dragons722 さん プロフィール

  •  
dragons722さん: 天高く舞う竜
ハンドル名dragons722 さん
ブログタイトル天高く舞う竜
ブログURLhttps://ameblo.jp/dragons722/
サイト紹介文中日ドラゴンズファンのBBMカード収集を中心としたブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/09/02 15:45

dragons722 さんのブログ記事

  • さらば時代のヒーロー
  • 1つの時代の終焉岩瀬・荒木・山井が来年も現役続行と報道が出た中でもう一人の大ベテラン・森野将彦は現役引退すると発表されました。彼は一年目が97年のナゴヤドーム移転後最初のルーキーでした。1位 小山伸一郎 明野高2位 森野将彦 東海大相模高3位 幕田賢治 横浜高4位 中野栄一 亜細亜大5位 山田貴志 東北福祉大6位 佐藤康幸 河合楽器7位 筒井壮 明治大8位 宮越徹 郡山高一年目には88年の立浪和義以来となる高卒新人本塁 [続きを読む]
  • 試合が一番
  • 実践で得られるものは何よりも得がたいもの松井佑介の満塁弾を含む2本塁打の活躍で早い段階で試合を決めました。その中で先発した小笠原は9回2失点と終盤ヘロヘロながらもプロ入り初完投を果たし、自身3連勝の5勝目を挙げました。最近の小笠原は8/27 対広島(マツダ)6回2失点 勝9/3 対阪神(甲子園)6回2失点 勝9/10 対広島(ナゴヤ)6回1失点 ー9/19 対巨人(ナゴヤ)9回2失点 勝と優勝真っしぐらの中の広島、クライマッ [続きを読む]
  • プロ初勝利!
  • 久々に良い勝ち方巨人・田口との投げ合いで8回2安打無失点の堂々とした投球を見せました!相手はCS争い真っ只中の相手だけに価値ある内容でした。その裏に代打・藤井がマシソンから均衡を破る先制2ランを放ちそのまま逃げ切り笠原にプロ初勝利がつきました。小笠原慎之介と共に若いサウスポーなんで来季に繋がる投球を続けて欲しいですね。また、京田陽太も2安打を放ち139安打で並んでいた江藤慎一氏の新人での球団最多安打 [続きを読む]
  • 皆勤賞
  • GENESISの皆勤賞インサート12GENESIS浅尾拓也 ELITE OF NINE(/50)長い事探していた初年度GENESISのELITE OF NINEGENESISになってから1つの目玉として扱われるようになったのがハイグレードインサートスタート時は7thインサートで9名にインサートがあるましたが、翌年は5thインサートになり、次の年からはハイグレードインサートと名称になり3種になりました。その中でELITE OF NINEだけは恒例となり毎年出続けています。13GENESI [続きを読む]
  • 故障禍
  • もういい…もういいんだ…無理に本塁に突っ込まなくて良い展開でかつて禁止されていたヘッドスライディングを行い離脱、結果シーズンに間に合わなくなるという…今年の怪我人で最も腹立たしいヤクルト・近藤にぶつけられ腕の骨折によりシーズン離脱、市民権による一時離脱もあり消化不良な一年に…DeNA・平田にぶつけられ足を骨折、シーズン絶望に…最多安打のタイトルは絶望になり、首位打者争いは積み上げがないまま相手が落ち [続きを読む]
  • エクスチェンジ
  • 今年のルーキーエディションのドラフト1位スペシャルカードが届きました。柳裕也を自引き出来てたので良かったです。ただ、試合での写真が使われていますがプラスチックパラレルだったので発売から交換期間まで長すぎる感がありましたが来年以降も続けるつもりなんでしょうか?カードの出来は凄くキレイなので良いのですが… [続きを読む]
  • 試金石
  • 気になる話題が二つ一つ目は明日の予告先発伊藤準規長年期待された逸材がようやく中継ぎというポジションで貴重な戦力になり、ここまで35試合で防御率2.35とトレード要因だったとは思えないシーズンを過ごしている中、結果を残し今年の初先発へこぎつけました。最近はロングリリーフする場面が増えていたので近いうちに先発があるかも?と思いましたが、中継ぎとして結果を出している中での先発起用なのでリスクはありますが、期 [続きを読む]
  • ひっそりと変更
  • ひっそりと提供リストの条件を変えていました。こちらの交換条件に17中日 京田通常版直筆を加えました。ご存知の方もいますがようやく某オークションで出品された17中日の15枚限定の通常版直筆、昨年の小笠原慎之介が20枚限定で6万近い落札額なので、それくらいかな?と思って見ていましたが遥かに上回る落札額でしたね…初手だけかもしれませんが、チームリミの通常版が枚数が少ないため出回る可能性もかなり低いため大谷直筆を [続きを読む]
  • 意外?なタイトルホルダー
  • 最多安打でも首位打者もないですが大島洋平昨年のエポックよりタイトルホルダーのサインです。2012年に32盗塁ながらその年の盗塁王を獲得しています。この時期のセリーグ盗塁王は赤星引退以降、タイトル争いのラインが下がりなおかつ決して成功率が高くないタイトルホルダーがいた時期ですね。大島も決して成功率が高くなく32盗塁に対して12盗塁死とあまり良い結果ではありませんでした。ドラゴンズの歴代選手を見ても盗塁が上手 [続きを読む]
  • 捕手事情
  • 混沌するポジション争い松井雅人投手以下とすら揶揄された打撃は以前より期待出来るようになりスタメンの回数が増えました。打数、安打数、打点と自己ベストを更新しています。武山真吾2014年途中から2015年前半まで松井雅人と絶望的な正捕手争いをしていました。今年は田島を中心としたリリーフ捕手として終盤にマスクを被るようになりました。ドラゴンズにいないベテラン捕手なので貴重な役割となっています。木下拓哉定まらな [続きを読む]
  • 粘り勝ち!
