momonga さん プロフィール

  •  
momongaさん: ほの、ぼのぼの♪
ハンドル名momonga さん
ブログタイトルほの、ぼのぼの♪
ブログURLhttp://momongarose.blog10.fc2.com/
サイト紹介文果樹、野菜、ハーブと花と。 試行錯誤のプチ庭記録〜日々の話題&時々ニャンコ♪
自由文果樹も野菜もハーブもバラもヘレボも…と詰め込んで、庭全体が寄せ植え状態。

盆栽のように風情あって、コンパクトに育てられたらいいなぁ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/09/04 21:29

momonga さんのブログ記事

  • ベイン・セミダブル クリスマスローズ
  • 数年前、ヤフオクで10株くらい、ひとまとめで売られていた小苗から育ったものの一つです。 花つきはとても良く、地植えでも毎年咲く、丈夫な株。 一つ一つ、ベインの入り方で、花の印象が変わってきます。最初の開花時は、ベインの凄さにちょっと引きましたが、慣れるものですね。他にないインパクトがあって、残すことにしました。 あとの株は、写真見本とまったく違って、ほとんど一重で、昔売られていたような容姿のものばか [続きを読む]
  • 椿も咲き方が変わる?
  • 仰け反るくらいびっくりしたのが、錦麒麟。お気に入りだったので、昨年、日当たりの良い場所に移植しました。蕾も多くつき、期待いっぱいだったのですが…。開花したら、え〜っ! と驚く、全く違う花が! べろ〜んと花びらが広がり、違う品種に見えます。獅子咲きじゃなかったの?!ちなみに、去年のお花はこちら。尾張五色椿。白地に赤い差し色が入ります。生長すると、複数の花を咲き分けます。しかし、椿には一つの木に、色ん [続きを読む]
  • 咲きだしたら、あっという間 クリスマスローズ
  • 一昨日の21日、季節外れの雪が降り、積もりそうな気配に慌てました。幸い、後に雨に変わり、すっかり溶けてホッとしましたが。クリスマスローズは開花を待っている時間が長く感じられます。咲きだすと展開が早く、気温が上がってくると色もあせてくるので、旬が短いですね。以前、ショップで買った花たちです。最近は花屋にも顔を出さなくなりました。濃いめのイエロー・ピコダブル。最初は中心のグリーンが残念に思えてましたが、 [続きを読む]
  • 初開花 セミダブルが変化
  • 今年はじめて咲いた自家交配のセミダブル。2月に咲いた一番花とイメージの違った花が咲いていました。ちょっとネクタリーをアップ画像で。数は少ないものの、管のように伸びた蜜腺がおもしろいです。 まだ鉢増ししたばかりで株が充実していないせいか、ネクタリーのサイズもバラバラ。いろんな表情で咲いています。ちなみに最初の開花は、割と普通…というか、ネクタリーおとなしめ。似たような花を持っているので、手放そうか迷 [続きを読む]
  • 椿も咲いてます 五ツ島
  • たくさんではありませんが、椿の花もチラホラ咲いてます。越後の雪椿らしいです。五ツ島。数年前、JAで買いました。中心がクチュクチュっとつぼんだ感じで、変わった咲き方をします。 絞り模様も、中心に向かって白地に赤の濃淡の筋が入り、面白みがあります。 [続きを読む]
  • 広瀬園芸さんのセミダブル クリスマスローズ
  • だぁ〜〜っ!!!10日以上かけて撮りためた画像を、保存前に初期化してしまいました(T_T)Windows10に慣れていないせいです。すでに開花が終わりそうなクリスマスローズもあるので、取り返しの付かないことを…。がっくり。ふぅ…。気を取り直して、ゴールド・セミダブルのご紹介です。写真ではわかりにくいですが、中央のこんもりとしたネクタリー(蜜腺)はやや花びらより濃くて、とってもきれいです! 次々と蕾がついて、花が [続きを読む]
  • 次々に開花のクリスマスローズ
  • 買ったときは微スポット入りだった、ゴールドダブル、完全にスポットは消え、きれいな黄色になりました。次々に蕾を上げて、咲いてくれます。 身内が道で転び、救急車で運ばれたとの連絡が入ってから、バタバタ。搬送先の病院検査では異常なしだったのに、あまりに痛がるので別の日、別の病院に連れていきました。恥骨骨折。足を前に出せず、腰を撚ることもできない状態で、よく高齢者を帰したなぁと呆れてしまいます。整形外科の [続きを読む]
