tsurikichi さん プロフィール

  •  
tsurikichiさん: エンジョイ登山
ハンドル名tsurikichi さん
ブログタイトルエンジョイ登山
ブログURLhttp://nagahisa2977.blog69.fc2.com/
サイト紹介文九州の山を中心に登山記録を配信しています。九州百名山も登り終えて最近は全国にも時々出かけていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2011/08/18 09:39

tsurikichi さんのブログ記事

  • 英彦山 紅葉鑑賞  2017.11.4
  • 今期の紅葉鑑賞第2弾は英彦山。 パソコンのトラブルにより、山の情報は全く収集していないので、どの程度紅葉が進んでいるの全く分からりません。 果たして綺麗な紅葉を観る事が出来るでしょうか?今回もノリさんと登る予定でしたが、急遽ノリさんに別の予定が入り単独での登山となりました。 どのコースで登ろうかと悩みましたが、正面から登って南岳コースで下山する事にしました。 登り始めると、 「えっ! 紅葉は終盤戦 [続きを読む]
  • 天狗ヶ城・扇ヶ鼻  2017.10.25
  • 8月29日に天狗ヶ城に朝駆けして以来の登山です。 ノリさんと牧ノ戸登山口で待ち合わせをして7時30分に出発です。 昨晩は仕事から帰ったのが夜中の1時、連日の睡眠不足で寝過ごしてしまい約束の時間に間に合わず。 もともと朝駆けの予定ではありませんでしたが・・。 現地に到着してみるとガスがかかっています。  ガスの中を進むノリさん。朝駆けした人の中には 「撃沈だった!」 と早くも下山してくる人の姿もありました。 気温 [続きを読む]
  • 第19回 行橋〜別府 100キロウォーク 2017.10.7〜8
  • 昨年参加予定だった行橋〜別府 100キロウォークに参加しました。昨年は十分な?練習を重ねての参加でしたが、大会直前の足の指の骨折により参加を断念。今年は殆ど練習も出来ないままに、ぶっつけ本番の参加でした。大会前日、スタート地点となる行橋にて受付を済ませ別府に移動。ゴール地点に近い所に車を停めて、ソニックにて再び行橋に戻り宿泊スタート会場となる正八幡神社の境内は多くの人で埋め尽くされています。大会の横 [続きを読む]
  • ウォーキング  2017.9.10
  • 今日は家の近くをウォーキングすることにしました。このところ長い距離を歩くことが無く、このままでは来月に迫った100kmウォークを完歩できるか不安です。大会までに練習で最低50km位は歩いておきたいのですが、先ずは30km程を歩いてみようと思います。真夏の暑さも和らいだとは言え歩き始めるとやっぱり熱いです。7月5日の九州北部豪雨による被害を受けた地元の町(村)をぐるりと一周します。この場所はJR日田 [続きを読む]
  • 天狗ヶ城・中岳 朝駆け (パート2)
  • 昨日(パート1)の続きです。他の山にも登ってみようかとも思いましたが、ピーカン過ぎて暑くなりそう。気温が上がる前に下山した方がよさそうです。御池ルートで戻ることにします。6時30分頃に御池のほとりを通過。気温はどんどんと上昇中。御池に飛び込み泳ぎたい衝動にかられますが・・・。(笑)湖面は少しざわついた感じはありますが・・・。その後はのんびりと花の写真などを撮りながらの下山です。今回サブカメラとして持 [続きを読む]
  • 天狗ヶ城・中岳 朝駆け (パート1)
  • 6月17日にミヤマキリシマの時期に登って以来、久々の九重です。 天気も良さそうなのでノリさんと朝駆けすることにしました。 月も出ていますが登り始めるころには沈んでくれるはず、久々に星の写真も撮れそう。 登山開始が2時40分位だったかな? すでに先行者の姿も見受けられます。 更に後から登ってくる人の姿も・・・。 平日だというのに今日も朝駆け登山者は多いようです。 登って行くうちに徐々にガスが出始めます。 高度を [続きを読む]
  • 白馬岳 (パート3) 2017.8.22
  • 朝起きても状況は変わらず、予定していた縦走は断念。 下山するには昨日登ってきた大雪渓のコースを戻るのが一番早いでしょうが、せっかくなので白馬大池コースで栂池へと下る事に しました。 先ずは腹ごしらえをして白馬岳の山頂へと向かいます。本来ならば昨日登るはずでしたが・・・。 横殴りの雨と強風の中での記念撮影です。撮影は居合わせた若者4人組にお願いしましたが、その後は下山までお互いに前後しながら進むことにな [続きを読む]
  • 白馬岳 (パート2) 2017.8.22
