にも さん プロフィール

  •  
にもさん: 自転車で小さな旅
ハンドル名にも さん
ブログタイトル自転車で小さな旅
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/satoko933434
サイト紹介文関西地方で自転車乗って。小さな旅をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/08/18 14:22

にも さんのブログ記事

  • 大学サイクリング部での旅
  • 今年の6月の事。ゆっくりと峠に向かっているとダイヤモンドフレームに白いフロントバックのランドナーが下ってくる。見ると女性だ。『珍しいなあ〜』と思ったら続けて数台が続いた。峠を越えて最初のコンビニに立ち寄ると同じようなランドナーが3人。私:『大学のサイクリング部?』彼:『はい。立命館大学サイクリング部です』大学サイクリング部員って聞くと嬉しくてちょっと長話は迷惑を掛けちゃったな。(画像はブログにアッ [続きを読む]
  • 高松から徳島 おじさんの三人旅
  • 10月9日普段、あまりテレビを見ない生活。特にドラマやバラエティーは見ませんが、旅番組ならたまに見る事があります。しかし、女優さんが食べ物をレポートするだけの番組には興味はありません。旅の途中に豪華なレストランやカフェに入る事はありませんから。シンプルな『ブラタモリ』が大好きなんです。今回は2週に渡って黒部ダムでした。私も以前に訪れてダムカードも持ってます。https://blogs.yahoo.co.jp/satoko933434/1 [続きを読む]
  • 岡山県 牛窓 〜日本のエーゲ海〜
  • 10月8日以前、岡山のイバ先輩に『岡山県に行きたいッス』って言っていたら、OBランの幹事役になってくれた。幹事は毎回こんな決め方で開催も不定期だが、学生時代のメンバーとのサイクリングはずいぶん長く続いている。今回は岡山県東区西大寺を30余年のお付き合いのメンバーでスタート。西大寺観音院は2月に行われる裸祭りが有名だ。会陽と呼ばれるまわしの男衆が宝木を奪い合い福男を決める奇祭だ。西大寺は江戸時代以前か [続きを読む]
  • 南海電鉄加太線 〜めでたいでんしゃ〜
  • 10月7日南海電鉄加太線は乗車客数の少ない路線だが、『加太さかな線』の愛称を付けるなど沿線を盛り上げるイベントを色々と行っていて面白い。8月にも沿線に沿ってサイクリングしたけど、今日から新しい企画を行っているので、早速行ってきた。スタートはJRと共有する南海本線和歌山市駅。旧紀和鉄道時代の開業は1903年。ホームを見ると、一番左のホームに水色の車両が停車中。4月から運行してる加太の鯛をモチーフにした [続きを読む]
  • 奈良県 御所市 〜風の森〜
  • 9月24日奈良盆地の南のヘリが風の森だ。ス師匠はココを『エエ道』と呼ぶ。私も同感だ。でもエエ季節に来たら『ごっつうエエ道』に違いないと思って、この時期を待って一緒に走る事にした。JR和歌山駅から輪行した和歌山線は各駅停車のローカル線。乗客は沿線の高校生やお出かけのお年寄りばかり。2時間弱の鉄道旅を楽しむ。吉野口駅で乗客が10人ほど降りたが、みんな近鉄吉野線に乗り換えた。1896年建築の木造駅舎の改札 [続きを読む]
  • 宝箱のすみっこ
  • 帰省の時に納戸の段ボールを少し開けてみた。あるね!懐かしいものが。1980年頃の今野製作所のカタログ。当時はケルビムに憧れていて町田の工場にオーダーシートを依頼した。JCAの会員証と手回品切符1988年の伊豆急行の手回品切符は250円1985年の国鉄と近鉄電車は200円だったんですね。おっ!1980年の国鉄は手回品切符は150円だったのか。しかし、先代の京都駅駅舎の西口ってどこだったのだろう?覚えてない [続きを読む]
  • 島根県 出雲 〜一畑電車〜
  • 9月10日旅の宿を出雲に取った。夏の青春18きっぷの最終日で和歌山に帰る前に少しだけ近くを散策しようと早起きする。旅先では早寝早起きだ。スタートの山陰本線出雲市駅北口は出雲大社のイメージ。市内の高瀬川沿いの柳並木には古い町並みの風景が残る。藍染の古いお店も有名だ。高瀬川沿いの出雲サイクリングロードは快適だ。郊外には稲作の散居村があり、冬場に日本海から吹く北西の防風防雪対策の立派な屋敷松が見られる。 [続きを読む]
  • 島根県 さよなら三江線
  • 9月9日今まで旅の途中で立ち寄った駅が知らないうちに廃線になった事はある。廃線跡のサイクリングロードを走った事もある。しかし今回は違う。三江線は来年2018年3月で廃線になる路線なんだ。三江線は広島県の三次駅から島根県江津市まで路線距離108キロ。35駅の殆どが無人駅で一日の平均乗車客数が一桁のローカル線に沿ってサイクリング。走りたいって言ったら、岡山のイバ先輩が車で連れて行ってくれる事になった。 [続きを読む]
