もんそん さん プロフィール

  •  
もんそんさん: 記憶のための映画メモ
ハンドル名もんそん さん
ブログタイトル記憶のための映画メモ
ブログURLhttps://ameblo.jp/amerinco79/
サイト紹介文映画ブログ。5段階のおすすめ度付。
自由文好みが洋画に傾いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/08/13 18:15

もんそん さんのブログ記事

  • アウト&アウト
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 2.8点―――  感想  ―――――――元ヤクザで今は探偵の矢能が主人公。この探偵さん、仕事を選ぶところがありチンケなことはやらない性格です。そんな矢能には身元を預かっている娘のような存在の栞って小学二年生の女子がいます。栞は大人びたところがあり、「仕事なんて選んでてどうすんのよ」と、矢能を窘めたりしています。強面の矢能と癒やしの栞のコンビがこの映画の、ウリのひと [続きを読む]
  • 続・終物語
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 2.3点―――  感想  ―――――――物語シリーズはテレビアニメ分は大体観ているんですが、劇場版の傷物語三部作はまだ観てなくて。そんななか今作を鑑賞しました。これはもう一言でしちめんどくさい話だった。すでに終物語ですべての話の決着がついている(=スッキリしていた)のに、またほじくり返すかって気分になりまして。後悔や心残りをネタに話を展開するのはこのシリーズのお家 [続きを読む]
  • GODZILLA 星を喰う者
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 2.0点―――  感想  ―――――――三部作の完結編。一作目は好きではなく、二作目で急に面白くなったので、期待していた三作目です。 前作でゴジラ撃退のチャンスを逃してしまったハルオ。 相棒のユウコもナノメタルに浸食されて植物状態。 残された隊員たちは希望を失い、メトフィエスの掲げる宗教にのめり込んでいきます。 そんななか、ハルオは勝つこととは何ぞやと悩みます。すると [続きを読む]
  • 若おかみは小学生!
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.8点 ―――  感想  ―――――――交通事故で両親をなくした小学生の女の子が、おばあちゃんの経営する温泉旅館にひきとられて頑張る話なんですが。基本的にはすっごく良い話だ!と観た直後は興奮気味でした。しかしながら、どこか少し引っかかりを覚えていまして。一週間以上経ってから、「こんな精神的に強い小学生おるかい!」と、元も子もない結論に至りました。だって、おっこち [続きを読む]
  • seach/サーチ
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 4.2点 ―――  感想  ―――――――パソコンの画面だけで進行する映画ですが、本当によくもまぁこんな飽きさせない展開を維持できるものだとめっちゃ感心しました。もう本当にエンターテイメントで。いなくなった娘を探すパパさんの話なんですが、伏線がいたるところにある。こいつが犯人かと思いきや、こっちかー!みたいな驚きが続く続く。パパさんの常軌を逸した感じも危うくて、で [続きを読む]
  • ヴェノム
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.6点 ―――  感想  ―――――――あぁ、ヴェノム可愛いよ。可愛いよ。主人公に寄生しちゃうバケモノという設定ですが(“寄生”と言うと怒るのもまた可愛い)、意外や軽口が多くて愛らしいキャラクターでした。もしかしたらスパイダーマンまわりの登場人物は軽口が多いのかもしれん。作品もね、重たい話かと思いきや、いい意味で馬鹿っぽいノリで、まさに何も考えずに楽しめる映画だ [続きを読む]
  • イコライザー2
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 4.1点 ―――  感想  ―――――――繁忙期で仕事が忙しいのに、ゲーム(ペルソナ5)を買ってしまい、見事に身を削る羽目に陥っているここ最近。だいぶ前に観たイコライザー2がめっちゃ面白かったのに、それを残しておかないのは罪だと思い、久しぶりにブログを書いております。 いや面白かったんですよ。前作よりも断然好き。硬派なアクションで、主人公の無敵感が非常に気持ちいい。 [続きを読む]
  • ルイスと不思議の時計
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 4.4点―――  感想  ―――――――イーライ・ロス監督(「ホステル(残忍)」「グリーンインフェルノ(地獄)」「ノックノック(悪趣味)」など)がファンタジーをやるんだーと、期待半分不安半分で見に行きましたところ…、素晴らしかった。 両親を事故でなくした少年ルイスが叔父のジョナサンにひきとられます。 ▲ルイス(左)とジョナサン(右) 案内された家は、とても古くて時計 [続きを読む]
