モズライト さん プロフィール

  •  
モズライトさん: この鉛色の空(FC2版)
ハンドル名モズライト さん
ブログタイトルこの鉛色の空(FC2版)
ブログURLhttp://kajiyanokemuri.blog73.fc2.com/
サイト紹介文室内派だったのに写真は人を変えます 最近は雨でも雪でも撮りに行くことがある 毎日更新しています。
自由文写真うまくなりません 根気がないし
向上心も薄い 忘れっぽい(笑)

ペットは飼えないですがビーグル大好きで
毎年ビーグルのカレンダーと最近は猫も。

好きなもの・・・甘党 粒あんが好物
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2011/08/17 15:23

モズライト さんのブログ記事

  • 船のカタチ
  • 何と言うデザイン 佐渡汽船の「あかね」 う〜ん正面から見ちゃダメですね初めて見た船種で横からも見てみたいが 角度が悪くまるで弁当箱みたいな(失礼の二段重ね)機会があったら横からも撮ってみたいです。佐渡汽船さんお気に入りの船みたいです かなり早いとか 横からとか斜め上からの画像はかっこいいですよ佐渡汽船さん 名前の由来は 朱鷺 柿 夕日からみたいですwikiには波浪貫通型双胴高速船 この形でも双胴船な [続きを読む]
  • ウミウと岩の風景
  • 帰宅後モニタで見て自画自賛 windows10の壁紙かと思うような、この後 波を収めるためにカメラを下に向けるのですが全部ボツいい波が入ってたらもっといいのだけど ウミウ様に大感謝ですね。カワウ(よく見る)とウミウは良く似ていますがアップで何とか見た所 背中に紫と青系の 色を確認 カワウにはないのでウミウだと思われます新潟側にすこし先に行ったらやっと駐車ポイントありました 膝が痛い中歩いて( ノД`)シクシク…撮 [続きを読む]
  • 一週間が矢のように
  • もう12月でして一週間が矢のように過ぎていきます あと何年生きるんだろ〜10年も過ぎたら死ぬのかもしれない 笑 後10年だなんて いや〜短すぎます お天道様。きっと10年経って またその先の10年を思うと同じような思いになると思う体が動く内が華ですよ 頑張らないとね 車乗れなくなったら嫌だな〜〜特に体の具合が悪いわけじゃないが晴れた日でも気分が乗らないと出かけない村上の130本の鮭街道の新聞記事が出た日 行こ [続きを読む]
  • 雪を求めて
  • 新潟市の初雪(自分が見た)弥彦の観月橋の雪でも撮りに行こうとバイパスを走らせる巻潟東から出て途中は雪あったが弥彦は雪ないです オイオイ 山はうっすら雪なんですが明日は雪は降るものの風強そうで今日来たのに甘かった。学校みたいですね 白い壁が眩しい山肌に霧を纏う弥彦山 弥彦山スカイラインは12月1日〜3月31日迄通行できません撮影 2018・12・8 新潟市西浦区 [続きを読む]
  • 阿賀野市 諏訪神社
  • 瓢湖に白鳥が殆どいなくてガックリの帰り道に見つけた諏訪神社 神社やお寺には興味はないのだが彫り物 背中のじゃなくて彫刻に興味があって最近気にしだして・・・・頻繁に神社仏閣が出てくる「冬来たりなば春遠からじ2.0Daily」様の影響ですこの諏訪神社 さっぱり情報がありませんが御祭神 建御名方神 タケミナ カタノカミという情報が出てきた 大国主命 オオクニヌシノミコトの子供らしい神話の神々の名前がいっぱいで [続きを読む]
  • 夕映え
  • 午後3時過ぎに村松浜に来て4時20分位で日没 冬は日没が早い夕焼け見つけて 何時間待つんだろうと思ったら早かった、 1時間も浜にいて体が冷えたが車まで上着を取りにいく時間が惜しい。砂利の浜が夕日に照らされオレンジ色の宝石がいっぱい 笑今の季節日本海に夕日が落ちるって村上市の海岸沿いの宿はいいですね〜CM 「夕映えの宿 汐見荘〜?」てCMがすぐ出てきます 撮影 2018・11・27 新潟県胎内市村松浜 [続きを読む]
  • Logicool K800t
