お金計画 さん プロフィール

  •  
お金計画さん: お金計画ドットコム
ハンドル名お金計画 さん
ブログタイトルお金計画ドットコム
ブログURLhttp://okanekeikaku.com/
サイト紹介文お金を借りるニーズもさまざまです。お金を借りるなら上手に選ぼう、お金計画.com!
自由文ローンに関する基礎知識や心得を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/09/02 17:22

お金計画 さんのブログ記事

  • グラミン日本設立
  • グラミン日本が設立されたと報道がありました。 グラミン銀行については、12年ほど前にノーベル賞受賞で紹介され、少し興味がありました。銀行の設立目的は、バングラで農村部の貧しい人々の起業を応援するため、少額融資(マイクロク […] [続きを読む]
  • スルガ銀行問題・・・
  • スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウス投資向け融資で不正が多数発覚した問題で、銀行の解体論まで出てくる騒ぎとなっている。経営陣退任となり、金融業としての信頼が取り戻せるかが大きな課題だ。 事件の内容は、報道されています […] [続きを読む]
  • 銀行の機械化店舗
  • 機械化店舗と言えば、消費者金融の無人店舗を思い浮かべる。 当時の導入目的は、人目につかずお金の相談できるという点。それが受けて大流行し、各社とも無人機の導入に踏み切った。それと同時に、事務集中と遠隔操作による営業時間の延 […] [続きを読む]
  • ローソン銀行10月15日からスタート予定
  • 流通系の企業が銀行を経営しているのは既に、セブン銀行やイオン銀行と2行ある。この度、ローソン銀行が開業し、10月15日からサービス開始とローソンがリーリースしました。二年前より、新会社を設立し後、許可申請中でしたが、この度、免許が交付されました。当面は、店舗設置のATM機能活用を考慮しているようですが、今後の、新サービスも期待できると思います。先行しているセブン銀行は、ATMサービスを中心に、金融機能で収益 [続きを読む]
  • AIの活躍はすぐそこまで
  •  各業界でAI活用という言葉が流行しています。テレビでも新聞でもAI活用によるコマーシャルが流れています。金融機関も、メガバンクを中心として、AI活用を独自開発する方向でデータ収集や、実験をスタートさせています。同様に収益環境の厳しい地方金融機関もAI活用による銀行業務の合理化は避けて通れません。そこで、この度、地銀7行(群馬銀行や池田泉州銀行他5行)が、AI開発で共同会社を設立し、①開発費を共同で負担するこ [続きを読む]
  • AIの活躍はすぐそこまで
  • 各業界でAI活用という言葉が流行しています。テレビでも新聞でもAI活用によるコマーシャルが流れています。金融機関も、メガバンクを中心として、AI活用を独自開発する方向でデータ収集や、実験をスタートさせています。 同様に収 […] [続きを読む]
  • 預金の引出をレジや発券機で行う。(キャッシュアウト)
  •  金融機関は、事務合理化から決済をデジタル化して、キャッシュレス化を推進しています。一方で、現金にこだわる利用者も多い。今、金融機関は、改正銀行法施行で可能になった、預金の出金事務などの外部委託を検討している。「キャッシュアウト」と言うのだそうだが、今後、スーパーのレジや、病院等の自動精算機等から、お金が引き出せるサービスがスタートするようです。スーパーのイオンの取組は、キャッシュカードを利用して [続きを読む]
  • 地震に対する支援と地震保険
  • 大阪府北部地震では、一部損壊の家屋が3万軒を超えていると報道されています。国からの支援は、基本的に半壊以上の場合だと言われていますので、各自治体が、それぞれ個別支援を発表しています。損保各社の地震保険は、一部損壊から、また、火災保険の水害も特約で補填されることになっています。この度、日本損害保険協会の会長は「広域災害では他社との競争を超えて共同査定を実現したい」と、各社と共同で作業し、素早い保険金 [続きを読む]
  • 地震に対する支援と地震保険
  • 大阪府北部地震では、一部損壊の家屋が3万軒を超えていると報道されています。 国からの支援は、基本的に半壊以上の場合だと言われていますので、各自治体が、それぞれ個別支援を発表しています。 損保各社の地震保険は、一部損壊から […] [続きを読む]
  • 地域金融機関への業務改善命令
  •  業務改善命令は金融庁が金融機関の健全な経営を確保するために行う命令で、銀行法、証券取引法、投資顧問業法、保険業法など根拠としています。最近では、仮想通貨交換業者に対し、改正資金決済法に基づく業務改善命令を出しました。「内部監査、マネーローダリング対応等、体制をしっかり整備せよ」 との内容です。また、先日は、前期決算が赤字の地域金融機関にも業務改善命令が出されました。当然、赤字解消が目的ですが、「 [続きを読む]
