まるみ さん プロフィール

  •  
まるみさん: まるみのあっちこっち巡り
ハンドル名まるみ さん
ブログタイトルまるみのあっちこっち巡り
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/atikotimarumi
サイト紹介文野球、旅、映画、観劇、ミュージアム、グルメ、今日は何処かあっちこっち巡り
自由文時には歴女、時には鉄子、時にはただのミーハー。旅先から戻って即入院となっても懲りずに続ける旅。映画、音楽、読書、ミュージアム、遊園地、クイーン、グルメ、カフェ、西武ライオンズが大好き!!充実した日々を過ごすためには貪欲にいきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供505回 / 365日(平均9.7回/週) - 参加 2011/08/17 16:17

まるみ さんのブログ記事

  • さてさて、この駅はどこでしょう?
  • この駅がどこだかお分かりになりますか?大観覧車も見えたり、ワクワクしてしまう駅の一つです。ここかしこに海の生き物の絵がペインティング。子どもの頃のまるみなら絵に見惚れて、階段を踏み外し、転げ落ちたのではと思います。答えは、JR京葉線の葛西臨海公園駅です。1988年12月に開業した駅で、開業前の仮称は「葛西沖」江戸川区では最南端の駅になります。東京都区内のJR駅の中では、6番目に利用客数が少ない駅だとか。 [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ  函館港入港
  • 午前9時、にっぽん丸は函館港に入港します。セレモニーの準備も整っているようです。昨年は、松前港に初寄港の予定でしたが、気象条件により急遽、函館港入港となりました。空はどんよりしているし、当たり前ですが、セレモニーなどもなく寂しいものでした。函館港に船で訪れるのもこれで3度目となりました。6度目の函館ですが、今年もオプショナルツアーに参加します。タクシーや観光バスも待機しているようですね。函館でのオ [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ  「つや姫」
  • 酒田港の入港歓迎セレモニーでいただいた「つや姫」が、今日のディナーに早速使われたのしょうか。まるみのお気に入りのお米は、この「つや姫」です。その名の通りツヤがあり、真っ白で美しく、甘みや粘り気にも優れ、コシヒカリを凌ぐ美味しさです。一人ずつ2合の「つや姫」とお煎餅もいただきました。何よりのうれしいお土産です。ディナーの後は、三遊亭萬窓さんの落語独演会。写真撮影、ビデオ撮影および録音はできませんが、 [続きを読む]
  • 新宿中村屋 Olive House
  • 映画の終了が午後9時半を過ぎていましたが、夕食をゆっくりといただけなかったのでお茶でもと下のフロアのレストランへ。浦和パルコのレストラン&ダイニングテラスの営業時間は23時までなので(最終入店は22時)映画の最終回を見終わっても食事やカフェも利用できます。夕食は向かいの「永坂更科」の蕎麦を食べましたが、そば粉は非常に消化吸収が良く、お腹の中で発酵ガスにより膨らむので意外と腹持ちも良く、デザートセットに [続きを読む]
  • 映画 僕のワンダフル・ライフ
  • 何度生まれ変わってでも会いたい、<最愛の人>への一途な思いを描いた作品。犬好きのツレが観たいと言うので観たのですが、ファンタジー好きなまるみも楽しめました。ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれ、共に成長していくのですが、犬の寿命は人間より短い、イーサンをおいて旅立つ日が来てしまいます。イーサンに会いたい一心で、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ  5月3日のディナー
  • この日の献立に合わせて今夜のおすすめのお酒の中から選んだのが酒田の純米大吟醸「楯野川」軽快な口当たりで、若々しく爽やかな果実のような香りと酸味とありましたが、和食だけではなく、フレンチにも合いそうです。前菜 ささ身南蛮漬け チーズと沢庵の薫製クロマツの明太子和え小鉢 焼き茄子 豆腐餡かけ椀代わり 牛肉飛竜頭 アスパラガス餡白身魚すり身 豆腐 山芋 グリーンピース白髪葱 胡瓜 人参お造り しま鯵 ワ [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ   酒田港出港
