violinchis さん プロフィール

  •  
violinchisさん: ヴァイオリンとヴィオラと子育ての日々から
ハンドル名violinchis さん
ブログタイトルヴァイオリンとヴィオラと子育ての日々から
ブログURLhttps://ameblo.jp/violinchis/
サイト紹介文ヴァイオリン・ヴィオラ教師の子育て日記。 江原啓之さんから学んだスピリチュアリズム、実践中。
自由文東日本大震災に衝撃を受けて、自分にできることの一つとして始めたブログです。神戸でヴァイオリン・ヴィオラを教えている二児の母です。子育ての話題や、仕事のこと、江原啓之さんに学ぶスピリチュアリズムの記事も書いています。
当たり前の日常の幸福や奇跡を感じながら日々過ごしたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/08/30 23:50

violinchis さんのブログ記事

  • ハヴァシュ式テーマ別セミナー受講生募集
  • ”神童”ヴァイオリニスト、カトー・ハヴァシュ女史が考案した、万人に共通する、幸福な奏者となるための学習法、ハヴァシュ式アプローチに基づいたセミナーを開催します。「あがり・力みを克服するワークショップ」や12回レッスンにご参加後、学習を深めたい方や、初めての方もご受講いただけます。プロ・アマ問わず、ヴァイオリン・ヴィオラご参加をお待ちしています。各回5名の定員に達し次第募集を締め切らせていただきます。 [続きを読む]
  • 練習ではなく開発を
  •  ヴァイオリンはとかく「練習、練習」と言われますが、厳密には「練習」ではなく、能力開発をしなくてはいけません。練習を繰り返して筋力をつけるというのではなく、演奏に必要なバランスを探し、心の耳を育てる、自分を開発するんだという意識が大切です。 ハヴァシュ先生は「『練習』という言葉は大嫌い」と言われます。「練習」と聞いた時に感じる、義務感や焦燥感、筋肉のこわばりを意識してみましょう。その意識で楽器を手 [続きを読む]
  • 北海道地震
  • 台風21号、そして、北海道地震にて被災されたみなさまにお見舞い申し上げます。北海道の防災情報のリンクを貼り付けます。https://notice.yahoo.co.jp/emg/sokuho/archives/20180906.html生徒が一人北海道にいて、とても気がかりです。 台風21号では、未だ停電していて復旧の目処がつかないところが多いそうで、本当に大変なことです。一日も早く、普段どおりの生活に戻られますように・・・。 ふるさと納税による寄付先:https:// [続きを読む]
  • 開放弦でも楽しい!
  • 開放弦だけでこんな表現力があるなんて!皆さん考えたことありますか? 入門してきた生徒とは、開放弦だけで弾ける曲(歌の伴奏パート)を数ヶ月かけて、ご一緒しています。 ある生徒は、ヴィオラ歴数年あり、アンサンブルを経験し、カイザーを弾いていましたが、力みに悩んで基礎から習いたいと入門しました。5回のレッスンで、「弓は踊る」教本(ヴィオラ用)を使用して元弓、中先弓、全弓が終わったところです。次回より「弦は [続きを読む]
  • どんな難しそうな曲でも結局は・・
  • カトー・ハヴァシュ先生が書籍やワークショップ、レッスンで伝えておられる、左手右手の基本バランスを確立できたら、どんな難しそうな曲でも、結局は歌を左手の指幅と結びつけるだけの作業になります。不可能が可能になる瞬間です。 これがわかって、私は譜読みがとても楽しくなり、半年かけて、バッハの無伴奏を日替わりで、本を読むように歌って弾いたり、モーツァルト、ブルッフ、メンデルスゾーンなどのコンチェルトを歌って [続きを読む]
  • ハヴァシュ式ワークショップ in 神戸
  • ご参加の皆さん、素晴らしい反応でした!!またご進歩を拝見したいです。来年も開催したいと思います。 会場をご提供いただいたヴァイオリン・ギターショップのロッコーマンさん、本当にありがとうございました。そして、ご縁をくださった方、お手伝いいただいたすべての皆様にこの場を借りて心からお礼申し上げます。カトー・ハヴァシュ先生も大変喜ばれていました。 リズミックパルスの実践中。「羽ばたき」エクササイズの実践。 [続きを読む]
  • 与える人は幸せ
  • 貪る人は不平不満ばかり失うことを恐れる人は恐怖にとらわれるでも、与える人は、ただただ幸せ 昨日はワークショップにて、1日特別な時間をすごせました。皆さんのご親切、受講生の熱意に感謝です。 帰宅後は、娘に大きな雷を落としてしまいました しかし、幸いにも今日も新たな一日が始まりました。 明日は、西日本に、かつてない威力の台風が直撃するとのこと皆さんもどうぞお気をつけてお過ごしください。 [続きを読む]
  • 「あがり・力みを克服するワークショップ」準備
  • 明日は神戸元町ロッコーマンホールにて、「あがり・力みを克服するワークショップ」を開催します。24名ご参加の大きなワークショップになります!皆さんに目一杯楽しんでいただけたらと、冷たい飲み物と神戸のお菓子のご用意はもちろんのこと、ここでしか手に入らないアイテムの販売もすることにしました。 その準備の様子をご紹介します。 大人気のふわふわ人形。使い方はワークショップでお伝えします!ヴァイオリンケースに一 [続きを読む]
  • 門下生が面白い!
