ataka さん プロフィール

  •  
atakaさん: atakaの趣味悠久
ハンドル名ataka さん
ブログタイトルatakaの趣味悠久
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/wtn1948/
サイト紹介文江戸川周辺のウォーキング途中で出会う草花、野鳥等の写真をEos kiss X6iで黒岩涙香作品などと共に紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/09/01 06:44

ataka さんのブログ記事

  • 酔いが回る酔芙蓉
  •  午前中は真っ白な酔芙蓉。 正午近くにはほんのりと色ずく。 午後には益々ピンクが濃くなる。 スイフヨウ(酔芙蓉)  ・アオイ科フヨウ属  ・朝方は白い花が咲き段々酔ったようにピンクに成って萎んでいく。  ・一日花にほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログランキングへ(c)山里2015 ー写真素材 PIXTAー [続きを読む]
  • アベリアのオオスカシバ(2)
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 曇り空の夕方、歩道沿いのアベリアにオオスカシバが来ている。 曇り空で夕方だとシャッター速度が上がらずピントが甘いものばかり。 オオスカシバの透いた翅が写ったのが中々撮れない。 今回は1/1000秒で切れるようにISO感度を上げて撮った。 何とか数枚オオスカシバのトンボの様に透けた翅が撮れた。にほんブ [続きを読む]
  • 白いジンジャーリリー・コロナリウム
  •  白いジンジャーリリーが好い匂いを漂わせている。 蕾が紡錘状に集合し下から咲いて行く。 花は一日でしおれ、次々と新しい花が咲いて行く。 ジンジャーリリー・コロナリウム  ・ショウガ科シュクシャ属(ヘディキウム属)  ・インド、マレーシア原産  ・ハナシュクシャとも呼ばれるジンジャーの代表的な種  ・強い芳香を放つ   (ヤサシイエンゲイ)よりにほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログラン [続きを読む]
  • 藪枯らしのナミアゲハ
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) ヤブカラシにナミアゲハが来た。 ヤブカラシのピンクの花台に長い吸蜜管を伸ばした。 暫くすると更にもう一羽(一頭)遣って来た。 そばに色々な花があるのにヤブカラシに留まる。 ヤブカラシの蜜は相当魅力らしい。 にほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログランキングへ(c)山里2015 ー写真素材 [続きを読む]
  • 八重のクチナシ
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 八重のクチナシが匂いを漂わせている。 近くのアベリアにはオオスカシバも出没している。 このクチナシの葉を食べて育ったのかもしれない。 クチナシ  ・アカネ科サンタンカ亜科クチナシ連クチナシ属クチナシ種  ・一重のクチナシは6弁花  ・実からは黄色の染料を取る  ・ジャスミンの匂いがする   (Wi [続きを読む]
  • アベリアのオオスカシバ
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) アベリアの花にオオスカシバが来ていた。 姿はホシホウジャクに似て居るが、翅がトンボの様に透けている。 大きさはホシホウジャクより少し大きい。 ホバリングしながらアベリアの花に吸蜜管を差し込む。 動きは矢張り速いので高速で切らなければピンボケになる。 オオスカシバ  ・スズメガ科ホウジャク亜科Dilo [続きを読む]
  • 咲き出した彼岸花
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 除草後の堤防に彼岸花が咲いて居た。  ここのところの雨で彼岸花の花茎が急速に伸びていた。 今年は暑かったせいか咲き出しが今までで一番早い。 曇り空の夕方だったので花の色がくすんだ赤になった。 彼岸花  ・ヒガンバナ科ヒガン花亜科ヒガンバナ連ヒガンバナ属ヒガンバナ種  ・中国原産  ・日本にあるヒ [続きを読む]
  • 蜂の様なホシホウジャク
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 夕方の遊歩道沿いのアベリアにホシホウジャクが来た。 アベリアの周りを飛ぶ姿は蜂と見間違える。 薄暗い所を好む為日陰の方のアベリアの花で吸蜜する。 ホバリングをして一瞬で吸蜜しては次の花に移動する。 ちょっとの間吸蜜して直ぐ居なくなる。 なかなかまともな姿が撮れない。 ホシホウジャク  ・スズメガ [続きを読む]
