PAIHEŋA さん プロフィール

  •  
PAIHEŋAさん: あら・お・て・ぱいへんが
ハンドル名PAIHEŋA さん
ブログタイトルあら・お・て・ぱいへんが
ブログURLhttp://paihenga.blog101.fc2.com/
サイト紹介文ラパヌイからツーリズムやら雑記やらモアイやらを徒然に
自由文絶海の孤島に棲息する日本国籍甲斐性なし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/08/18 05:11

PAIHEŋA さんのブログ記事

  • き・すみそにあ〜のす
  • 7月5日。お1人様と終日島巡り。出発時は好い空模様。早いうちにビーチに寄るも、モアイさん達の顔は暗い。季節柄順光じゃ拝めない。昼頃から雲が、ドンヨリとまでは言わんモノの厚くなりだす。お天道さんが隠れると半袖じゃ肌寒いくらい。常夏の島じゃあないんですよ。6月頃から随分と雨が多くなってきた気がする。カラカラだったラノララクのカルデラにまた水が溜まってきた。マッタク降らんってのも困りモノ。まぁ観光中に降られ [続きを読む]
  • の〜・あとぅ
  • 6月25日の夕刻頃、日本の方々を乗せたチャータ機到着。今回は島を発つ翌々27日まで、とあるグループとご一緒させて貰う役柄。観光の間、天候が大きく崩れる事はなし。サンライズもまぁ見応えはあったかと。途中牛渋滞にハマったりしつつも予定されたポイントは不足なく巡る。ちょっと急ぎ足でしたかね、お疲れさんでした。別れ際、お1人から 「僻地で働くなんて可哀想」 的なご意見を頂く。ワシっちゃそんなに惨めに見えるのか知ら [続きを読む]
  • いて・ばいかぷあ
  • 6月14日。1名様ご到着。島の前に寄ってこられたペルーの旅程がソレなりにハードだった模様。お疲れのようだけれど、予定通り早々に同日から村外へ。教会やら道端のマリアさんやら暇そうな馬やら、気になる処で立ち止まってみる。プライベートでの観光ってのは自由気儘に動けるからワシも好き。復調された2日目にハイライト巡り。天候は崩れつつも、トンガリキじゃお天道さん、オマケにデッカい虹まで架かってくれる。3日目は朝から [続きを読む]
  • くま〜・ぽら〜
  • 喰えちまう類の土産物っつったら暫くモアイさん型のチョコレートくらいしかなかったんですがね、この度ラパヌイ産のスナック菓子が其処いらの商店にお目見えしまして。所謂おさつチップスってヤツ。ポリネシアの芋となるとタロイモかサツマイモだものなぁ。揚げてはあるけど塩はまぁふられとらん。物足りなけりゃ自分でふっちまえば問題なしか。気になるのはその値段。35gの小袋1つで1,500チリペソ、260円くらいする (2018年6月現 [続きを読む]
  • ぺぺ・えたひ
  • 5月31日。朝の便にて2泊3日の2名様到着。…の筈が、いらっしゃったのは1名様のみ。訊けば、ご友人は落ち合う処に着くのがその前の乗り継ぎだかで遅れ、予定しとった便の搭乗できなかったとか。間に合わなかったお1人も、同日の島までの別便にも繋がらなかったモノの、サンティアゴまでは辿り着いたそう。んで直ぐ様ご自身で翌日便のキャンセル待ちを申請。曰く 「1つだけ空いた席」 を見事ゲット、1日遅れでご到着。ホッ…サンティ [続きを読む]
  • ぽぽはんが・いて・ばいとぅうぽとぅ
  • 5月23日。お2人様姉妹とサンライズ。多少天候が不安定な折。観賞ポイント到着時はやっぱ雲多め。が、旨い具合に染まり出す。期待が膨らんだ直後に強めのスコール。その場に踏ん張ってみた結果、モアイさんと逆方向ではあるけれど見事な虹。陽の出時刻を30分程過ぎた頃に、半島越しにお天道さんがシッカリと。まだ余裕があるぞって事で、マケマケさん達まで拝んでみたり。随分濡れちまったけれど、その甲斐あってと言っていいくらい [続きを読む]
  • うあ・はい・はぬあぬあめあ
  • 5月17日。昼便にて5名様来島。19日の昼に掛けて、駆け足での島巡り。ご到着時は随分落ち着いとった空、観光へ出発した頃から下り坂。ドンドン崩れて初日の夜は大雨強風落雷まで。んま、そういう季節っちゃそうなんですけどね… ココ数年穏やかだっただけで、ワシが住み始めた頃の5月っちゃ辟易するくらい雨が止まん月だったワケで。2日目は朝から回復傾向。とは言え散発的にスコールは続く。有り難かったのは、そのスコールのお陰 [続きを読む]
