してません。ただのトランジットです。今住んでいる所は日本。目的は娘に幼稚園教育を体験させるためなので一年限定。今回は幼稚園の夏休みを利用してメルボルンへ一時帰国(日豪どっちが"帰国"なんだかもうわかりません)。4週間ほど滞在し、今は帰路途中のトランジットでホーチミン、 [続きを読む]
  • Learning Japanese:繰り返し、繰り返し。
  • (English is after Japanese writing)もう日本語を学習して5年は経つ上級のエリちゃん、特に彼女のリスニング力は群を抜いています。先日のレッスンでは、ある寒い晩をどう乗り切ったか、という話をしていました。「・・・お風呂が冷めちゃったから、もう一度熱いお水を入れて・・・」と言うので、「熱いお水?違う、違う、お湯、お湯。」と訂正しました。それを聞いたエリちゃんは、「えーっと、お風呂に、お湯お湯を入れて・・・ [続きを読む]
  • 5月29日スタート☆日本語教師養成講座
  • あれ、前回の告知からあっという間に4ヶ月半!日々のスピードは意外に早いものです。だから時間の質をどう使うか、これが大事ですよね。三ヶ月もあったら自分に技術や資格を持たせてやるか一度しかない人生、やりたいと思ってたことをやってやるかと自己啓発意識の高い方もしくは。なーんか楽しい事ないかなと人生模索中の方時間がある時って人生の中で結構少ないんですよねということで、日本語教師養成講座に興味のある方、こち [続きを読む]
  • 二回目肝臓移植一周年。
  • ”…手術室に入る前は、笑顔もたくさん見せてくれたし、たくさんチューもしてくれました。これがまた明日も、来月も、来年も、10年後もずっと続きますように。そう願いながら麻酔で寝ていく娘を見送りました。”(「2016年3月1日、再移植手術。」より)これがちょうど一年前。長かった一年。色々あった一年。急成長を遂げた一年。劇的な一年でした。まさかの再移植を告げられて心が折れてしまった一年前の自分。挫けちゃだめだと言 [続きを読む]
  • 二回目肝臓移植一周年。
  • ”…手術室に入る前は、笑顔もたくさん見せてくれたし、たくさんチューもしてくれました。これがまた明日も、来月も、来年も、10年後もずっと続きますように。そう願いながら麻酔で寝ていく娘を見送りました。”(「2016年3月1日、再移植手術。」より)これがちょうど一年前。長かった一年。色々あった一年。急成長を遂げた一年。劇的な一年でした。まさかの再移植を告げられて心が折れてしまった一年前の自分。挫けちゃだめだと言 [続きを読む]
  • やっぱりメルボルンが好き
  • 2ヶ月の日本生活からメルボルンに戻りました。そして真っ先に思った事は、「やっぱり私はメルボルンが好きなんだー…」でした。子ども達も、日本の家族がいないさびしさはあるものの、彼女達の友達がたくさんいるのは断然こっち。「今日は誰来るの〜?」と楽しみにしている様子や、大自然に囲まれた公園に行って大暴れもしている姿を見ると、メルボルン生活が合っているんだろうなぁと思います。比べてばかりで日本に申し訳ないの [続きを読む]
  • やっぱりメルボルンが好き
  • 2ヶ月の日本生活からメルボルンに戻りました。そして真っ先に思った事は、「やっぱり私はメルボルンが好きなんだー…」でした。子ども達も、日本の家族がいないさびしさはあるものの、彼女達の友達がたくさんいるのは断然こっち。「今日は誰来るの〜?」と楽しみにしている様子や、大自然に囲まれた公園に行って大暴れもしている姿を見ると、メルボルン生活が合っているんだろうなぁと思います。比べてばかりで日本に申し訳ないの [続きを読む]
  • バイリンガル双子、英語力を失う。
  • 何て事でしょう。日本へ来てから5週間ほど経ったのですが、双子が英語を話さなくなりました。幼稚園に行き始めて日本語で脳が埋め尽くされてしまったか、はたまた、反抗期だけに意図的に話さないだけなのでしょうか。ダディとテレビ電話で話す時も、言っている事はわかるらしく反応するのですが、返しが99.9%日本語。もしくは無視。I mean, paper, christmas treeなど日本語で表現を知らない単語は英語なのですが、日本語のセンテ [続きを読む]
  • バイリンガル双子、英語力を失う。
  • 何て事でしょう。日本へ来てから5週間ほど経ったのですが、双子が英語を話さなくなりました。幼稚園に行き始めて日本語で脳が埋め尽くされてしまったか、はたまた、反抗期だけに意図的に話さないだけなのでしょうか。ダディとテレビ電話で話す時も、言っている事はわかるらしく反応するのですが、返しが99.9%日本語。もしくは無視。I mean, paper, christmas treeなど日本語で表現を知らない単語は英語なのですが、日本語のセンテ [続きを読む]
  • メルボルンを想う。
  • 毎年1月にメルボルンではAustralian Open Tennisが行われます。今はまさにその全豪オープンの真っ最中。私は日本で年末年始を過ごしているので(10年以上ぶり!)、今年は日本のテレビで観ています。日本語の解説があるって嬉しいな〜。それにしても、テレビを通して映るメルボルンの景色の美しいこと!のんびりと穏やかな雰囲気、リラックスした様子で行き交う様々な人種と彼らの笑顔。自由でのびのびした感じにぴったりの緑豊か [続きを読む]
  • メルボルンを想う。
  • 毎年1月にメルボルンではAustralian Open Tennisが行われます。今はまさにその全豪オープンの真っ最中。私は日本で年末年始を過ごしているので(10年以上ぶり!)、今年は日本のテレビで観ています。日本語の解説があるって嬉しいな〜。それにしても、テレビを通して映るメルボルンの景色の美しいこと!のんびりと穏やかな雰囲気、リラックスした様子で行き交う様々な人種と彼らの笑顔。自由でのびのびした感じにぴったりの緑豊か [続きを読む]
  • 双子の保育参観に行ってきました
  • オーストラリアの幼稚園で自由気ままにやっていた双子が、規律正しい日本の幼稚園に入園して一週間が経ちました。幼稚園から帰って来て「どうだった?」って聞いても「白いご飯食べたよ」ぐらいしか返答が帰って来ず、気になって気になって仕方なかったこの一週間だったのですが、昨日保育参観という子ども達の園での様子を垣間みれる大チャンスがやってきました。クラスに入って行くと、男の子が8人ほど、女の子がその倍ほどの数 [続きを読む]
  • 双子の保育参観に行ってきました
  • オーストラリアの幼稚園で自由気ままにやっていた双子が、規律正しい日本の幼稚園に入園して一週間が経ちました。幼稚園から帰って来て「どうだった?」って聞いても「白いご飯食べたよ」ぐらいしか返答が帰って来ず、気になって気になって仕方なかったこの一週間だったのですが、昨日保育参観という子ども達の園での様子を垣間みれる大チャンスがやってきました。クラスに入って行くと、男の子が8人ほど、女の子がその倍ほどの数 [続きを読む]
  • 日本語教師養成講座1月23日スタートします!
  • 去年はあまり顔を出せず、一期につき数回しか顔を出せなかったのですが、それでも皆さんの情熱やモチベーションの高さ等を十分感じ取れました。そしてオーストラリアを始め他の国、そして日本へと旅立って行く卒業生たち、引き続き応援していますね!ということで今年もジャパニージーの日本語教師養成講座が始まりますよー。第一期は1月23日〜4月11日、残り5席です。どんな内容でもいいので気軽に学校の方へ問い合わせてください [続きを読む]