  •  初めて開花のクリスマスローズ
  • またまた、ご無沙汰してしまいました。時の過ぎるのは、早いですね〜 (*_*)もうすぐ、3月の声を聞く時期になってしまいました。12月の蕾の状態から、もっと早い開花を予想したのですが、その後の厳寒で、例年どおりの時期になりました。 今年は、数年かかって種から育てた苗がいくつか、開花し始めています。手入れが悪かったせいで、5年以上かかった物も多いです。引っ越し前後に親株は枯れてしまったようですが、種まきした [続きを読む]
  • 畑わさび
  • 新年 あけましておめでとうございます。穏やかな日和で、今年一年がスタートしました。今年一年、皆様も健やかに、穏やかに過ごせますように。ところで、我が家はお刺身好きな家庭です。田舎では、葉わさびをよく食べていたので、昨年、畑わさびの苗をヤフオクで購入しました。シャクという、山人参もセットでした。シャクは、天ぷらなどにしていただくそうです。本当は、お刺身に、本物のわさびでいただく贅沢を味わいたくて、畑 [続きを読む]
  • 極寒の中、春の気配も
  • 何かを踏んづけた! と足元を見たら、ぷっくり膨らんだフキノトウ! 冬真っ盛り、しかも極寒で、もう、フキノトウ??? ついて行けない…(笑)  かわいい山茶花も咲いています。冬の花、あると元気をもらえます。もう霜柱が立ってますね。このまま、昔のように夏も暑すぎないといいなぁ〜と虫の良いことを考えてしまいます(笑) [続きを読む]
  • クリスマスローズの蕾
  • 今年の寒さは、半端ないですね。そのせいでしょうか。黒ダブル(タグは黒セミダブル)にかわいい蕾がついてます。気が早いですね。 クリスマスローズの良いところは、こんな小さな蕾のうちから花色がわかることですね。バラは、萼が開くまで花色がわかりません。ゴールドダブルも、蕾らしきものがふくらんでいるようです。*******************************今年はほんとに寒い12月です。昨日は、な [続きを読む]
  • 花の大きさ
  • 花のサイズ、○?と書かれていても、ピンとこないですね。季節によっても、大きさが違ってくるし。私がよく参考にするのは、切り花を活けてる方のブログです。 いくつかの品種が同時に花瓶に挿してあれば、どの程度のサイズなのか、おおよそ見当がつきます。白っぽい花は、切り花品種の環(たまき)。冬の寒さを受けて、花弁の外側は赤く染まったのですが、室内にあるせいか、徐々に白く抜けてきました。たっぷりの花弁がきれいに [続きを読む]
  • バラの進化
  • ブルー系のバラ。10年位前は、ブルー系といえば赤紫が標準で、開花した姿を見てガッカリしたものでした。今はかなり「ブルー」に近づいています。人気のつるバラ、レイニーブルー。 ドイツ作出の華奢なバラです。ブルーローズといっても、また赤紫が強くて、ピンクっぽいのでは…とほとんど期待せず、小葉と細枝にたくさん咲くという説明で注文しました。画像はたくさん見ましたが、青い色に関しては、カメラメーカーの特性でかな [続きを読む]
  • 四季成りレモンの収穫時期
  • 庭の四季成りレモンが、どんどん黄色く色づいてます。春に着果したものは、大きくなって収穫時期を迎えています。ただ、レモンはそのまま食べるわけではなく、ジャム作りなどをする他は、ちょっとずつ料理に利用するくらいで、一度に収穫しても腐らせるだけです。こんなに色づいてますが、3月まで樹上で保存できると書いてある記事をどこかで見たので、このまま置いてみようと思います。初夏に着果したレモン。本来は春の実の負担 [続きを読む]
  • ラ・ローズ・ドゥ・モリナール
  • ニュアンスのある、香りの強いバラとして、期待の大きかったシュラブローズ。せっかく咲いてもスリップスで花が汚くて、棘もあるし、バラはもうたくさんだ〜と、いったん育てるのをやめようとしたのですが、やっぱりそばにないと寂しくて。久しぶりに品種を調べたら、以前育てていたときより、ものすごく品種が増えて、選びに選んだつもりだったのに。この庭では、あまりその花色が活かされない気がします。私の育て方が悪いのかも [続きを読む]
