tohira さん プロフィール

  •  
tohiraさん: カメカメ日記(キボシ、ダイヤモンド、モリイシ等)
ハンドル名tohira さん
ブログタイトルカメカメ日記(キボシ、ダイヤモンド、モリイシ等)
ブログURLhttps://ameblo.jp/tohira-kame/
サイト紹介文キボシ、オルナータ、モリイシ、ニオイガメ等、うちで飼育しているカメ達の徒然日記
自由文亀を飼育しだして10年以上経過しました。
悲しい出来事もありましたが、嬉しいこと、癒されることが多いです。
飼育している記録を日記として綴っていきます。
何か質問・問合せがあれば、お気軽にどうぞ。 私の経験の中から回答します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/08/30 23:06

tohira さんのブログ記事

  • [ご案内]爬虫類・両生類オフ会 WITH 亀会 新年会開催
  • 爬虫類・両生類オフ会 WITH 亀会 新年会開催 11月の終わりにプチオフ会、12月は忘年会が亀友、爬虫・両生友よりお誘い頂いています。また、色々と情報交換するのに、月に1回ぐらい、集まる機会があると良いなとのリクエストもあり、新年会を企画中です。 日程は、1月20日(土)、21(日)は静岡のレップショウーなので、翌週の1月27日(土)で検討中です。14時くらいからと考えています。 1月、2月は、爬虫類(特に [続きを読む]
  • 2017年 飼育・繁殖の振返り
  • 2017年もいつのまにか12月の10日になりました、今年も残すところあと3週間です。 恒例の振返り、飼育・繁殖の振返り 飼育面は、最大の反省は、卵詰まりでのテキサス雌親を殺してしまったこと。また、何頭かの他の亀も殺してしまいました。毎年今年は殺さないと思うのですが、やはり殺してしまうことがあります。まだまだ気配り、目配り、思いやりが足らないと思ってます。 育成中の種は、大きな問題もなく、成長していますが、性 [続きを読む]
  • 2017年 イベント参加の振返り
  • 2017年もいつのまにか12月の10日になりました、今年も残すところあと3週間です。 恒例の振返り、イベント会。 今年2017年は、6月・8月・9月のブラックアウト、11月のHBMととんぶり市への参加をしました。実はブラックアウトの参加は、3月のブラックアウトの帰りの飲み会でした。 私とN氏の会話「イベントの来るのも、みんなに会えて楽しいですが、ちょっと物足りないですね。昨年とんぶり市やHBMの楽しさがないですね」「まぁ [続きを読む]
  • 2017年 オフ会の振返り
  • 2017年もいつのまにか12月の10日になりました、今年も残すところあと3週間です。 恒例の振返り、まずはオフ会から。 爬虫類・両性類オフ会は2回、亀会は3回かな。その他はイベント後の打上やら、プチオフ会と亀友さん達と楽しい時間を過ごせました。 新しい出会い、親交の深堀、情報交換や飼育相談。そう言えば、TVに出演もしたかな。 出会いの目玉は、憧れていた「キボシ亀男さん」、「星さん」に会えたことかな。雑誌の上での [続きを読む]
  • 2018年爬虫類・両生類オフ会活動予定
  • 2018年爬虫類・両生類オフ会活動予定 ◇イベント出展 ①3月18日(日)ブラックアウト ②6月10日(日)ブラックアウト ③9月16日(日)ブラックアウト ④11月     とんぶり市出展 ⑤11月     HBM出展(個人出展) ※出展に興味のある方は、プロフィールを参照し連絡お願いします。 ◇オフ会 ①5月 トウレプ開催日の土曜日 爬虫類・両生類オフ会 ②12月トウレプ開催日の土曜日 爬虫類・両生類オフ会 ※参加検 [続きを読む]
  • タートルドック? こんなケージは?
