山ばか夫婦 さん プロフィール

  •  
山ばか夫婦さん: 山ばか夫婦の山歩
ハンドル名山ばか夫婦 さん
ブログタイトル山ばか夫婦の山歩
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tou1490
サイト紹介文高所恐怖症の爺さんと地図の読めない方向音痴の婆さんが山登りへ・・
自由文夏はアルプスに冬は低山へ山好きな老夫婦が繰り広げる山行珍道中。知識は2人で1人前・歩く速度は亀より遅く、高山植物・昆虫・温泉等々にかこつけ、山に出掛けるバカ夫婦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/08/24 12:22

山ばか夫婦 さんのブログ記事

  • 箱根丸岳・見過ごした三角点ー終
  • クマザサの山道を進みます。富士見台脇に出てきました。この台に登れば富士が見えるはずですが、あいにく今日は見えませんでした。進むにつれ芦ノ湖がだんだん大きく見えます。日陰に咲くトリカブト・・・背丈以上の竹の中を下って行きます。相棒、待望の三角点(三等)がありました。以前(十数年前)はスルーしてしまいました。たぶん、境界石と間違えて見過ごしたかもしれません。地理院の白柱も無かったかもしれません。アオハ [続きを読む]
  • 箱根丸岳・見過ごした三角点ー3
  • パラボラアンテナのある丸岳山頂1156mを後に・・・・ふと地面に映る蝶の影・・・見上げるとアサギマダラが・・・・しばし足を止めシャッターチャンスを待ちます。彼女の乱舞をご覧ください。短い夏を惜しむかのように・・・もうすぐ、南国へ飛び立つ準備でしょうか?あまり長く彼女を追いかけているので相棒が嫉妬しています。(笑)噴火口をアップしてみました。確かに以前よりは噴煙の大きさが大きく見えます。どっしりとし [続きを読む]
  • 箱根丸岳・見過ごした三角点ー2
  • 乙女峠を右に進み・・・ふかふかの落葉を踏みしめながら。左眼下に仙石原の家並みが望めました。まだ、色付きはありませんが、気持ちのいい緑のトンネルを進みます。傍らにダイモンジソウが咲いていました。小さなピークを越えて・・・左眼下は湿生花園辺りでしょうか・・・・両端がクマザサの道を進みます。ここで、神山と芦ノ湖が見渡せました。ここが、丸岳山頂1156mです。もう、秋です。数多いローズヒップが成っていました。 [続きを読む]
  • 箱根丸岳・見過ごした三角点ー1
  • もう、そろそろ涼しくなったので、箱根に出かけました。箱根と言えば大涌谷の噴火が一時騒がれていましたが、危険レベルも低くなり観光客も戻ってきたもようです。ただ、この日は10月だというのに、真夏日・・・・十数年前、箱根の山々歩きましたが、なまった足慣らしも兼ねて・・・新宿バスタから高速バスでスタートです。都内の殆どの高速バスの発着はこのバスターミナルから始まります。平日なのに、旅行客でごった返していま [続きを読む]
  • 奥武蔵・小高山〜川越山ー終
  • 正丸峠から脇の石段を登ります。関東ふれあいの道の立札があり虚空蔵峠を経由して白石峠へのコースタイムなどが記してあります。川越山山頂766mに着きました。ここには三角点があります。台風のせいか?山栗が実らずのまま、たくさん落ちていました。秋を感じさせられます。急な坂を一気に下ります。旧正丸峠に降りてきました。かつてはここを超えて生活物資などを運んでいたのか・・・そう思うと哀愁さえ感じます。正丸駅への山 [続きを読む]
  • 奥武蔵・小高山〜川越山ー2
  • 広葉樹林の森の中を気持ちよく進んでいきます。気温15度・・・木段を登りきり大蔵山に・・・・尾根稜線を北へ・・・心地よいアップダウンを繰り返しながら、進むと小さなピークに出ます。ここがお気に入りの小高山山頂720mです。山頂を少し下るとベンチがありここでランチにします。西に武川岳〜二子山の稜線が望めます。小高山を下って、登り返すと飯盛山〜関八州の稜線が綺麗に見渡せます。奥村茶屋のある正丸峠に降りてき [続きを読む]
  • 奥武蔵・小高山〜川越山ー1