  • 今、門下ルーチェの会で色々と面白いことが起こっています。数ヶ月前から、新しい生徒がたくさん入ってくれて、大忙しなのです! 一部のエピソードを、ご紹介します。 ◎すごく意欲と才能のある小学生が入ってきました。親御さんも素晴らしいサポートをされます。これは間を空けずレッスンしなければならないと直感したので、週2回ぐらいのペースで通ってもらっています。このような頻度で一人の生徒をレッスンしたのは初めてで [続きを読む]
  • 3大エクササイズでヴァイオリンを”簡単”に!
  • (神童と呼ばれた、7歳のカトー・ハヴァシュ先生) 「あなたこそが、日本にニューアプローチの種を撒いたのですよ。私はあなたのことを、ハヴァシュ式新学習法(ニューアプローチ)を正しく広めてくれる講師だと確信しています。人々はニューアプローチを必要以上に複雑にしてしまうのですがね。」 昨年、日本弦楽指導者協会の先生方へのワークショップをすることになったときに、カトー・ハヴァシュ先生は私に、このように励ま [続きを読む]
  • オックスフォードでの感動と決意
  • オックスフォードに行っていました。 向こうでのことをブログ記事にしてほしいというみなさんの期待感が伝わってくるのですが、あまりに感動が大きすぎて、安易に言葉にできないでいます。 カトー・ハヴァシュ先生からいただいた、大きな大きな贈り物は、今後の私の活動にて示していきたいです。 まずは、すでに春先から受講生募集中の、「あがり・力みを克服するワークショップ」が目の前です!すでにたくさんのお申し込みいた [続きを読む]
  • ヴァイオリンは大人から始めてもダメなのか?
  • 結論から言って、そのようなことはありません。 そのことを裏付ける、生き証人は何人もいます。17歳、18歳、23歳でヴァイオリンを初めてプロになった人の名前をあげることもできますし、私自身も23歳でスタートしました。 ましてやアマチュアなら、大人から始めても、プロとみまがうぐらい上手に弾ける人はいくらでもいます。 大切なのはいかに学ぶかです。 例えば6歳からやって来た人が音大を受験するまで12年ありま [続きを読む]
  • 平成30年7月豪雨災害への寄付
  • 寄付先をどこにすればいいか考えていたところ、今朝の毎日新聞記事で「ふるさとチョイス」のサイトの新しい取り組みについて書かれていました。 「豪雨被災地への支援 ふるさと納税本来の出番」(毎日新聞デジタル) 被災した自治体に代わって別の自治体が「ふるさと納税」の枠組みを使って寄付を集めて、被災自治体に渡してくれます。職員不足が深刻になる被災自治体に事務負担をかけずに資金が集められるそうです。 ちなみに、日 [続きを読む]
  • 第10回発表会 無事開催できました
  • 西日本の豪雨、洪水の被害に合われている方、関係者の方に謹んでお見舞い申し上げます。少しでも状況が改善されますことを、祈っています。 神戸でも木曜日の朝から雨が降り始め、警報や避難勧告が発令されて子どもたちの学校は休みになりました。そのままいつやむとも知れない雨が週末まで降り続けました。こんなことはこれまでの記憶にはなく、非常事態を感じました。 そんな中、8日(日)は発表会の日でした。幸い、当日の朝に [続きを読む]
  • ユーチューバー!Twoset Violin
  • 今の小学生は、スマホを持っている子も多く、それぞれが「好きなユーチューバー」があるなど、とにかくYouTubeを暇さえあれば見ています。うちの息子はその最たる例で、しばらくは、「そんなアホみたいなものを見ててはダメ!」と戦っていたけど、すでに白旗をあげぎみです しかし、そんな私自身も、ついにユーチューバーにハマることに・・・と言っても、子どもが見ているようなヒ◯キンとかではなく、ヴァイオリニストのユーチュ [続きを読む]
  • ヴァイオリンあるある:右手が激しすぎて左手機能停止
