小菱重工 さん プロフィール

  •  
小菱重工さん: 小菱重工業
ハンドル名小菱重工 さん
ブログタイトル小菱重工業
ブログURLhttp://obishi.blog.fc2.com/
サイト紹介文150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業です(笑)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/09/04 23:29

小菱重工 さんのブログ記事

  • 町屋のペーパーキット〜いつわ篇
  • 東松家住宅に並べる町屋を増やします。さんけい以外にも、町屋のペーパーキットを発売しているところがあります。「いつわ」さんの京町屋模型。滋賀県のメーカーです。レーザーカットされた部材を組み立てるだけ。手軽に精密な京町屋模型が完成します。ピタリと部品が合うので、気持ちが良い。加工精度はとても高いです。格子の細かさは驚異的。レーザーカットにはかなわないですね。やっぱり屋根だけはプラ瓦に葺き替えます。上か [続きを読む]
  • 東松家の蔵〜仕上げ
  • 9月も終わります。大風邪をはじめとして、慌ただしいひと月でした。それでも蔵はなんとか、仕上がりました。滑り込みです。スケールモデル用のリベットパーツ。塗装して、壁に貼り付けます。次にプラ材で雨樋、竪樋を組んで、塗装、こちらも組み込みます。真鍮線を「く」の字に曲げたものを量産して、先に付けておいた黒ボッチと雨樋とに接着。雨樋を支える金具です。観音開きの扉と、格子の填った引き戸を正面の入り口に取り付け [続きを読む]
  • 東松家の蔵〜其の弐
  • 蔵の屋根はグリーンマックスの土蔵キットのものを利用します。キットの土蔵はかなり堂々としたものなので、サイズを調整します。厳密にいうと、微妙に瓦の形状、葺き方が違うのですが、そこは目をつぶります。本体に載せます。やはり瓦を葺くと重厚感が出ます。ほぼ、形になりました。まだ細かなところの仕上げが残っています。家屋のように窓がない分、楽ですが、それでも結構手間がかかります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 東松家の蔵〜其の壱
  • 台風が通り過ぎました。台風一過とはよく言ったもので、良く晴れて今日は久しぶりに暑かったです。まだ秋ではなかったのね・・・。東松家住宅、母屋はほぼ完成しましたので土蔵に移ります。梁に文政13年の墨書がある古い建物です。土蔵によくあるなまこ壁ではなく、羽目板張りの腰壁仕上げです。小振りですが、好ましい造形、品があります。小屋の形になりました。今日は漆喰部分の塗装までです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 東松家住宅〜其の六
  • 台風は現在兵庫県明石市付近。関東地方への直撃はなくなったようですが、まだまだ警戒は必要のようです。家で大人しくしているおかげで、作業も進みました。廊下でつながる別棟の風呂場と客用便所。水洗便所になるまでは、水回りは母屋から離れて置かれました。廊下で結ばれているだけでも、この家が裕福だったことの証です。形になりました。奥に深い町屋の特徴がよくわかります。廊下で囲まれた空間が中庭になります。いずれ庭石 [続きを読む]
  • 東松家住宅〜其の伍
  • 台風が近付いています。被害が出ないとよいのですが。間が空きましたが、東松家住宅少し進みました。母屋の裏側になります。建具を貼り合わせて、組み込みます。まずは二階部分。続いて一階部分、縁側になります。手前側には渡り廊下がつながり、客用便所と湯殿になります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 町屋のペーパーキット〜さんけい編
  • 病み上り、なかなか体調が本調子に戻りません。哀しいかな、年齢を実感します。リハビリも兼ねて、簡単な作業をします。既製品のペーパーキットを組むことにしました。東松家の周辺に町屋を配したいと思います。名古屋の町屋は関西風、さんけいの京町屋のキットを使います。ただし、むくり屋根ではないようですから、勾配を直線に修正します。さすがレーザーカットの老舗だけあって、安心感を持ってかっちり組むことができます。本 [続きを読む]
  • 真実はいつもひとつ?
  • 大風邪をひいて1週間寝込んでました。体温が39度を超えたのなんて、何年振りだろう?やっと熱は下がりましたが、咳が抜けません。季節の変わり目、皆様もお気を付けください。寝込んでいる間、さすがに工作は出来ないので、色々資料を取り寄せたり、読み込んだりしてました。東松家住宅に関して記載のある資料、2冊。日本建築学会東海支部歴史意匠委員会編、「改訂 東海の明治建築」と、財団法人博物館明治村、「明治村建造物移築 [続きを読む]