  • ヤマアジサイ “伊予錦” とクリスマスローズ
  • 急に気温が下がって、冬日が多くなりました。秋を通り越して、いきなり冬真っ盛りって感じですね。庭木の剪定をボチボチやっていましたが、バラの植え替えも前倒しでやり始めました。去年から、太陽の黒点の数が少なく、活動が不活発で地球が寒冷化するといってたのですが、うーむ、温暖化はどうなった?夏日に近い日もあった10月から、寒い冬に突入した11月。植物もびっくりしたのか、ヤマアジサイの伊予錦の様子が「?」。近づい [続きを読む]
  • HT オレンジの絞りバラ アンドレ・ウィレムス
  • 作出は2008年以前、ウィレムスさんという人ということだけしか、わかっていないみたい。四季咲き 中香(あまり感じません)、木立ちで1.3mまで育つようです。春に近所のスーパー付属の花屋さんで新苗を購入。いくつか買った新苗の中でも、樹勢が強く、何度も枝をカットしました。蕾も次々に上がってきます。うちは、植木鉢で育てて、現在1mくらいの高さになってます。まだ株ができていないのか、大輪といってもメリナほど大きく [続きを読む]
  • F&G(フローリスト&ガーデナーズ) 切り花品種 環(たまき)
  • バラ作家 國枝啓司氏作出の「環」(たまき)。一つの品種から派生したグループが幾つかあり、赤紫の「友禅」(ゆうぜん)から派生しました。國枝氏の作出するバラは、「和バラ」と呼ばれ、切り花界で重宝されています。コロン、とかわいいカップ咲きで、花茎は5〜8cm。香りは微香とされますが、野バラのような、優しく清々しく、ほのかに甘い、バラらしい香りがします。花のタイプはスタンダード、枝ぶりはすっくと伸びる木立性 [続きを読む]
  • かわいいつるバラ アミロマンティカ
  • フランス・メイアン社 2010年作出の四季咲きつるバラ。初夏に新苗を買い求め、この秋、初めての開花です。 咲き始めは、真ん中が濃く、徐々に全体がピンク色になります。まだ株が充実していないのに、6輪くらい咲きました。やや日陰の場所で開花。 花茎7〜8cmの、90〜100枚におよぶ豊かな花びらを持ち、枝の伸びは2mほどになります。株元から花が房咲きにつき、花持ちが良いのも特徴。 切り花にしても、とても花持ちが良かった [続きを読む]
  • 切り花品種 カタリナ(スプレーローズ)
  • カタリナとは、女性の名前で、かつての聖女二人のお名前でもあるようです。スプレーローズの割に大きな花で、ディープカップ咲き。花が大きいので、枝を絞ってスタンダードとしても販売されています。淡くグリーンがかった、ま〜ん丸の固い蕾。オレンジの入らない、ピュアなイエローです。直径7cmくらい?切り花にして花持ち良く、最後まで色褪せませんでした。黄色の原種に近い品種にペルシアン・イエローというのがあったはず。 [続きを読む]
  • 切り花品種 ブラッドオレンジ
  • アレンジメントで人気の高い切り花品種のバラ、ブラッドオレンジ。季節によって多少色合いが変化するようですが、鮮やかなオレンジ色の蕾が上がってきました。 名前の通り、美味しそうな色合いです。独特のクニャクニャした花弁が花形が人気です。まだ十分に木が育っていないので花弁数は少ないですが、蕾の上がりはいいし、樹勢は強く、すぐに大きくなりました。切り花なので、花持ちも良いです。冷たい雨が続いています。クリス [続きを読む]
  • 色が薄くなった“リザ”
  • 雨もあって、急に気温が下がり、バラの色も濃くなるかと思いきや予想を覆し、初開花より、薄い色で開花しました。 このくらいの方が、切り花にした時、他の花に合わせやすい。確か購入時の見本の写真も、こんな感じだった気が…。まだ、次々に蕾を上げているので楽しみにしています。昨日は、近所のスーパーの花コーナーがバラフェアでした。一束当たり20%引きの上、いつもより種類が多かったのがうれしい♪後はうまく挿し木が発 [続きを読む]