NAIKI さん プロフィール

  •  
NAIKIさん: 南三陸町と、『名前負け』するブロガーの日常
ハンドル名NAIKI さん
ブログタイトル南三陸町と、『名前負け』するブロガーの日常
ブログURLhttps://ameblo.jp/naikingdom/
サイト紹介文南三陸町に恋したおっさんの写真日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2011/08/20 22:49

NAIKI さんのブログ記事

  • 南三陸町長・町議会議員選挙、告示
  • 2017年10月17日。南三陸町長・町議会議員選挙が告示日を迎えました。選挙ポスターも「ほぼ」揃い踏みしたことになります。 町なかを、選挙カーが何台も通り過ぎていきます。 町議会議員は定数以上の立候補者が現れず、結果無投票・全員当選となりました。 でも、これってどうなんでしょう…。 彼らの主義や主張は?この町の将来のビジョンは…?演説を聴くことも出来ぬまま、人となりもわからない方々に町を任せる現状には少々疑問 [続きを読む]
  • モアイの魂
  • 現在戸倉公民館に佇む『さわやか公園』のモアイ。今はすっかり補修されていますが、さわやか公園時代は2体とも津波により大きなダメージを受けていました。 ボランティアさんが治してくれたのかな…? モアイの胴体の中で、新しい生命が芽吹いていました。少し切なくなったことを記憶しています。 もう現存していないであろう、志津川町案内図です。撮っておいてよかったと思う一枚です。 とあるモアイに“動き”があるかもしれま [続きを読む]
  • 天王山橋・新井田橋の様子 2017年10月16日現在
  • 休日は極力工事現場を歩こう、がモットーになりつつある私です。あ、もちろん外から見るだけですが…。本日の現場は天王山橋と新井田橋の上部工です。国道45号線沿いのこの現場、高確率で知人に発見されてしまうという難易度の高さを誇ります(笑)。 先日門構が撤去され、更に橋らしくなりました。とはいえそれは見た目だけ。まだまだ路面は車が走行出来る状態ではありません。 3枚の写真を用い、橋とその先の道路をお見せします。 [続きを読む]
  • 猫のきもち
  • この二日間、酒田市に出張していました。今回マルセンさんがワカメの詰め放題をやって下さったのですが、酒田の皆さんの食い付きが凄かった…!ほとんどの方が昨年のリピーターで、口々に『(南)三陸のワカメは本当に美味しい』『これ目当てで祭りに来たの』などなど嬉しいお言葉を沢山いただきました。これは商品に対する自信にも繋がります。本当に有り難いな〜と感謝しきりです。個人的には偶然大森創作太鼓の佐々木さんが物販 [続きを読む]
  • 同級生2
  • 私は南三陸町を愛しています。愛しすぎているが故に、自分がこの町出身であるように錯覚することもしばしば。だから私は、同じ時間軸を生きていたかもしれないこの町の同級生を追い求めるのかもしれませんね…(笑)。 例え生まれ育った場所が違っても、これから先出会う時間は確実に距離を縮めます。まるで昔からの役割が決まっていたかのように…。 奇跡的な確率で出会えた同級生。出会えたけれど、まだそれを伝えていない同級生。 [続きを読む]
  • 変化の加速度
  • 日々工事が進む南三陸町。ここ最近、歌津の動きが加速度を増しているように思います。見慣れた風景が徐々に失われつつあり、現在のこの風景も、維持出来るのは僅かな時間です。 (恐らく)歌津大橋の現場が再び動き始めました。正に国道沿いなので、大型車の出入りも大変そうです。 ウタちゃんの壁画の隣では、護岸工事が進行中です。 寄木橋跡地です。 場所を漁港側へ移動しました。名も無き仮設橋は、間もなく岸に到達します。 [続きを読む]
  • 巨匠から学ぶ、おもてなしの心
  • 実に数年振りに、そば処すがわらの夜の部に伺う機会を得ました。巨匠の腕が本領を発揮するのは割烹です。さて、存分に楽しませていただきましょう…! 梅干し茶わん蒸しから宴席は始まりました。出汁の風味、その後にくる適度な酸味がたまりません。 牡蠣とネギのお吸い物。牡蠣のこういう食べ方は初めてです。身はプリプリ。とても奥深い味ですが、なんと味付けには塩しか使っていないそう。素材もいいのでしょうが、作り手の腕が [続きを読む]
  • 門構のある風景
  • 今宵の記事は強・マニアックです(いつもか…?)。中央団地から志津川中学校下へ移動中、以下の場面に遭遇しました。その瞬間、『志中大橋の上部工が本格化する』そんな考えが頭を過りました。 理由は簡単、この黄色の鉄の部材です。毎日のように目にしている、私には見慣れたものです。 私の見立てが間違っていなければこれは桁吊門構です。門構は「もんこう」と読みます。橋の施工現場で見かける門型のクレーンですね。確信を得 [続きを読む]
