kawaisan さん プロフィール

  •  
kawaisanさん: poco a poco  ちょっとずつちょっとずつ
ハンドル名kawaisan さん
ブログタイトルpoco a poco ちょっとずつちょっとずつ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tokawaii
サイト紹介文兵庫県高砂生まれの手話通訳士が思ったことをぶつぶつ。
自由文情報をきちんと正しく伝えることこそ手話通訳者の仕事と考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2011/08/28 09:53

kawaisan さんのブログ記事

  • 依存症をどんどん増やしたらええいうことかいな
  • 昨夜からすごい雨やったなあ。今日は、中国新聞文化センターのスペイン語教室へ。さあ、どこまで続けることができるやろかなあ。そして紀伊國屋で時間を潰したり、本通りを歩いたり・・・。その後はヤマハ楽器へ。歩き疲れたなあ、で今日は9707歩、5.3?。途中コーヒーを飲むマニいくつか新聞を読んだんやけど、カジノ法案を明日にでも通そうとしている、急ぐ理由は支持者にこの法案に反対や疑問が多い公明党が次の選挙をやりやす [続きを読む]
  • 久しぶりによう歩いた、10.1キロ!やと
  •  昨日は家から一歩も外へ出なかったし、このままではいけない・・・と今日は受診に八丁堀まで歩きました。薬をもらった後は郵便局から紀伊國屋、東急ハンズ・・・家に帰っってみるとなんと16754歩,10.1?も歩いとりました。明日は足が痛いかなあ、一月はほとんど歩いてないから。パレスチナの子どもたちに自由と平和を!イスラエルの暴挙に抗議します していただくと嬉しいです  [続きを読む]
  • ちょっとちゃうで・・・
  • 週刊ポスト5.25号が届きました。購読しとるわけではのうて、この中に僕が喋ったことが一文ってるんで編集スタッフが送ってくださったもの。移植密着ルポ「刑務所の認知症対策」なんてすごい見出しやけど、そんなにすごいことはありません。この中で地域定着支援センターの業務とちょっと喋っとるだけのことなんです。でもこんな記事を読んでるといつも違うなあ、と思うてしまうんは福祉の業界の人が「再犯防止」「刑務所へ行かせ [続きを読む]
  • 破壊はこの人から始まったっんやった。
  • 今日は日曜日、朝からゆっくり新聞を読む 「自分たちとかとなる視点で物事を捉える機会が少ない社会では、問題があっても気づかずに過ごしてしまうこともおこりがちだ。『セクハラ罪という罪はない』という発言が『お上』の発言だからと、きき流される社会は果たして健全なのか。『生きづらい人がいないか』と敏感に気づき、何かヘンだ、と思った時に声を上げる力と、常に様々な視点から物事を見る姿が必要だろう。」投書欄には [続きを読む]
  • 88年3月カルデナール教育文化大臣が広島へ
  •  87年の暮れから88年の初めにかけて中米・ニカラグアへ旅行した。大阪のマイチケット(山田和生さん)が主催するスタディツアーと称する運び屋旅行だった。ニカラグアで鍼灸活動を続ける井上真(アトム)さんたちへもぐさなどを届ける旅行だった。 「わかものの革命」と呼ばれたサンディニスタ革命の後、米国はその金力とCIAなどの総力をあげてこの政権を潰すことに躍起でした。 そしてこの年、83年に米国からボランティアにや [続きを読む]
  • 訪日客が1000万突破、韓・中・台で7割
  • 小さい声でな、タイガースは勝ったで・・・・小さな声で タイガース勝ちました。tumanihanaisyodesuyo福祉新聞にこんな記事がで撮りました。「包摂社会に向け、ホームレスの人たちも公共空間に共に......>続きを読む(今日もタイガースは勝った、去年の今日も勝っとったんやな)今日の中国新聞と毎日新聞には、新元号の改元についてはひと月前に公表するんだという記事が出ています。中国新聞には、早期公表を求める声が [続きを読む]