  • 一昨年の冬に登った最近お気に入りのコースを歩いてきました。ひと月以上、山屋を休業状態でしたので、ストレス解消・足慣らしを兼ね、無理のない安心して歩けるコースを探しました。ここは皆、伊豆ヶ岳への登山者が多いので静かな山行が楽しめます。西武秩父線・正丸駅で下車しました。この日の駅前での気温は18度、暑い都会から抜け出しました。ガードのトンネルを抜け・・・車道脇の秋桜・キバナコスモスを横目で楽しみながら [続きを読む]
  • 猛暑の東京散歩
  • 今年の梅雨明け10日(天候安定日)は期待外れ、その後も天候に恵まれず山屋さん達はストレスでいっぱいではありませんか?出不精・夏バテ・運動不足の解消は?・・・・そんなわけで、友人も見てきたNHK番組放送での東京大学昆虫館とやらに、出かけてみました。近年、ヒアリやマダニなど人(人類)に対する被害がニュースに取り上げられています。これは環境の変化によるものに、他ならねものですが・・・ブータンシボリアゲハ [続きを読む]
  • アヤメと富士・新倉山ー終
  • ここから広葉樹林の中の気持ちのいい、緑のトンネルを進みます。まだ、ヤマツツジが咲いてました。ここから、トラロープが何本も現れ地図に記されていた急坂になります。霜山山頂1301.7mです。ここからも富士は雲がなければ見えますが・・・あいにく今日はダメでした。車道を横切り天上山へ向かいます。天上山山頂1139.9mです。小御嶽神社が祀られています。天上山山頂からでも、富士は見えません。シュ・・ン観光地の河口湖の見 [続きを読む]
  • アヤメと富士・新倉山ー②
  • ホタルカズラがいっぱい咲いていました。ゴンゴン岩という大きな岩に着きました。岩の真ん中に30CM位の穴が空いていてそこからゴンゴンという音が聞こえてくるそうです。今回も試しましたが、聞けませんでした。日陰に咲くイカリソウ・・・フタリシズカも・・・新倉山山頂1184mです。展望はありません。チゴユリも・・・御殿という場所から御正体山方面が望めました。御殿から富士山は・・見えません。以前きた時の写真は [続きを読む]
  • アヤメと富士・新倉山ー①
  • 人生いろいろ・・まだまだ、やらなくてはならない事が山ほどあるらしいです。そんなわけで、暫く山歩にも出かけられず、ご無沙汰しておりました。梅雨の晴れ間を狙って三つ峠付近の以前行った新倉山に一人で行ってきました。富士急・下吉田駅で下車。高速道路脇を進み富士浅間神社を参拝し、登山口の階段を登ります。神社広場からの富士はまだ頭を雲で覆われています。以前きた時の写真はこんな感じ・・・長い階段、398段を登り [続きを読む]
  • 山上花見(裏高尾・小下沢〜)−終
  • 景信山を下ります。茶屋が閉店なので城山の茶屋へ・・・相棒は花より団子だそうです。圏央道の陸橋がみえます。環境破壊につながるとの反対運動もなんのその結局出来てしまいました。影響は?小仏峠に着きました。城山へ向かいます。城山山頂670mの茶屋です。営業は?してます。おでん・なめこ汁・・・ボス猫2頭・・ここも桜はまだだそうです。相模湖方面は?ハナ桃の花は咲いていました。相模湖方面は?ハナ桃の花は咲いていま [続きを読む]
  • 山上花見(裏高尾・小下沢〜)−2
  • ザリクボ沢の左岸を登って行きます。朝との気温差があり汗ばむ陽気です。両脇にニリンソウが満開でした。この辺りからジグザグに高度を稼いでいきます。ただ昔の道とはだいぶ違いを感じていました。大木が多くなりトラロープも目に付くようになりました。振り返ると北高尾山稜を望めます。崩落個所も何か所かありました。さほど危険は感じませんが、メインコースでは無くなりつつあるのは確かです。小仏からのメイン山道に合流しま [続きを読む]
  • 山上花見(裏高尾・小下沢〜)−1
  • 都会の花見も終わり、そろそろ山上花見と洒落こもうかとネットで検索・・・・まだ、早いかなぁとは思いつつ出かけてみました。出かけられる時が好機が原則。高尾駅からバスで大下で我々ともう一人が下車。もう20年前近くにもなりますか、梅林を見に出かけ、まだ当時はメインコースでした。今回も小下沢から景信山へ・・・車道を登り・・・中央高速をくぐり下沢梅林の中を・・・今ではマイナーなコースのようです。針葉樹の暗い砂 [続きを読む]
  • 我が家に春が来た!
