PAIHEŋA さん プロフィール

  •  
PAIHEŋAさん: あら・お・て・ぱいへんが
ハンドル名PAIHEŋA さん
ブログタイトルあら・お・て・ぱいへんが
ブログURLhttp://paihenga.blog101.fc2.com/
サイト紹介文ラパヌイからツーリズムやら雑記やらモアイやらを徒然に
自由文絶海の孤島に棲息する日本国籍甲斐性なし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/08/18 05:11

PAIHEŋA さんのブログ記事

  • ぺれおあ・わ〜くす
  • 10月7日。お1人様到着。ホテルチェックインを済ませ直ぐ様村外へ。島を発たれる翌々日の昼までギッチリ観光。2日目まで天気が大きく崩れる事はなし。雲の厚さが気になるけれど、時折スカッと晴れてもくれたり。3日目はスコールに遭遇。それ程強くなくモノの数分で止んだんだが、逃げ場皆無な山頂の吹き曝しだったモンだからソコソコ濡れる。有り難い事にその後お天道さん復活。飛行機に搭乗されるまでにゃ服は乾いたかと。お疲れさ [続きを読む]
  • いてぃねらりおす・お・て・まぬ・いて・るてぃ 2018
  • 今シーズンはクルーズ船やらチャータ便やら、もうポコポコ幾つも来とります。ワシの勤めるホテルもデカめのグループが既にチラホラ。すわ満室だってんでウヒャアってな日もあったりするくらい騒々しくなってきましたよ。年々忙しくなるのが早まるよなぁ。そんだけ需要があるんでしょうね、島へのモノポリー線ラタム航空も早々に増便開始。通常タヒチからの1便しかない火曜日はもうサンティアゴからの別便が始まったし、今月の中旬 [続きを読む]
  • まはな・とる・はい・らんぎ・もあな
  • 10月2日。タヒチよりお1人様到着。翌3日は観光へワシもお供させて貰う。ソレまで暫く不安定な日が多かった天候、この日は随分と穏やか。丁度客船の寄航と重なって各ポイントソレなりの混雑を懸念しとったモノの特に影響なし。杞憂に終わる。お陰でご希望にほぼ沿うようなカタチで島を巡れたかと。洞窟だけは昨今の崩落で入れず仕舞いでしたけどね。お1人様は2泊の後、サンティアゴ経由で日本へ蜻蛉返り。お忙しい中のご来島、あり [続きを読む]
  • はえれ・いて・ほらぬい
  • 9月26日。ご夫婦到着。1泊のみ、翌日の昼過ぎにゃラパヌイを発つようなご滞在。ノンビリと観光ってワケにゃいかんわな、よりメジャーなポイントに絞って島巡り。スタート時からドンヨリ空。強めのスコールまでチョクチョクと。降り続かなかったのは幸い。雨の合間を縫ったり博物館で待機したりでずぶ濡れになっちまう事は避けられましたなぁ。ソレでも回復傾向にはあるんだぞっ! なんつって憚らん予報を信じて最後に残した高台の [続きを読む]
  • は〜いぽいぽ・たんが・あぴ〜
  • 9月20日。ワシより10近く歳下なんじゃないかーってな新婚さんご到着。直後は殊更物静か。怖ず怖ずと会話を始めてみると、寄ってきたペルーでのハードな旅程でかなりお疲れだとか何とか。ラパヌイ滞在も観光ギッチリなんですけどね。兎に角成る丈ノンビリ廻る事にする。…も、初日後半から早々調子が戻ってきた様子。流石若いだけありますなぁ。お天道さんも呼応するかのように元気になってくる。場所によっちゃ強風に煽られたりも [続きを読む]
  • まけぬ・いて・でぃえしお〜ちょ
  • 9月18日。チリの独立記念日。朝のうちにノンビリ車を洗っとったら宿を営む知り合いがご夫婦を連れてやって来る。 「暇そうなんだが日本語解らん」別のホテル送迎が既にある。その後で宜しけりゃ〜ってんで、同日午後ご一緒する事に。翌日は他でハイライト観光を入れたそう。ほいじゃ、ソレで訪れない処を巡りましょ。祝日だからか各ポイント閑散と。コッチの世界は休みにゃみんな休んじまうモノなぁ。天気はナカナカ。旅行業っての [続きを読む]
  • ほえあふるま〜ぱえ・またひてぃ
  • ラパヌイに来て15年も経っちまいましたよ。ホント何時まで居るんだろか? とかなんとか、不惑の齢にゃ達したモノの未だ未だ惑うばかりですわ。んま、他に暮らしの糧を得る当てなんてないワケで。娘も生まれたし、当分は島の厄介になり続けるつもりではあるんですけどね。って事で、16年目もヨロシクです。 [続きを読む]
  • か・おほ・りばりば