  • 1975.7.10の中国新聞  テレビに字幕を
  • 最近ちょっとテレビのことが続いてます。箱をひとつ一つ開けとるもんで同じ時代のものが出てくうる・・・これは1975年7月10日の中国新聞朝刊。今はテレビに字幕がつくのが普通になってはきたけど、先人たちの長い取り組みがあったんやなあと知ってもらいたい。今の取り組みが明日を生きる人たちにプラスになる・・・と。パレスチナの子どもたちに自由と平和を! イスラエルの暴挙に抗議します していただくと [続きを読む]
  • こだわり続ける・・・
  • 社会臨床学会の雑誌が届きました社会臨床学会の雑誌が届いた。もう25年も続いとる。僕が入ったんは前身の日本臨床心理学会の頃やからもう何年になるねんやろ・・・。地方にいるので学会へはほとんど出席したこと......>続きを読む一年前に日本臨床社会学会のことを書いている。ひとつのことにこだわり続けるということ。そのこだわりはなんなんかなあ、と自分でも思う。残った少しの人生、生活保護と触法障害者に関わり続け [続きを読む]
  • 尾道の仲間がぐんぐん引っ張ってくれてたなあ
  • 県内に手話サークルが広がってくる中、尾道は社会福祉協議会や尾道聾学校の教員たちがとても熱心に取り組んでいました。そん中で、一つの問題提起があったのです。広島県が保健所で配布している梅毒を防ごうとのパンフレットの中に「メクラやツンボが生まれる・・・」と行ったことが書かれていたのです。そして広島県手話学習者協議会(代表・河合知義)が広島県手話サークル連絡協議会(代表・村上寿美男さん)に移行した第1号 [続きを読む]
  • 役にも立たんことをなあ
  • 5月14日朝・・・代わり映えのしない朝食・・・新聞を開く・・・先輩が作るいうんがええなあ。ずいぶん前から20歳まで支援している児童養護施設もあったし、広島でも卒業後の基金をとジャ......>続きを読むなんか防災システムが騒いでいると思うたら、 安倍さんのプロパガンダ。いつまでこんなことやっとんねんやん。こんなもんに使う金があったら、子どものための予算を増やさんかい!と 思う。パレスチナの子どもたちに [続きを読む]
  • アカンと声を出すこと
  • 14日の中国新聞コラム「景観を乱しているとして、昨日、京都大学名物の立て看板が撤去された。〈アカン〉と叫ぶ学生の声もくみ取りたい」今はもう何でもかんでも「決まっているから」という時代。でも 誰が どのように なんのために 決めたのかは問われない。13日に行ってきた未来語りのダイアローグこんな時代に小さな穴を開けていきたいな・・・。沖縄やパレスチナとも少しは手をつなげることになるんとちゃうかなあ。パ [続きを読む]
  • 未来語りのダイアローグへ
  • ちょっと元気にならなあかんなあと思うとる時に声をかけてもろうたんで、今日は朝から同志社大学で開かれた、未来語りのダイアローグ実践報告会へ参加してきました。新幹線の中では日経をちょっとめくったけど、やっぱり立場がはっきりしとるわ。僕らの立つ位置とはちゃうことは確かや。4時間足らずやったんやけど、ちょっとは元気をもらうことができたんかなあ。広島大学の松島先生や、熊本へ行かれた矢原先生もお越しでした。 [続きを読む]
  • 真面目に生きたいね
  • 首相以下どうしてこんな人ばっかりなんやろ・・・ 公務員が外部との面接にメモを取らない残さないなんてことはほんまに考えられへんわ。僕のような一番末端の公務員やっても、だれかが話しに来て仕事として面会した時には記録をとって上司へ報告しとったで・・・ 公明党の山口委員長が「いつまでやっとるんやろこの問題」とか言うてはるけど、政権の中におるんやさかい、「事実解明をちゃんとしましょうや」くらい言うべきちゃ [続きを読む]
