growthwk.com さん プロフィール

  •  
growthwk.comさん: 労務管理支援の山口正博事務所
ハンドル名growthwk.com さん
ブログタイトル労務管理支援の山口正博事務所
ブログURLhttp://www.growthwk.com/
サイト紹介文中小企業の労務管理施策を支援するためのコンテンツやサービスを提供するウェブサイトです。
自由文メールマガジン「本では読めない労務管理の"ミソ"」を配信しております。個人の方も企業の方もご自由に登録できます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2011/08/26 12:46

growthwk.com さんのブログ記事

  • 給与前借りサービスは闇金と同じ。
  • 広がる「給料前払い」サービス、法律上は借金? 中にはグレーなものも…課題を検証すでに働いた分を先に受け取る『給与前払いサービス』というものがあるようです。通常、給与は1ヶ月分をまとめて支給するものですが、出勤日数が10日に達すれば、10日分の給与は受け取れます。10日分の給与債権はすでに発生しており、それを前払いサービスで現金化して受け取るというわけです。さも新しいサービスのように思えますが、金融業界で [続きを読む]
  • 書類やカードを減らすマイナンバーカード
  • マイナンバー、年金機構も活用 来年、書類持参不要に 政府は10日、日本年金機構と自治体がマイナンバー(社会保障・税番号)を使って個人情報を共有できるようにする政令を閣議決定した。厚生労働省によると、今後、自治体で各種手当の申請を行う際に年金書類を持参したり、年金事務所での手続きに課税証明書を持参したりするのが不要になるという。来年1月から試行を始め、3月以降順次、実施していく方針だ。まだマイナンバ [続きを読む]
  • 「辞めるんなら、代わりの人を連れてこい」という要求を通す方法。
  • 辞めたくても辞められない。言われた経験がある人も少なくないのでは?「あぁ、辞めるのね。分かった。だったら、代わりの人を連れてきて」と言われる。1人辞めるのだから、1人分だけ人数が足りなくなる。だから、バトンタッチするように代わりの人を連れてきてくれというわけ。これは会社側の都合ですけれども、確かにそう言いたい気持ちも分かります。辞める側の気持ちとしては、「代わりの人を連れてこないと辞めれないの? [続きを読む]
  • 今年は6.8%。毎年11月は社労士試験の合格発表。
  • 今年も、社労士試験の合格者が発表された。第49回社会保険労務士試験の合格者発表(2017年)受験した人が38,685人で、合格者が2,613人。合格率は6.8%となった。2016年の合格率は4.4%。2015年は2.6%。2015年の数字は異常だったが、直近2年の合格率は高いとは言えない。難しくなったの? 2016年 社労士試験の合格率は4.4%社労士試験の合格率が2.6%まで急低下した。大学4年のときに社労士試験に合格したが、その時は確か合格率 [続きを読む]
  • 国民年金の保険料全額免除と納付猶予、審査基準の違いは?
  • 国民年金の保険料は、平成29年度が16,490円。年間だと197,880円です。この保険料は毎月納付してもいいですし、前払い、いわゆる前納も可能です。物を買う時も同じですが、まとめて支払うとディスカウントされるのが通例です。例えば、1個150円のりんごを1個だけ買うよりも、10個まとめて買うほうが1個あたりの価格が安くなりますよね。1個だけだと150円ですが、10個まとめて買うと、1個あたり100円になる、なんてこともあり [続きを読む]
  • 罰金を払う。手当を貰う。ヤル気が出るのはどっち?
  • 引越し作業中に事故を起こすと、その賠償金が従業員に請求される。このような仕組みで給与を天引きされ、支給される給与がなくなったという話。アートコーポレーション元従業員、引越事故賠償金で11万円以上天引き……給与明細はマイナスに アート側は「問題ない」給与月額が158,190円。労働時間が230.75時間だと、1時間あたり約685円で最低賃金よりも低い。さらに、本給が約5万円で、残業手当が約10万円という歪な構造も気に [続きを読む]
  • 休暇を上手く利用すると、働く人は満足する。
  • 2017年10月1日から、労働時間等見直しガイドラインが変更され、休暇の扱い方、キッズウィークへの対応、子の看護休暇に関する部分に変化があります。まず、子供や地域のお祭り、イベントに合わせて年次有給休暇を取れるようにガイドラインでは配慮を求めています。イベントに合わせて休暇を取る以前に書きましたが、運動会の日程に合わせて有給休暇を取れるようにする良いと提案しました。運動会に行くなら計画有給休暇で。特別 [続きを読む]
  • 長時間労働や残業代不払いを解消する相談ダイヤルが開設
  • 過労死等防止対策推進法では、毎年11月は「過労死等防止啓発月間」と定めており、条文にも書かれています。第五条の2項では、「過労死等防止啓発月間は、十一月とする」と明示されており、11月は過労死について考える月と位置付けられています。「へー、そんな法律があったんだ」、「ほー、啓発月間が11月と法律に書かれているんだ」と知らない方もいらっしゃるでしょうが、2014年の11月から施行されています。さて、2017年の10月 [続きを読む]
  • 電車の遅延証明書をスマホから会社に送る
  • 天候や事故で電車が遅れると、遅延証明書なり遅着証明書(名称は鉄道会社ごとに違う)が鉄道会社から発行されます。ダイヤに乱れが生じると、駅に人がたくさん集まって、遅延証明書を受け取るために列を作って待ったりします。実物は小さい紙で、鉄道会社、路線名、遅れた時間が記載されており、これを会社に持っていくと遅刻扱いにならない。そのため、電車が遅れると遅延証明書を求めて駅の窓口にお客さんが来るんですね。この [続きを読む]