  • 八幡川・水尻川の鮭の遡上
  • 伊里前川で今年初めての鮭を目撃してから2日後。私は八幡川の観測ポイントへ向かいました。場所は志中大橋です。八幡川下流では大規模な工事が行われ、水深もそれなりですが、ここまで来ると水は澄み、水位も低いです。前回来た時鮭の気配はありませんでしたが果たして…。 いた、いました!体色がかなり白くなっていますが、間違いありません。 少々見づらいと思いましたので、赤丸で囲みました。 続いて水尻川へ向かいます。まだ [続きを読む]
  • 清水浜の巨大なアレ
  • 今宵の工事現場はこちら、BRT清水浜駅の周辺です。これが気になった方は沢山いらっしゃるのでは…?駐車スペースが無く滅多に来ることは出来ませんが、現在巨大な“何か”を建造中です。 あっさりネタばらしをしますが、これは橋です。 チラリと見えているのが橋台です。橋台の先には気仙沼線の跨道橋がありますので、恐らくBRT専用道路として整備されているのでしょう。 それにしても…何故こんなに高い位置まで足場が…?一体ど [続きを読む]
  • 伊里前川に鮭戻る
  • いつものように、いつもの場所から伊里前川沿いの町の変化を眺めていました。この周辺に関してはあまり情報を持ち合わせていないので、自分の目と記憶だけが頼りです。奥に見える青色の三角形は、恐らくですがBRT専用の橋。見慣れぬ工法ですが、完成した橋は『トラス橋』になるのでしょうか…? 先日まで杭基礎工事らしき作業が行われていた現場は静けさを取り戻していました。私はここも歌津大橋下部工の現場と踏んでいますが真相 [続きを読む]
  • 雨の日の休日
  • 雨の休日。私は憩いの場、中山の『かなっぺ』に向かいました。店のご夫婦と雑談しながらのんびりした時間を過ごします。こうしてゆっくりすることが正しい休日の費やし方なのかもしれません。指先からも力が抜け、工事現場を撮影したそれとは性質の異なる写真が撮れます。 さりげなく置かれた瓶も実にオシャレです。こういう小物を撮るのもワクワクします。 気持ちも緩み、前夜友人と交わした会話が蘇ります。友人『今度飲みに行こ [続きを読む]
  • 見晴台から 20171006
  • 志津川の見晴台に上りました。定点観測最大の敵、それは定点そのものが消えて無くなってしまうことです。少しでも長く持続出来る定点を…。この見晴台には当面お世話になりそうです。港橋は、大きな変化もなく残されています。 防潮堤の奥では嵩上げが続いています。新しい港橋にも動きはありません。 整えられつつある護岸と、新しい国道45号線。 国道45号線の一部でもある新・汐見橋。桁吊門構が完全撤去され、見た目は橋そのも [続きを読む]
  • 少し前の、黄金の稲穂
  • 少し前の入谷の写真です。せっかくばば山(花見山)を登ったのに、公開することなく時間だけが経過してしまいました。“現在”との違いに一瞬で気付けたならば、相当な入谷ニストであることを認定いたします…(笑)。 秋の入谷の美しさは目を見張るものがあります。黄金色に輝く稲穂。一度ここから打囃子を眺めてみたいと思うのですが、いざ目の前であの迫力を捉えてしまうと、山の上まで移動する時間を勿体なく感じてしまうのです [続きを読む]
  • 【過去の記録】曙橋・八幡橋の始まり
  • 今でこそ志津川の大動脈として活躍している八幡橋と、静脈的な働きを見せる曙橋。しかしこの新しい2本の橋にも、当然0(ゼロ)の時代がありました。 2014年10月11日。今から3年前です。曙橋の施工現場には、基礎杭関連の部材が横たわっていました。当時この周辺を歩くとき、いち早く姿を変え始めた海沿いのエリアに対し、今後この町はどうなっていくのだろうという漠然とした不安を抱いたことを今もよく覚えています。 もうこの世 [続きを読む]
  • 天王山橋・新井田橋の様子 2017年10月3日現在
  • こういったブログを書いていると、工事現場や橋などの構造物が好きなのだと思われることがありますが、決してそういった理由だけでそれらを被写体に選んでいる訳ではありません。気付けばいつの間にか色々なものが変化している町において、長い時間を掛けて造り上げられていく“橋”は時間の経過を感じさせてくれます。それがカメラを向ける理由の一つです。 そんな訳で今宵も橋です…!まずは新井田川の天王山橋から。 前回は桁吊 [続きを読む]
  • 水尻橋・水尻川の様子 2017年10月3日現在
