cocue-cocue さん プロフィール

  •  
cocue-cocueさん: 日々是呼吸
ハンドル名cocue-cocue さん
ブログタイトル日々是呼吸
ブログURLhttps://cocuecocu.exblog.jp/
サイト紹介文ものや知恵と出会い、手放す毎日。シンプルな暮らしに向けて、断捨離にゆっくり取り組んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/08/26 00:38

cocue-cocue さんのブログ記事

  • 体調と体重の不思議な関係
  • 私が体調を崩す時、必ず前兆があります。それは、体重が増えること。2年前の夏に溶連菌に感染したときも、謎の高熱を出したときも、その前には体重がじわじわ増えていて、これはマズイなとちらりと感じているのです。逆にいうと、体調不良で体重をリセットしているのでは?とまで思うほどです。高熱で食欲が出ないこともあれば、食べたいものがどんどん限られてくることもある。さまざまな形で、体重が元に戻ろ... [続きを読む]
  • 思い通り、が舞い込んだ日
  • 来月は師走。かなり前から決まっていた用事があり、休むつもりでいた日に、外せない仕事があることに気付きました。どうしようかと思い、同僚に相談したところ。何と、私ではなく、他の人がその仕事を担当することになっていたのです。外されたのか、その仕事?そう思って凹んでもよかったのですが、いやいやそうではなくて、誰にも迷惑をかけず、わたしの望むように事が運んだのだ、そう受け取ることにしました... [続きを読む]
  • どちらでも、良し。
  • 以前、コーヒーを飲むのをやめていたことがありました。急にカフェインをとるのをやめたからか、体調に異変をきたしていろいろ大変でしたが、時が経つにつれ、意志の力に頼らずとも飲まずにいられるようになったものです。今の私は、飲みたければ飲むし、ほしくなければ口にしません。近くのカフェのコーヒー回数券も買っていません。飲みたいと思ったら、その時に飲みたいと感じた味を得られる、お気に入りのお店... [続きを読む]
  • 今日も元気なカブトムシ
  • 学校の夏休み前の土曜日に我が家にやってきたカブトムシ。1匹のオスが今も、元気にくらしています。朝のご挨拶をしようと容器のフタを開けてみたら、なんと、壁面をよじ登っている最中。フタが開いた瞬間に、容器の上部に前足をかけて、脱出に王手!といったポーズをとりました(足を挟むことになるので、フタを閉められなくなるため)。こんなに寒くなったのに、まだ逃げ出そうという意欲があるようで、驚きます。... [続きを読む]
  • さよなら、カブトムシのY
  • この夏、友人から譲り受けて育てていたカブトムシのうち、オスのYが昨日、息を引き取りました。朝名前を呼んだとき、角を動かして、右脚を持ち上げて反応したので、思わず「無理しなくて良いんだよ、ゆっくりしていて」と声をかけました。ここ2、3日は、自分で移動することはほとんどなく、エサのゼリーに口が近づくように動かしたり、霧吹きで水を与えたり、あとはなるべく刺激しないように、そっとしていました。... [続きを読む]
  • 今度は、お酒を断つ
  • 思うところがあって、お酒を飲むのをやめてみよう、そう考えました。今年のはじめ、急に思い立ってコーヒーをやめ、頭痛に襲われつつもなんとか果たし。その後は特に禁止していませんが、週に3、4回程度飲むかどうか、といったレベルのたしなみ方になっています。朝からコーヒー、午前にコーヒー、食後にコーヒー、おやつ代わりにコーヒー、帰宅前にコーヒー、夜落ち着いてコーヒー、といった、タイミングで飲みたく... [続きを読む]
  • 素焼きのタイル
  • 今朝目が覚めたとき、心の中に1枚の素焼きのタイルを見つけた。文字も絵も描かれていない、無地のそのタイルは、ただそこに、あった。揺らぐ気持ち、浮き沈み、いろんなことがあったはずなのに。正方形のそのタイルは、風が吹いても、水にぬれても、何も変わらず、そこにたたずんでいる。なぜなの。どうしてなの。いろんな疑問があったはずなのに。途中でやめてしまったこと黙ることを選んだ... [続きを読む]
  • 履き倒れ