  • 岡山県 旧山陽道と井原鉄道
  • 9月8日青春18きっぷで少し遠くに行こう。平日、早朝のJR大阪駅で通勤客に遠慮しながら乗り換えて、倉敷駅に降り立つ。折角なので少し美観地区を流す。今日のコースは古代には西国街道と呼ばれ、近代には旧山陽道と呼ばれる九州の太宰府と京都を繋ぐ旧街道だ。地図を見ていると、瀬戸内から10キロの内陸部でローカルな景色なのでは?と勝手に想像していた。旧山陽道に並行する井原鉄道は20世紀最後の新設路線と言われ、19 [続きを読む]
  • 大人の自転車部屋
  • 家が古くなったのでリフォームを考えている。ネットのリフォーム記事を見ていると、お父さんが趣味の部屋を作ったって施工事例も増えている。自転車やオーディオやカメラや鉄道やバイクなど大人の趣味の部屋って憧れる気持ちもわかるかな。単身赴任生活なら自分の部屋も趣味の部屋って言えるかもしれない。6年前の大阪勤務時代は六畳ワンルームの狭い部屋に自転車が4台もあって奥の机に自作の換気ブースやコンプレッサーを置いて [続きを読む]
  • 和歌山県 高野口 台湾美食裕福さん
  • 8月27日和歌山サイクリングクラブの定例会。高野口の台湾美食裕福さんにランチを食べに行くのだ。以前、名手店に行って量の多さにびっくりしたが、高野口が本店らしい。紀の川サイクリングロードから青空の様子が違う。処暑の初候に、先日までの強い日差しがない。北からの風がさわやかでもある。のどが渇いて仕方ない夏のサイクリングとの違いに、季節の変わりを感じる。ゴルフセンター川辺の県道134号線沿いにコンビニが出 [続きを読む]
  • 旅のお土産
  • 夏休みも間もなく終わり。国道42号線沿いに住んでいるので、今年も紀伊半島を走るロングツーリングのサイクリストをよく見かけた。今も夏のロングツーリングって言葉にワクワクする。当時のお土産を見るとその旅を思い出す。長い旅から帰って、バックに入ってた物を残している。ユースホステルの会員証に押された各地のスタンプ。ワッペンやピンバッチもあった。各地のピンバッチは帆布製のフロントバックに付けるのが流行ってい [続きを読む]
  • 和歌山県加太  めでたいでんしゃ
  • 8月20日南海電鉄は関西私鉄6社の一つ。私鉄では日本最古の鉄道会社だ。南海本線の枝線である加太線が面白い。2014年から加太さかな線の愛称で呼ばれ、約10キロ8駅間の特産品や加太漁港をPRして観光客を誘致している。今日は新しいラッピング電車を見に行こう。かつては加太線の橋梁だった河西橋で紀ノ川を渡る。東松江駅で早速ピンクのラッピング電車を発見。加太の鯛をモチーフにした『めでたいでんしゃ』だ。出来るだ [続きを読む]
  • ビアンキ ミニベロ (Bianchi Minivelo)
  • しばらく乗らなくて、家に置きっぱなしのビアンキ ミニベロ。10年位は乗っていただろうか?以前はこれでサイクリングやレースに行ってた。家族が誰でも乗れる様に、手持ち部品と頂き部品とお父さんのお小遣いの範囲で、少しづつ改造していたけど、いよいよ完成です。フラットバーに手元変速レバー。フラットペダルとレディースのサドル。フロントキャリアに前かごとセンタースタンドを付けました。(部品の交換だけみたいですが [続きを読む]
  • 滋賀県 姉川ダムと五色の滝
  • 8月13日単身赴任の帰省とスケジュールが合わず、なかなか参加できていない地元の彦根サイクリングクラブのK会長から、お盆の帰省中にサイクリングのお誘い。滋賀県最高峰の伊吹山の麓を流れる、姉川上流の姉川ダム周辺へ行こうとの事。米原市の三島池駐車場から4人でスタート。正面が標高1377mの伊吹山。ここ数日、頂上は雲に隠れている。国道365号線の野一色東交差点から姉川沿いの県道40号線。清流に沿って緩やかに [続きを読む]
  • 淡路島 〜大鳴門橋〜
  • 8月6日かつて、大阪府岬町の深日港から淡路島の洲本市までのフェリーがあった。大鳴門橋建設中の1983年頃に2度乗った事がある。その航路も1999年に廃止されて久しい。この航路が深日洲本ライナーとして、今年の6月から9月下旬まで社会実験運転が行われている。和歌山サイクリングクラブのメンバーと乗船し淡路島をサイクリングしてきた。定員は70名の双胴船。片道1500円で約55分の船旅だ。(往復なら復路は1 [続きを読む]
  • 奈良県 風の森 〜暑い日の注意点〜