  • 酒田での最終帰船時間は、16時30分。17時には、酒田港を出港していくにっぽん丸。出港のセレモニーが始まっています。客船の寄港時には、寄港セレモニーや紙テープで出港を見送る出港セレモニーを実施している酒田市。「いってらっしゃい」まるみが投げた紙テープもどなたか拾ってくださったような。誰かと繋がっているというのは照れくさいようなそれでいてとても嬉しいことです。風船も飛ばされ、空高く舞い上がっていきます。少 [続きを読む]
  • 昨年までのチームメイトを前に打線振るわず・・・
  • 岸投手との今季の対戦成績は、3勝1敗。慣れたマウンドでの炎獅子ユニは、遠目に見ればイーグルスのユニと変わらないものに見えたかもしれず、いつも以上に冷静に見えた岸投手。十亀投手は、先頭打者に初球を本塁打され、先制点を奪われ、出鼻をくじかれてしまい、2回にも2失点、3回からは本来の十亀投手に。初回に秋山選手がツーベースで出塁するも決定機を逃してしまったことも今日の試合の流れを決めた要因で残念です。相手 [続きを読む]
  • 永坂更科 布屋太兵衛 浦和パルコ店
  • 次の映画まで1時間弱、急いで食事を済ませる必要があり、まるみが見る限りではいつも混んではいないし、待たせる時間も少ないはずと目論み、選びました。「永坂更科 布屋太兵衛」は、麻布十番に総本店を構える寛政元(1789)年 創業の歴史を誇る老舗で、こちらはその支店。デパートなどに多くの店を出店しています。店内の雰囲気も接客もそれらしい雰囲気です。太兵衛そばは、石臼弾挽きのそば粉を使用した細打ちのそばですが、こ [続きを読む]
  • CS開幕 両雄激突も菊池投手完封で大勝のスタート!!
  • CS第1ステージが、本日開幕です。4年ぶりのCS、待ちに待ったプレイオフ。大事な一戦を託されたのは、最多勝、最優秀防御率の2冠に輝いたライオンズのエース菊池投手。対するイーグルスは4年連続最多奪三振の則本投手。CS初登板の菊池投手、「ワクワクしていた」と頼もしい。短期決戦はレギュラーシーズンとは別物と言いますが、今季のイーグルス戦は、3完投(2完封)で8戦全勝とそのままの勢いを感じるピッチングとな [続きを読む]
  • 映画 ドリーム(HIDDEN FIGURES)
  • 1961年のアメリカ、偏見や差別と戦いながら、NASAの頭脳として尽力した黒人女性スタッフが、いかにして科学史に残る偉業であるマーキュリー計画の達成に貢献したかを描き出した実話を基にしたドラマです。ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威信をかけ有人宇宙飛行計画に乗り出します。優秀な数学者のキャサリンを中心に描かれていますが、差別や偏見など葛藤しながらも自らの道を切り開いていくメアリーや [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ  酒田港のにっぽん丸
  • 酒田獅子に迎えられて酒田港に停泊しているにっぽん丸のもとに戻ってきました。日本の客船の中で、一番小さいのですが、こうして見ますと大きな船だと思わずにはいられません。寄港地で天候に恵まれるのはラッキーです。青い空、白い雲、船がひときわ美しく見えます。酒田港では雪を被った鳥海山もアクセントになり、一目で酒田港だとわかりますね。地元の方でしょうか、にっぽん丸と一緒にカメラに。山形県と秋田県の県境に位置す [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ   酒田の街を歩いてみると・・・
  • 今なお残る湊町文化にふれる見どころも多い酒田ですが、観光に力を入れられている様子がわかるようです。利用はしませんでしたが、市内観光に午前9時〜午後5時、観光用自転車を無料で貸し出しもしています。本数は少ないのですが、どこで乗降しても100円のるんるんバスもあります。こんな大きなマップがあったりもします。マンホールだけではなく、こんなプレートも。これが実際の山居倉庫、3年前の1月に撮影したものです。吹 [続きを読む]
  • 上海小籠包 石庫門 大宮ルミネ2