  • 9月10日。お1人様到着。ラパヌイ滞在が4泊とちょっと長め。翌日から一緒に島巡り。11日の朝は雲多め。ところが村の外へ向かうとソコは晴れ。そのまんま1日好い天気。ハンガロアの辺りだけ曇ったり雨だったり〜なんてのは偶にある。12日は逆に下り調子。徐々に雲が湧いて昼過ぎにゃ降り始める。この日に熟しちまう予定だった午後の観光はペンディング。日数に余裕があったからこその選択肢。13日。気を取り直して残りのポイントへ。 [続きを読む]
  • もてぃほ・お・ほらいてぃ
  • 8月29日。お1人様到着。同日は挨拶のみ。ワシとの島巡りは翌30日に。到着日と31日の島を発たれる前はご自身でサイクリング観光。ソレじゃちと厳しい処を〜ってなリクエストを受けたモンで、車を駆って遠方をメインに訪ねる事に。ハイライトたるデッカいモアイさん達が集まるポイントまでは勾配アリで20kmくらい。チャリンコでとなりゃかなりハードですからなぁ。曇りがちだけども雨はなし。半袖で問題ないくらいの気温。お1人の機 [続きを読む]
  • ままえ・ここま
  • 8月22日。ご夫婦到着。2泊のご滞在、その日中を殆ど、サンティアゴへ戻る直前まで島巡りってなスケジュール。初日は晴れとったモノの天気予報は下り坂。降られながらの観光はキツいポイントを優先して案内する事に。案の定徐々に雨が多くなる。早めに訪ねた景勝地なんかはスッキリだったけど、やっぱマッタク濡れずに〜とはいかず。2日目、旦那さんの腹の調子も下り坂に。ワシもよく悪くするから辛さは犇々と…コッチは3日目にゃ随 [続きを読む]
  • またき・お・らのららく
  • 8月18日。お1人ご到着。初日はユックリ休んで貰って翌19日、翌々20日を観光に充てる。雨はほぼなかったけれど、稀に青空が拡がったりもするモノの曇りがち。上着の有難味を思い知る場面が屡。やっぱ冬なんだよなぁ。直前にゴタゴタがあったラノララク、19日にゃ開放されとりました。ヨカッタ…ご一緒頂いた方は予定を全て熟して21日の便でサンティアゴへ。ご来島ありがとさんでした。 [続きを読む]
  • ぷる・お・らのららく
  • 8月15日。お2人ご到着。同日は先約があったモンだから一緒に出掛ける事叶わずホテルにて挨拶のみ。島巡りは翌16日の朝から。空は一面重く拡がる雲。加えて強めの風。オマケに昼過ぎから翌朝に掛けては雨までも。季節柄仕方ない天候なのかも知れんけれど、丁度盆の頃に荒れがちってのは日本人としてなんとも歯痒いワケで…16日は更に、ラパヌイ観光の目玉たるモアイさん工場ラノララクが占拠されちまっとって入場不可なんてトンでも [続きを読む]
  • ここんご・いて・うた
  • 8月13日。タヒチより日本人メインのチャータ機来島。晴れたり雨だったりとコロコロ変わる天気の所為かね? 空港に集ったガイドやドライバの幾人かは風邪っぴき。ソレを側で笑っとったワシも見事に感染されちまったようで、翌日の咳に始まって嚔洟水仕舞いにゃ39度。イヤハヤ油断しちまいました…観光に勤しまれた14日と15日、ワシの担当はアナケナとアキヴィにてスポットでの説明。団体さんにとっちゃビョーキガイドに接する時間が [続きを読む]
  • えとる・ほら えたひ・まはな
  • 8月12日。正午過ぎにグループご到着。成田出発が3時間ディレイ。ホントは11日に着く筈が、結局島着は1日遅れって事態になっちまいまして…まぁ愚図っとっても仕方がない。時間がないモンだから空港から即観光へ。兎に角コレぞラパヌイってのは観て貰わなければ。同日と翌13日の昼のご出発前まで、予定しとったポイント全ては叶わずも、主要な処は押さえつつ駆け足でドタバタと。幸いに天気は雨季にしちゃ上々。夕陽と朝陽も綺麗に [続きを読む]
  • びえ・ばてりすた
  • 8月8日。前日にタヒチ経由でいらっしゃったご夫婦と午後の半日観光。デッカいモアイさんが集中する島の東側を散策する。ちょっと雲が気になるけれども人少なめ。ジックリ見学できたかな?中2日で11日。同じご夫婦と再び、今度は朝のうちの半日観光。北部に位置するビーチとお臍、その後は南部の山頂へ。空はスッキリ。景勝地もバッチリ。タヒチと往復する便は週に1便。ラパヌイ滞在が長かったので近場は徒歩でユックリと堪能された [続きを読む]
  • ほら・ぬい 2018
  • チリの今年の変更に従って、本日夏時間に入りましたよ。2018年はラパヌイ時間8月11日 22:00 が、23:00 となります。時計を1時間早めるワケ。だから陽の出陽の入り時間は、時計の上じゃ1時間遅くなるんです。また、他国との兼ね合いを無視できない、例えば空の便の発着時間も、チリ国内の時計に於いちゃ基本1時間遅くなりますよ。コレが案外混乱の素。航空会社はタイムゾーン変更を見越して夏時間の出発時刻を案内しとるから、旅客 [続きを読む]
