ataka さん プロフィール

  •  
atakaさん: atakaの趣味悠久
ハンドル名ataka さん
ブログタイトルatakaの趣味悠久
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wtn1948/
サイト紹介文江戸川周辺のウォーキング途中で出会う草花、野鳥等の写真をEos kiss X6iで黒岩涙香作品などと共に紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供412回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2011/09/01 06:44

ataka さんのブログ記事

  • 富士とskytree
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 堤防に出たら富士が見えた。 ここの所昼過ぎまで富士が見える。 skytreeと富士が並んでいる所を撮ろうと思い立った。 堤防に沿ってどんどん下流へ行って見た。(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)にほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログランキングへ(c)山里2015 ー写 [続きを読む]
  • 柿の木のメジロ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 実の熟した柿の木に、ヒヨドリやツグミに混じってメジロが来ていた。 ヒヨドリに警戒しながら、熟した柿の実を懸命に食べて居る。 時々ヒヨドリに追われて逃げる。 又すぐにヒヨドリの居ない方に飛び付く。(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で [続きを読む]
  • 赤いバラ・Tchin-Tchin
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 初冬に咲く赤いバラ。 霜にも負けず露地に咲いている。 鮮やかな朱色の花だ。 Tchin=Tchinというばらだ。 Thin-Tchin  ・1987年フランス・メイアン作  ・丸弁の半八重咲き  ・名は乾杯という意味(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)にほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・ [続きを読む]
  • 青い鳥(ルリビタキ)
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 青い鳥、ルリビタキの雄。 綺麗な青色の雄だ。 まだ試写レベルだ。 満足の行くまで何度か乗せる。 ルリビタキ  ・スズメ亜目ツグミ科Tarseger属ルリビタキ種  ・尾羽の羽毛は青い  ・オスの成鳥は頭部から背の上面に掛けて青い羽毛に覆われる。  ・日本では基亜種が夏季に本州中部以北、四国で繁殖する。  ・冬季になると、本州中部 [続きを読む]
  • 黄色いバラ(ツル・ゴールドバニー)
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 四季咲きの黄色いツル薔薇、ツル・ゴールド・バニー。 初冬の今、まだ沢山の花が咲いている。 CL・GOLD・Banny  ・1986 フランス  ・メイアン作(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の←ク [続きを読む]
  • ルリビタキ(嬢)
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 今季、ルリビタキの嬢の初見え。 特徴のあるパツ、パツという羽音で近くに来たのが分かる。 藪から様子みをして、傍の枝に出、地面に降りる。 ルリビタキ  ・スズメ亜目ツグミ科Tarseger属ルリビタキ種  ・尾羽の羽毛は青い  ・オスの成鳥は頭部から背の上面に掛けて青い羽毛に覆われる。  ・日本では基亜種が夏季に本州中部以北、四国 [続きを読む]
  • ヒイラギナンテン(マホニア・メディア)
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) ヒイラギナンテン(マホニア・メディア)が咲き出した。 普通のヒイラギナンテンは春3月頃に咲く。 このヒイラギナンテン(マホニア・メディア)はいつも12月から咲き出す。 ヒイラギナンテン(マホニア・メディア)  ・キンポウゲ目メギ科ヒイラギナンテン属マホニア・メディア種  ・中国原産のロマリーフォリアと日本のヒイラギナンテンの交配種  ・1月か [続きを読む]
  • 初めての緋クイナ