  • 「鉄道ふれあいフェア」では、ワークショップで食べ歩きなどもしましたが、お腹も空いてきたので何か食べようと思います。このイベントの集客力は高く、周辺の飲食店は混雑、無難なところでルミネへと足を向けました。都内を中心に7店舗営業する「石庫門」特級点心師が作る上海小龍包を始め、料理、デザート、中国茶すべてに医食同源を取り入れ、食を通じての健康を提案しているそうです。初めてのお店なので、店内をキョロキョロ [続きを読む]
  • 鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア トラバーサー乗車体験
  • 3つのエリアに分かれたイベントスペースで、若手芸人のトークショーや大宮ナポリタンなどの大宮ソウルフードなどを食べくらべたり、大宮駅周辺で楽しめる一日でした。明治18(1885)年に大宮駅が開業し、鉄道のまち大宮の歴史が始まりました。明治27(1894)年には、大宮工場が開業し、今年で創業123年目を迎えます。大宮工場は、現在はJR東日本大宮総合車両センターと言います。車両センター会場のイベントが本日の目的です。 [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ 山王くらぶ 湊町酒田の傘福
  • 傘福とは、傘の先に幕をめぐらし飾り物を下げるもので、一つ一つの細工物に願いや祈りが込められています。一針一針小さな飾りに想いを込めて、女性たちの切なる願いをつるし飾りに託してきました。酒田の傘福は、家族の健康や商売繫盛、豊漁などの願いを込め、天蓋幕を張った番傘に、着物の端切れなどで作った農作物や魚、動植物などをつるし、色とりどりに飾ったものです。日本三大つるし飾りの一つとして再評価されるようになっ [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ 往時の料亭文化を伝える山王くらぶ
  • 明治28年(1895年)建築の酒田を代表する規模と格式を持った元料亭「山王くらぶ」北前船の往来によって全国とつながった酒田は、華やかで自由闊達な湊町文化が形成されていきました。茶道や俳諧、生花が教養の一つとして盛んになり、茶屋文化、料亭文化と共に風流を競い合っていったのです。夢二の間竹久夢二は、酒田を三度訪れ、滞在中は山王くらぶを拠点に画会を開いたり、象潟へのスケッチ旅行に出ました。夢二が特に愛用し、滞 [続きを読む]
  • 映画 パターソン
  • ニュージャージー州パターソン。街と同じ名前を持つバス運転手のパターソンは、毎日目覚まし時計も使わずに起き、隣に眠る妻にキスをして一日が始まります。朝食はシリアル、ランチボックスを持ち、徒歩出勤。携帯やスマホは所持せず、もっぱら詩作に取り組むのが趣味。決まったルートを走り、フロントガラス越しに通りを眺め、乗客の会話に耳を澄ましながらも真面目に勤務。妻のローラは、料理やインテリアに趣向を凝らし、日々を [続きを読む]
  • 勝つと信じて応援していた最終戦
  • チケット完売と車内放送でもありましたが、当日券も完売。最終戦が無料だった時を知っているまるみとしては、CSの経済効果に驚くばかりでもあります。試合は、期待に反して散々な結果と言えるでしょうか。日本ハムには、レアード選手も大谷選手も中田選手もいない、ファームで頑張っている選手が出場しているのに・・・。1塁からの応援でしたから日本ハムのファンの方もいて「やだあ、何か笑っちゃう」と、初回から嬉しそう。い [続きを読む]
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ  旧鐙屋<豪商の屋敷>
  • 国指定史跡の「旧鐙屋」は、藩政期の酒田を代表する廻船問屋の屋敷で、諸藩の年貢米を扱う宿蔵を務めました。鐙屋は、「酒田三十六人衆」として町政にも参画。これは、日本における自由都市発祥の地といわれた堺の商人による自治組織・会合衆を倣ったものだとか。町年寄役を勤め、町政にも重要な役割を果たしました。映画「おしん」の撮影が鐙屋で平成25年3月に行われました。おしんが奉公している「加賀屋」の大奥様が、長火鉢 [続きを読む]
  • 2位確定も80勝にして終了したい最終戦
  • ライオンズの試合がなかったので、楽天vsロッテ戦をパ・リーグTVで観戦していましたが、ロッテが先制した時には、ニンマリでした。しかし、土壇場で同点に追いつく粘り強さ。延長戦でも決着はつかず引き分けて、埼玉西武ライオンズの2位は確定したのです。最終戦を球場観戦するまるみとしては、試合に勝って2位を確定させたいと思っていましたが、これで気持ちをラクにして球場へ向かえます。もしも、楽天が逆転勝利していた [続きを読む]