  • パート1に引き続き花の写真ですが・・・。雨が降り出してからの撮影は超適当な物ばかり。 めがねをかけていると雨粒がついて見づらいし・・・。 外すと何もかもがぼやけて見づらいし・・・。レンズにしたってマクロレンズなんて持ってないし・・・。 雨の中ではレンズ交換なんて出来もしないので、とりあえず付いているレンズでの撮影です。高度を上げるごとにガスが濃くなってきました。それにしても色んな種類の花が咲いていま [続きを読む]
  • 白馬岳 (パート1) 2017.8.22
  • 8月21日から1週間ほど休みを取り、北アルプス北部の白馬岳〜五竜岳〜 鹿島槍ヶ岳の日本100名山三座を縦走しようと出かけてきました。出発前日の20日は午前9時30分から午後11時30分までの14時間勤務。 仕事を終えていったん帰宅。 荷物を積み込み21日午前1時30分に北アルプスに向けて出発。 宿泊予定地である八方の第五駐車場到着が午後5時頃。 多い時には満杯になる駐車場も殆どガラガラの状態です。 現地に居合わせた常連さんに色 [続きを読む]
  • 散歩の途中で見かけた花  2017.8.15
  • 家の近所をぶらぶらと散歩していて見かけた花です。正面から撮影できなかったのが残念ですが・・・。何の花だかわかりますか?これはカラスウリの花です。日中はあまり見かけないと思いますが、この花は開花が始まるのは夜で、翌朝にはしおれてしまう一日花なのです。暑い日中の散歩は避けて、夕暮れ時から出かけたからこそ見れた花です。   お願いします。 ブログ更新の原動力となります。    お願いし [続きを読む]
  • 御前岳 オオキツネノカミソリ鑑賞 2017.8.10
  • 8月5日の夕方、英彦山に登りレポートを作成中、ノリさんからラインが入ってきました。 「御前岳のオオキツネノカミソリが見頃らしいけど行った事はありますか?」 と・・・。 釈迦岳の隣にある御前岳には登ったことはありますが、オオキツネノカミソリの群生地があることは知りもせず、別の場所だろうと 思い、 「御前岳ってどこにあるの?」 と返事を返してしまいました。 すぐさまノリさんから電話があり、以前登った御前岳に [続きを読む]
  • 英彦山 (パート2)  2017.8.5
  • 鹿の角の岩峰よりの展望です。山頂方向にはガスがかかっていますが、時折見える青空がうれしいですね。山頂に着く頃には青空が広がってくれると良いのですが・・・。 南岳直下より望むお社はガスにより見えたり隠れたりしています。ふと後ろを振り返ると、先ほどまで居たノリさんの姿がありません。 しばらく待ちましたが来ないので探しに戻りますがやはり見当たりません。 「どこに行ったのでしょうか‥?」 仕方なく中岳の広場に [続きを読む]
  • 英彦山 (パート1)  2017.8.5
  • 6月17日に星生山・久住山・稲星山・鳴子山・白口岳・天狗ヶ城への周回登山以来、49日ぶりの登山です。 英彦山へは3月28日に登ったのが最後でした。 久しぶりにノリさんと登りますが、久々の登山とあって思うように体が動くかが心配です。 スタート時刻は確認しませんでしたが、別所駐車場を7時頃スタート。 参道の鳥居には8月11日に開催される 【英彦山参道駆け上がり大会】 の横断幕が飾られています。銅の鳥居から奉幣殿まで [続きを読む]
  • 九大の森  2017.8.4
  • 九州北部豪雨から明日で1ヶ月。 壊滅的な被害を受けた地元の大鶴地区も、多くのボランティアの方々などのご協力により着実に復興へと向かっています。 多くの方々より、お見舞いの電話・コメントなどをいただきありがとうございます。 災害から1ヶ月間は山行きも自粛していましたがブログの方もスポンサー広告が入りそうなので、そろそろ活動を始めようと思います。 今日は登山ではありませんが所要があって福岡まで行く事になり [続きを読む]
  • 洪水 (パート2)  2017.7.6
  • 大水から一夜明けた今朝の様子です。早朝より消防のサイレンやヘリコプターの飛び交う音が聞こえます。ご近所の方が丹精込めて育てた野菜も全滅状態。何でこんなところに船が・・?カーブミラーを直撃。道路には大量の土砂が流れ込んでいます。大きな木が道をふさいでいます。橋の欄干には何本もの木が突き刺さった状態に・・。JR日田彦山線も水浸し。しばらくは列車も通れませんね。ガードの上から観たJR日田彦山線。森田橋に [続きを読む]
  • 洪水  2017.7.6
  • 今回の大雨により5日の午後から家の前の川が氾濫。まだまだ予断を許さない状況ではありますが、水位も下がり今のところはホッ!としているところです。下の写真はまだまだ序の口で、この後さらに水位が上がります。我家は道路から少し高いところにありますのでさほど心配はしていませんでしたが・・・。この時点では手前の堤防が堤防が見えています。見る見るうちに水位が上がり・・あっと言う間に堤防も見えなくなってしま [続きを読む]
  • 散歩 (2)  2017.6.23