  • 古い友人たちが・・・
  • バケモンみたいに元気やん・・・そんなことないで!先日、高齢者施設へ行った時の古くからの友人との会話。「どない?」「ボツボツや」この歳なったらボツボツでええねんで」「何言うとるんあんたはバケモンみたいに元気やで・・・こ......>続きを読む 今日は手話サークルあすなろを作った頃の古い友人たちが3人、我が家へきてくれました。手話入門講座を始めるに際して放送各局・デパートへ寄付のお願いに回った(いや、回 [続きを読む]
  • 大井作業場の早い再開を願います。
  • 先日の毎日新聞、受刑者の逃走事件で大井作業場の再開のめどがつかないそうだ。こんなことで、理念が揺らいでもろうたんでは困る。早く再開へと切に願う。ここで同じ日の新聞ドイツのことを書いておられるのだが、景気を終えた人を自分の家に迎える人たちがいる・・・。パレスチナの子どもたちに自由と平和を! していただくと嬉しいです [続きを読む]
  • 五月晴れには程遠いんですが
  • バタバタとしていて髪が長くなってしまっていたので今日は横川まで散髪に行きました。気分転換にもなるかなと横川から県庁まで歩きました。雨が降りそうな空模様でしたが、緑はとても美しかったです。こんなところにサッカー場は作って欲しくないなあ・・・と思いながら歩きました。市民病院んおドトールに寄った後、しばらく休んでしまっていたカルチャーセンターで手続きをして自転車で帰ってきました。そんなわけで久しぶりに歩 [続きを読む]
  • テレビに字幕を!
  •  僕が若い頃、中国放送(前はラジオ中国と言ってましたね。)の玄関にはよく赤旗がなびいていました。学生時代の前半、ディレクターをしておられたMさんに頼まれて録音テープの書き起こしをしていたことがあります。朝鮮人被爆者の調査や密航被爆者への支援を数人で細々とやっていた頃です。その頃はもう今の建物やったと思うなあ。 写真は中国放送労働組合が発行していた(今もあるのかどうかは知らんのんやけど)『新放送RCC』 [続きを読む]
  • やっぱり僕も笑っていたい
  •  昨日の中国新聞、愛知県のNPOが外国人児童の5%が特別支援学級に在籍しており、日本人児童の倍以上だと発表している。 いろんな「障害」や「病気」が次から次へと「発見」され、特殊教育が障害児教育さらに特別支援教育と表されるようになって来て、僕は安易に振り分けが選ぶ側になんの痛みも伴わず、どんどんと勧められているような気がしている。 妻の遺品を片付けていて 有馬啓之さんの「それでも僕は笑っていたい」をみつ [続きを読む]
  • 靴が減りました
  • ぎょうさん靴が並びました5月5日 こどもの日 我が家に靴が並びました、ウェー。そして今朝の新聞朝鮮のミサイル・・・で、東京メトロを止めたんはこれが狙いや。野球観戦を楽し......>続きを読む 置いてあった椅子がなくなっただけで 玄関が随分広くなったような気がします。そして靴も減りました。(本当は狭いんですけどね)部屋の片付けとともに空いたところがグーンと広がってしまいました。 さみしいものです [続きを読む]
  • 84年、全日本ろうあ連盟認定通訳者に
  •  1985年8月2日から4日までの全日本ろうあ連盟の手話通訳指導者養成研修会専門コースを初めて受講しました。実はその前年の84年の第9回全日本ろうあ連盟認定手話通訳試験を受け合格しました。 それまで広島の手話通訳者たちは手話通訳者に試験はふさわしくないと受験を拒否してきました。もちろん僕自身もです。 ただ、それまでの手話通訳活動とはあまり縁のなかった人が「私受けるわ」てな具合で受け始めたので運動サイドか [続きを読む]