  • タートルドック? こんなケージは? 大阪ブラックアウトで限定販売され、あっという間に完売になったケージ(タートルドックの小さいの)を入手しました。12月中旬過ぎぐらいから関東でも販売が始めるようです。 画像は、Mサイズ(310mm×240mm×140mm)です。4cmほどの亀を4頭入れてみました。これで小さめのランプでホットスポット、下にパネルヒーターを敷けば、ベビーの育成環境になると思います。◇色は黒と白◇サイズ  [続きを読む]
  • REPFAN読者交流会 WITH 爬虫類・両性類オフ会 実施報告
  • REPFAN読者交流会 WITH 爬虫類・両性類オフ会 爬虫類・両性類オフ会は、2013年の5月よりトウレプ開催日の土曜日の夜に開催してきました。今回は初の試みで「REPFAN読者交流会」との合同開催。 流石に雑誌、編集長の知名度などから人が集まり、メーカーさんからの共催もあり、プレゼント企画もあり楽しい時間でした。 なんとあの☆さんも参加しており、挨拶させて頂きました。「ブリーダー応援しているから頑張りな」的な言葉も頂 [続きを読む]
  • ”交流会イベント内容紹介”
  • REPFAN読者交流会with爬虫類・両生類オフ会ぜひ、参加検討お願いします。また、参加頂ける方々は、知っている方で集まるのでなく、知らない方に積極的に声をかけるようお願いします。自分が初めてオフ会に参加した時のことを思い出し、ひとりいる方をフォローしてあげれたらと思います。 [続きを読む]
  • プチオフ会
  • 実は私はお酒は飲みません。まぁ、飲んで飲めない訳じゃありませんが、ほぼ飲まないです。 よって、会社の忘年会なども基本的にはパスする方ですが、昨日1件、12月は3件ほどお酒の席があります。 12月の3件のうち1件は、 はい、土曜日のREPFAN読者交流会WITH爬虫類・両生類オフ会です。こちらは、お酒ってより、新しい友人を作る機会と考えてます。遠慮くなく声をかけますので、遠慮なく声をかけてください。 そして、あと [続きを読む]
  • 12月2日(土)REPFAN読者交流会with爬虫類・両生類オフ会
  • REPFAN読者交流会with爬虫類・両生類オフ会の開催説明 今回のオフ会は、REPFAN読者交流会と共同開催です。確か2014年の5月のトウレプからオフ会を開催してきましたが、今回は趣を変えての開催です。 理由は、「より多くの人との出会い」です。イベントに足を運んでいれば、「あ、あの人見たことある」って方は沢山いますが、話をすることはありません。見ず知らずの人に話しかけるのはなかなか難しいですからね。 ショップのとの [続きを読む]
  • テキサス??カロリナ
  • 邪道かもしれないですが、テキサス×カロリナの繁殖にチャレンジしています。テキサスの特長であるごま塩模様+甲羅の瘤+縁甲の黄色またはオレンジの発色、一方このカロリナはごま塩模様と甲羅の明るい発色(コンセントリック)です。良いとこ取りでの仔亀が作出されたら、明るい発色で甲羅の瘤がある綺麗なタイプになるかと考えてます。 テキサスの血筋を守りたいって思いもありますが、別環境のカロリナ繁殖コロニーは、ダルメ [続きを読む]
  • オルプラス 消臭消毒剤 
  • オルプラス?へ?何って思われる方もいると思いますが、実はこれ重宝しています。自然下では、水棲亀は、バスキングにより肌や甲羅についている細菌を調整しています。飼育環境のバスキングではどうしても強い光や熱を再現できないため、カビが出たり背甲を白っぽくなったりします。これを使えば未然防止にもなりますし、白っぽくなった甲羅にも回復が望めます。(時間はっかかりますが)なんと人間が飲んでも無害とのこと、食品G [続きを読む]
  • 2017CB テキサスダイヤモンドガメ
  • 2017年CB、自家繁殖生体のマイコレクション。時期ビックマザー候補です。7月の終わりの孵ったうちのライトカラーを1頭だけ選別しています。これからどのように成長するか見守っていきます。 来年2018年は、ワイルドの雌親(ずっと産卵していない)が産卵してくれるよう、色んな刺激と変わらないサイクルで飼育環境を作っていき春先の吉報へと繋げたいと思っています。 [続きを読む]
  • 5月に孵った生体の成長