  • ほら・とんが 2018
  • 島時間、只今22:00より、チリは冬時間に入りますよ。時計を1時間戻して21:00へ。ラパヌイは日本から15時間遅れ (-6GMT) となります。無論日の出と日の入り時刻も変更。ドッチかってと変更後のほうがワシ等日本人の感覚に近くなるかと。しかしね、イチイチ時計を遅らせたりだの進めたりだの、夏冬の時間帯変更は現地に住んどっても煩わしい。毎回間違えるのがワンサカ居るんだし、こんなのやめちまえば好いのになぁ… [続きを読む]
  • まい・とぅあ・お・ぽいけ
  • 4月29日。お1人様と朝陽観賞。ちょっとばかし雲多め。が、旨い具合に染まってくれたかと。更に暫く待ってみる。日の出から30分かそこら経った頃に雲の隙間から漸く旭暉。早起きの甲斐があったんじゃないか知らん? 兎に角粘り勝ち。お疲れさんでした。因みに、この季節になると水平線からじゃあなく、お天道さんは最早トンガリキ斜め後方の半島裏から昇りますよ。オマケに雨季。観賞にゃ根気と強運を携えて挑むべし。ソレナリに冷 [続きを読む]
  • ぬえぼ・すいふと
  • 5月5日。待望の納車。ラパヌイは電車は疎か路線バスさえなく深夜にゃタクシーが止まる僻地。今までプライベートは歩きで遣り過ごしとったんですが、娘が生まれたモンだから必要だろってんで購入を決意致しまして。奇遇にもこどもの日に届きましたよ。マニュアル車の運転を知らんし小回り重視と宣うカミさん。島のオートマ中古車は問題アリだからパスして新車を買うべし、なんて勧めるメカニック連中。んでもって折角高い金出すなら [続きを読む]
  • おほまい・あ・ぱなま
  • 4月2日。団体さんご到着。ラパヌイへの乗り継ぎが日本を発つ直前に多少の変更。コッチも気をヤキモキさせられたモノの、結果的にまぁ問題なく。気を取り直して同日午後から早速島内散策。なんせ2泊でギッチリの観光スケジュール。雲は多めでいつ降ってくるかドキドキな空模様にも拘らず、朝陽夕陽は綺麗に拝めたり。予定通りに4日の昼過ぎにゃ無事に帰途。ご出発まで駆け足でしたがね、イヤハヤお疲れさんでした。兎にも角にもご来 [続きを読む]
  • で・おちょしえんとしんくえんた
  • ちょっと遡って3月25日。職場ホテルへ日本からお1人様ご到着。早々に島の案内を頼まれる。ほいじゃワシが空いとる翌日にご一緒しましょうか、と。出発時から多少雲の多い空。それでも陽の恩恵はあり。ハイライトのモアイさん工場へ辿り着いた頃から雲量が更に増す。瞬間的にガッツリ降られたりもしながら、要所はなんとかお天道さんが踏ん張ってくれる。途中コチラの案内不足もあって若干の行き違いも。スンマセンでした…兎に角も [続きを読む]
  • いてぃねらりおす・お・て・まぬ・いて・ばいとぅうぬい 2018
  • なんだかラタム航空のキャビンアテンダントがストを決行中でチリ国内の便が欠航なりで乱れとるようですが、ラパヌイ関連は先ず影響なく運航中。当初から、この路線は業務拒否の除外対象だったみたいだけれども。兎に角始まった時刻、月曜日の夜に着いた便から大きな遅延もありませんよ。国際線も今んとこ通常通りっぽい。ただ、スト自体は終息の目処が立ったんだかどうだか…?まぁ好い機会かどうか、ここいらでラタム航空ラパヌイ [続きを読む]
  • まとぅあ・え・ぽき
  • 3月22日。島に5泊される親子連れご到着。その日と翌日はチャータ機の先約あり。また予めのご希望もあって、ご一緒させて貰った観光は24日と27日。24日はハイライト観光。天候に悩まされる事なく、日がな一日デッカいモアイさんやらを見学。27日は優れず。合羽が大活躍するような残念な空の下、景勝地を訪れたり。連日何かと降られとる気がするんだけれども、ラノララクのカルデラは更に涸れちまったぞ。ホントにどうしてなんだろか [続きを読む]
  • くり・もえ
  • 3月21日。タヒチから日本人メインのチャータ機ご到着。年に5回くらいあるこの企画、島でも茶飯事になりつつあるような。ワシゃ呼ばれてヘルプ出動。今回の担当はトンガリキとアキヴィ。如何せんデッカい団体を少数でってな仕事なんで、役割はほぼ毎度、数時間同ポイントに張り付いて時間差でやって来る小隊を順繰りにアテンドするってなスポットガイド。22日のトンガリキ、この頃居着いとる猫もノンビリ昼寝し続けるような快晴の下 [続きを読む]
  • たらはお?