  • 7月30日リスクの有る時は自転車に乗らない様にしている。雨の日や夜は出来るだけ走らない。もちろん暑い時も危険だと思うけど、やっぱり自転車に乗りたい。一人なら体調に気をつけて走ればいいが、グループなら体調不良はみんなに迷惑をかけてしまう。暑さへの耐性って体力や体調、肥満度や慣れなど個人差があるので、今の自分はどうか?って自己診断してみる事にした。平坦な道を九度山まで走る。●症状:走り出してすぐに大量 [続きを読む]
  • カッコいい自転車乗りになりたかった。
  • 単身赴任の帰省は月に一度。家のミニベロは、家族がちょっとお散歩程度に乗れる様に、フラットハンドル仕様に少しづつ改造中。後はセンタースタンドと前カゴが欲しいな。なかなか完成しないのは、お父さんのお小遣いの範囲で部品を買っているから。今回もネットで部品を買ったのは、社会人になってスポーツバイクを扱う店がない地方勤務だったから。馴染みの自転車店のある人がうらやましい。自転車店も最近は減少している。近所の [続きを読む]
  • 香川県 豊稔池ダム
  • 7月17日前日は空調の効いたビジネスホテルでゆっくりと休めた。枕が変わっても、平気で寝る事ができるのは旅のサイクリングに必要な能力かもしれない。愛媛県の瀬戸内海沿いは工業地帯が続く。今治市から西条市はタオルと造船だったし、新居浜市は住友グループの企業城下町だった。四国中央市の川之江は紙の町らしい。王子製紙などの工場の煙突がシンボルだ。香川県県境の県道9号線の唐谷峠までは10キロ440mアップ。いき [続きを読む]
  • 愛媛県 別子銅山東平地区 〜東洋のマチュピチュ〜
  • 7月16日スタートの愛媛県西条市は石鎚山系の地下水が湧き出る名水の町。町中に『うちぬき』と呼ばれる井戸に自噴水が見られる。市内の水巡りサイクリングコースを回る。渡船の並ぶ海岸なのに『弘法の水』は真水なのが不思議。ボトルに水を入れて、うちぬきのお水で顔を洗って今日のサイクリングをスタートする。国道11号線を避けて旧道の讃岐街道はやっぱりお遍路道。多くのお遍路さんが通った事だろう。讃岐街道を横切る山に [続きを読む]
  • 愛媛県 上島町 〜ゆめしま海道〜
  • 7月15日梅雨の終わり、夏の始まり。そんな季節には昔のゲームソフト『ぼくの夏休み』の様な島の景色が見たい。しまなみ海道の東側にある上島町は生名島、佐島、弓削島が橋でつながっていて、ゆめしま海道と呼ばれている。島を巡るサイクリングで『ぼく君』になりたい。岡山のイバ先輩と合流してサイクリングのスタートは因島の土生港長崎桟橋。ここから生名島(いきなじま)への渡船は大人70円と自転車60円だが、上島町のサ [続きを読む]
  • カッコいい自転車乗りになりたかった。
  • 単身赴任の帰省は月に一度。自宅に帰るたびに少しずつ改造していたビアンキミニベロ。ドロップハンドルからフラットハンドルに替えて、家族がお散歩に乗れる様にしたい。後は前カゴとセンタースタンドを付けたいな。少しずつしかイジれないのは、お父さんのおこずかいの範囲で改造しているから。部品はネットで購入した。社会人になってから、スポーツバイクを扱うお店がない地方勤務だったし、知人の自転車店に電話で自転車を注文 [続きを読む]
  • 大阪レトロ建築巡り
  • 6月24日大阪市内のレトロ建築を自転車で見て回る。自分でも走った事があるが、今回はレンガ建造物の好きなス師匠の案内なので、ポイントでのウンチクが楽しみだ。堺筋 日本橋3丁目交差点の『高島屋東別館(旧松阪屋大阪店)』は昭和初期の建築堺筋 船場の『明治屋ビル』は大正13年の建築。MEIDIYAの看板跡がうっすらと残る。木製ドアの内側に古い字体の『引く』のプレートにも歴史を感じる。レトロ建物は外観以上に建物の [続きを読む]
  • 超絶記録! 西山夘三のすまい採集帖
  • 西山夘三(にしやまうぞう)は高度成長期に日本の住まいに『食寝分離』を唱えた建築学者。今では当たり前になったリビング・ダイニングと寝室の間取りを提唱した人だ。大阪駅のグランフロント大阪南館12階のLIXILギャラリーで開催中の夘三の展示を見て来た。LIXILギャラリーHPhttp://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html西山夘三は1911ー1994年、大阪市生まれ。子供の頃から絵を書くのが好きで、マンガ家 [続きを読む]
  • ほんや先輩と和歌山サイクリング
  • 6月11日突然の『和歌山をサイクリングしたいから、案内してくれ』のメールには正直驚いた。送り主のほんや先輩の実家は天王寺の本屋さんで、私にアルバイトさせててくれた事もある。一般の人にはわからないかも知れないが、中学や高校のクラブの比ではない程、大学の先輩って関係が深い。一生の関係だと思う。しかもクラブが体育会所属のクラブなら尚更だ。しかし、年の差もあって知り合ってから30年以上経つけど、一緒に走っ [続きを読む]