  • 靴が好きです。履き倒れの街で育ち、一気に何足もまとめ買いすることは多いです。イタリアの某ブランドのお店でも、二足買いました。どんなにデザインが気に入っていても、足に合わない靴は絶対に買いません。試し履きして、少しでも苦しいとかツライとか感じたら、縁がなかったとキッパリあきらめます。そんな私が、過去3日で靴を三足、買いました。きっかけは先週、手持ちの靴のかかとを交換する必要が... [続きを読む]
  • 出せば、入るのおはなし
  • それは連休中の出来事。クラフト系の屋台が並ぶイベントがあり、子供となんの気はなく立ち寄りました。とても可愛らしく、かつ楽しいキーホルダーを見つけ、釘付けになり。気付いたら、家族4人分、これが良いよねって選んでいたのでした。手作りの木工作品でもあるそのお品は、4個買うとなかなか良いお値段です。うーむ、と少し迷ったものの、どこでも買えるわけではないし、選んだ時の思い出にもなるかな... [続きを読む]
  • ご機嫌を保つーー崩れるとてきめん
  • 秋雨が続くなか、金曜日は爽やかな秋晴れで、本当に気持ちいい1日でした。こんな日は、陽気に誘われて外出先まで歩いてみたり、再会した知人と談笑したりと、気分も晴れやかになるものです。そして台風の影響で、雨の日が戻りました。用事で他県まで足を伸ばしましたが、タイミングが合わなくてお昼ご飯を取ることができなかったのです。空腹感はさほど強くなかったため、時間を気にしつつ帰途に着いたのですが…... [続きを読む]
  • 海老ワンタン麺
  • 用事で出かけた帰りに、遅いお昼を取りました。中華のお店に入り、よく頼む担々麺にしようかと思いつつ〜オーダーするとき、ふと目に止まった海老ワンタン麺にしてみました。届いたのは、柔らかな細麺を使った、上品な風味のしょうゆだしの中華そば。予想よりたくさん入っていた、海老ワンタンのふんわり柔らかな滋味。やさしく体に染み渡っていくような味わいでした。ここ1ヶ月ほど、少し心を曇らせるこ... [続きを読む]
  • ストイック・ネイビー
  • 普段はスカートしか履かない私。おのずとフェミニンなスタイルが中心です。タイトスカートやシャープなラインの服は、あまり着ません。となると、ややもすると女性らしさのバランスが過剰になるおそれと隣り合わせです。映画女優のような「巻き髪にドレス」はもはや完成形ですが、ふだんの仕事や生活では、もう少しおさえめなエレガントさがふさわしいのでは。そう思って、最近活用しているのがネイビーの服です。... [続きを読む]
  • 荷物を減らしたい
  • 仕事場のデスクも、自宅の部屋も、なにかと荷物が多いです。片付いていればスッキリする、なんてかわいい次元ではもはやありません、やはり、抜本的に減らさないといけない、そう感じています。しかしながら、捨てられるものが思いのほか少なくて、手間をかけても目に見えて変化しないことがしばしばあります。心配症と呼べるほど、災害含め非常時の備蓄などは潤沢とはいえません。じゃあ一体、なんだろう?... [続きを読む]
  • プチ断捨離
  • 子供の服を買い込んだ話を書きました。それをきっかけに、手持ちの衣類を棚卸ししました。ふと、出し忘れている衣類があったことを思い出し、ケースから出してきました。あら、ちょうどいい感じの服が。ところが、収納棚はかなりキツキツになっています。ふと一枚のTシャツに目がとまりました。パステルブルーに柄が入ったそのTシャツは、もともと薄手で着やすかったからでしょうか。なんだか色あせていて、... [続きを読む]
  • 意外と、定番好みかも
  • 服を買った人は、次の1週間にまた服を買う可能性が高い、とは誰の言葉だったでしょうか。夏の旅先で子供に服を買ったのをきっかけに、そのブランドのサイトを眺めていて、またもや追加で注文してしまいました。よせば良いのに、大手アパレルのサイトがファイナルセールを実施していると知り、またもや立ち寄って、お買い上げ。ついつい、買ってしまった、などと言い訳してしまいます。セール品なら、冒険... [続きを読む]
  • 勢いで片付けに突入
  • まだお盆休みなのか、いつもより少し時間にゆとりがあった週末、久々に子供の衣類の棚卸しをしようと考えました。部屋に足を踏み入れて、いや、足の踏み場もないことに気づき、クローゼットにたどり着けません。こりゃあダメだ、しかもベッドの位置が微妙にズレている。もっと手前から片付けなきゃ、と勢いで手をつけてしまいました。ベッドの下からゴミだの私物だのあれこれ出てくるわ、散らばったものも多い... [続きを読む]
  • 趣味にできなかった習い事