  • このところ突然、花粉症の症状で困ってます。今までこんな事は無かったのですが我が家のハナ桃が咲きました。道志・二十六夜山のヤマモミジも芽吹きです。山花見でも出かけるか・・・にほんブログ村← 興味のある方はココを して下さい・コメントは右下を して下さい [続きを読む]
  • 那須岳の雪崩
  • 先日、高校生が雪崩にあい、命を落とした。ご冥福をお祈りいたします。私が山に接したのは、戦後の登山ブームの時だった。小学2年生の時、蓑毛キャンプ場(丹沢)での泊りが初めてだった。夏休みの間に教師が希望者だけを引率するために・・体育館に集められ持ち物や注意事項の説明があった。キャンプ当日はあいにくの雨、テントの中まで水びたし・・晩飯の自作のカレーライスも不出来で食べられた物ではなかった。それでも楽しい [続きを読む]
  • 檜原城山(東京都史跡)−終
  • 檜原城山本丸跡に地蔵堂がありました。僅か20m四方の場所だが南北の秋川の合流地点でもあり山全体が城の要領を得てる。檜原城山山頂449mこの先は浅間尾根に続いていたが、今は掘削で行かれない。荒れていてこの先の山道も崩れているので、ここまでで引き返した。山頂は確かに人の手で平らにされた痕跡があった。急坂を気を付けながら下る。春日神社を過ぎ、暫く行ってない日本の滝、百選に入る払沢の滝を見に行く。沢沿いを進 [続きを読む]
  • 檜原城山(東京都史跡)−3
  • 九番、勢至菩薩・・・十番、阿弥陀如来が鎮座します。十一番、 阿しゅく如来・・・ここから崩落した山道を通り、倒れかけた手すりが邪魔になります。ここまで登って、眼下に檜原街道が見渡せます。突如、金色に輝く十二番、大日如来が現れます。今までにない人工的に作られた平らな場所に出くわします。ここが二の丸跡だそうです。確かに周囲を見てもここだけが整地されていることが解ります。東京教育委員会の表示がありました。 [続きを読む]
  • 檜原城山(東京都史跡)−2
  • 道標も塔婆で・・・かつては参拝者が訪れた形跡もありますが今日、山道も荒れに荒れ、誰も訪れそうにありません。そんな道すがら2mほどの二番、釈迦大仏が鎮座してます。緩やかに方向を変え・・・三番、文殊菩薩が・・・山腹を削られている城ヶ峰が望まれます。四番、釈迦如来の脇侍、普賢菩薩がゾウに乗って・・・五番、地蔵菩薩・・・六番、弥勒菩薩・・・七番、薬を手にした薬師如来・・・八番、身近で、めでたい吉祥観音・・ [続きを読む]
  • 檜原城山449m(東京都史跡)−1
  • 最近、身の回りにおいて、寺・住職・経・宗教・・・など身近に感じざるを得ない事柄があり、がらに無く悩んでおります。(私は無神論者ですが)まぁそろそろ終活も考えねばと思うこの頃、この城址(新ハイ)が気になり出かけました。相棒は「花より団子」ですのでスルー・・・テレビで近日、城山トレッキングなるものが流行りとか?歴史・城を感じながら歩くのも良いのではと思い。戦国時代1590年豊臣軍により小田原侵攻の際、落城 [続きを読む]
  • 相州アルプスを歩く−終
  • 向こうに大山が見え、手前に大山三峰山の稜線が見渡せます。発句石から造成中の様子が手に取るように解ります。西山会の皆さんが訴えるポストに書かれた「山は二度と生えてきません」が解ります。分岐地点まで戻り(高取山)大沢登山口に降りて行きます。歩いてきた稜線が左手に見えてきました。小さな祠から右に折れるとジグザグに山腹を降りていきます。鹿避けネットを通り・・・今日登った華厳山が春を待ち遠しいと言いたげでし [続きを読む]
  • 相州アルプスを歩く−4
  • ヤマザクラが咲く5月は花吹雪が綺麗だと地元の人が言ってました。処どころ大木が見られました。小枝越しから町並が・・・・痩せ尾根を進むと・・・南に柵があり、これが地元の人の言っていた掘削現場だと気付きました。自然を守る西山会が反対運動をしているそうです。山を崩し、平地にして宅地にするそうです。さらに進むと・・・高取山山頂522mです。ここには三等三角点がありました。この先に発句石なるものがあるという事で [続きを読む]
  • 相州アルプスを歩く−3
  • 東に荻野集落が見渡せます。大沢へ降りる稜線が望めます。猪の足跡でしょうか、たくさん見られました。地元の人の犬が追いかけているようでした。(リードを外してある)ここで彼らとお別れです。華厳山山頂602mです。三角点は見当たりませんでした。(ないかもしれない)立派な山名柱がありました。南西に三角錐の大山が見えました。時間をかけ早いランチにしました。暖かいのですが、時折突風が吹きます。この中に西山を守る会 [続きを読む]
  • 相州アルプスを歩く−2
  • 桧林の小さな沢を渡り・・・堰堤を見過ごして・・・道標が現れました!いよいよここから、登山道の始まりです。土砂止めの木もあり、歩きやすいです。稜線に出ると道も一変し細尾根の上を進みます。経ヶ岳への稜線が望めます。尾根も細くなり砂利も混じってきました。小枝越しに稜線を見ながら・・・だんだん道も荒れてきました。西山会の道標に左右の作業道に惑わされることなく尾根を忠実に進んで下さい・・との注意書きが。つづ [続きを読む]
  • 相州アルプスを歩く−1(西山三山)
  • ブロ友(勝手に)の陣馬・白馬像の写真をみて、勇気づけられ・・・昭文社の地図(2011年)に登山道は載ってないが、地元の西山を守る会の皆さんの協力のもと、一人出かけてみました。華厳山〜高取山・山名は載っています。本厚木からバスで上荻野で下車、浅間神社脇から入ります。暫く進むと目的の山が見えてきました。ここで、地元の方が犬の散歩に出かけるので、道案内をかってくれました。梅の花も開き、どこでも咲いているので [続きを読む]