  •  緋クイナに初めて出会った。 首から胸にかけて赤いクイナだ。 背の方は日陰で見ると黒っぽい。 マコモの藪から藪へと移りながら餌を捜がしている、 何とかおぼろながら姿を見ることが出来た。 ヒクイナ  ・ツル目クイナ科ヒメクイナ属ヒクイナ種  ・中国南部、台湾、日本などで繁殖  ・冬季になるとインドシナ半島、中国南部に移動  ・日本では本州中部以南に移動し越冬  ・全長19cmから23cmにほんブログ [続きを読む]
  • 咲き出した日本水仙
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)  道端に生えて居る日本水仙が咲き出した。 日当たりの良い所に生えた日本水仙だ。 ここに生えた日本水仙は毎年一番に咲き出す。 今年は雑草の中に咲いている。 日本水仙 ・ヒガンバナ科ヒガンバナ亜科スイセン属ニホンズイセン ・原産地 スペイン、ポルトガルを中心とした地中海沿岸地域 ・原種は30種ほど知られている ・日本には日本水仙が中国を経て渡来し [続きを読む]
  • 初めてのハイイロヒレアシシギ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) いつもの池の傍を通ったら、ハイイロヒレアシシギが泳いでいるとのこと。 天気が悪く薄暗かったが、池の向こう岸に近い所をカモメが泳いで居る様に見えた。 ファインダー越しに見たら、カモメでは無かった。 ハイイロヒレアシシギは海上を通り過ぎ、めったに見られない野鳥だとの事だ。 ハイイロヒレアシシギ  ・チドリ亜目ヒレアシシギ科ヒ [続きを読む]
  • 晩秋の皇帝ダリア
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 皇帝ダリアが一本咲いて居た。 霜にも傷(いた)んでいない。 ブームが去ったのか、皇帝ダリアが少なくなった。 近隣の農家に咲いていた沢山の皇帝ダリアは抜かれて見られなくなった。 皇帝ダリア  ・キク科ダリア属  ・原産地 メキシコ  ・草丈 3〜4mにほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログランキングへ(c)山里2015 ー写真素材 PIXT [続きを読む]
  • 岸のオシドリ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 木立ち越しにオシドリが見えた。 沢山のオシドリが岸に上がっ居る。 立って池を眺めたり、うずくまって休んだりしている。(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の← で [続きを読む]
  • 未だ咲くランタナ
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 6月から咲いていたランタナ。 未だ鮮やかに咲いている。 軒下に植えられた三種類のランタナだ。 前に咲いた花は黒い実を付けている。 ランタナ  ・シソ目クマツヅラ科シチヘンゲ属ランタナ  ・南アメリカ原産  ・茎には細い棘がある  ・世界の侵略的な外来種ワースト100に選定されている(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像ク [続きを読む]
  • 池のオシドリ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 池のオシドリ。 岸に上がって休んで居たオシドリが、ニ、三羽水に降り泳ぎ出した。 雌に比べて雄がカラフルだ。 カラフルと言うより、縫いぐるみの作り物の様だ。 オシドリ  ・カモ科オシドリ属オシドリ種  ・東アジアのみに分布  ・日本では北海道や本州中部以北で繁殖する  ・冬季になると本州以南に南下し越冬  ・渓流や湖沼に生 [続きを読む]
  • 晩秋に咲く10月桜
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 晩秋の今、桜が咲いている。 紅葉を背景に咲く10月桜だ。 まだ五分咲きと言った感じだ。(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)にほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログランキングへ(c)山里2015 ー写真素材 PIXTAー [続きを読む]
  • 紅葉下のオシドリ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) オシドリの居る所に行って見た。 晴れのつもりで行ったら曇り空で暗かった。 少し離れた池の岸にオシドリが上がって居た。 しばらくしたら池に降り、紅葉の下に来た。 オシドリ  ・カモ科オシドリ属オシドリ種  ・東アジアのみに分布  ・日本では北海道や本州中部以北で繁殖する  ・冬季になると本州以南に南下し越冬  ・渓流や湖沼 [続きを読む]