  • 久しぶりに最初から最後までドラゴンズ戦の中継を見れました。中日6X-5広島試合はカープキラー八木が先発するも初回に2点を失い、2回には鈴木誠也に3ランを喰らい5-1と苦しい展開しかし相手先発・九里もイマイチで打線が粘り5回に同点に追いつきます。その後は両リリーフがランナー出しながらも抑え、9回に田島がピンチを招きますが何とか無失点で切り抜け迎えた9回裏に代打・谷の二塁打、京田の犠打、そして大島のセンター前ヒッ [続きを読む]
  • 弔い星
  • 勝ててよかった…7日に娘さんを乳がんで亡くしてしまった中で采配を振るう指揮官昨日は勝つ事が出来ませんでしたが、今日は快勝で改めて弔い星となりました。ミーティングで「1人になると辛くなる。ユニフォームを着て一緒にやらせてくれ」と言ったみたいですね、何とも言い難い…そんな特別な試合のヒーローはこの人5打数5安打3打点2盗塁と大フィーバー最近は疲れているのか調子を落としていましたが一気に復調してきました。谷 [続きを読む]
  • ニューレコード
  • 岩瀬選手がついに達成しましたね。通算949試合登板で並んでいたタイ記録から今日の登板で通算404セーブを挙げ新記録の950登板へとついに歴代トップに立ちました!最後は相手のベース踏み忘れという締まりの悪い結末でしたが…(勝った2試合は重信に助けられましたね…)ルーキーイヤーの開幕戦ではワンアウトも取れずにスタートしましたが、一年目から中継ぎとして活躍し落合監督就任時に抑えになりセーブ記録を積み上げ、14年に [続きを読む]
  • まさかのトレード
  • 朝、寝ぼけていましたが一気に目がさめる出来事「日本ハムの谷元圭介(32)が金銭トレードで中日ドラゴンズに移籍」という信じられない出来事谷元といえば増井、宮西らと共に日本ハムのブルペンを支え昨年の日本シリーズでは胴上げ投手となり、今年は背番号が22に変わりオールスター初出場を果たすなどバリバリの主力クラスが金銭トレードとは…年俸1億円、今年FA権取得、年齢32歳が日本ハムにとっては放出する要因になったらしい [続きを読む]
  • 二発目の弾が…
  • 知り合いの助けもありあと一歩20×2+10×2+5×7=95ポイントあと5ポイントまで来ました。5ポイントのために開けるのはあれですが、なかなか5ポイントだけを手に入れるのはキツイですね。これで開けると20とか50ポイントが出てまた集めることは良くありますからね…HEAT 岩瀬仁紀(/20)最近は疲れ気味なのか負の連鎖なのか打ち込まれる場面が増えました…ただボロボロになりながらも米田哲也越えが近づいて来ました。しかし、投手起 [続きを読む]
  • 100ポイント!
