sirakabaman さん プロフィール

  •  
sirakabamanさん: ハチドリのエコレポート
ハンドル名sirakabaman さん
ブログタイトルハチドリのエコレポート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sirakabaman
サイト紹介文日本の未来を明るくする「エコライフ」をみんなで考えましょう。
自由文私「白樺人」は高原の象徴である白樺を町の公園でも見られる環境にしたいと考えているエコ爺です。そもそも白樺は夏の強い日ざしから人や動植物を守り、秋になればいち早く葉を落とし太陽の恵みを届けてくれます。しかし、温暖化の進展は、干ばつ・大型台風・豪雨・熱波…など等、暮らしを脅かしています。白樺人は最新の環境技術や省エネなどを活かした21世紀の暮らしを皆さんと共に、考えていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/08/19 06:31

sirakabaman さんのブログ記事

  • 「たかが電気」? 大規模停電に思う
  • 「非常に強い・台風21号」が9月4日に近畿地方を直撃。その影響で関西では、いまも(11日)1万戸が停電。9月6日には北海道で震度7の地震が発生。その影響で大規模停電・ブラックアウトが起こり道内での計画停電が検討されている。この現実を前に「たかが電気」と言えるのか?ところで東日本大震災時(2011年3月11日)報道は、福島第一原発事故一色だった。しかし東京電力管内の火力発電所の多くも津波被害で稼働停止 [続きを読む]
  • 「ためらわずにエアコンを!!」
  • ※工事中!!この夏、TVのニュースを見ていると「ためらわずにエアコンを!!」とアナウンサーが強い口調で言うのをよく見かける。35度超えの猛暑日や40度超えの気温も珍しいくもない異常な暑さが日本各地で記録され続けている。まさに、ためらわずにエアコンの使用をしなければ熱中症になる暑さだ。気象庁は、この7月の暑さを「命の危険がある暑さで一つの災害」と表現している。総務省消防庁が7日にまとめた全国の熱中症 [続きを読む]
  • ガイアの復讐が始まった
  • “ガイア”とは何か?英国の科学者・ジェームス・ラブロック教授が1960年代に提唱した「ガイア仮説=地球は生物も非生物も含めた総合システムであり、ある種の“巨大な生命体”」という考えだ。さて今年の夏、7月の記録的猛暑は観測史上異例ずくめだ。▽埼玉県熊谷で41.1度(23日)。▽東京青梅市で40.8度(23日)。この23日は都内でも初の40度超え。7月の熱中症患者は4201人(30日時点)。一方で全国 [続きを読む]
  • BICYCLE CITY EXPO 2018〜自転車まちづくり博〜
  • 「自転車を利活用したまちづくりの推進」をテーマにした『BICYLE CITYEXPO 2018〜自転車まちづくり博〜』が東京ドームシティ・プリズムホールで5月29日・30日、開かれた。昨年5月に施行された自転車活用推進法をうけての自転車を活用したまちづくりを考えようという趣旨だ。会場には、最新の電動自転車、シェアサイクル、駐輪機器、舗装技術、地方の自転車活用のまちづくり例や最新IT技術を利用した駐輪 [続きを読む]
  • 東京新聞はジャーナリズムか−2
  • 東京(中日)新聞の考えるジャーナリズムとは…前回に続いて考える。新聞協会の倫理綱領では、【おびただしい量の情報が飛びかう社会では、なにが真実か、どれを選ぶべきか、的確で迅速な判断が強く求められている。新聞の責務は、正確で公正な記事と責任ある論評によってこうした要望にこたえ、公共的、文化的使命を果たすことである】とある。現代の情報社会では、新聞社など報道機関は、正確で公正な情報の提供が強く求められて [続きを読む]
  • 東京新聞はジャーナリズムか?