  • 昨日に続き散歩の途中で見かけたものですが・・・。 この花が何かわかりますか?梅雨の時期になるときれいな花を咲かせ、見るものを楽しませてくれるこの花は【ネムノキ】です。夜になると葉っぱは閉じて垂れ下がり、まるで眠っているように見えます。そんな姿が名前の由来となっているようです。   お願いします。 ブログ更新の原動力となります。    お願いします。 ガンバローと元気が出ます。  [続きを読む]
  • 散歩  2017.6.22
  • 久しぶりの3連休も家の草刈りと母の買い物のお付き合いで終わろうとしています。合間を縫ってウォーキングは行いましたが、途中で見つけた光景です。「もう栗のイガが育ってる・・!」と思い目を向けると綺麗な蝶が止まっていました。カメラは持参していませんのでスマホでの撮影です。花に泊まる蝶ならわかるのですが、栗のイガにも蜜があるのでしょうか・・・?   お願いします。 ブログ更新の原動力となります [続きを読む]
  • サボテンの花  2017.6.21
  • 庭に咲いたサボテンの花です。実はブログ・山・写真仲間の ちっごがわさん からの要望でのUPです。ちっごがわさんの家のサボテンは購入してから10年位だそうですが、今年初めて綺麗な花が咲いたそうです。我家のサボテンの花は赤色です。ちっごがわさんから我家のサボテンもUPしてと頼まれ、撮影しようと庭に出てみると 「あちゃ〜! 枯れてる・・・!」 すでに花の姿はありません。開花からもうすぐ2か月を迎えようかとして [続きを読む]
  • 星生山朝駆け (パート3)  2017.6.17
  • 次に向かうのは稲星山。向かう途中の南側斜面にもたくさんのミヤマが咲き乱れています。今年はどこの山でも害虫被害はほとんど無いようで本当にうれしい事です。ガメラ岩を撮影。次に向かったのは鳴子山。目的はオオヤマレンゲの花ですが果たして咲いていてくれるでしょうか? 長谷部君は疲れ気味でペースが落ちます。長谷部君にしてみればオオヤマレンゲの花は頭に無かったようで、無理に誘った感じで悪かったかな・・・。 一足先 [続きを読む]
  • 星生山朝駆け (パート2)  2017.6.17
  • 昨年は滝のごとく咲き乱れていたミヤマも来年に備えて今年はちょっと休憩と行ったところで しょうか?来年に期待したいですね。とは言え、今年も絶景であることには間違いありません。昨年これ以上の絶景を目にしているだけに、どうしてもより以上を期待してしまいます。本当に贅沢な話ですが・・。今回の記念撮影は山頂標識ではなく見晴らしの良い岩の上でパチリ!今回の登山ルートは事前には決めておらず、長谷部君と相談の結果 [続きを読む]
  • 星生山朝駆け  2017.6.17
  • 長谷部君と二人で星生山に朝駆けしました。 その後、久住山〜稲星山〜鳴子〜白口岳〜天狗ヶ城へと周回。 たくさんの写真を撮りましたが時間の都合でほんの一部しか整理が出来ていません。 明日・明後日と早朝より夜遅くまで仕事のためにレポート作成も出来ません。 とりあえず星生山での夜明けの様子だけUPします。 後は整理が出来次第紹介したいと思います。 太陽が顔を覗かせる前までは南側斜面の一角に陣取りミヤマキリシマの [続きを読む]
  • 星生山 他5座 (パート2)  2017.6.12
  • 中岳山頂では三俣山をバックに山頂標識だけの記念撮影。ピンクに染まる平治岳と由布岳。平治岳のミヤマはすでに終盤戦を迎えているでしょう。この先晴れ間が広がり夕焼け空が望めるならば良いのですが、現時点では難しそうです。このまま帰ろうかとも思いましたがトレーニングがてらに稲星山まで行ってみる事にします。 ミヤマも綺麗に咲き誇り、「足を延ばして正解!」 稲星山頂でも山頂標識だけの記念撮影。実はどの山頂でもそ [続きを読む]
  • 星生山 他5座 (パート1)  2017.6.12
  • 6月9日の平治岳に続き、今回は星生山をメインにミヤマキリシマ鑑賞に行きました。 スタートが13時10分とずいぶん遅い時間からの出発です。 先ずは沓掛山からの展望です。2日にも星生山・扇ヶ鼻に下見調査に来ましたが、その時に比べると目に飛び込んでくるピンクの量が違います。扇ヶ鼻分岐までには下山してくる人も多かったのですが、その後は静かな山歩きが出来ました。星生山への分岐点付近から望む久住山。 星生山への [続きを読む]
  • 平治岳 ミヤマキリシマ鑑賞 (パート2)  2017.6.9
  • 太陽の光が降り注ぐのを待ちますが、太陽の周りには徐々に雲がかかりはじめ、すぐには晴れそうもありません。本峰より西に下った所からダイヤモンド平治を狙ってみますがここでも綺麗な太陽は拝めず。時折晴れる瞬間を狙いつつの撮影です。別府湾に目を向けると海の色もオレンジ色に染まっています。 本峰での撮影後、6時30分頃南峰へと戻ります。時間とともにたくさんの人が登ってきます。こうなると人を入れずに撮影するのは [続きを読む]