dragons722 さん プロフィール

  •  
dragons722さん: 天高く舞う竜
ハンドル名dragons722 さん
ブログタイトル天高く舞う竜
ブログURLhttps://ameblo.jp/dragons722/
サイト紹介文中日ドラゴンズファンのBBMカード収集を中心としたブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/09/02 15:45

dragons722 さんのブログ記事

  • 新体制発表
  • 【中日球団発表】2019年シーズン監督・コーチ○は新任、△は復帰≪一軍≫監督・与田剛○ヘッドコーチ・伊東勤◯打撃コーチ・村上隆行○打撃コーチ・波留敏夫投手コーチ・阿波野秀幸○投手コーチ・赤堀元之○バッテリーコーチ・中村武志△内野守備走塁コーチ・奈良原浩外野守備走塁コーチ・工藤隆人○≪二軍≫監督・小笠原道大打撃コーチ・石井昭男打撃コーチ・森野将彦投手コーチ・門倉健○投手コーチ・小笠原孝投手コーチ・浅尾 [続きを読む]
  • 甲子園のスター来る!
  • も〜う、言葉にならない興奮する結果でしたね!ドラフトで4球団競合で大阪桐蔭の根尾昴を与田新監督が見事に引き交渉権を獲得しました。岐阜出身の根尾選手はかつてドラゴンズジュニアでプレーしていただけに昔から追い続けた地元のスター選手だけに早くから1位指名を公言していました。当初は5〜6球団近い競合が予想されましたが、公言していた巨人、ヤクルトとその年の1番良い選手を指名する日本ハムとの競合になりました。いの [続きを読む]
  • 新監督は剛腕リリーバー
  • 新監督内定2019年のドラゴンズは、与田剛氏が率いる事が決まりました。森繁和監督は退任し、編成部門に入る事となり新生ドラゴンズを裏で支えることになります。与田剛氏は木更津中央高校から亜細亜大学を経てNTT東京で注目され、野茂・佐々木・古田・前田智など数多くの大選手が指名された89年のドラフトでドラゴンズの1位として入団しました。1年目から最速157キロの豪速球を武器にクローザーとして活躍、31セーブを挙げて(15年 [続きを読む]
  • さらば走塁の神様
  • 正式に引退発表されました。荒木雅博 96〜18ドラゴンズの黄金期を支えた名二塁手・荒木雅博の今シーズン限りで現役引退する事が発表されました。引退発表があるまで信じたくはなかったですが正式に発表されました。95年のドラフトで福留孝介・原俊介の外れ外れ1位で熊本工業高校からドラゴンズに入団しました。一軍出場は2年目の97年から代走、守備要員としてでした。98年には俊足を活かすためにスイッチヒッターにも挑戦レギュラ [続きを読む]
  • 戦力外の季節
  • 去る選手たちの季節谷哲也(08〜18)日立製作所から07年大学・社会人ドラフト3巡目でドラゴンズに入団二軍では成績を残していましたが、プロ初安打は2011年の最終戦と遅めに記録転機となったのは背番号を70に変更した2014年、出場を大幅に伸ばし59試合に出場し初のお立ち台を達成2017年にはプロ初ホームランを記録今年から背番号58に変更となりましたが、一軍出場なく戦力外通告を受け現役引退を発表しました。一時期は代打として活 [続きを読む]
  • さらば鉄腕
  • 改めて発表された大投手の現役引退今シーズン前人未到の1000試合登板を果たした岩瀬仁紀の現役引退が正式に発表されました。引退の理由としては前年の成績を下回ったら引退を決めていて、これ以上チームに迷惑んかけたくないという岩瀬らしい決断かと愛知県出身で高校、大学、社会人、そしてプロでも地元ドラゴンズに逆指名で入団しました。そんな岩瀬のプロ初登板は新人で開幕戦から訪れますが一死も取れずにマウンドを降りると [続きを読む]
  • 最後もダイブ
  • 期待には応えられなかったですが、引退となれば寂しいもの浅尾拓也の引退試合と同日に野本圭の引退試合も行われました。最終打席はボテボテの内野ゴロでしたが一塁へのヘッドスライディングでナゴヤドームを沸かせました。岡山県出身で岡山南高校を経て、駒澤大学へ進学。駒澤大学では後にプロでもチームメイトとなる先輩・新井良太、後輩・大島洋平とプレー大学卒業後は日本通運でプレーし、2008年のドラフトで東北楽天との競合 [続きを読む]
  • さよなら快速王子
  • ショッキングなニュースが続いてますが、思い入れがある人達なので個別に記事を…まずは、浅尾拓也が現役引退を表明しました。復活を模索していましたが、結果的にモチベーションを維持出来なくなったという理由が悲しくて悲しくて…知多市出身で常滑北高から日本福祉大へ進学し、頭角を現して同大学初のプロ野球選手として06年の大学・社会人ドラフトで3巡目に地元ドラゴンズに指名されました。一年目の2007年から一軍で登板をし [続きを読む]
  • さらばサイレントK
  • 元ドラゴンズ戦士が今年限りでユニフォームを脱ぎます。石井裕也(05〜08途中)横浜商工から三菱重工横浜を経て2004年のドラフト6巡目でドラゴンズに入団難聴というハンデを抱えながら三振を取る姿から「サイレントK」と呼ばれていました。ドラゴンズでは期待されましたが当時は戦力の過渡期だったため出番は少なく08年途中に小池正晃とのトレードで地元・横浜へ移籍しました。その後、再びトレードで日本ハムへ移籍し今年まで現役 [続きを読む]
  • 一軍デビューなるか?