  • へ〜ぴてぃあふるま〜ほえたうてぃにえひとぅあふる
  • 去る8月1日、島外人のラパヌイ滞在に関する新たな法律が施行されまして。コレによって訪れる観光客は、原則30日を超えて島に留まる事ができなくなりましたよ。加えて島へ渡る前に空港なりで、・往復するチケットの所有・IDカード、またはパスポート・SERNATUR (観光庁的な処?) 公認宿泊施設の予約、または知事が認めた島在住者の招待状以上3点の警察機構による確認、それからツーリストカードみたいな書類への記入も義務付けられ [続きを読む]
  • いな・へ・うあ・まう
  • 7月18日。お1人様をホテルへ迎える。翌々日、島を発つまでガッツリ島巡り。天気予報は連日雨。空や風をよんだトコロで好転する兆し窺えず。ずぶ濡れの覚悟をシッカリ決めて出掛けるも、巡る順序を大胆に変えてみたトコ意外にも雨を受けずに観光を進められる。デッカいのが集まるラノララクとトンガリキじゃ奇跡的に晴れ。初日に訪れちまって正解だった。「いつもは雨女なんですよ〜」 とご一緒の方。モアイさんの為に、今まで晴れ [続きを読む]
  • き・すみそにあ〜のす
  • 7月5日。お1人様と終日島巡り。出発時は好い空模様。早いうちにビーチに寄るも、モアイさん達の顔は暗い。季節柄順光じゃ拝めない。昼頃から雲が、ドンヨリとまでは言わんモノの厚くなりだす。お天道さんが隠れると半袖じゃ肌寒いくらい。常夏の島じゃあないんですよ。6月頃から随分と雨が多くなってきた気がする。カラカラだったラノララクのカルデラにまた水が溜まってきた。マッタク降らんってのも困りモノ。まぁ観光中に降られ [続きを読む]
  • の〜・あとぅ
  • 6月25日の夕刻頃、日本の方々を乗せたチャータ機到着。今回は島を発つ翌々27日まで、とあるグループとご一緒させて貰う役柄。観光の間、天候が大きく崩れる事はなし。サンライズもまぁ見応えはあったかと。途中牛渋滞にハマったりしつつも予定されたポイントは不足なく巡る。ちょっと急ぎ足でしたかね、お疲れさんでした。別れ際、お1人から 「僻地で働くなんて可哀想」 的なご意見を頂く。ワシっちゃそんなに惨めに見えるのか知ら [続きを読む]
  • いて・ばいかぷあ
  • 6月14日。1名様ご到着。島の前に寄ってこられたペルーの旅程がソレなりにハードだった模様。お疲れのようだけれど、予定通り早々に同日から村外へ。教会やら道端のマリアさんやら暇そうな馬やら、気になる処で立ち止まってみる。プライベートでの観光ってのは自由気儘に動けるからワシも好き。復調された2日目にハイライト巡り。天候は崩れつつも、トンガリキじゃお天道さん、オマケにデッカい虹まで架かってくれる。3日目は朝から [続きを読む]
  • くま〜・ぽら〜
  • 喰えちまう類の土産物っつったら暫くモアイさん型のチョコレートくらいしかなかったんですがね、この度ラパヌイ産のスナック菓子が其処いらの商店にお目見えしまして。所謂おさつチップスってヤツ。ポリネシアの芋となるとタロイモかサツマイモだものなぁ。揚げてはあるけど塩はまぁふられとらん。物足りなけりゃ自分でふっちまえば問題なしか。気になるのはその値段。35gの小袋1つで1,500チリペソ、260円くらいする (2018年6月現 [続きを読む]
  • ぺぺ・えたひ
  • 5月31日。朝の便にて2泊3日の2名様到着。…の筈が、いらっしゃったのは1名様のみ。訊けば、ご友人は落ち合う処に着くのがその前の乗り継ぎだかで遅れ、予定しとった便の搭乗できなかったとか。間に合わなかったお1人も、同日の島までの別便にも繋がらなかったモノの、サンティアゴまでは辿り着いたそう。んで直ぐ様ご自身で翌日便のキャンセル待ちを申請。曰く 「1つだけ空いた席」 を見事ゲット、1日遅れでご到着。ホッ…サンティ [続きを読む]
  • ぽぽはんが・いて・ばいとぅうぽとぅ
  • 5月23日。お2人様姉妹とサンライズ。多少天候が不安定な折。観賞ポイント到着時はやっぱ雲多め。が、旨い具合に染まり出す。期待が膨らんだ直後に強めのスコール。その場に踏ん張ってみた結果、モアイさんと逆方向ではあるけれど見事な虹。陽の出時刻を30分程過ぎた頃に、半島越しにお天道さんがシッカリと。まだ余裕があるぞって事で、マケマケさん達まで拝んでみたり。随分濡れちまったけれど、その甲斐あってと言っていいくらい [続きを読む]