  • 6年1か月使ったキートップの文字が青く光るOwltechのSTELLAR109 キーストロークも深めで細部に入り組んだデザインで汚れてどうにもならなくて買い替える事になりましたがデカール(シール)を張ったキートップを爪で叩いて文字を消してしまう癖がありキーボードの寿命が短く苦労してましたが このキーボードは透明な文字が埋め込まれていて文字を消す心配がない私には画期的なキーボード(1万円以上)有線タイプでしたガッシ [続きを読む]
  • こぼれる様に咲く
  • 「プライダルベール」ツユクサ科記事タイトルはPOPから「花嫁のベールの様な繊細さでふんわり咲く〜〜〜〜」吊り鉢に仕立てると素敵らしい?相変わらずピント不足な私の写真(恥)すこし鮮やか目に? う〜ん繊細なシベ なんかもう雪の結晶並み軽やかな花がいっぱい ついたら見事だろうね 花期は6〜10月なのに11月末に撮ってるって・・撮影 2018・11・26 新潟市秋葉区 新津フラワーランド [続きを読む]
  • 見返り美人
  • 見返り美人って言っても雄  鳥の世界は雄が派手で雌は地味 よく文句が出ないものだ 笑鳥を撮りはじめて一番先に名前を憶えたのはこのオナガガモ いつ見ても美しいいつか鴨肉のうどんを食べた 最初は美味しいと思ったが 二回目は匂いに気が付いてもう食べられなくなった 鴨肉は天然物はなかなか手に入らないそうで養殖物らしい可愛いです オナガガモ持ち上げてその重さを実感してみたいがツツかれて終わりだね 撮影 2 [続きを読む]
  • あかきくちびる
  • 「バラ」 横から見ると真ん丸で可愛い 昨日食べた中トロもこんなにきれいな赤だった最高に美味しかったです 刺身でしたが。最近はよく回る寿司 今はあまり回ってなくて注文ばかりですが 回る寿司で食べる安い雲丹は美味しくなく 雲丹フェアで高い時だけ食べます 好きなのはトロ系 イカこのイカが柔らかくて美味しい安いし あと茶わん蒸しも頂きます南蛮エビはエビが小さすぎて・・・ それに今はサビ抜きでしょ あれ [続きを読む]
  • 20階から
  • 新潟市東区桃山町の新潟火力発電所 煙突から出る煙の方が多いかと思ったら同じ位下からも出しています 煙なのか水蒸気なのかわからないけど匂いはどんなだろう正面が上の火力発電所 左奥は東港?20階に上がってきた生徒たち 町を見下ろして「駐車場ばっかだね〜」ほんと駐車場ばっかです住宅街だって規模は違うけど同じ状況、 車客には不便で遠い昔に繁華街 古町は衰退した。かなり昔 山ノ下の万国橋?を渡る時 バスの [続きを読む]
  • 厚い雲の下
  • 新発田の五十公野公園 升潟も鴨だけで白鳥はゼロ(その時間は)そこから福島潟に向かったら夕焼けタイム カメラマンさん達と楽しく話しながら撮影 光芒が変化していく。う〜ん福島潟から見えた山なのに名前を特定できないのが口惜しい。 撮影 2018・11・28 新潟市北区福島潟 雁晴れ舎屋上から pm3:50〜 [続きを読む]
  • 初冬の光
  • 晩秋かと思うとそんな時期はとっくに過ぎてて 私はまだ雪も見てないし初冬にしておこうカメラを固い地面に置くと傷がつくので嫌だが まだ温かみのある光こちらは少し弱く冬っぽく感じる 撮影 2018・11・・26 新潟市秋葉区 新潟県立植物園 [続きを読む]
  • ザ・モンスター
  • 「200トン クローラークレーン」キャタピラは左右で合計40トン この巨体を見て左右のキャタピラでさえ ここで組み立てたのかなと考えた。 真夜中に新幹線のボディ運ぶみたいに ここにきたのかな〜 1車線じゃ無理だし。道路痛めない様にしてます 自衛隊の10式戦車でさえ44トンですから200トンの凄さがわかろうというもの あっ現場は新潟市中央区万代シティ レインボータワー解体工事ですクレーンの後ろに重りであろう物 [続きを読む]
  • イチョウの茎
  • 最近あまり出たがらない母を黄金の里に連れ出した 先日一通り撮ったけど今は忙しめに撮る イチョウの木の下に実と葉がこんもり 踏み入れるとフカフカでしたふとイチョウの茎が立っているのが気になって撮影。上手いかたは風景を見ただけでいろいろ想像できるのでしょうが私では・・・イチョウの葉がボケとなって点在? (リサイズ)こっちはより茎がわかります 葉が水分を吸うと茎を支えられなくなり倒れるのかな??まるで [続きを読む]
  • 燃える秋
