にくにく さん プロフィール

  •  
にくにくさん: 教養としての中学・高校受験社会
ハンドル名にくにく さん
ブログタイトル教養としての中学・高校受験社会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/a6m8c_sea
サイト紹介文社会の中学入試問題を通じて、現代日本の問題点を探りましょう。池上彰さんがライバルです(笑)。
自由文社会科の中学入試問題は、まさに現代日本の鏡。中学入試問題の紹介を通じて、現代日本の問題点と解決策を考えていきましょう。
 池上彰さんがライバルです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/08/29 12:41

にくにく さんのブログ記事

  • 国際比較 日本国憲法の特色
  • 本日は憲法記念日です。改憲派、護憲派等、日本国憲法にちなむ行事も多数行われた模様です。そこで、当ブログでも、世界の憲法と比較して、日本国憲法の特色を明らかにしたいと思います。日本国憲法の制定は、草案の作成もアメリカ軍を主体とするGHQ(連合軍総司令部)が行い、審議もGHQのコントロール下に行われています。さて、日本国憲法前文一段一文はアメリカ憲法前文に基づいて作成されたと言われています。両者を比べ [続きを読む]
  • 卒業生に贈る言葉
  • 「それでは、先生、卒業生に贈る言葉をお願いします」と突然、振られて困ったことが最近ありました。そこで、ここに書いて事前に準備しておきたい思います(笑)。一、卒業、おめでとう。入試を終えて、見事、合格を勝ち取り、一回りも二回りもたくましくなった君たちに再会できるのは大きな喜びです。さて、君たちに一言お願いしますということだが、君たちがどういう時代を生きるのか、少し展望してみましょう。二、1、人工知能や [続きを読む]
  • 平昌オリンピック、日本躍進の理由
  • 一、平昌オリンピックにおける日本の成績日本はメダル獲得数(金4 銀5 銅4 計13)において、ノルウェー、ドイツ、カナダ、アメリカ、オランダ、スウェーデン、韓国、スイス、フランス、オーストリアについで、11位でした。「なんだ、大したことないじゃないか」と思われるかもしれませんが、以下を見てください。http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3987.html 実は、過去最高なのです。では、なぜ、日本の選手が史上最高の [続きを読む]
  • 時事問題警報改訂〜1月入試にみる2017年重大ニュース
  • 社会の鏡ともいうべき中学入試問題を分析して、出題されているニュース=重大ニュースを明らかにしてみました。1月の中学入試問題を分析しています。2月以降、中学入試(高校入試も)を受ける人は参考にしてください。また、純粋に時事問題特有の問題に限定しています。時事問題を枕に基本を問う問題は載せてません。後者では、今のところ、陛下の生前退位に関連して、国事行為に関する問題、摂政とは何かを問う問題が出ています [続きを読む]
  • 未来に向かって〜日本のターニングポイント22
  • 未来に向かって世界の人口は発展途上国を中心に急増しており、2050年には96億人になると予想されています。今後は今までと全く異なるスケールで資源・エネルギーの問題、環境の問題が出てくるでしょう。また、世界では多くの紛争が起きるとともに次第に1つにまとまってきているようにも思えます。たとえば、ヨーロッパはEUのもとに一つになろうとしています。もともとは経済の連合から始まり、政治の統合に至りました。E [続きを読む]
  • 安倍内閣登場〜日本のターニングポイント21
  • 6.安倍内閣登場東京電力福島第一原子力発電所における事故処理の不手際、あるいは景気がなかなか良くならないことなどが原因で、2012年末の衆議院議員選挙で自民党が政権を奪い、2013年夏の参議院議員選挙でも自民党が多数の議席を占め、2010年から続いた、国会のねじれ状態が解消されました。先生、国会のねじれ状態とは何ですか?衆議院の多数派と参議院の多数派が異なる状態をいいます。そして、2012年の政権 [続きを読む]
  • 東日本大震災〜日本のターニングポイント20
