murasakisumire さん プロフィール

  •  
murasakisumireさん: ささえあい、ともにいきる☆金平糖のブログ
ハンドル名murasakisumire さん
ブログタイトルささえあい、ともにいきる☆金平糖のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/konpeitou-pal/
サイト紹介文「できる時に、できる事を、無理なくちょこっと」を合言葉に、支え合う社会を夢見る金平糖のブログです
自由文乳がんと告知され(2009年3月)、無我夢中で手術、放射線治療を終え、ふと気が付くと、頭の中は再発の不安でいっぱい。その時出会った、乳がん体験者コーディネーターの講座。そこは、私にとって、同じ病の人とのおしゃべりの場。心安らぐ一時でした。そして2011年秋、ピアサポートとタオル帽子を作る活動を始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/08/22 11:14

murasakisumire さんのブログ記事

  • 「障がい」という言葉の「障壁」
  • 8月知り合ったフラミンゴ隊は、千葉市で障がい児者のコミュニケーション支援をしている団体です。11月11日、視線入力システムの講演会を開催します。フラミンゴ隊のメンバーやお子さんとお話するうち、「障がい」という言葉に持つ思い込みに気づかされます。そしてこの思い込みは、専門職の間にもあるのかもしれません。こちらのブログは、11月11日の講演会に来てくださる伊藤先生の視線入力システムについて書かれています。ブロ [続きを読む]
  • ロボットやAIなどのテクノロジーと介護
  • あなたは、介護の現場にロボットを活用することをどう思いますか? テレビ東京のWBSという番組内でのこと。言葉は正確ではないが、街中でこのような質問をしていた。 その日のゲストは、落合陽一さん。なんでも「デジタルアート家」であり、大学で教鞭をとり、社長であり・・・という方らしい。風貌や態度やお話から、天才ぶりがわかる。 で、先ほどの答え。ある高齢のご婦人は「おむつを変えるのに、人の方が、ささっとしてくれる [続きを読む]
  • 東洋医学を知る
  • 2019年2月10日 「まあるくなって学び合う~わたし・からだ 東洋医学を知る」を開催します。その下準備もかねて、10月7日、千葉市美浜区の関東鍼灸専門学校で開催された講演会に行ってきました。タイトルにある不妊治療についてはもちろんですが、まずは、東洋医学や陰陽五行、経絡・・・など基本的なことを、分かりやすくお話くださいました。といっても、私にとっては難解(◎_◎;)でも、東洋医学の考え方を次のような言葉で表現 [続きを読む]
  • カラスとわんこ
  • 朝の散歩、いつもの公園のいつもの草の上先客カラスが、そこにいた 我が家のわんこトコトコトコと近づいていくかぁーと一声鳴いて近くの木の上に飛び移った 木の上のカラスと滑り台にいたカラスがかぁ、かぁーとしばし言葉を交わした後滑り台のカラスが、地面にひらりと舞い降りて「わんわん」「きゃんきゃん」と鳴いた 我が家のわんこ眼を皿のようにしてカラスを見た後おすわりをして「帰りたい!!」の意思表示 ・・・かくして本 [続きを読む]
  • てぃーてらす☆お茶っこ
  • 10月12日(金)は、「お茶っこ」の日ケアする人をケアする場ケアする人の第3の居場所ケアをキーワードに集いそれぞれのお話に耳を傾ける自分の中の「困った」に気づき誰かの「困った」と同じだとわかりほ〜っと一息・・・?みんなの広場(鎌取駅徒歩10分)10時半〜13時半参加費 300円予約は不要足揉み純ちゃん10時半〜、最終受付11時半体験費用 500円via Konpeitou Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • コツコツ・・・
  • コツコツ続けて…8年目。 タオル帽子を始めて作ったのは、岩手ホスピスの会のタオル帽子講習会。その時岩手ホスピスの会では、全国から届いたタオル帽子を、全国の拠点病院に送っているということを聞いた。 そして、思った。千葉県内の患者さんに届ける帽子を、千葉県内で作りたい・・・ 帰りの電車の中で、ひらめいた。この帽子を真ん中に、集って話す場が作ることができるのでは・・・ 2011年、金平糖を立ち上げて、がんセンタ [続きを読む]
  • 食の講座「旬を食べる」
  • 私達の食生活、昔ほど「旬」を意識していない・・・とはいうものの‥木枯らし吹けばおイモが恋しくなり、こたつを出せば、やはりミカンでしょと思いませんか?旬と有機農業と環境問題と・・・きちんと知れば、出来ることが見えてくる!参加者募集中です。via Konpeitou Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • 忘れられない”一押し”