  • 高校の頃、茶道を習っていました。きっかけは華道部に入っていたこと。外部から来てくださっていた先生が、ご自宅でお茶の教室を開いておられたので、週末に通うことにしました。お茶はとても楽しく、理にかなった所作に日本文化を感じることができました。若い頃にお茶を習っていた母も、喜んでいました。そんな私がお茶を続けなかったのには、理由があります。実話なので書いてしまいますが、先生に誘われ... [続きを読む]
  • 普段使うものをお土産にする。
  • 夏休みは家族で旅行するのが恒例です。私自身、両親とも実家の隣の市に住んでいたこともあり、お盆は日帰り行事でした。夫の両親の実家は某県でしたが、義母が帰省したがらなかったとやらで、これまた里帰りの習慣はなく。どこが好きなところへ出かけるのが通常です。今年の旅で感じたことは。お土産は、いつも使うもの、必要なものを買う!これにつきます。他の方へのお土産はお菓子類にします... [続きを読む]
  • 嫌な気分になったとき、学んだこと
  • 嫌な気分になる出来事がありました。端的にいうと、パワハラ系の発言を受けたわけです。そこでハッと気づいたことの、その後に思い浮かんだことを書きます。ネチネチぐちぐち言われて、まあいい気分はしません。言われながら、ああこのひとは、吊るし上げにかかってるな私のことを、そう気づいたのです。私はどう対処すべきか、を考えませんでした。さらには、言い手の動機を探ろうとすらしなかったのです。... [続きを読む]
  • 私見を述べるとは
  • 少し前に、とある受験ブログで見かけた出来事です。子供の志望校を決めるにあたり、その方はとある属性の学校について「教育方針に芯がない」と書いておられました。価値観は人それぞれです。しかしながら、その属性というのが、教育の分野にとどまらないものでした。自分は詳しいわけではないけれど、こういう風に考える(だから敬遠したい)という書きぶりでした。察するに、その属性とは縁がない人生を送っ... [続きを読む]
  • 子供に見せる姿
  • 第一子に言われたこと。「将来は独身がいいな」理由を聞いてみました。「パパとママみたいに、しょっちゅう喧嘩してるのがイヤだ」がーん。そんなに頻繁に喧嘩した覚えはないのですが。意見の相違はもちろんあるし、私は夫に遠慮して黙るタイプでもないので、激しく言い争っているように聞こえるのかもしれません。でも、もしかしたら、子供たちの心を痛めているのかもしれない。思えば... [続きを読む]
  • 買い物が上手くなった
  • 自分の服でも、子どものものでも、最近買い物の満足度が高くなった気がします。予算を引き上げたとか、逆に買い物の機会を絞り込んだとか、そういうわけではありません。これはお買い得!そう思うものの基準が、自分(や我が子)にとって良いものかどうかを、割とはっきり見極められるようになったのだと思います。振り返ると、若い頃はいろんな動機でものを買っていました。安いから買う、珍しいから買う、あると... [続きを読む]
  • 自分の時間、何をする?
  • 平日は仕事があり、週末は子供の習い事などで出かける機会が多いので、純粋な自分の時間は寝る前や入浴中くらい、かもしれません。一人っ子の私は、一人きりになれる時間がないと息がつまるので、何とか時間を確保して楽しもうと心がけています。兄弟が多い職場の同僚は、一人では昼食に行けない、と訴えます。一方で私は、お昼くらい一人きりで過ごしたいと思うことも多く、必ず誰かと約束する生活とは無縁です。仕... [続きを読む]
  • 整えるだけで
  • 仕事場の机は、見た目は散らかってはいないものの、決しておしゃれでもなければ、美しくもありません。しかしながら、私にとっては快適な空間です。机で自分がすることがハッキリしていて、必要なものが使いやすく配置されているから。手の長さや自分の動きやすさなど、完全にカスタマイズされているのです。普通の人なら使わない空間に、意外なものを置いていたり、話しかけられたら関連資料をサッと取り出せる... [続きを読む]
  • お片付けの贈りもの
  • 〜たまには、お家の片付けについても書いてみます。あまりにも散らかっている部屋にたまりかねて、夜になって夫と、短時間片付けに取り組みました。大した作業はしていません。空になった段ボールをつぶして、捨てるものをビニール袋にまとめて、散らばっているものを仲間同士集めて。わずかな片付けに過ぎませんが、つぶした段ボールが大きかったこともあり、少し空間はゆったりしたかもしれません。まだまだ作... [続きを読む]