  • 東日本大震災 そして、リーマンショックから世界が立ち直りつつある時に、日本に大衝撃がきました。 また、不景気ですか? いや、もっと深刻です。2011年3月に東日本大震災が起こったのです。マグニチュード9、最大震度7という地震でした。震源は岩手県の沿岸部から24キロ沖合の日本海溝付近でした。ここは、北米プレートに太平洋プレートが沈み込むところで、そこを震源として大規模な地震が繰り返されてきたところです [続きを読む]
  • リーマンショック〜日本のターニングポイント19
  • リーマンショック さて、GDPでは中国に負けましたが、再び日本の景気が良くなる兆しを見せました。しかし、2008年に起こったアメリカに端を発する経済危機が日本に襲いかかってきました。この経済危機は100年に1度という大きな危機でした。 また、アメリカですかぁ。どんな事件なんですか? まず住宅は高額ですから、ローン、つまり分割払いで買う場合が大半ですよね。具体的には、ローン会社が家を買った人の代わりに [続きを読む]
  • 失われた20年〜日本のターニングポイント18
  • 3.失われた20年さて、バブル崩壊以後、「失われた20年」とも「失われた10年」とも呼ばれる不景気の時代が始まりました。この間の経済成長率は、その変化を平均すれば約1%と低い状態が続いてきました。日本はバブル崩壊後の経済状況に対する有効な打開策を打てず、公的債務つまり、国の借金は約1000兆円。GDP(国内総生産)の倍近くに膨らみました。このことは税金が入ってこないことを意味します。すなわち、国民 [続きを読む]
  • 日本のターニングポイント17〜ついにバブル崩壊!!
  • 2.バブル崩壊貿易赤字に悩むアメリカは日本に輸出を減らして、アメリカ商品の輸入を増やすことを強く要求してきました。この要求に日本はどう答えたのですか。たとえば、特に、80年代から90年代初めにかけての日本の自動車輸出は、アメリカの輸入超過の原因にもなり、政治問題にも発展しました。そこで、日本の各メーカーは輸出を自主規制しました。日本にあった工場をアメリカに移転する現地生産に切り替え、輸出量を減らす努力 [続きを読む]
  • 日本のターニングポイント16〜バブル崩壊1「貿易摩擦」
  • バブル崩壊1.貿易摩擦 1989年1月昭和天皇が崩御され、年号が改まり平成となりました。1973年と1079年の2度の石油危機で、日本はかなりのショックを受けました。 日本が太平洋戦争に追い込まれたのも、結局は石油の禁輸ですものね。 しかし日本の各企業は経営のあり方を見直し、石油の値段が上がっても経営が成り立つようにしました。ところで、アメリカの状況を見ていきましょう。1980年当時、アメリカとソ連 [続きを読む]
  • 関ヶ原の戦いの真実
  • 学研から出ている雑誌に「歴史群像」というのがあります。最新号(2017年10月号)に面白い記事がありました。関ヶ原合戦の真実(白峰 旬氏執筆)です。通説によれば①大垣城にこもる西軍は、大垣城を無視して上洛しようとする東軍を阻止するために、主力を関ヶ原に移動させた。②西軍は地の利を生かし、鶴翼の陣をしいた。下です。https://senjp.com/sekigahara/ より。③井伊直政と、その婿で家康の4男である松平忠吉の [続きを読む]
  • 日本のターニングポイント15〜冷戦終結
  • さて、ここで東西冷戦の状況を見てみましょう。米ソの直接対決はなかったですが、1962年には、ソ連がキューバに核ミサイルを配備しようとしたことで、危うく米ソの直接対決が起こりそうになりました。地図で見るとキューバとアメリカは極めて近いです。こんなところに核ミサイルが配備されたら、アメリカといえども、核ミサイルを撃ち落とすことは不可能ですから、アメリカは怒りますよね。この時は、アメリカ大統領ケネディは [続きを読む]
  • 日本のターニングポイント12〜高度経済成長
  • さて、1950年代は、せっかく独立を果たしたのから、GHQが日本にした政策を、日本人自身で再検討しようという機運が高まってきました。国の根本を見直そうということです。具体的にはどのような考えが対立していたのですか?鳩山一郎は、アメリカを中心とする自由主義陣営にとどまり、憲法改正をし、日本も防衛力を持つべきだという考えでした。これに対して、日本社会党などは「非武装・中立」をスローガンに掲げ、どこの陣営 [続きを読む]
  • ヒアリ(火蟻)について