  • ムクノキのツグミ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) ムクノキにツグミが来た。 ムクノキの熟した実を食べに来たのだ。 野鳥は甘さの味覚があるようだ。 人間が食べてもおいしい甘い実の成る木に来る。 柿などもその一つだ。 ツグミ  ・スズメ目ツグミ科ツグミ属ツグミ種  ・夏季にシベリア中部や南部で繁殖  ・冬季中華人民共和国南部などに南下する  ・越冬地では先ず山地の森林などに [続きを読む]
  • ヒサカキにメジロ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) ヒサカキにメジロの群れが居た。 葉が茂って暗い。 ヒサカキの木に附いて居る小さな虫を食べているようだ。 ヒサカキ  ・モッコク科ヒサカキ属ヒサカキ種  ・葉はやや倒卵状楕円で縁に丸い鋸葉がある  ・本州、四国、九州に分布  ・目立たないが非常に数が多く、照葉樹林では何所の森にも生えている  ・宗教的には榊の代用に使われる [続きを読む]
  • 林のトラツグミ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 林の暗がりにトラツグミが居た。 地面の落ち葉を掻きわけて餌を捜して居る。 薄暗い所が好きな鳥なので、出会うのはいつも日陰の薄暗い所だ。 写真を撮るのは暗くて難しい。 トラツグミ  ・スズメ目ツグミ科トラツグミ属トラツグミ種  ・シベリア東南部から中国東北部、朝鮮半島などに分布  ・日本では留鳥として周年生息  ・食性は雑 [続きを読む]
  • 富士に掛かる夕日
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 夕方、雨がぱらついて来た。 急いで帰って来たら、堤防から富士が少し見えた。 ひょっとしたらダイヤモンド富士が見られるかも知れない。 今日のダイヤモンド富士が見られる位置は把握して居なかった。 急いで堤防沿いを溯った。 少しダイヤモンドの位置がずれてしまった。(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る)(上の画像 で拡大、左上の [続きを読む]
  • もう居たビンズイ
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 毎年ビンズイが来る所に行って見た。 三羽のビンズイが来て居た。 地面に降りて歩きながら何かを啄んでいる。 通行人が有ると傍の木に飛び移る。 暫く模様見て又地面に戻る。 ビンズイ  ・スズメ目セキレイ科タヒバリ属ビンズイ種  ・西ヨーロッパからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部にかけてとヒマラヤ付近で繁殖  ・冬季 [続きを読む]
  • 魚を捕ったホシゴイ
  •  池の向こう岸で、ホシゴイがジ――っと水面を見詰めている。 時々身を乗り出して今にも飛び込みそうにする。 何度か同じポーズを繰り返してジーっと待つ。 魚は見えて居る様だ。 待ちに待った末に、バシッと水面に嘴を突き刺した。 魚を咥えて居る。 初めてホシゴイが魚を捕ったのを見た。 ゴイサギ  ・ペリカン目サギ科サギ亜科ゴイサギ属ゴイサギ種  ・アフリカ、南北アメリカ、ユーラシア、インドネシア、フィリピ [続きを読む]
  • ピンクのネリネ
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 彼岸花に似たネリネの花。 以前はリコリスだと思って居た花だ。 花が咲いている時に葉が有るのがネリネだと「ジージのドイツ花だより」というブログで教わった。 今の時期に咲いている、ヒガンバナに似た花には葉が出ている。 このピンクの花も少し幅広な葉の中から花茎が出て咲いて居た。 ネリネ  ・キジカクシ目ヒガンバナ科ネリネ属-  ・南アフリカ原産   [続きを読む]
  • 池のアメリカヒドリ(2)
  • BORG89EDレンズにて撮影(上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 池のアメリカヒドリ。  ひとしきり辺りを泳いだ後、バタバタをした。 午後には頻繁にバタバタをするが、午前中のバタバタは少ない。アメリカヒドリ ・カモ科マガモ属アメリカヒドリ種 ・淡水鴨の一種 ・北アメリカ中部から北部で繁殖 ・冬季は北アメリカ南部から中央アメリカ、西インド諸島で越冬 ・日本へは数少ない冬鳥として飛来    [続きを読む]
  • ナンキンハゼの白い実
  • (上の画像 で拡大、左上の← で元に戻る) 紅葉のナンキンハゼ。 白い実が目立つナンキンハゼ。 場所によって色々だ。 白い実はハトやヒヨドリ、ムクドリ、ツグミなどの野鳥の好物だ。 ナンキンハゼ  ・トウダイグサ科トウダイグサ亜科Hippomaneae連Hippomaninae亜連ナンキンハゼ属ナンキンハゼ種  ・和名はハゼノキの代わりに蝋をとることから来た。  ・中国原産の木の意味  ・良く紅葉する。    [続きを読む]