  • 今日はこちらエポックベースボールカードで100ポイントが1口出来たため送り戻ってきました。ちなみに金曜日発送、水曜日着です。カード1枚に対して大きめな箱で中には梱包材で巻かれておりやり過ぎな包装でした。ちなみに中日のメンツは小笠原慎之介・岩瀬仁紀・柳裕也・岡田俊哉・大野雄大・丸山泰資・笠原祥太郎・アラウホ・藤嶋健人・ロンドン・荒木雅博・森野将彦・石垣雅海・ゲレーロ・京田陽太・堂上直倫・平田良介・大島洋 [続きを読む]
  • 名三塁コーチ
  • 今作のOBクラブで久慈照嘉に次いで欲しかった人高代延博(/48)現阪神の三塁コーチですね。金本監督の現役時代に広島のコーチで守備・走塁の影響を受け、現在は参謀として監督を支える立場になっています。現役時代は智辯学園ー法大ー東芝を経て78年のドラフト1位で日本ハムに入団一年目から遊撃のレギュラーとして活躍し、ダイヤモンドグラブを受賞80年にはベストナインも受賞し、81年にはチームのリーグ優勝に貢献田中幸雄 [続きを読む]
  • 次回はカリビアン!
  • 大島デー、平田デー、荒木デーの次は助っ人の日FCスペシャルゲーム第4弾はドラゴンズの中南米助っ人にスポットを当てた「ドラゴンズ・オブ・カリビアン」になりました。凄く素敵なデザインですね助っ人についてラウル・バルデス(39) キューバみんな大好きバルデスおじさんオールスターでは監督推薦で念願の初出場を果たしました。好投するも無援護に泣かされる場面が多く、健気に投げ続ける姿はドラゴンズファンから高く支持され [続きを読む]
  • ナゴヤドームトレード
  • 今作の熱望カード久慈照嘉東海大甲府高校時代は「東の久慈、西の立浪」と称された遊撃手日本石油を経て、91年ドラフト2位で阪神に入団一年目から守備を評価され、オールスターのファン投票で遊撃手部門に選出されるなど活躍し、.245 0本ながら新人王に選出その後も堅守の遊撃手として阪神でプレーしましたが、かつての名遊撃手であった吉田義男監督は肩の弱い点から評価されませんでした。その頃のドラゴンズはナゴヤ球場からナゴ [続きを読む]
  • 選手の父親的存在
  • 人望厚き竜の指揮官森繁和(/30)新監督としては史上最高齢である63歳で今シーズンから正式に竜の指揮官となりました。ちなみに現役時代にドラゴンズの在籍経験がない所謂、「外様」で黎明期を除いて天知俊一、水原茂、山内一弘、山田久志に次ぐ監督就任でした。現役時代は、駒澤大ー住友金属を経て78年のドラフトでドラゴンズを含む4球団競合の結果、西武ライオンズに1位で入団(ちなみに大学卒業時にロッテから1位指名されるも拒 [続きを読む]
  • 最大のヒット
  • 追加開封にて得た最大のヒットをルーキーエディション版!おさらい左BBM…京田、笠原右BBM…柳、石垣、藤嶋、丸山上からズラして見ると結構差があるので分かりやすいですね。さて上からズラしてこれは…35億!今年ドラゴンズでの最大の目玉京田陽太のルーキー版でした!これ引いてしばらく放心していました…新人王争いのライバル・DeNA濱口が離脱しているのでさらなる活躍をしてドラゴンズでは98年の川上憲伸以来輩出していない [続きを読む]
  • 17中日開封(撃沈)
  • という事で17中日のカートン開封結果です。タイトルの通り、個人的にはやってしまった結果でした。1箱目大島洋平(/49)前半戦でリーグ最多の106安打を放った竜の安打製造機、幸先は良かった2箱目堂上直倫(/60)昨年に初の規定打席に到達するも、今年は京田の台頭により守備固めの起用がほとんどに、彼のネックは打撃ですがそれ以上に鈍足なのがね…3箱目杉山翔大(/59)今年の誤算の一人、昨年は正捕手の座を一番手の位置まで掴み [続きを読む]
  • 去年ものですが…
  • ネイラー紹介後に交換依頼ありシャオロン(/60)「小龍」で鈍重なマスコット、ドアラ人気のためにあまり目立たない気が…西川健太郎(/60)11年ドラフトで星稜高校からドラフト2位指名された「小松辰雄二世」も伸びず、昨年戦力外通告に、奥さんが出産を控えていたため毎年定番になっている戦力外通告の番組でも特集されましたね。結果としてはドラゴンズの打撃投手として第2の人生をスタートする事になりました。高校時代は楽天・釜 [続きを読む]
  • 前哨戦
  • 週末の開封前に出張先の関西で帰りに3箱購入しました。簡単に結果を1箱目アラウホ(/60)25歳と若くして来日した左腕ですね。ただビシエド不在で外国人枠に空きがあるにも関わらず、ロンドンと共に一軍に呼ばれないのは今の厳しい立ち位置を表していますね…2箱目藤井淳志(/60)開幕スタメンこそ入らなかったもののレフトに確固たるレギュラーがおらず、スタメンが増え平田の離脱によりライトのスタメンを担っています。ただビシ [続きを読む]