  • 3月18日、お1人様ご到着。ほぼ1ヶ月振りに日本語ガイド。言い訳的だけれども、1ヶ月何にもなかったワケじゃないのよ。3月っつったら未だハイシーズンですからね、所属するホテルの送迎だとか車の整備とか、娘のお守りだったりとかでソレなりに忙しかったつもり…閑話休題。ご到着同日中から翌々日まで観光。初めのうちは曇りがちでサラサラと降ってくる感じだけれども、以降は回復傾向。やっぱり暑いのも相俟ってか、2日目の終盤は [続きを読む]
  • ぱかぱか・て・らのららく
  • 2月19日。正午過ぎに到着した便にてお1人様を受ける。翌日まで1日半での島巡り。天候文句なし。つか、ちょっとは手加減して欲しいのにってくらい容赦ない陽射し。今シーズンは乾季でも降ったり止んだりが思いの外続いとる気がするんだけれども、雨の量は大した事ないんだろか? 常に水を湛えとったモアイさん工場のカルデラがいつの間にかカラッカラ。少なくともココ数十年、過去にこんな現象はなかったらしい。無論ワシにゃ初めて [続きを読む]
  • はえれ・はい・とことこ
  • 2月12日。お1人様ご到着。ホテルチェックインとほぼ同時に早速観光へ。2泊でスタンダードにポイントを巡るとなると、どうしても忙しくなりがち。初日、薄雲は気になるけれども文句なしの晴れ。2日目も概ね好い感じ。が、正午を過ぎた頃に強めのスコール。幸い直ぐに止んだモンだから昼飯を喰ったりしながら遣り過ごせて濡れる事はなし。3日目の朝はドンヨリだったモノの、回復傾向にあったお陰で空港まで降られずに済む。ありがと [続きを読む]
  • で・れぺんて
  • ホンのちょっと遡って2月6日。タヒチから2組ご到着。何方も日本人ってな珍しい空港送迎。そのうち1組、若いカップルからは飛び込みでツアーの依頼を。翌日は既に頂いとった別予約で動けずだけれどもソレでも構わんって事で、当日と翌々8日とに分けてご一緒する流れに。ラパヌイのご滞在は1週間だそう。初めのうちに見落としがちなポイントを〜ってなご希望。加えて後日レンタカーでご自身で巡る為の勘を養いたいとか云々。何処へ連 [続きを読む]
  • ばひね・お・て・とぅら
  • 2月7日。以前島へいらっしゃった方から紹介頂いたお1人様と終日観光。近頃こういったルートでの仕事も随分増えてきましたな。有り難いこってす。曰く、 “大切な日に降らす雨女” らしいんだが、当日崩れる事はなし。パッとしない空だったのは開始直後と後半の僅かな時間のみ。ハイライトじゃお天道さんがシッカリと顔を出してジリジリ射されまくり。コレでおかしなジンクスは払拭されたんじゃないか知らん?同世代、しかも音楽に [続きを読む]
  • ぱひ・ぬいぬい・え・ぽき・いてぃいてぃ
  • 1月20日。島を発つご夫婦を見送り、空港でそのまんまお1人様を迎える。その日は休憩。英気を養って頂いて、観光は翌21日と翌々22日に。2日共クルーズ船の滞在と重なっちまったモノの、旨く躱せたのか殆どのポイントは人疎ら。タハイでだけは夏休み中のチビッコに捕まって、暫く一緒に遊ぶ羽目にゃなっちまいましたが。天気は概ね良好。けれども例年の乾季と比べたら雲が多く、海の彼方じゃスコールがチラホラと。お陰でジメジメ。 [続きを読む]
  • めあめあ・はい・らあ
  • 1月17日。ご夫婦到着。滞在日数に僅かながら余裕があるんで同日はフリー。日本からの長旅の疲れを癒して貰う。観光は翌18日の朝からスタート。雲は多め。モアイさん工場散策中、駐車場への戻りしなにゃ強めのスコールにまで遭遇。それでもめげないお天道さん。雲っとったってガンガン襲ってくる。特に首筋と脚の後ろを痛々しく焼かれた旦那さん、観光後半敢え無くリタイア。日焼け対策は念入りに…不味いと悟って直ぐにホテルで休 [続きを読む]