  • 黄色いマリーゴールド
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 黄色いマリーゴルドが咲いて居る。 随分前から咲いて居る息の長い花だ。 園芸種として栽培されるものにはフレンチやアフリカンと冠するものがあるが総てメキシコ産とのこと。 時々家庭菜園などに線虫駆除の農薬代わりに野菜と一緒に植えられる事が有る。 マリーゴールド  ・キク科キク亜科コウオウソウ属(マンジュ [続きを読む]
  • アベリアのキアゲハ
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) アベリアにキアゲハが吸蜜に来た。 アベリアの小さな花に吸蜜管を差して盛んに吸蜜している。 翅も傷が無い若いキアゲハだ。 ナミアゲハとの違いが上翅の肩にはっきり見られる。 上翅の肩の仕切りが黒く塗りつぶされている。 キアゲハ  ・アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科アゲハチョウ族アゲハチョウ属キアゲハ種 [続きを読む]
  • アベリアのナミアゲハ
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 遊歩道脇のミカンの木にナミアゲハが来ていた。 ミカンの葉に卵を産み付けに来たらしい。 黄色みがあるキアゲハに似たナミアゲハの雌だ。 暫くミカンの木の傍に居た後、アベリアの花の蜜を吸った。 その後、そばのツツジの葉に留まって翅を広げて休んだ。 翅が少し傷んで居た。 ナミアゲハ  ・アゲハチョウ科ア [続きを読む]
  • 咲き出したタマスダレ
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 道端に咲き出したタマスダレ。 雨の後に急にあちこちで咲き出した。 庭に植えたものが逸失して野生化したものもある。 ピンクの花のサフランモドキと同じ仲間だ。 ピンクのサフランモドキが上向きに咲くのも肯ける。 タマスダレ(ゼフィランサス)  ・ヒガンバナ科タマスダレ属(ゼフィランサス属)  ・タマス [続きを読む]
  • 干潟のメダイチドリ
  • BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の← で元に戻る) 干潟に胸元が目立つ鳥が居た。 初めて見る鳥だ。 コチドリに似て居るのでチドリの仲間だろうと思った。 あれこれ調べたらメダイチドリとオオメダイチドリいうチドリに似て居た。 嘴の長さからメダイチドリと同定した。 メダイチドリ  ・チドリ科チドリ属メダイチドリ種  ・ユーラシア中東部で局地的 [続きを読む]
  • 真っ赤なバーベナ
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 道沿いに置かれたプランターの真っ赤なバーベナ。 6月頃から何度も花を咲かせている。 花が咲き終わったかなと思うと又咲く。 バーベナ ・シソ目クマツヅラ科クマツヅラ属 ・南北アメリカ原産 ・宿根草、1年草がある ・花期 4月〜11月 ・花は小型で花弁は5裂する  (Wikipedia)よりにほんブログ村FC2 Blog [続きを読む]
  • 悠然と飛ぶミサゴ
  • BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の← で元に戻る) オオタカとしましたがミサゴに訂正します。 海水の入る大きな池の上空だったのでミサゴでした。 ミサゴが悠然と飛んで居るのが見えた。 木の間から見える空間を一、二度旋回して居た。 直ぐに木の陰に入って見えなくなった。にほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログランキングへ(c)山里20 [続きを読む]
  • 紫紺のバーベナ・花手鞠
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 紫紺の小さい花がボンボン状に咲くバーベナ。 バーベナ・花手鞠という種類だと思われる。 バーベナ・テネラに花は似て居るが葉の形が異なる。 バーベナ・テネラは葉が細いコスモス状の葉。 バーベナ・花手鞠は周辺がノコギリ状の広い葉。バーベナ・テネラにほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログラン [続きを読む]
  • 初めての京女鴫(キョウジョシギ)
  • BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の← で元に戻る) 干潟で初めて京女鴫(キョウジョシギ)を間近で見た。 干潟を忙しく歩き回り、砂に嘴を差し込んでカニを捜して居た。 4〜5年前、田植えの時期の夕方、田んぼでムナグロと一緒に居るの見て以来だ。 田んぼでムナグロを見る度に交って居ないか捜したが居なかった。 干潟に何度か来て、やっと出会う事が出 [続きを読む]
  • 生垣の仙人草
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 近くの道沿いの生垣を伝う蔓性の仙人草。 生垣の上部を這い白い花を沢山咲かせている。 剪定で上部の茂った部分は毎年刈られてしまう。 再度延びて毎年同じ所に同じ様に咲いて居る。 仙人草  ・キンポウゲ目キンポウゲ科センニンソウ属センニンソウ  ・日本各地の日当たりの良い山野に自生する蔓性の植物  ・ [続きを読む]
  • 干潟のミヤコドリ(都鳥)
  • BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の← で元に戻る) 名にしおはば いざ言問はむ都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと(在原の業平) という歌で聞いた事のある都鳥。 どんな鳥か見て見たいと思って居たがやっと出会えた。 調べて見たら在原の業平の都鳥はカモメの事だとあった。 だが大伴の家持の読んだ都鳥はこの赤い嘴の都鳥の事では無いかともあった。  [続きを読む]
  • 進む稲刈り
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) 稲刈りが急ピッチで進んで居る。 ニ、三日前に稲を刈った田んぼが一〜二枚あった。 二、三日経って田んぼを通ったらもう半数以上の田んぼの稲刈りが済んで居た。 稲刈りの真っ最中だ。たわわな稲にほんブログ村FC2 Blog Ranking写真(植物・花) ブログランキングへ(c)山里2015 ー写真素材 PIXTAー [続きを読む]
  • 珊瑚樹の木のコムクドリ
  •  珊瑚樹の実を食べにムクドリに似た鳥が来た。 普通のムクドリと少し色が違う。 初めて見る鳥だ。 ほっぺが少し赤茶色をした鳥だ。 ほっぺが赤茶色をしたムクドリに似た鳥はコムクドリの雄だとのこと。 雌のコムクドリはほっぺが赤くないが背はムクドリほど黒っぽくない。 コムクドリ  ・ムクドリ科ムクドリ属コムクドリ種  ・千島列島、サハリン南部、日本で繁殖  ・日本では夏鳥として北海道、本州北部で繁殖  ・ [続きを読む]
  • 黄色いパキスタス・ルテア
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) コエビソウに似た黄色い花が咲いて居た。 黄色い花が上向きに直立して咲いている。 初めは黄色いコエビソウかと思った。 普通コエビソウは垂れる様にして咲く。 調べて見たらパキスタスという花だった。 パキスタス ルテア(Pachystachys lutea)  ・キツネノマゴ科ベニサンゴバナ属ウコンサンゴバナ種  ・ [続きを読む]
  • どっしり構えたウミネコ
  • BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の← で元に戻る) 干潟のウミネコ。 干潟で一番大きな鳥だ。 子供が近くに行ってもあまり動じない。 ゆったりと群れで休んで居る。 ウミネコ  ・チドリ目カモメ亜目カモメ科カモメ属ウミネコ  ・嘴が黄色、先端部分が黒、最先端部分が赤  ・目の光彩は黄色、目の縁に赤いアイリングがある  ・ミャーミャーと猫の様 [続きを読む]
  • ピンクのハナキリン
  • Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。左上の← で元に戻る) ハナキリンの花をやっと撮る事が出来た。 以前から見て居たが、遠かったりして撮る機会が無かった。 真っ直ぐに伸びた棘のある茎の先端に花を付ける。 どのお宅も家の中か温室で育てている。 ハナキリン  ・トウダイグサ科トウダイグサ属ハナキリン種  ・マダガスカル原産  ・茎が多肉で棘が密生  ・葉が棘 [続きを読む]
  • 初めてのオオソリハシシギ
  • BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像 で拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の← で元に戻る) 初めてオオソリハシシギに出会った。 初め干潟に居たが、潮が5,6cmの浅瀬に移動した。 長い嘴を砂に挿してゴカイやカニを捜して居る。 初め見た時は、田植え間も無くの近くの田んぼで見たオグロシギかと思った。 帰って調べたらオグロシギでは無く、オオソリハシシギだった。 オオソリハシシギ   [続きを読む]