  • クワイエット・プレイス
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.1点―――  感想  ―――――――高校生らしき7〜8人が劇場内にいたんだけど、まぁうるさくて。音立てたらあかんやろ〜って映画やのに、空気読めや〜。終わったら、彼らのいたところにはポップコーンが散乱していて、ゴミも片付けていなかったというね。うん。死すべし。 さて、映画なんですが。実は正直なところ90分が長く感じました。なんでしょう。音を立てたらいかんよって設 [続きを読む]
  • MEG ザ・モンスター
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 2.7点―――  感想  ―――――――この映画は、めっちゃくっちゃデカいサメが出てきます。で、こんなことをいうと元も子もないのですが、主演がジェイソン・ステイサムで、ほらっ彼って不死身感あるじゃないですか。だから、いくらデカいサメが出てきても、まったく怖くないのですよ笑。はたしてそれでいいのだろうか。あと、この映画、恋愛もあって。ジェイソンと東洋系の学者さんが軽 [続きを読む]
  • アントマン&ワスプ
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.5点―――  感想  ―――――――前作の方が良かったけど今回もそれなりに楽しい。もはや小さくなるというよりは、小さくなったり大きくなったり、サイズで遊ぼうみたいな感じになっています笑。カーアクションやバトルも、そのサイズバトルの魅力を発揮していて面白い。しかしながら、ちょっと話が複雑だと思いました。ピム博士の研究を狙う何でもすり抜けるゴーストっていう女の子。 [続きを読む]
  • スターリンの葬送狂騒曲
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.3点―――  感想  ―――――――スターリンが死んで、側近たちがその後釜を狙うお話。序盤、スターリンからコンサートの録音素材をよこせと言われたラジオ局の人が、実は録音してなくて、四苦八苦してコンサートをもう一度行うことになるくだりは、スターリンの無茶っぷりを物語っていて面白かった。さてそんなスターリンも死んでしまい、後釜狙いの人たちは、次の絶対権力を自分のも [続きを読む]
  • ペンギン・ハイウェイ
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 4.2点―――  感想  ―――――――なんの期待も前情報も入れずに見に行きました。原作が森見登美彦だって知ったのも開始直前で、そういえば森見氏原作のアニメ映画は面白い印象があったので、今作も面白ければいいなーなんて軽く考えていたのですが。。。結論から言うと、すごく良かったです。 今作の主人公アオヤマ君は、気になったことはどんどん勉強する真面目で前向きな強い子供で [続きを読む]
  • インクレディブル・ファミリー
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 4.1点―――  感想  ―――――――どうせすごい面白いんだろうなって思ってたら、やっぱりすごい面白かった!前作を見たのは遙か昔なので、ほとんど覚えていないのですが前作の知識は必要かと思います。 ヒーローであるインクレディブルの一家は、とある犯人を捕まえるのに失敗。街は破壊の跡だけが残り、「ってかヒーローとかいらなくない?」って空気が流れて、ヒーロー活動が全面的 [続きを読む]
  • ジュラシック・ワールド/炎の王国
  • おすすめ度(5点中) → 3.0点―――  感想  ―――――――全体的にホラーテイストが強い感じがしました。終盤の恐竜大暴れシーン(オークションに来ていた人間が襲われる)に至っては悪ふざけとしか思えないようなモンスターパニックっぷり。トビー・ジョーンズの前髪(?)がヒョロロロ〜ってなりながら襲われるシーンとかかなり笑いましたよ。炎の王国が前半だけで、後半は屋敷メインになり、その狭苦しい空間のなかで恐 [続きを読む]
  • 未来のミライ
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 2.0点―――  感想  ―――――――これじゃない感が半端ない。別に教育番組を見たいわけじゃないんです。くんちゃんが“一本の長ーい”冒険を経て、その過程で自分を居場所を発見するような、そんな話が見たかったのです。冒頭でね、おばあちゃんがくんちゃんの面倒をみてるんだけど、目を離した隙にきっと何か大変なことが起こるぞとワクワクしていたところで期待値としては頭打ち(笑 [続きを読む]
  • インサイド
