murasakisumire さん プロフィール

  •  
murasakisumireさん: ささえあい、ともにいきる☆金平糖のブログ
ハンドル名murasakisumire さん
ブログタイトルささえあい、ともにいきる☆金平糖のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/konpeitou-pal/
サイト紹介文「できる時に、できる事を、無理なくちょこっと」を合言葉に、支え合う社会を夢見る金平糖のブログです
自由文乳がんと告知され(2009年3月)、無我夢中で手術、放射線治療を終え、ふと気が付くと、頭の中は再発の不安でいっぱい。その時出会った、乳がん体験者コーディネーターの講座。そこは、私にとって、同じ病の人とのおしゃべりの場。心安らぐ一時でした。そして2011年秋、ピアサポートとタオル帽子を作る活動を始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/08/22 11:14

murasakisumire さんのブログ記事

  • 6月18日、ケアグッズメンバーでの話し合い
  • 6月18日は、ケア帽子作りinスタバ、の準備の日。ケアグッズ作りは、船橋市と千葉市の2か所で一か月に一度、交互開催しています。メンバーによっては、船橋のみ、千葉のみの参加の方もいらっしゃいます。スタバの準備の会は、両方の参加者が顔を合わすことのできる数少ない活動日でもあります。そこで、こども病院やがんセンターから依頼のあったケアグッズについての話し合いもしました。いろいろ話し合い、それぞれができる範囲で [続きを読む]
  • ケア帽子作りinスタバ、の開催準備をしました。
  • 6月29日、スターバックス千葉県がんセンター店で「ケア帽子作りの会」を開催します。伸縮性のあるジャージ布で帽子を作ります。当日は、ある程度仕上げた帽子をお持ちします。参加される方には、その中からお好きな色・柄を選んでいただきます。今手元にあるのは、2月に準備したもの。色や布地の厚さなども、冬仕様。夏使用の明るい色や柄のものも欲しいね・・・ということで、準備の会を開催しました。6月18日 10時〜15時 おゆ [続きを読む]
  • 病院内での遊び着
  • 入院中の「砂場遊び」の時に切る遊び着を作ってほしい・・・と、小児がんの患者会の方からお話がありました。6月12日 お話を伺ってきました(スタッフ1名、ボランティアメンバー1名)見せて頂いた見本品は「たぶん・・・ご家族が作って下さったのでは?」とのこと。ずいぶん長く使用しているようでした。この日の「あったらいいな」は、新しいもの、少し大き目のサイズ、男の子用の柄のもの。工夫する点は、着やすさ・・・かな、 [続きを読む]
  • ラフターヨガ体験、開催報告
  • 6月8日 ラフターヨガ体験千葉市緑区社会福祉協議会 ボランティア活動室参加者 8名 スタッフ2名講師 ラフターヨガインターナショナル ティーチャー 塩本京子先生 作り笑いでも本当の笑でも、脳は区別できない。笑うことで、免疫力がアップする。わかっちゃいるけど、だいの大人、そう簡単に笑えないし、こっぱずかしい・・・いろいろな思いが交錯する中、始まったラフターヨガ。まずは、準備運動・・・もちろん「わっ はっ [続きを読む]
  • 7月7日 草木染め講習会
  • ハーモニープラザ(B棟3階)で開催します。京成千葉寺駅徒歩10分、又は、JR千葉駅からバス(ハーモニープラザ前下車)募集人数 残2名(先着順)お申込みは、お早めに金平糖のチャリティイベント参加費から500円は、ケアグッズ材料費に使わせていただきます。ケアグッズは、ボランティアのみなさんが作ってくださいます。千葉県がんセンターや千葉県こども病院に寄付しています。 via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd [続きを読む]
  • NHKスペシャル「ミッシングワーカー」