  • チャンスは今日?山本拓実(/20)二軍では0勝6敗ながら一軍に登録されたドラフト6位の高卒右腕石川翔(2位)、清水達也(4位)と共に高卒右腕トリオでファームで経験を積みながら将来を期待されています。市立西宮高出身であるだけに地元である甲子園でデビューの可能性がありますが、明日は松坂が一軍登録される際に登録抹消される可能性が高いため今日デビューできるチャンスがあるか注目ですね。 [続きを読む]
  • 相性バツグン
  • 先週に続いて今週も現地観戦でした。ナゴヤドームでの広島戦という事で相性の良い組み合わせだったので多分勝てるだろうと踏んでましたが、結果は逆転しての逃げ切りでした。先発・藤嶋は前回に続き4失点でアップアップでしたが6回を投げきり直後に平田のタイムリーで逆転したため勝利がつきました。8回にロドリゲスがピンチを招くも何とかリードを守りきり最後は佐藤優が久々に9回を完璧な投球で抑え勝ちました。明日は鈴木翔太 [続きを読む]
  • KANJI
  • 漢字版ありました。平田良介(/10)最新作「STAR&LEGENDS」よりSTAR SIGNATRESを入手しました。今回は松坂の漢字版サインが注目されていますが、中には通常版で書いてる選手もチラホラ漢字版と通常版の確認出来たのは以下の通り【漢字版】小笠原慎 大野雄 松坂 京田 平田 鈴木博【通常版】田島 岩瀬 又吉 柳 荒木 高橋 大島 小笠原道そんな中で一番の収集対象である平田は漢字版でした。このサインは10枚の銀版と2枚限定の金版があ [続きを読む]
  • 今作のオールドファン枠
  • 久々の封入都裕次郎(77①〜89)堅田高校よりドラフト1位でドラゴンズに入団、全国的には無名の選手でした。ちなみに滋賀県の高校生で初のドラフト1位指名とのこと高卒3年目に一軍デビュー、5年目に先発ローテ入りし、6年目の82年には中心選手として16勝5敗で最高勝率に輝き、74年以来のリーグ優勝に貢献しました。84年にも13勝を挙げましたが、翌年以降から引退までの89年は僅か2勝に終わりパッと散っていきま [続きを読む]
  • まさかの実現
  • そういやドラゴンズにもいたなという選手佐野慈紀(/38)近鉄時代は中継ぎとして活躍して中継ぎ投手としては初の1億円プレイヤーにもなった選手でした。97年にトミージョン手術を受け、98年は全休し、99年は不振に終わったシーズンオフに小池秀郎・善村一仁と門倉健・東瀬耕太郎・古池拓一との3対3のトレードでドラゴンズに加入実績はあり期待されましたが、1イニング4被本塁打をプロ野球タイ記録をしてからはドラゴンズで投げるこ [続きを読む]
  • 左殺しのグッズ担当
  • 今作で欲しかったOBの一人北野勝則(/75) 90〜98元々は大洋戦士で86年のドラフト5位で入団、大洋では通算6試合の登板のみで90年に片岡光宏とのトレードでドラゴンズに移籍転機は移籍後にサイドスローへ転向し、94年にはチーム最多の44試合に登板。94年から97年は左殺しとして活躍し、98年に引退しました。現在は球団のグッズ担当として貢献しております。大洋での実績はあまりないので、今回のサインが記念すべき初サインとなりま [続きを読む]
  • エポックSTARS&LEGENDS開封
  • ROOKIES&STARSBBMのチームリミに続き発売されたシリーズ注目は松坂の漢字版サインでしょうか?リストを見ると外国人がジーとビシエド だけという事とやたら少数シリアルが多く松坂大輔は高橋周平と共に特段少ないですね注目の初サイン組は現役時代に左殺しとしてプレーした北野勝則、ドラゴンズとしての初サインは愛甲猛、佐野慈紀の2名他にも都裕次郎、佐伯貴弘は久々のサインですね。ルーキーサインも全種揃えたいですね。今回 [続きを読む]
  • 18EP中日S&Lリスト
  • ??所持??未所持☆優先希望*交渉中基本的に少数枚の方は希望せず・BASEBALL SIGNATURES☆BS-01 平田良介 /11??BS-02 大島洋平 /11??BS-03 小笠原慎之介 /11??BS-05 大野雄大 /11??BS-06 鈴木博志 /11??BS-07 京田陽太 /11??BS-08 京田陽太 /11・AUTENTIC SIGNATURES????AS-01 森繁和 /10 /5????AS-02 小笠原慎之介 /35 /7????AS-03 田島慎二 /15 /5????AS-04 岩瀬仁紀 /20 /4????AS-05 又吉 [続きを読む]