  • 銀行カードローンの貸倒
  •  無担保融資の貸倒費用が増加している。銀行カードローンの残高増加に伴う支払い遅れの増加が心配されていましたが、銀行の保証会社の貸倒関連費用が増加し高水準になったとの報道がありました。特に、メガバンクにとっても、保証業務を行う会社は、グループ会社であり影響は大きいものがあります。カードローンの融資残高増加には①貸金業界の様な融資規制がないことも原因ですが、②積極的なカードローンの募集から、クレジット [続きを読む]
  • 個人情報の流失
  • 森永乳業の通販サイトからの顧客のクレジットカード情報流出し、既に、およそ300件の不正利用が発生していた、との報道がありました。今回の不正使用の被害は、森永乳業が補償してくれるそうですが・・・調査結果を見ると、ネット通販からの個人情報が、漏洩し、不正利用されたケースです。発端は、“クレジットカード会社から情報が不正利用されている。”との連絡からだったようです。調査結果では、漏洩している可能性は、① 時 [続きを読む]
  • 楽天ペイを使ってみました
  • 今、巷で話題のQR決済。地銀では横浜銀行が「はまPay」、カード会社では「楽天ペイ」やセゾンに「Sma-sh Pay」、メガバンクやゆうちょ銀行も統一規格を検討中の注目の決済ツールです。もちろん「LINEPay」や「Origami」も独自に利用店を広げており、QR決済は群雄割拠の時代に入っています。この決済方法、誰が儲かって、どんなリスクがあるのか、独自に調査してみました。《特徴①》現在のところ、他社カード会社加盟店等との互 [続きを読む]
  • 教育環境への投資について
  •  奨学金の返済が滞り、自己破産する卒業生や親族の増加が懸念されています。一方で、人生100年時代、人生の各ステージで、自己投資の必要性が求められています。ますます、学歴の高度化が求められている中で、教育費の負担増加が奨学金利用者増につながっています。そして、卒業後の、奨学金返済につまずく学生の増加が問題にもなっています。そこで、現在、大学の授業料無償化や、奨学金返済の出世払い制度の検討も提言されてい [続きを読む]
  • 民法改正 18歳は成人
  •  成人の年齢改正が成立し、2022年4月から、18歳を成人とすることになりました。この改正により、一部制限はありますが、一般の契約行為が18歳から独自で可能になる点は大きな改正です。特に、スマホや車の購入、また、クレジットカードやカードローンの取扱いについても親の同意は不要になり、今後は、自分で購入や契約をすることが出来ます。全銀協は、今回の改正で可能になるカードローンの発行については慎重な審査を希望して [続きを読む]
  • 「年会費無料」や「ポイント3倍」のカードは怖い?
  • 最近、比較サイトやカード会社のホームページで「年会費無料」とか「ポイント3倍」とかを謳い文句に発行をお勧めしてくるカードって、何か裏が有るんじゃないかって疑問に感じませんか?そんなあなたの勘は鋭い!実は、初期設定が「リボ払い」となっている「リボ専用カード」である確率が高いんです。でも、だからって敬遠する必要もありませんよ。まず、年に1回でも買い物に使えば「年会費無料」の条件はクリア!設定されている毎 [続きを読む]
  • 大手企業の副業解禁
  • 「働き方改革実現会議」では、テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方を提案しています。副収入で、かなりのお金を稼ぐサラリーマンも多く見られます。また、人生100年時代が報道される中で、働き方にも「柔軟さ」が求められている時代です。既に、「クラウドソーシング」「テレワーク」等の個人型の副業や、在宅ワークも拡がっています。各企業も、今後の生き残りのために、社員の本業以外のネットワークの活用や、創造性の [続きを読む]
  • 日本のキャッシュレス化事情
  • 東京オリンピックを控え、国の産業管轄省庁である経産省は「キャッシュレス化」を盛んに叫んでいます。そもそも、キャッシュレス化って、誰のために、何の目的に、叫ばれているのでしょうか。来年度以降、ラグビーワールドカップや東京オリンピック等、外国人観光客の来日急増イベントを控え、経産省は、外貨による日本経済活性化を目論んでおり、財政再建が税収増加にも結び付く以上、国を挙げて訪日外国人のおもてなしに力を入れ [続きを読む]
  • 日本のキャッシュレス化事情
  • 東京オリンピックを控え、国の産業管轄省庁である経産省は「キャッシュレス化」を盛んに叫んでいます。そもそも、キャッシュレス化って、誰のために、何の目的に、叫ばれているのでしょうか。来年度以降、ラグビーワールドカップや東京オリンピック等、外国人観光客の来日急増イベントを控え、経産省は、外貨による日本経済活性化を目論んでおり、財政再建が税収増加にも結び付く以上、国を挙げて訪日外国人のおもてなしに力を入れ [続きを読む]