  • NHKスペシャル「ミッシングワーカー」仕事につくことができない中高年。その背景にあるのは、非正規・独身・介護・・・ 番組で紹介されているのは、介護にまつわる家族の話。ということは、介護の問題とミッシングワーカーを結び付けているのではないか、と私は感じた。 が、それにしては、ちょこっとしか触れなかった(ちょこっとだけは触れた)介護保険。 そもそも、家族が介護に翻弄されなくてもよいためにできたのが介護保険の [続きを読む]
  • 大阪西成区の24時間営業のお店
  • NHK72時間で紹介された大阪西成区になるという24時間営業のお店 ご夫婦で切り盛りしている、カウンターだけの小さなお店。そこは、飲み屋さんであり、定食屋さんであり、今注目されている子ども食堂のようにも感じられた。40年以上続いているお店は、いつ頃から、そのようになったのだろう。 常連さんたちは、このお店を「カオス」という言葉で表現していた。 誰でも受け入れ、、誰にとっても居心地がよい空間は、ご主人曰く「24時 [続きを読む]
  • メディアでの紹介に、地域の新聞を追加しました
  •  メディアでの紹介ページに、地域の新聞に掲載された記事を追加しました。 ふれあい毎日・船橋よみうり・地域新聞(船橋中央版)・あさひフレンド千葉、それぞれの切り口でまとめてくださっています。 2012年〜2013年にかけての記事が多く、そこには、立ち上げ当初からの変わらぬ思いや、目指す方向は変わっていなくても少しずつ変化していることなどがありました。 新聞などメディアに取り上げられることは、より多くの方に活 [続きを読む]
  • 車中泊 喜連川温泉
  • 5月 ろまんちっく村で車中泊??ろまんちっく村は、宇都宮市のみちの駅宇都宮といえば、ギョーザのまちなのに、ギョーザを食べなかった ヒジョーに、心残り というわけで、再び、宇都宮へ?? ここで、ギョーザを購入 今回は、宇都宮のおとなり、さくら市の道の駅喜連川 川原の公園は、わんこ禁止だけれどその一段上にある道は、OK(マナーはきちんと守りましょう) もっと先まで歩こうか・・・いえ、もう車に戻りたいのですが、 [続きを読む]
  • メディア紹介ページを作りました
  • ケアグッズ冊子を作るための準備には、今までの活動の整理も必要。そういえば・・・と思い出したのが、メディアでの紹介。初めてのメディア紹介が、NHKちばの、FM放送(@_@)担当者からの依頼を聞いたのは、留守電。何かの間違いではないかと、留守電を何度も聞き直したのを思い出します。懐かしいな〜 温かい金平糖☆長麻未「できるときに、できることを 無理なく、ちょこっと」これ... via Konpeitou Your own website, Ameba Ow [続きを読む]
  • 共感と思いやり
  • 「スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック」(ジェームズ・ドゥティ著)という本を読んだ。いつ予約したのかは記憶にない。予約してからずいぶん日が経ったからと、どこかの記事で知り、読んでみようかなと思った程度の本だった。が、その映画のようなストーリーに、ぐんぐん引き込まれていった。 貧しい家庭の著者が、マジックと出会い集中力と記憶力が増し、医者と金持ちになるという夢をかなえる。夢 [続きを読む]
  • ケアグッズ冊子作成準備
  • 2019年3月、ケアグッズ冊子を作成する・・・昨年、多額のご寄付をいただいた。そうだ!(^^)! ケアグッズ冊子を作ろうと決めた。そこで、今まで作ったケアグッズ資料を整理しなければならないな、と気合を入れたのが昨日。さてさて、どのように整理しようか、思案しながら資料の山を見つめて一日過ぎた。よっこらしょ・・・計画もなにもないが、とりあえず、山を崩しにかかろう。何かが見えてくるだろう・・・かな(-_-;)via Konpeit [続きを読む]
  • ケアグッズの課題
  • 2018年度の計画も終わり、それぞれのプログラムも動き出し、気づけば紫陽花の季節・・・画像は、コンペイトウという名前の紫陽花です。年度初めのバタバタも一段落し、改めて、ケアグッズ活動の課題について考えています。ケアグッズ活動の過去を一言で表現するとしたら「必死」ではないかと思います。千葉県がんセンターと千葉県こども病院、どちらも、つなげてくださる方がいてつながることができました。が、金平糖という聞いた [続きを読む]