  • ※注意工事中!!反原発や反安倍政権を社是かとも思える東京(中日)新聞の報道姿勢に今批判が集まっている。それはジャーナリズムとしての原則から逸脱していると思えるからだ。東京新聞も加盟する新聞協会の倫理綱領では、【国民の「知る権利」は民主主義社会をささえる普遍の原理である。この権利は、言論・表現の自由のもと、高い倫理意識を備え、あらゆる権力から独立したメディアが存在して初めて保障される…(中略)…おび [続きを読む]
  • 映画「ビハインド・ザ・コーヴ」を観て
  • 捕鯨問題の現実や背景を映画にした「ビハインド・ザ・コーブ」を観た。撮影・監督、プロデュースまで行った八木景子さんの行動力と捕鯨問題の真実を探る姿勢に感動。そもそも制作のキッカケは、「南極海での日本の調査捕鯨は国際法に違反」との国際司法裁判所(2014年3月)の下した判決と言う。当時の大手マスコミの報道も「調査捕鯨は国際法に違反」それ以上のコメントの詳報は無かったと筆者は記憶しているのだが・・・?と [続きを読む]
  • 再エネ買取 誰かが何処かで笑ってる(*^^)v
  • 「再生可能エネルギー普及へ 年間負担は初の9000円超に」こんなニュースがNHKで3月23日、24日に流れた。以下、ニュースを引用【再生可能エネルギーの普及を図るために太陽光や風力などで発電した電力の買い取り制度で、新年度に電気の使用量が標準的な家庭が電気料金に上乗せされる額は、今年度より10%増えて、制度導入から初めて年間9000円を超えることになりました。太陽光や風力などで発電された電力を電力会社が買 [続きを読む]
  • 江戸〜東京〜TOKYO
  • ※工事中!!2020年東京五輪・パラリンピック大会のマスコットが決定した。一般から募集した多数の作品から最終候補を3つ選び、対象となった小学校などの生徒が投票して決めたのだ。10万9041票を集めたのが市松模様をあしらった「ア」案。作者は「近未来と伝統融合」をイメージしたとの事。現在の東京も江戸の遺構が、けっこう残っている。2月24日(土)江戸城天守を再建する会が主催した催しに参加した。午前中は「 [続きを読む]
  • 「嘘八百」と「再エネ買取制度」
  • 映画「嘘八百」を観て来た。安倍首相も映画を鑑賞したという報道もあったが、韓国の慰安婦問題や朝日新聞の記事を意識したのか?…ともあれ映画は古物商役の中井貴一と陶芸家役の佐々木蔵之介のW主演で大変に面白い映画だった。物語は千利休ゆかりの国宝級の茶器(陶芸家が作ったニセモノ)を、かつて騙された古美術商と当代一の鑑定家に売りつけるストーリーだ。その嘘のさまざまな手口(嘘八百)に、再エネ買い取り制度=FIT [続きを読む]
  • 反原発議員に問う:近代化とエネルギー分ってますか?
  • ※工事中!!七草ガユも終わった1月11日「正月ボケか?」と思う新聞記事があった。小泉元首相らの原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)が国内の原発の即時廃止を目指す「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子を1月10日発表したのだ。東京・中日新聞が1月11日(木)の一面トップで「原発即時ゼロ法案」「小泉元首相ら野党連携へ」「安倍政権で実現困難」とした記事を上げていたのだ。また二面には「国民熱気で [続きを読む]
  • 福島産米を潰したのは誰か?
  • 3.11まで福島はコメの名産地だった。今は大手スーパー店に「福島ブランドのコメ」は見当たらない。福島産のコメ全量の放射線汚染チェックを行い、安全性の保障しているのにも関わらず!!筆者の祖父は、福島出身。その縁で、福島の親戚からコメいただいている。そのコメの生産者が「福島のコメとしては売れない。だから“ブレンド米”として出荷しているよ」と語っていた。あきらめにも似た思いで福島の農業の将来はないのでは [続きを読む]
  • 自転車推進は台湾から学べ!
  • ※注意:工事中)東京・目黒の自転車会館で11月14日「自転車を通じた地域活性化セミナー」(主催:日本自転車普及協会)が開かれた。講師は、元サイクルスポーツ誌編集長で、現在もサイクルツーリズムのコンサルタントとして活躍中の宮内忍氏。(写真―1)今回は、宮内氏の講演の中から台湾の報告を抜粋して紹介する。講演では、はじめに自転車活用推進法の意義を紹介し、日本の広域サイクリングルートである「瀬戸内7海道」 [続きを読む]
  • 脱原発は“希望”から“絶望”へ?
  • 衆議院選挙を控え、希望の党は“脱原発”を掲げた。しかも13年後の2030年だ。脱原発で先進工業国家・日本に希望をもたらす事ができるのか?また脱原発を主張する政党は“希望”以外で“立憲民主”“共産”“社民”などがある。物事には必ずメリット、デメリットがある。原発では、いわゆる「プロ市民」と言われる反原発活動家がデメリットを声高に叫ぶ。そして東京・中日新聞、朝日新聞、毎日新聞やTBS、テレ朝などの原発 [続きを読む]
  • 山岳遭難 防災ヘリ有料化を考える。
  • (※工事中)この夏、初めて制定された祝日「山の日」(8月11日)に山登りをした人も多いと思う。自然に親しむ事や健康増進、そして家族や友との交流の場としても山登りは最適だと思うのだ。一方で山岳遭難は増加。2016年の死者、行方不明319人、約70%が60歳以上の中高年者とか。中でも人気の北アルプス、八ケ岳…がある長野県では、ことし1月〜8月6日までに発生した山岳遭難は171件と過去最悪だった平成25 [続きを読む]
  • 登山、そこにある危険。
  • 富士山の山開きが7月1日に行われた。このニュースの中にもあったが、今シーズンの富士山は、例年になく積雪があるようだ。ウェザーニュースが梅雨前線の雲がかかる期間が長く、山頂付近の気温が氷点下となって雪が残ったと解説していた。ことし山岳遭難のうち、大きな遭難は那須での高校生の訓練中の雪崩事故だ。残雪期の3月、高校生ら8人が雪崩に巻き込まれ亡くなった。<那須雪崩 高校生遭難事故報告書は>6月30日、栃木 [続きを読む]
  • トランプ大統領のパリ協定脱退を批判できるのか?
