あっつみぃ さん プロフィール

  •  
あっつみぃさん: あっつみいのブログ
ハンドル名あっつみぃ さん
ブログタイトルあっつみいのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/k8m8y2/
サイト紹介文北海道に住む小学校教師のブログです。野球少年団の指導もしています。
自由文日々の些細な出来事から教育について一緒に考えましょう。
日本の東端からの教育改革です。
『文武単道』の教育論。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/08/13 19:33

あっつみぃ さんのブログ記事

  • 回文
  • 昨日の学びを生かした授業を構想しました。回文の授業です。今日は学習会があったので、そこで模擬授業として行いました。好評で嬉しかったです^ ^写真は昨日、家族で食べた食事です。誕生日のお祝いを兼ねました。 [続きを読む]
  • 月餅
  • 旅行に行く同僚が多く、お土産をもらう機会が多い時期です。珍しい台湾のお土産。独特の味で、とても興味深かったです。貴重な経験ができました。高価なお土産をいただき、感謝です。 [続きを読む]
  • 中止
  • 待ちに待った帯広との交流戦前日。雨模様だったのですが、現地に近い関係者の方が、ビニールシートでマウンドとホームベースを覆ってくれました。私は選手への差し入れのためのバナナを買い占めました。当日も保護者のみなさんがターフを用意してくれたり、グラウンドの水抜きをしてくださったり、実施に向けて準備をしたのですが……、雨がどんどん激しくなって、球場の状態が悪化しました。結局、中止の判断をせざるを得なくなり [続きを読む]
  • 男飯
  • 外食しました。男メシ。チャーシューと目玉焼き、甘辛いたれ。食欲をそそります。こだわりの豚丼。柔らかいお肉がたくさんのっています。お腹いっぱいになりました。 [続きを読む]
  • 意見を形成する
  • 友人と教材研究をしました。写真の教材を使って、自分の考えを形成する学習活動をさせます。筆者の主張が書かれている文を引用して、その内容に対して、立場を決めて、その理由や根拠を述べるという活動です。インターネットを使っての教材研究。楽しかったです。 [続きを読む]
  • 学校視察
  • 校舎を視察させていただきました。9年生まである義務教育学校です。大変豪華な作りに驚きました。駐車場から校門まで歩く途中の坂から二宮尊徳像を見ることができます。 [続きを読む]
  • 豪華!
  • オーシャンビューです。波はかなり高め^ ^海鮮、海鮮、海鮮。最近はすっかり高価になりました。秋刀魚の刺身。炊きたてのご飯とプチプチのたらこ、風味を添えるゆかり。なんて豪華な懇親会でしょう。 [続きを読む]
  • 東西対抗戦
  • 釧路学童野球の甲子園と言われた大会です。(記事は本日付けの釧路新聞からいただきました。)熱戦は本日までです。どのチームも頑張ってくれるでしょう! [続きを読む]
  • 港まつり
  • 用事があって街に行くと、港まつりでした。街に活気があるのはなんだか嬉しいことです。本日は授業力向上のためのセミナーを行いました。一緒に講師を務めた友人と会食です。街の活気に負けないぐらい話が盛り上がりました^ ^ [続きを読む]
  • 友と
  • もう1週間が経つのだな。友と飲んでから。実に二十数年ぶりで、酒を酌み交わしたことになる。「お前とこんな真面目な話するとは、な。」学生時代と全く変わらない楽しい時間だった。あの世界と今の世界はちゃんと繋がっていたのだな。 [続きを読む]
  • 選抜チームマーク
  • 釧路の学童野球の取り組みの中には選抜チームと取り組みがあります。セレクションで編成し、練習、交流戦、大会への出場などを行います。これはヘルメットについているマークです。昨年の選抜選手の保護者がつくってくれたものです。かっこいいです。 [続きを読む]
  • 「ぶるな、らしゅうせよ。」
  • 出典は分からない。ご存知の方がいたら教えていただきたい。私は師匠から教わった。「ぶるな、らしゅうせよ。」次のような意味だ。「教師ぶるな、教師らしくしなさい。」「ぶる」はやり方重視。「らしく」は在り方重視。こう理解している。 [続きを読む]
  • 子ども会議
  • 本町で実施した会議の様子です。各小中高等学校から児童会、生徒会の代表が集まり、いじめの問題について話し合いました。「いじめられる方にも悪いところがある」という考え方がいじめにつながる。こんな意見出ました。良い時間でした。 [続きを読む]
  • 失敗
  • 大きな失敗をしてしまいました。呼ばれていた会合を忘れてすっぽかしてしまいました。こんなこと何年ぶりでしょう??気づいた時には、思わず頭を抱えました。過ちを教訓に仕事の仕方を改善しよう。「過ちて改めざる。これを過ちという。」孔先生の言葉が心に浮かびます。 [続きを読む]