  • 昨日のブログに、私達金平糖と一緒にイベントを開催しようと障がい児者のコミュニケーション支援をする団体フラミンゴ隊の背中を押した・・・などと、偉そうなことを書いた。 フラミンゴ隊のみなさんは、熱い思いがある。だから、私たちが背中を一押ししなくても、きっとイベント開催しただろう。 でも、人は迷うし、不安もある。 私も、そうだった・・・金平糖を始めよう。タオル帽子を作って届けよう!声をかけたメンバーが、一 [続きを読む]
  • まずは、動いてみよう!・・・
  • こども病院で出会った団体障がい者のこみゅにゅケーション支援をするフラミンゴ隊代表者の語る言葉やその思い、実現しようよ。まずは、動いてみよう!!と背中を押したら、話がトントン拍子に進んで11月11日 視線入力システムの講演会と体験会フラミンゴ隊と共催します。千葉リハビリテーションセンターの大ホールでの開催です。講師は、島根大学伊藤史人先生。 まだまだ準備段階ではありますが先生はじめ、いろいろなところのご [続きを読む]
  • ケア帽子作りinスターバックス千葉県がんセンター店
  • 10月26日(金)午後2時~3時 千葉県がんセンター1階、スターバックス店内でケア帽子作りを開催します。リバーシブルのジャージ帽子。帽子の形に縫ったジャージの布から、お好きな色・柄を2枚選んで、2枚を縫い合わせたら、出来上がり。裁縫が苦手、できない、針を手にするのは小学校以来・・・という方でも大丈夫。金平糖のボランティアメンバーが、全面的にお手伝いします。出来上がった帽子は、お持ち帰りいただけます。募集 4 [続きを読む]
  • 9月のケアグッズ作りの会
  • 9月20日(木)午前9時〜12時 千葉県こども病院 参加5名午後1時〜3時 緑区社会福祉協議会 ボランティア活動室 参加5名午前のこども病院では、病棟からの依頼を整理し、それぞれに適した布を選び裁断する作業でした。いろいろな色や柄を使って、、同じケアグッズでも違った模様や色で雰囲気を変えることができます。 一通りの作業が終わり、大きな課題が一つ。それは「臓器エプロン」の作成。最初は、臓器エプロン?? [続きを読む]
  • ケアグッズ作りin鎌取
  • 9月20日(木曜日)午後1時〜3時緑保健センター2階 社会福祉協議会ボランティア活動室にて、ケアグッズ作りを開催します。参加費 500円材料費 500円(タオル帽子型紙又はジャージ帽子から、お選びいただけます)持ち物 裁縫道具    ※ご自分の好きな布で作りたい場合は、タオル・ジャージ布をご持参くださいご自身やご家族・ご友人に、タオル帽子やケア帽子を作ってあげたいな〜好きな裁縫が誰かの役に立つなら〜という方 [続きを読む]
  • てぃーてらす☆お茶っこ、開催しました
  • 9月14日(金)てぃーてらす☆お茶っこ、開催しました。参加者 2名 スタッフ 3名+足揉み純ちゃん8月のこども病院夏休み外来ワクワク広場の出会いで、相互リンクをした「フラミンゴ隊」の方が、ご参加くださいました。重度心身障害の子どもを育てる親御さんです。 医学的には「できない」と考え、診断されたけれど、24時間そばにいるからこそ「できる」ことがあることに気づいた。重度心身障害とひとくくりにされてしまう [続きを読む]
  • 急に秋らしくなったので・・・
  • 今日の関東地方は、9月下旬並みの気温だとか涼しい風に誘われて、遠回りの散歩道葉の先が黄色い落ち葉が、秋の風情を醸し出す 各地で被害の大きかった今年の夏我が家の次男も、北海道3日間の停電を経験牧場の牛の管理もさぞかし大変だっただろう停電していては、スマホの充電も大変だろうとラインでの連絡を、じっとがまんしていた3日目の夜「電気が通った」とのラインに、ほっと胸をなでおろす この夏の天変地異には、誰もが「 [続きを読む]
  • 本の紹介『ワンダー』
  • 最近、映画化もされご存知の方も多いかもしれないですが『ワンダー』(R・J・パラシオ作 ほるぷ出版)のご紹介です。 生まれつき顔に障害のあるオーガストは、10歳ではじめて地域の小学校に通い始めた1年間。一つひとつの章が、本人や姉、クラスメートの視点で描かれています。 その中で、私が注目したのは、お姉さんの章。オーガストを、弟として愛しているお姉さんではありますが、時には、負の感情がわくときもあります。仲の良 [続きを読む]
  • 11月17日(土)「”旬”を食べる」参加者募集
  • ☆先着5名です。こちらからもお申込みができます。読み込んでいます...この夏、多くの被害があった日本列島。大雨・台風・地震・・・こうしたニュースに「地球温暖化」という言葉がよぎった方も多いのではないでしょうか。「旬を大切に、野菜を育てる事」と「環境を守る事」・・・多分そうなんだろうな、とは思うけれど、なぜそうなのか・・・きちんと説明できますか?なんとなく・・・ではなく、美味しいから、体によさそうだから [続きを読む]