  • ヒアリについて一、ヒアリ上陸2017年5月26日兵庫県尼崎市、6月16日神戸港、6月27日名古屋港、7月3日大井ふ頭、7月4日大阪港で相次いで、ヒアリが発見されニュースになっています。 それでは、ヒアリとはどんな生物なのでしょうか? 下の写真を見てください。腹部と背中の間にある、二つ並んだ小さなコブが目印になりそうですね。 http://temita.jp/twitter/50945より二、ヒアリに刺されたら。ヒアリに刺されると激痛が走り、刺 [続きを読む]
  • テロ等準備罪について(改訂版)
  • 2017年6月15日、いわゆる「テロ等準備罪」が成立しました。「準備罪」とはなんでしょうか?そもそも複数の人間により行われる犯罪は、①共謀(どのように犯罪を行うかをみんなで決める。「〇月○日に△へ物を盗みに行こう」など)→②予備行為(犯罪の準備。「ものを盗むのに必要な自動車の用意など)→③実行行為(犯罪を実行する行為。「物を倉庫から盗む」など)→④結果(守るべき利益が損なわれること。「□さんの物が [続きを読む]
  • 日本のターニングポイント10〜日本の再軍備と冷戦
  •  1、日本の再軍備さて、このように、とにもかくにも一切の軍備を捨てた、民主的国家として日本は再出発したのですね。次なる目標は、GHQによる占領を早くやめてもらい、独立を回復することです。そのために連合国と有利な条件で講和条約を結び、戦争状態を解消しなければなりません。  講和条約というと、ベルサイユ条約を思い出します。領土を削られ、天文学的な賠償金を課せられ、ドイツ経済は破綻。ナチスの登場を招いたので [続きを読む]
  • 日本のターニングポイント9〜GHQによる民主化
  • 次にGHQの「2.軍国主義を二度と復活させないために基本的人権を尊重させ、民主的な政府をつくる」ための政策を見ていきましょう。マッカーサーは、当時の幣原 ( しではら )喜重郎 ( きじゅうろう )首相に改革を実施せよと命じます。どんな改革ですか?はい。①婦人の解放と婦人参政権、②労働組合の結成奨励③教育の自由化、④国民にたいする圧制的制度の廃止、⑤経済機構の民主化です。これは五大改革と呼ばれています。まず、 [続きを読む]
  • アニサキス食中毒を通じて見えるもの。
  • 一、今回は、ここ10年で20倍に患者が増えたと言われるアニサキス食中毒について取り上げます。二、アニサキス食中毒の患者数は、日本では年間約7000人です。これに対して、海外での報告数は,1960年に本症の発生がオランダで報告されてから2005年までに,欧州で累計約500件,米国で同約70件とされます(https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/314-anisakis-intro.htmlより)。つまり、日本で圧倒的に多いのです [続きを読む]
  • エマニュエル・マクロン氏当選!フランス、EU残留へ!!
  • フランス大統領選の決選投票が2017年5月7日、即日開票され、中道・独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)→を大差で破り、当選しました。マクロン氏は、史上最年少の仏大統領となります。マクロン氏はEU(ヨーロッパ連合)残留派。ルペン女史はEU脱退派。もし、ルペン女史が勝てば、フランスはEUから脱退→EUは崩壊するところでした。今、世界には二 [続きを読む]
  • 日本のターニングポイント8〜GHQによる軍国主義の排除
  •  GHQによる日本占領の基本方針 1.軍国主義の徹底的な排除2.軍国主義を二度と復活させないために基本的人権を尊重させ、民主的な政府をつくるさて、上の方針にもとづいて日本は改造されていきます。改革にあたっては、GHQが直接やらず、GHQが日本政府に命令を出し、日本政府がこれを実施するという間接統治という形で行われました。まずは1.軍国主義の徹底的排除について見ていきましょう。まずは下の文章を見てください [続きを読む]
  • 日本のターニングポイント7〜GHQによる占領
  • 1.戦後日本の出発点まずは下の写真を見てください。大相撲で有名な両国国技館のあたりです。手前、右の建物ですね。この写真が撮影されたのは、1945年3月10日以後であることは間違いありません。   1945年(昭和20年)の東京  なぜ、3月10日以降と分かるのですか? その日は、東京大空襲が行われた日なのです。アメリカ軍の爆撃機であるB29が325機も来襲。東京を焼き払いました。その日だけで約10万 [続きを読む]