  • 水尻橋上部工工事が着々と進んでいます。まずは9月26日の様子から。最近頻繁に足を運ぶ新しい観測ポイントです。現時点で設定されている工期は11月30日まで。このままいけば予定通りに橋は架かりそうな勢いです。 国道45号線とはこのような形で繋がります。この日の写真は沢山ありますが、過ぎ去りし日なのでこの辺りで終了します。 ここからは10月3日の様子です。もの凄い曇天…。観測ポイントは“いつもの”仮設水尻橋周辺です。 [続きを読む]
  • 選挙の季節、到来
  • 10月22日(日)は選挙の日。県知事選、町長選、町議選が行われます。別の選挙も幾つか加わるかもしれませんが…。この写真は4年前のもの(なので貼ります)。撮影している私は夢見ながらも、4年後に南三陸町の選挙権を得ている現実を想像してはいませんでした。嬉しいですね。ワクワクします…。 都市で暮らしていた時代、正直なところ私は選挙に全く関心がありませんでした。社会人失格…。個人の一票なんて多勢の前では極めて無 [続きを読む]
  • 歌津IC・工事進捗(2017年10月1日現在)
  • 私の体感ですが、最近一気に速度を上げ始めた現場は三陸道・歌津ICです。国交省のHPからも(仮)の文字が一部外されました。名称が確定したのでしょう。以前からゆっくり見たいと考えていたのですが、駐車スペース確保の困難と現場人員の多さから敬遠していました。そんな中迎えた日曜日(=現場が休み)。普段は工事車両でいっぱいの皿貝のパーキングエリアに駐車し、いざ移動開始です。 まずその場で振り返ると、電光掲示板が [続きを読む]
  • ねぶくろシネマ in 南三陸
  • 9月30日(土)、さんさん商店街で映画の上映会がありました。一体どこで…?映画館なんてあった?イベントの名は『ねぶくろシネマ』。なんと屋外にスクリーンを設置し、大空の下映画を観るというオシャレな企画なのです!映画のタイトルは“スクール オブ ロック”。さぁ、気になるお天気は…? 夕刻、空には超分厚い雨雲が。。実際、この直後土砂降りに…。その後幸いにも雨は止み、濡れなかったフードコートを舞台に、無事上映会 [続きを読む]
  • 解放
  • 愛用していたPCがその寿命を終えました。本日新PCが届いたものの、メモリ不足で全く話にならない使用感です。ブログ更新が後手に回る可能性がありますがご容赦下さい…。 高野会館、また揉めているようですね。筋を通すなら、答えは一つのはずです。何年前から同じ議論を。。時間の無駄です。 この建物を、解放してあげたい。そう思うのが普通なのでは…? [続きを読む]
  • 【過去の記録】仮初(かりそめ)の公園
  • 震災直後に廃棄物置き場となり、その後も仮置きの盛土が積まれた状態の松原公園。何かしらの“山”が存在している状態が長く、現在に至るまでずっとこの高さを保っていると誤解されている方もいらっしゃるかもしれません。 しかし実際には、廃棄物が片付けられた直後の僅かな時間、松原公園の高さは0(ゼロ)に戻りました。 広い…。蘇った仮初の公園は、かつての賑わった瞬間を、私に思い出させてはくれませんでした。 モアイの [続きを読む]
  • 旧と新・中継ぎの橋
  • 寄木橋が通行止め・解体されて以降、漁港や寄木方面に行くには迂回路を通る必要があります。結構不便だ…と感じておられる方も多いと思いますが、現在寄木橋に代わる仮設橋を建造中です。 場所は…説明が難しいですが、伊里前福幸商店街跡地より少しだけ志津川寄りの土地です。今なら巨大なクレーンが見えるのですぐにお分かりいただけると思います。下の写真のような道筋になるかは不明です。 これが仮設橋です。先端だけ見えます [続きを読む]
  • 第72回 志津川湾タコまつり福興市(本編)
  • タコまつり福興市、本編です。これは一年に一日だけお披露目されるタコ神輿。さんさん商店街に持ち込み、餅まきを行いました。宮本くん、取り纏め有り難う…! 福興市はいつものように黙祷、そしてオープニングセレモニーと進みます。まずは実行委員長の挨拶から。志津川湾のタコの美味さを語ります! 可愛いポーズをとったオクトパス君に容赦なく襲いかかるタコ神輿の担ぎ棒。 登壇での挨拶デビューを果たした宏明課長。先程まで [続きを読む]
  • 第72回 志津川湾タコまつり福興市(人物編)
  • 志津川湾タコまつり福興市、無事終了いたしました。今宵は枚数は少ないですが人物編を。まずは主役のタコチェル、いや、オクトパス君です。 ひたちなか市の皆さんと首脳陣の記念写真。ここから実質の『大樹編』が幕を開けます。 誰かと遭遇するたびに声が掛かります…!役場&観光協会の本部メンバーと。 こちらはタコしゃぶメンバーですね。名を呼ばれ、トラブルかと思いきや写真でした(笑)。 芳喜くんに大人気・渉くんと。見たこ [続きを読む]