  • とっても嬉しいお報せが届きました。6月のブラックアウトでテキサスとカロリナを購入いただいた方から、その後の成長のお報せです。 上と下、テキサスです。薄めの発色のベビーを選んで頂きました、現在11cmまで成長しているとのこと。 こちらカロリナです。コンセントリックと言える甲羅の模様に成長しています。 このようなお報せは、とっても嬉しいです。ダイヤモンドガメは、サイテス登録後、価格が高騰してしまい、人 [続きを読む]
  • ケージ 育成用タートルタブ
  • 子亀育成用タートルタブ。今までは飼育・産卵用のタートルタブはありましたが、子亀の育成、小型亀の飼育用のタートルタブはありませんでした。噂では、このタートルタブは大阪のブラックアウトで販売されていたそうですが、あっというまの完売だったそうです。 陸場もしっかりしていて軽くて水換えも楽そうです。子亀の育成、個別管理の重宝しそうな感じです。こんなケージ興味ある方いますか? [続きを読む]
  • キボシイシガメ 2017CB
  • キボシイシガメ 2017CBこの生体は、自家繁殖生体ではありません。友人が繁殖した生体を譲っていただいたものです。理由はいくつかあるのですが、キボシイシガメはちょっと癖があります。特にベビーの時は注意が必要、水温、水質、餌に気を使います。種類によってどれくらいの大きさでの販売が適切なのかわかりませんが、この生体は3月まで育成してから販売する予定です。イベントの時期、孵化した時期、餌食いの状態などなど、 [続きを読む]
  • 金色の亀
  • 金色の亀、種としては、いわゆるミドリガメ:ミシシッピアカミミガメです。ただ「アルビノ」になります。飼育して2週間ほどですが、やっぱり目が悪いようでう餌の与え方に注意が必要なようです。 で、「いまさら?」って思う方が多いと思います。理由は噂の絶えない2020年の特定外来への登録です。ある意味そうなったら購入はできなくなります。(繁殖もできなくなりますが)でも、こういう色合い好きなんです。これは私見で [続きを読む]
  • 正解は・・・・・。
  • この亀は、「ニシキバラマルガメ」というマルガメの1種類です。ニシキバラマルガメやノコヘリマルガメ、ヒガシキバラマルガメ、ミナミクロハラマルガメの4種からなるマルガメ属です。まぁ、あまり注目されない亀かもしれません。インドシナ半島南部からインドネシアにかけて分布するアジアンタートルの1種です。 [続きを読む]
  • 時代は動いている ※結構長文かも?
  • 時代は動いている ※結構長文かも? 昔、今から30年以上前、爬虫類・両生類の飼育という趣味は、一部のマニアの趣味でした。その頃はショップも数少なく、名物のオヤジさん的な方がいらっしゃり、「買わせてもらう」って感じで、「お客さま」ですなんて態度だと、出入り禁止にさえなっていたようです。飼育技術は高かったかもしれませんが、「知らない」ことが多過ぎて、飼うというより、生かしておくという感じでした。 昔は、ホ [続きを読む]
  • 2018年のイベント共同出展者の募集
  • 2018年のイベント共同出展者の募集 今年2017年のイベントは、今週末のアクアリウムバスと12月のトウレプになります。2017年は、ブラックアウトに始まり、HBM、とんぶり市と出展側での参加を行いました。イベントには、それぞれに特徴があります。 ・ブラックアウト:生体、餌、グッズなどなど ・HBM:自家繁殖生体 ・とんぶり市:国内繁殖生体大雑把に言えば、このような形になります。 実はブラックアウトへの出展のキ [続きを読む]
  • わかるかな?
  • 11月19日のとんぶり市で迎えた亀。実は開場前に一回りした時に、「え?、この亀のCBっているんだ、凄いな。ベビーから育てたら綺麗だろうな・・・・」と思っていました。で、16時少し前に再度そのショップへ。まだ居ます、しかも大きな瞳でこちらを見てます。まるで、「連れて帰って欲しいな」って訴えているような語りかける瞳。はい、購入してしまいました。さて、この亀わかります? [続きを読む]
  • 申込締切迫る!12月2日(土)REPFAN読者交流会with爬虫類・両生類オフ会
  • REPFAN読者交流会with爬虫類・両生類オフ会のご案内 簡単に言えば、読者交流会とオフ会を一緒にやってみようってことです。流石にREPFANですから、会の中ではいろいろなイベント?がありプレゼントなども用意されたり、協賛メーカーの協力もあるようです。 オフ会は、人と知り合う場です。ショップやイベントでは何度も顔を合わせていても話しかけるのは難しいですよね。それを解決するのがこの場だと思います。爬虫類という大き [続きを読む]