  • たいていの人の力みのトラブルは、右手が激しすぎることです。利き手ということもあるだろうし、思う音を出したいと思うあまり、右手ばかりに司令を出して、忙しく、激しく右手を動かします。 しかし、これが左手の機能停止させている原因となっていることは多々あります。うまく弾けない箇所、右手と左手がバラバラになる箇所などは、まず弓を横へ置いて、ピチカートで弾いてみましょう。何度かこの練習をすると、左手の感覚が戻 [続きを読む]
  • 第10回発表会
  • 今年は生徒の会の10周年記念発表会です。会場は小さなサロンなので、非公開として開催しますが、若干のお席の余裕はあります。もし、このブログをご覧の方で、入門を検討されている方などおられましたらご連絡ください。ご招待いたします。お問い合わせフォームからお願いいたします。 7月8日(日)14時〜、場所は、神戸の阪急御影駅の近くです。生徒のソロ、講師演奏、合奏という構成です。 [続きを読む]
  • 新しい生徒
  • ブログを何年も読んでくださった大人女性が、「意を決して」門をたたいて来られました。これから、素敵な音楽の時間をご一緒できますように。 その方から、こんなヴァイオリン形のレモンリキュールと紅茶のお土産をいただきましたお心遣いに背筋が伸びます。 [続きを読む]
  • ワンランクでも「楽に弾ける」地平を求めて
  • 「あがり」を克服する―ヴァイオリンを楽に弾きこなすために2,376円Amazon ハヴァシュ・バイオリン奏法 ―― 力みをとり、あがりを克服するアプローチ2,268円Amazon ハンガリー人ヴァイオリニストで、神童と呼ばれ、カリスマ教師としてセンセーションを巻き起こしたカトー・ハヴァシュ先生の書籍「あがりを克服する」(音楽之友社)に衝撃を受け、「ハヴァシュ・バイオリン奏法」(ヤマハミュージックメディア)「弓は踊る」(グ [続きを読む]
  • 東京のヴァイオリンの先生へのレッスン
  • 先日は、初めてお会いする方で、東京のヴァイオリンの先生が神戸まで来てくださいました。ご自身のあがりの悩みと、生徒さんへの指導法のブラッシュアップのためのご受講でした。 単発、2時間のみのレッスンだったので、書籍ではお伝えできない部分をひらって集中的に、ヴィデオに記録しながら、ダーーーっとノンストップで喋りまくり、エクササイズやりまくりました 笑顔が素敵で、反応の良い方だったので、ある程度吸収してくだ [続きを読む]
  • 「弦は響く」動画スタート
  • 左手の基礎をステップバイステップで作る教本、「弦は響く」の解説動画、ついに着手しました。最も重要な、バンジョーの構えで1の指の音を弾くエクササイズまでアップしました。私がいつも門下生や12回レッスン生にお教えしているエクササイズになります。 教本読者の方は、限定ページより、御覧ください! また、今回の動画は、試みに、単体での販売をしています。ご希望の方はメルマガ最新号をご覧の上お申し込みください。 [続きを読む]
  • 重音の力みを取る
  • The Twelve Lesson Course In A New Approach to V...2,463円Amazon 上手な人は楽々と弾いているように見える。でもいざ、ヴァイオリンと弓を手にとって自分でやってみると出来ない。出来そうで出来ないのがヴァイオリンの魅力であり、もどかしさでもあります。初心者はなおさらそのような感を持ちながら、夢と希望を持って「練習」しています。しかし、その夢が打ち砕かれ、徒労感と敗北感を抱いてしまうことも・・・・。どんな [続きを読む]
  • 「ベートーベン・ウィルス」に罹患
  • うちには地デジになる少し前からテレビがありません。子ども(当時9歳)がエンドレスに見てしまい、バトルが絶えないので、撤去するという選択をせざるをえませんでした。 そういうこともあり、ブームの時韓国ドラマが騒がれていても、自分は冷めた目で見ていたのですが、まさ自分が今になって韓国発のドラマにこんなにハマるとは・・・。 きっかけは、入会しているオンデマンドドラマのサイトで、指揮者の写真とタイトルを見て [続きを読む]