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 2.8点―――  感想  ―――――――妊婦のサラは交通事故で旦那を失う。お腹の赤ちゃんと自分自身は無事だった。サラは耳に障害が残り補聴器が必須となるが、なんとか臨月まで無事に過ごすことができていた。あと数日で生まれるー。そんなサラの家に、ある不審な女が訪ねてくる。 ▲サラ サラは警戒してその女性を追い払い、警察にも連絡する。が、その女はなんとサラの部屋に侵入。サラ [続きを読む]
  • ブリグズビー・ベア
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 4.4点―――  感想  ―――――――素晴らしい。素晴らしい。素晴らしい。この主人公は誘拐犯に育てられた。そこから解放されて実家に帰ってきた。当然のようにまわりは彼を“矯正”しようとする。だが、それは彼の人生を否定することになりかねない。彼を受け入れるというのは、彼の歩んだ人生を認めてあげることなのだ。たとえそれが異常な環境下で育まれた人生だったとしても。そんな [続きを読む]
  • パンク侍、斬られて候
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.8点―――  感想  ―――――――楽しいですよ。原作は読んでないのですが、この世界観は実にイイ。自分のことを超人的剣客と豪語する主人公・掛十之進(綾野剛)。彼がついてしまった嘘がもとになって、事態がどんどん悪化していく様をひたすら笑いながら観ておりましたよ。いやー濃いキャラクターばかりで実に良い。強いんだけど軽率な我らが主人公・掛十之進、謀ばかりの家老・内藤 [続きを読む]
  • V.I.P. 修羅の獣たち
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.5点―――  感想  ―――――――「新しき世界」の監督だったので男泣きを期待していたのですが、そんなんじゃなかったですね。北朝鮮から亡命させた人間:グァンイルが殺人鬼だったので、それをみんなで取り合う話でした。みんなっていうのは以下の三人。韓国の刑事:チェ・イド → グァンイルは殺人鬼だから捕まえたい韓国の国家情報院:パク・ジェヒョク → 亡命に加担している [続きを読む]
  • 海を駆ける
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.0点―――  感想  ―――――――観た直後はちょっとモヤる感じがいいなと思っていたのですが、鑑賞から二週間たったいまでは、物足りなかったというのが正直な気持ちです。舞台はインドネシア、身元不明の男性(ディーン・フジオカ)が海岸で発見されます。NPO法人でインドネシアで災害復興の仕事をしている貴子(鶴田真由)が彼をひきとることに。身元不明の男性は「ラウ」という名 [続きを読む]
  • 犬ヶ島
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.8点―――  感想  ―――――――ウェス・アンダーソン監督による日本を舞台にしたパペットアニメーション。まぁ変な作品である。最初から最後まで一定して変である。 メガ崎市では犬が増えすぎ病気も多発。小林市長は犬をすべてゴミ島に追放することを決定する。 ▼小林市長 ▼こうして小林市長の家で飼われていた犬「スポッツ」がゴミ島送りの第一号となる。 以降、ゴミ島には犬がた [続きを読む]
  • ゾンビーワールドへようこそ
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.5点―――  感想  ―――――――AmazonPrimeで鑑賞。ウオッチリストに入れてから実に半年ほどかかってからやっと観ましたが、低予算ゾンビものの良作でした。最初の五分間だけで、鉄板の展開に頬が緩んでしまうほど。主人公たちはスカウトをやっているんですが、俺たちダサいかもなって思っているんですよ。そんななか、町がゾンビだらけになります。主人公たちはギャーギャー喚きな [続きを読む]
  • ザ・スクエア 思いやりの聖域
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 4.1点―――  感想  ―――――――美術館のキュレーターであるクリスティアンが主人公。彼は次の展覧会で「スクエア」というインスタレーションを企画。地面に四角い線を描いた空間があって、そこのなかでは人々は思いやりを持つ、というもの。で、映画はそんなテーマを皮肉るように次々に変なことが起きていく。例えば、クリスティアンは財布を盗まれ相手の住むマンションを突き止める [続きを読む]
  • GODZILLA 決戦機動増殖都市
  • 映画情報おすすめ度(5点中) → 3.8点―――  感想  ―――――――アニメGODZILLAシリーズの全三部作の中の二作目です。一作目は心情描写までもセリフにするわ、話もあんまり進行しないわ、全然好きじゃなかったので、正直今回のも期待していなかったのですが。すんません、面白かったです!いやね、最初のうちは、相変わらずよく喋りおるわって冷たい感じで観てたんですよ。でもそれも慣れてしまいまして笑。こういう [続きを読む]