  • 宇都宮ろまんちっく村
  • 道の駅 宇都宮ろまんちっく村での車中泊??ろまんちっく村は、以前、テレビで紹介された道の駅。いろいろな体験プログラムがあるらしい。すごく楽しいらしい。広大な敷地・・・ホームページによると、東京ドーム10個分らしい。そして、わんこホテルもある。そこに預けて、いろいろ体験できるらしい。 が、我が家のわんこ?ホテル・・・無理②人にも犬にも、愛想がないい、というか、避けたがる③家の外、車の外では、落ち着きが [続きを読む]
  • 5月17日 ケアグッズ作り
  • 5月17日 9時〜12時 千葉県こども病院 参加者 5名13時〜15時 緑区社会福祉協議会ボランティア活動室 参加者 6名こども病院での活動は、今年度初めて。まずは、金平糖のケアグッズについての文書を、参加者と病院担当者と共有しました。病院の担当者の方は、お忙しい業務の合間に来てくださいました。共有文書を作るにあたり、こども病院でのケアグッズ活動を振り返ることができました。活動を始めた頃は、補修品が多かったこ [続きを読む]
  • 5月11日「プリント布で作る”手ぬぐい帽子”」
  • 5月11日 午前10時〜12時場所 鎌取駅徒歩10分「みんなの広場」参加者 5名 スタッフ 2名プリント布で作る”手ぬぐい帽子”手ぬぐい帽子は、裏表がない注染という手法で染められた布だから作ることができる帽子。何年か前、手ぬぐい帽子というものを知り、反物のご寄付があったのでそれで作っていました。手ぬぐい帽子を作るのに慣れたころ、ふと目にした迷彩柄のガーゼ布。「これで作ったら、素敵かも!」と、作ってみました。 [続きを読む]
  • 7月7日 藍染め講習会、参加者募集中
  • 毎年恒例のチャリティ企画。参加費から500円は、ケアグッズ材料費とさせていただきます。皆さまからいただいたお気持ちは、ケアグッズボランティアの皆さまが形(ケアグッズ作成)にし、がんセンターへ寄付させていただきます。講師の駒澤先生には、感謝の言葉が見つからないほどお世話になっています。なのに、今年はわかりやすく素敵なチラシも作ってくださいました。ホームページのみの先行予約中のため、先着5名様とさせていた [続きを読む]
  • 千葉県病院局より感謝状をいただきました
  • 2月10日、千葉県病院局より感謝状をいただきました。私たちが届けているケアグッズが「医療の質の向上に貢献する」とのことでした。みなさまのご理解、ご協力で続けられている活動です。今後とも、よろしくお願いいたします。患者さまのみなさまが、ほっとできるグッズ、真にあってよかったと思うグッズを作っていきたいと思います。患者さまへ無償で届けてるこの活動を、持続可能なものとするためには、資金面での強化が必要と考 [続きを読む]
  • ラフターヨガ体験会〜最近、笑っていますか?
  • 6月8日10時〜12時 ラフターヨガ(笑いヨガ)体験会場所 千葉市緑区社会福祉協議会(緑保健福祉センター 2階)参加費 1000円持ち物 タオル、水分補給のための水、ヨガマット※ヨガマットは、こちらで用意できますので、お申し出ください。講師ご紹介塩本京子さん(ラフターヨガ・ティーチャー)2010年4月、資格を得て八幡公民館で開講。2年後、医学的なことを学び、ヨガの理解も深めたいとインドでの講習に参加。上級資格であ [続きを読む]
  • 子育てに悩んでいる・迷っている時に役立つアプリ
  • 若い世代の子育て事情が、年々厳しくなっているように感じています。私達の世代と一番大きな違いは、相談相手がいない、ということかもしれません。私が子育てしていた頃は、近所のおばあちゃんや同じ世代のママさんたちがいました。何かを真剣に相談した・・・というわけではありませんが、なんということのない井戸端会議のなかで、自然に、子育ての知恵といったものを伝授してもらっていたのかもしれません。世代間の価値観も違 [続きを読む]