hitorisizuka さん プロフィール

  •  
hitorisizukaさん: 3 YEARS AFTER
ハンドル名hitorisizuka さん
ブログタイトル3 YEARS AFTER
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hitorisizukamai/
サイト紹介文シングル卵巣ガンサバイバーの闘病療養生活&老母のシングル介護の記録と所感語りです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/08/24 17:14

hitorisizuka さんのブログ記事

  • 真夏のエピソード・2・きらめきの季節
  •  リゾートホテルの白亜の外壁を巡って駐車場へと続くエントランスには、美しいタイルが敷き詰められていた。真夏の陽射しの中なのに汗ひとつかかずに、制服をきっちりと着こなした門番が、最前方の車近づくと、私たちのリザベーションカードを確認し、厳かに門扉を開いてく... [続きを読む]
  • マヤカシ療法の繁茂
  •  猛暑が続く。 小一時間、ちょっとだけ畑の草引きと収穫をしただけなのに、今年は暑さがとっても堪える・・・と、思ってたら、全国で死者が続出するほどの高温が続いている。 海外に脱出すると何故だか体調が抜群に元気になる私は、病後2度も赤道直下?の南の島に旅をし... [続きを読む]
  • 幸か不幸か・・
  •  夏祭りのシーズンポン・・・ポン・・・ポン・・と、ささやかに夜空を彩る花火を、我が家のベランダで今年も見ることができたことに、静かな幸せを感じる夕べ。   過酷な夏を超えて、季節がやがて実りの秋を迎えるように、人生も移ろいゆくのだろう。 丁度、自身の人生... [続きを読む]
  • 年齢相応に見せる努力?
  •  「年上だと偽って上に立とうとするなんて!」 突然、私よりも10歳も若い若造から言われたこの一言に、私はものすごくムカついた。 私は、戸籍上の年齢を言っただけだ。暑いのに、こういう暑苦しい言いがかりには、ますます暑くなる。 自慢じゃないけど、ここ数年の私... [続きを読む]
  • 医療政策の方向性と、医療崩壊の進行
  •  久しぶりにテレビをつけていたら、NHKの自論公論だろうか、やけに一生懸命に2040年に向かって、医療福祉財源があたかもとんでもなく大きく膨らむというジェスチャー交じりの説法が目についた。 この解説者の話しっぷりのアグレッシブな大袈裟さには、北朝鮮の国営テレ... [続きを読む]
  • グリーン課税なるもの
  •  携帯電話からスマホに変えて5年が過ぎようとしている。 最近、電池がよく切れるようになって、そろそろ買い替えなくっちゃいけないみたい。物を長く使う習慣がある私にとっては、スマホも10年くらいは使いたいのだけど、数年が限度らしい。 とはいっても、買い替えに... [続きを読む]
  • デカダンス
  •  久しぶりに英語でメールを書いた。日本語よりも英語の方が、何かと話しやすいから。自分が普段使っている言葉って、なんて不自由なんだろうと、思う時がある。Ten years I lost.Dear beings hadgone. 英文学から離れて久しい私には、この英文が正確かどうかは分からない... [続きを読む]
  • ガンに罹患する前に・・・
  •  奥歯が再び痛み始めた。今回そろそろ寿命を迎えそうな歯は、縦割れした歯をどうにかこうにか治療して頂いてクラウンを被せて頂いたのだけど、少し疲れると痛みが再燃する。 プロジェクトがありえない方向で私に突き刺さって来て、ストレスが嵩じている。 ゴールデンウィ... [続きを読む]
  • プロジェクト&プロジェクト
  •  プロジェクトの進行に、とんでもない重大問題が連発して来た。いままでにも驚くようなプチ問題は、幾つか発見されたのだけど、何故だか専門外の私が交渉役に指名されて、何故だか皆さんのご協力を頂くことができて、どうにか大過なく進行して来ていたのだけど。。。 何か... [続きを読む]
  • 自然の妙薬
  •  毎年のようにゴールデンウィークは、草刈りと畑仕事を楽しんで過ごすことにしている。日々の買い出しに出かけても、普段は車で5分のスーパーまでの道路が30分以上掛かるという難儀に遭遇するので、人々がお出かけする休日は、私宅での時間を楽しむのが一番素敵に思う。... [続きを読む]
  • 嘘の津波??
  •  友達とのひょんな会話から、もう10年以上前、知人であった女性が、数年前にテレビに出演されていたようだったことを知った。「いたようだった」・・・と書くしかないのは、ネットに残っていた画像を見ると、人が変わったようで、報道内容もかなりかなり事実とは違ったか... [続きを読む]
  • 遺品整理?「名残り整理」について
  •  母が他界して1年半、愛犬が他界して3か月・・・最も親しい存在を失ったグリーフが、今も、時折、胸にこみ上げてくる。 日常の暮らしは季節の移ろいとともに、様々な暮らしの仕事を私に急がせる。庭の木々の目摘み、花が終わった後のお花畑の手入れ、日々に舞い降りて来る... [続きを読む]