生好 有怒苦 さん プロフィール

  •  
生好 有怒苦さん: 生好 有怒苦
ハンドル名生好 有怒苦 さん
ブログタイトル生好 有怒苦
ブログURLhttp://41finerain02.seesaa.net/
サイト紹介文写真で綴る庭内の動植物の姿と日々雑記。
自由文撮影に行ったり、旅に出たり、絵を見たり、本を読んだり、身近に起こったことを写真を主体に掲載。
 タイトルは「晴耕雨読」のもじり。
 好もしい人生を好きに生きたい。しかし、人生には色々な苦がある。自身に対す怒り、政治・社会に対する怒りもある。そうそう好きに生きられないと思って暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供387回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2011/08/31 00:41

生好 有怒苦 さんのブログ記事

  • 隣猫
  •  去年まで夏の間は殆ど姿を見せなかった。 自分の棲家だったところを子連れの野良猫に占拠されてしまって居どころを失って、我が家で仮住まいしているようだ。ほぼ毎日やってきて寝転んでいる。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 胡瓜の花
  •  最初に植えた。キュウリは枯れてしまった。七月の中旬に植えたのにやっと花が咲いた。待ちに待った花である。 ところが、これがなかなか成長しない。水不足だろうか。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • クマゼミ
  • 今日、長崎原爆忌。 声はすれども姿は見えず。七月の下旬ごろから毎朝鳴き声は聞いてきた。その声が聞こえる方向に目をやるのだがその姿を捉えることができなかった。こちらの動きを感知すると鳴き止んだり、素早く飛び去ったりしてしまう。たまたま飛び去ろうとして、仮に止まったのか目の前に来たので撮影できた。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 志賀高原あちらこちら
  •  渋池。前山リフトの山上乗り場から歩いて五分ほど。草草の池面への映り込みなどが綺麗だった。 渋池から一時間余り歩いて着いたのが四十八池。当初ここへ行くつもりは全くなかった。記憶違いに端を発し、行くことになってしまった。そのためどれほど歩くとこの池に到達できるのかは全く分かっていない。わかっているのその道を行けばその池に行けることだけだった。無事到着して帰ることが出来た。 田ノ原湿原。志賀高原一帯は [続きを読む]
  • 中野市を訪ねる
  •  少しは涼しいだろうと思って訪ねたが、中野も猛暑の中にあった。車の外気温の表示が38、39度。 高梨館跡。高梨氏は鎌倉から室町にかけてこの地での権力者だったが、越後の上杉氏が会津へ移封されるとそれに連なったとのこと。井戸・屋敷跡の表示杭・枯れた池・石碑などがあって公園風に整備されていた。 中野県庁・中野陣屋跡。寺院を思わせるような建物である。中には土地の人のコレクションなどが陳列されていた。馬具をはじ [続きを読む]
  • ヒメクグ
  •  ヒメクグは芝生内に一杯生えている。3週間ほど前に芝を刈った。その際多くは刈り取られたが、刈り残ったところで咲いていた。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日焼け千両
  •  西日が照り付けるところに生えているのは、多くの葉の半分ほどが日焼けで枯れている。 熱暑を凌いでいる。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • アゼナ
  •  ひょっとしたら我が家の庭に棲息する野草のなかで最多を誇っているのではなかろうかと思う。とにかくいっぱい生えていていっぱい成敗した。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紫蘭の実
  •  沢山できた。根で蔓延っているのに、更に種子ででも増殖を図ろうとしている。生命力抜群、繁茂力旺盛。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  •  親子で存在を確かめ合うためか、一日中鳴き通している感じである。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鬼灯色づく
  •  イチゴを作っていた領域に侵入した。イチゴに与えた肥料を吸収したのか、幹太く、袋の数も多い。そして本数も多い。 お盆の墓花として使われる。市場へ持って行ってみようかと思うほどたくさんできた。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 烏瓜咲く
  •  今年も沢山の蕾とか萎れたのを見た。 暗くなって開花が始まるので、夜9時ごろに懐中電灯で花の所在を確かめ、ストロボを発光しての撮影。花は高い位置にあるのでほぼ横側からの撮影になってしまった。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]