  • 「燃える秋」ハイ・ファイ・セットの美しいメロディの歌 五木寛之さん作詞なんですね私の人生も燃えるのでしょうか 心配しなくても最後は燃えます 笑もう12月ですし瓢湖へ白鳥を撮りにお昼に向かいました 近づくと白い色が見えません!!!ふぎょぎょ 白鳥10羽もいないです目視では4羽位なものでガッカリポン あちゃ〜〜〜〜途中 田んぼでは見かけましたが まだ数がすくないのかな〜そこで植物園へ 駐車場の一角が燃え [続きを読む]
  • 屋上から
  •  新潟駅南口にヨドバシカメラが有った頃 そこでEOS60Dを買う 二年位してからか南口にビックカメラができ駐車場が近いというか 同じビルの中なので便利で次第にに足はビックカメラへ(ビッグカメラだと思ってた 今でもビッグが言いやすくて困ってる)(駐車場の建物は別棟なのだがエレベータでつながっている)EOS60Dを買った頃のヨドバシカメラは屋外の駐車場を使って長い階段上って結構歩いた(私の場合)当時のヨドバ [続きを読む]
  • アイベックスCRJ700 
  • 大分前の写真になります少しだけ鮮やかにすると気分は春のようでウキウキしてきます。調べるとアイベックスは日本の地域航空会社 アイベックスはヨーロッパーの野生動物だそうですごい角のヤギできっと高山の岩場をピョンピョンのイメージでしょう?機種はボンバルディアCRJ700らしい なんと言っても尾翼のカラーリングが目を引きますこれも鮮やかめ 油膜ギラギラ エンジンからの熱気でゆらぎます滑走路のライトが [続きを読む]
  • 群青の雲
  • 紅葉の弥彦帰り久しく見てない海を見に海岸線を走る 波がちっとも来ないからね〜夕日の色が少しだけ佐渡が島が見えますが 島って新潟より雪は少ないし すこし暖かったりする。 撮影 2018・11・13 新潟市西区 四ツ郷屋の浜 [続きを読む]
  • 危なかった事
  • ?五泉市 仙見谷に行ってきましたが 「つぼ滝」「長瀞」の看板は見つけたけど よくわからずゴーゴーと川の流れのする 降りる道らしきものもあるので降りて行きました上から眺めるとこんな感じ 川音すごいです この写真は崖を降りてからの写真で 降りてくる場所とは様相が全く違います印象的な倒木 ここまではさほど距離もなく順調ですが いざ川に降りようとすると道がありません 倒木を踏み台にして降りました上流 [続きを読む]
  • 黄金の里 川
  • 黄金の里の川は深い、 何の葉でしょう すてき雪が降ったらまた来たいですこれだけ三脚浮かんできた言葉「病葉(わくらば)」病気や虫の為に変色し夏の青葉にまじる葉 なるほど病葉を きょうも浮かべて街の谷 川は流れる・・・         あれは街だったか 撮影 2018・11・15 新潟県五泉市蛭野 午後2時過ぎ [続きを読む]
  • 黄金の里 柿
  • ことわざ「柿が赤くなると医者は青くなる」というのは柿は栄養に富むとか そういう意味かと思ったら 昔は冷蔵庫がなく食べ物が腐敗しやすかったが秋に涼しくなり いろんな実もなり という事らしい。ほんとに昔は 冷蔵庫なくてね〜 食べ物も保存がきかないと駄目で味の濃い物とか塩物が多く蝿帳(はえちょう?)といって蝿などがタカラナイように小型の蚊帳(かや)みたいな物でオカズ等おおっていました  今と比べると原 [続きを読む]
  • 黄金の里 イチョウ
  • 五泉市の南 蛭野は季節になるとイチョウの黄金色の葉が見ものです 慈照寺でも感じた水の豊かさを蛭野でも感じます 白山から流れてくる水です ここ蛭野の堀は深いですイチョウの季節になると沿道に車が止まりカメラマンさんや裏道の銀杏茶屋で餅を食べたり銀杏茶屋は土日しか営業しないですが たいした賑わいを見せています。撮影 2018・11・15 新潟県五泉市蛭野 黄金の里  AM11:15耐えて耐えて青空の出る日に出かけま [続きを読む]
  • 黄金の里 家
  • 茅葺き屋根 やがて消えゆくもの 雨漏り用に張ったシートもそのうちボロボロに、調べたら茅葺き屋根は傾斜がきついので雪が積もりにくいと 言われてみればすごい角度、壁にかかるハシゴは現役なんでしょうかね?? なんか手作りぽいですが。今回は一枚ごとに液晶ルーペで確認し明暗を補正しまた撮ってを繰り返す 帰宅してモニタで見たらブレブレばかりという事はなかった。撮影 2018・11・15  新潟県五泉市蛭野 黄金の里 [続きを読む]