  • 何のために三六協定は存在するのか
  • 読売新聞に是正勧告 大阪本社と北陸支社、長時間労働で 読売新聞大阪本社(大阪市)と同北陸支社(富山県高岡市)が社員に違法な長時間労働をさせたとして、昨年から今年にかけて、労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けていたことがわかった。 関係者によると、大阪本社は昨年7月、天満労基署(大阪市)から是正勧告を受けた。一部の社員に、労使が協定で定めて労基署に届け出た1カ月の時間外労働の上限を3時間 [続きを読む]
  • 雇用契約書と労働条件通知書、どちらが正式な書面?
  • 同じものが2つあるの?採用時に交付する書面は色々とありますが、その中には働く条件を定めた書類があります。契約の期間、働く場所、勤務時間、休み、給与、交通費や雇用保険、社会保険に関することなど。こういったことを書面にして、使用者と労働者で勤務条件をすり合わせていくのですね。その際に作るのが雇用契約書、もしくは労働条件通知書です。雇用契約書は働く条件を書面化した書類です。一方、労働条件通知書も働く条 [続きを読む]
  • 労務管理をスピードアップする方法とは?
  • まだエクセルで勤怠管理しているの?表計算ソフトというとマイクロソフトのエクセルがまず頭に浮かびます。随分と長く使われているソフトで、OpenOfficeやGoogleドキュメントなどの競合サービスが登場しても、エクセルの地盤は盤石ですね。そんなエクセルですが、表計算ソフトという位置付けながら、色々な用途に使えます。単に数字を集計するだけでなく、グラフを作ったり、データを解析したり、さらには文書(「神エクセル」と言 [続きを読む]
  • 年金? 10年は入ったらOKでしょ?
  • 今年、2017年の8月から年金受給資格期間短縮法が施行され、従来よりも短い期間で年金の受給資格を得られるようになりました。7月以前は25年以上、年金に加入している必要がありましたが、8月からは10年以上で年金を受給できるようになります。ちなみに、加入期間の考え方として、例えば、国民年金に4年加入し、その後、厚生年金に6年加入すれば、この時点で年金の加入期間は10年に達します。厚生年金に加入していると、国民 [続きを読む]
  • まだタイムカードを使っているの?
  • タイムカードは使いやすい。けれども、、、。過去にチェーンの飲食店で働いていた経験があり、そこではタイムカードで勤務時間を記録していました。仕事を始めるときには、カードを打刻機に挿し込むと、ギュイーン、ガシャと音を立ててカードに時間を印字し、その後にカードが出てくる。例えるならば、食パンを焼くトースターみたいなものです(今時こういうタイプのトースターを使っている人は少ないでしょうけれども)。焼けた食 [続きを読む]
  • 運動会に行くなら計画有給休暇で。
  • 2017年も9月になって、そろそろ運動会シーズンですが、これを書いているのが9月の27日ですから、もう終わっちゃった地域もあるでしょう。中には5月に終わってしまう学校もあります。大阪だと小学校の運動会は5月に開催されました。まだ涼しい時期に済ませてしまえば、夏の暑い時期を避けられますから、そういう利点を考えて5月に開催するんですね。夏休み明けに運動会の練習を始め、残暑でジリジリと暑い時期に砂埃にまみれて [続きを読む]
  • 1人の人間に職業は1つ。これが社会保険の弱点。
  • ダミー会社通じ給与の一部、厚生年金保険料逃れ東京都内のタクシー会社が、香港に設立したダミー会社を通じて従業員に給与の一部を支払う方法で、国に納めるべき厚生年金の保険料を低く抑えていたことが、関係者の話でわかった。 納付を免れた保険料は、2年間で少なくとも6000万円超に上る。海外企業を利用した保険料逃れが明らかになるのは初めて。厚生労働省は、他にも同様の事案があるとみて全国の年金事務所に調査を指示 [続きを読む]
  • 勤務間インターバルを導入するのは難しくない。
  • 長野県が2017年10月から勤務間インターバル制度を導入するようです。県庁などで働く人が対象で、他の都道府県ではまだ導入されていないとのことで、働き方改革として先進的と評価されています。ただ、勤務間インターバルというのは、それほど珍しいものではなく、何か凄い制度というものでもありません。その中身は、仕事が終わってから次の仕事が始まるまでの時間を11時間以上空ける、というものです。例えば、夕方の18時に仕事 [続きを読む]
  • 年金の受給時期を75歳まで遅らせるとお得なの?
  • 年金を受け取り始めるのは65歳から。このように理解している方もいらっしゃるでしょうが、この受取時期は変更できます。最短で60歳から受給できますし、最も遅い時期だと70歳から受給できます。また、早く受け取り始めると少し年金が減り、遅く受け取ると年金が増えるようになっています。「おっ! 年金が増えるのか。じゃあ、遅く受け取った方がいいんだな」と思う方もいらっしゃるでしょうが、話はそう簡単ではありません。65 [続きを読む]
  • 月に20時間残業、月に80時間残業。どちらがツライか。
  • 残業が多いほどブラックな職場で、残業が少ないほど望ましくホワイトな職場。確かに、残業という言葉を聞くだけで、何だか体が重たい感じになるし、時間を使って余計な仕事をしているような感覚もある。1ヶ月で20時間の残業をした。他方で、1ヶ月に残業が80時間もあった。この両者を時間数だけで判断すると、月80時間の方が負担が大きく感じる。時間差は4倍もあるのだから、しんどさも4倍だろうと推測する。時間というのは便 [続きを読む]