  • 米国のトランプ大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」を脱退すると発表(日本時間6月2日午前4時半ごろ)。この「パリ協定脱退」に欧州をはじめ世界各国からも批判が相次いでいる。米国内でも、民主党は「破滅的な失敗」、与党共和党の中からも反対の声も、また各州知事や企業の中からの反発する声が上がっている。               (CNN..CO.JPより)日本国内でも政府はもとより、マスコミも厳しく [続きを読む]
  • 福島から故郷を奪ったのは誰か-4
  • 【ネット社会の罠と罪】原発事故から6年経過した2017年の春。避難解除になった地区や避難地区にもなっていないにも関わらず自主避難した人びとや避難した子どもたちへのイジメへの行政対応が問題になっている昨今。桜が本当の意味で、福島に咲く日々は来るのか?放射能イジメや間違った行政対応の背景には、福島原発事故の惨事をさらに傷つける放射線汚染のデマ言説が、こうした二次被害を産み出していると思うのだ。その大き [続きを読む]
  • 福島から故郷を奪ったのは誰か⁻3
  • ※工事中!!東日本大震災・福島第一原発事故から7年目を迎えようとしている。そんな折「それでも戻れぬ故郷」見出しで日経新聞(2017年3月31日)が、3月31日から4月1日の避難解除に伴って浪江町、富岡町、飯館村、川俣町の一部の4市町村で3万2000人が対象になるとした記事を載せた。その中で既に解除された地域と合わせると全避難指示区域の68%で人々が暮らせるとしていた。しかし、避難解除地区で帰還した [続きを読む]
  • 福島から故郷を奪ったのは誰かー2
  • 福島第一原発事故から6年。3月14日、総務省が人口移動状況を公表した。それによると福島県は原発事故の影響で、ほぼすべての世代で県外への“転出超過”になっている。それも原発事故前の2010年の20,284人から2015年は46,585人と倍増だ。下記の写真は、ネットから転載した。今も美しい田園風景だ。筆者は、曾祖父の代まで福島県民だった。今も福島に親戚がいるのだ。それだけに原発事故では冷静な視点を心が [続きを読む]
  • 福島から故郷を奪ったのは誰か-2
  • 福島第一原発事故から6年。3月14日、総務省が人口移動状況を公表した。それによると福島県は原発事故の影響で、ほぼすべての世代で県外への“転出超過”になっている。それも原発事故前の2010年の20,284人から2015年は46,585人と倍増だ。下記の写真は、ネットから転載した。今も美しい田園風景だ。筆者は、曾祖父の代まで福島県民だった。今も福島に親戚がいるのだ。それだけに原発事故では冷静な視点を心が [続きを読む]
  • 福島から故郷を奪ったのは誰か−1
  • 福島第一原発事故から6年。2011年3月11日14時46分に観測史上最大の地震(マグニチュド9)が発生、原子炉は緊急停止。1号〜6号機の非常用ディーゼル発電機が自動起動した。しかし第2波の津波は15時35分、東電福島第一原発を襲った。この津波で全電源が失われ事になり福島の悲劇が始まったのだ。3.11から6年経過した今、福島県民189万人の最大の課題は、風評被害による経済的損失、放射線デマ、差別やイ [続きを読む]
  • 福島から故郷を奪ったのは誰か?
  • 福島第一原発事故から6年。2011年3月11日14時46分に観測史上最大の地震(マグニチュド9)が発生、原子炉は緊急停止。1号〜6号機の非常用ディーゼル発電機が自動起動した。しかし第2波の津波は15時35分、東電福島第一原発を襲った。この津波で全電源が失われ事になり福島の悲劇が始まったのだ。3.11から6年経過した今、福島県民189万人の最大の課題は、風評被害による経済的損失、放射線デマ、差別やイ [続きを読む]
  • 蓮舫代表にエネルギー政策を語る資格は?
  • 民進党蓮舫代表の国会中継(3月6日)を見ていて、ふと疑問になった事が…?その疑問への答えが産経新聞(3月7日)にあった。大見出しで「蓮舫氏『鬼門』で赤っ恥」「原発政策 データに落とし穴」とされた記事だ。参院予算委員会での政府とのエネルギー政策を巡る論戦だ。<蓮舫代表の発言とは>産経新聞の記事では、6日の参院予算委員会で、民進党の蓮舫代表が、論戦のテーマに選んだのがエネルギー政策。※以下、産経の引用 [続きを読む]
  • 蓮舫代表にエネルギー政策を語る資格はあるか?
  • ※工事中)民進党蓮舫代表の国会中継(3月6日)を流し見ていて、ふと疑問になった事が…?その答えが産経新聞(3月7日)にあった。大見出しで「蓮舫氏『鬼門』で赤っ恥」「原発政策 データに落とし穴」とされた記事だ。参院予算委員会での政府とのエネルギー政策を巡る論戦だ。※写真産経記事。<蓮舫代表の発言とは>産経新聞の記事では、6日の参院予算委員会で、民進党の蓮舫代表が、論戦のテーマに選んだのがエネルギー政 [続きを読む]