  • 9月14日は(金)「お茶っこの日」
  • 「てぃーてらす☆お茶っこ」は、ケアする人の第3の居場所。子育てから看取りまで、家族や大切なケアをする日々に、ちょこっとほっこり。参加費 300円(お茶代含)足揉み体験 500円 受け付けは10時半〜12時半(参加費以外に500円要)予約は不要。時間内、出入り自由。スタッフは、社会福祉士や介護や看取りの経験者です。ご都合のよい時間に、ふらりとお越しください。場所「みんなの広場」鎌取駅徒歩10分みんなの広場あったかい [続きを読む]
  • 8月24日 ケア帽子作りの会inスターバックス
  • 8月24日(金)スターバックス千葉県がんセンター店内にて、ケア帽子作りの会を開催しました。参加 3名ボランティア 3名+当日お手伝いくださった会員さん1名参加者のうちお二人は、大切な人がお世話になった病院でのボランティアに興味を持って参加されました。作った帽子は、「お役立てください」とご寄付いただきました。もうお一人は、日常で裁縫とはあまり縁のない方。でも、使う方の好きな色や好きな色を選び、帽子を仕上げ [続きを読む]
  • こども病院、夏休み外来ワクワク広場
  • 8月20日(月)千葉県こども病院にて、「夏休み外来ワクワク広場」を開催しました。金平糖と仲間達、総勢23名今回は、3つの学校の生徒さんたちが力を合わせて、ボランティア。会員さんと草木染でお世話になった駒澤菜穂子さんも加わってくださいました。 参加してくださった患者さんやごきょうだいは、当日用意した参加券の残数から、130名くらい・・・(あくまでも、主催者発表です)。今年も、ご家族が一緒に楽しむ姿が見受けら [続きを読む]
  • ”あと2年”
  • 固定観念が通用しない・・・の文字にこの夏「人はそれぞれいろいろな可能性を秘めている」と実感した出来事を思い出しました。自分が持っている固定観念に反省しきりです。固定観念って、誰が何を固定しているだろう・・・ムスコさんの成長を楽しみに読ませていただいている、野田聖子さんのブログです。 [続きを読む]
  • 金平糖の熱い夏が終わりました
  • まだまだ異常な暑さが続いていますが、金平糖の夏のイベントも一段落。気づけばツクツクボウシの声も聞こえてきます。今年の夏のイベントは、いろいろな出会いがありました。大切な一つひとつの出会いが、実りの時を迎えることができるよう、心引き締めなければと思っています。熱い夏のご報告の前に、ホームページをちょっぴり模様替え・・少しでも、見やすくわかりやすくを目指していますが、お見苦しい点はお許しを。via Konpei [続きを読む]
  • がんセンター夏祭り
  • 8月10日 がんセンター夏祭りに参加しました。参加 7名がんセンターのスタッフ手作りの夏祭り盆踊りやスイカ割りなど楽しいコーナーがいっぱい毎年来てくださっている「飴細工」も人気のコーナーです。金平糖は、ケアグッズや雑貨とアロマトリートメント。お祭りが始まると同時に、アロマトリートメントを希望される方がいらっしゃいました。ケアグッズや雑貨も盛況!ご家族と、お孫さんと、看護師さんと一緒に夏祭りを楽しんで [続きを読む]
  • ケア帽子作りinスターバックス千葉県がんセンター店
  • 4月から始まった千葉県がんセンター内スターバックス店内での「ケア帽子作りの会」「ケア帽子作りの会」ではありますが、参加された方々がお気持ちをお話されることもあります。その光景は、まさしく「ケアグッズを真ん中に、病などを語り合う場」。ケア帽子を作る会ではありますが、裁縫なんて全くできなくても大丈夫(^-^)ボランティアがしっかりサポートします。8月24日 午後2時〜3時 参加費無料参加募集4名。残2名様、予約受 [続きを読む]
  • 夏期講座〜看護学生と学ぶ
  • 金平糖恒例の夏期講座、看護学生のゼミとコラボの企画です。今年は、二分脊椎とダウン症のお子さんのお母様からお話をうかがいました。出産から子育て。家族やきょうだい、ご近所とのコミュニケーション。医療や福祉、学校教育のこと。さまざまなお話から、お二人に共通する思いを感じました。その一つが「体験が子供を成長させている」ということ。お二人ともインクルーシブ教育を選択されています。学校や保護者会で障がいについ [続きを読む]
  • お盆休み・・・なんだけれど
  • お盆です。夏休みまっさかりです。 が、10日にがんセンター夏祭りが終わり来週の月曜日は、こども病院外来のイベント どちらもずいぶん慣れてきて事前準備もほぼ完了・・・と思っていたけれど直前になると、あれも・これもと心配になり追加のあれこれを準備中です。 苦労や大変なことはいっぱいあるけれどイベントで出会ったご家族の笑顔は忘れられないご褒美金平糖の宝物 その思い出が、原動力となっている。 夏休みは、もう少 [続きを読む]