  • ユーーーク
  • 実はひっそりと持っておきたかった1枚ケビン・ユーキリス(/35)準マイコレ松坂が移籍した当時のレッドソックスで一塁手のレギュラーで活躍していたメジャーリーガー独特のバットの構えが印象的なプレーヤーでしたが、メジャー10年で通算150本塁打と記録しました。当時の楽天は創設10年目に初の日本一に輝きましたがエース・田中将大がメジャーに挑戦し、ジョーンズと共に打線の中心を担っていたマギーもメジャーに復帰した中で、ま [続きを読む]
  • 今作で欲しいとこ
  • いよいよ発売となりましたhttps://epoch.jp/cd/item/item_b_180809dragons.html2018エポック中日STARS&LEGENDS6月にはROOKIES&STARS7月にはBBMからチームリミと3ヶ月連続でドラゴンズのシリーズが発売され何より松坂効果もありますが、今作では高級版ということもあり前の2つ程開ける感じにはならないと思います。そんな中、リストと既にヤフオクで出ているので入手したいなと思ったサインをピックアップします。・BASEBALL SIGN [続きを読む]
  • おもくそゴツいの
  • もってこい〜ここやー!18 2nd 松坂大輔 PHANTOM(/25)まさかの交換依頼がきたヤバイ奴鳥谷、源田の直筆という他球団の主力を出してまでも手に入れてみたかった1枚です。チームリミのPHANTOMと違い、2枚の写真を使い分けてるのがまたいいですね〜(グーネットはダサいですが…)松坂は直筆もパラも流石の人気ですね交換していただきありがとうございました。 [続きを読む]
  • 脅威の切り込み隊長
  • 初3割どころか首位打者も充分狙える位置にBBM18中日 平田(/40)EPOCH中日 平田(/49)体を絞って挑んだ今シーズンは長打力こそ落ちたものの動きのキレが良くなり走攻守素晴らしい成績を残しています。特に最近は1番に入るようになり、16日のDeNA戦では先頭打者ホームランから始まり、ラッキーな三塁打もあり初のサイクルヒットを達成しました。翌17日の巨人戦でも4安打を放ちこの2日で10-9と固め打ちし、打率も.340まで上げてきまし [続きを読む]
  • 卵とじラーメン
  • 前回のベトコンラーメンの日の前に勧められた卵とじラーメンを食べに行きました。名古屋市中村区太閤通にある萬珍軒ここが元祖卵とじラーメンの店との事ただ、日曜定休。営業時間が夕方からと先輩と仕事終わりに行きましたが20時だったため結構な人の数がいました。ゴールデンエッグ、味付け燻製卵2個頼んだあとに先輩としょーもないトークをしてしまいました…辛党だったので卵とじ担々麺を注文卵のやわらかな味がマイルドな辛さ [続きを読む]
  • ベトコン
  • 台湾ラーメンほどメジャーではないですが、名古屋めし会社の先輩の家族が先に実家に帰ったため先輩から食事に行こうと言われていた中でラーメンが食いたいという事で前々から興味があったベトコンラーメンを食べに新京へ行ってきました。写真は野菜増しの国士無双というメニュー感想としては肉が少ないですが、ニンニクと唐辛子でパンチがきいておりますが細麺でスープがあっさりと食べやすいラーメンでした。ゲソからも一緒に頼 [続きを読む]
  • 三銃士 その3
  • 一番欲しかった人ライデル・マルチネス(/60)昨年からキューバから派遣された長身右腕今シーズンは育成枠から支配下に登録され一軍マウンドにも立ちました。現在はキューバの代表として一時的に離脱していますが、21歳という若さが魅力でまだまだ伸び代を感じさせてくれます。ただ代表では抑えとして使われているので先発よりはリリーフで使う方が面白そうですね。今作はエポックも出ているため谷元・木下雄・R.マルチネスこの3名 [続きを読む]
  • ジンクスに挑む
  • アーム式投手と甲子園優勝投手清水達也(/50) ドラフト4位今日から開幕する夏の甲子園、前年の夏は埼玉県勢としては初となる花咲徳栄が優勝しました。その歓喜の瞬間にマウンドに立っていたのがこの清水でした。アーム式と呼ばれる独特な投球フォームから振り下ろすフォークが武器でリリーフタイプの選手です。高卒ドラフト4位ながら既に一軍のマウンドも経験しており期待されている選手です。「甲子園優勝投手」「アーム式投球フ [続きを読む]