  • 夏が過ぎ 風あざみ
  • 夏の終わり、家族で箱根に行きました。涼しくて、びっくり。車で行って、泊まったのは、強羅・早雲山。そこからロープウェイで大涌谷に行って、黒卵食べました。ただ、鉄分は帰りに寄ったかまぼこやのすぐ裏から見た小田急(箱根登山仕様)だけ。ロープウェイも「鉄」といえば「鉄」?でも、ちゃんとお土産だけは「鉄」してます。箱根登山鉄道モハ2形110号。箱根にはほぼ一年に一度、行くのですが、そのたびに新しいバージョンを見 [続きを読む]
  • 東松家住宅〜其の四
  • 町屋、明治期までの大都市の商家は間口が狭く、奥に深い敷地になっている場合が多いです。俗に言う「鰻の寝床」です。京町屋がその典型です。東松家住宅キット、モデル化されているのは母屋だけで、裏側に続く棟は含まれません。可能な限り、再現してみます。まず、母屋の通り土間に続く棟。こののっぺらぼうの母屋の裏側に別棟を取り付けることができるように壁を貼ります。母屋と同じ製作法。途中の写真を撮り忘れました。こんな [続きを読む]
  • 東松家住宅〜其の参
  • 蒸し暑い日が続きます。雨もよく降るし。裏側が省略されている東松家住宅キット。まずは3階の張り出し部分の瓦を葺きます。重なり部分があるので、あたりを見ながら調節していきます。無理矢理感はありますが、なんとか形に。省略されている裏側もそれらしく作ることにしました。明かり取りの円窓。遊び心のある造りです。続きます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 明治村「東松家住宅」〜其の弐
  • 昨年10月、明治村で購入し、製作途中のままのペーパーキット、「旧東松家住宅」。キットそのままでも出来はよいのですが、作り易さのために省略されている部分も多く、そのまま組んだのではおもしろくない。色々調べ出したのはよかったのですが、途中で挫折し早半年以上。N電の完成と相まって、明治村再現のため作業再開です。まず、窓部分が開けられただけの右壁。「さんけい」の格子を使って、格子窓にします。正面も、印刷され [続きを読む]
  • N電完成
  • 三連休最終日です。旧盆の迎え火の日でもあります。勤務先はお盆の公休はありませんので、明日は出勤です。迎え火とその会食の準備で一日潰れましたが、少しは作業をする時間が取れたので、京都市電狭軌車両、通称N電、完成させることができました。社紋と車番はしばらく見送りです。側板にラインだけ入れました。明治村で購入したチョロQと一緒に。このチョロQもなかなか凝った出来ですが、それに負けない位には仕上がったかな? [続きを読む]
  • 京都市電タイプ
  • 今日は連休1日目。私の住んでいるところではとても過ごしやすい一日でした。コンテスト前の慌ただしさから放免され、涼しさにも助けられて鉄道模型コンテストで購入したアルナインの「古典電車」を組み立ててみました。「とても簡単な」のうたい文句通り、半田付けも瞬間接着剤も不要です。塗装のしやすさも考慮されていて、パーツごとに塗装して、最後に組み立てる仕組みです。お気に入りの車両を、初心者でも作りやすいように考 [続きを読む]
  • T-TRAKコンテストにて
  • 前回コンテストのご報告記事を掲載したところ、皆様からコメントをいただきました。イベント恐るべし・・・ですね。今回はそのT-TRAKコンテストで、小菱重工として気になったいくつかのモジュールをご紹介したいと思います。高低差を活かした空間処理と、観察眼の鋭さに唸らされた一品。狭い谷戸を見事に再現されています。こちらも限られた空間の中で、逆に奥行と広がりを感じさせてくれます。日本の原風景ですね。緑一色の中に、 [続きを読む]
  • レイアウト道と云ふは走らせる事と見つけたり
  • 鉄道模型コンテスト、暑い中ですが行ってまいりました。見事なまでの夏空ですな。入道雲までむくむく。行きは荷物もないので、小田急線→埼京線直通りんかい線で目的地へ。普段仕事帰りで乗ることの多いMSEに昼間乗るのも新鮮な気分。浮かれついでに、ロマンスカーの中で食べたお弁当は、ちょっと(かなり)奮発。ちなみに今年は土用の丑の日が2回あるそうです。はい、ビッグサイトとうちゃ〜く。ただでさえ、暑い・・・。凄い人です [続きを読む]
  • 北ウィング 彼のもとへ
  • LOVE is the Mistery♪ わたしを呼ぶの〜なんのこっちゃということですが、その理由は後程。突貫工事で仕上げた、モジュール。この状態をもって出展といたします。上から見ると、本当に線路しか見えない・・・。まぁでも、人事は尽くした、と。で、やにわに取り出したるはスーツケース。娘が海外研修に行くときに使った特大サイズ。四隅にL金具を固定し、蓋をかぶせることができるようにしました。さらにバンドで固定して、蓋を閉 [続きを読む]
  • バラック建て2軒追加
  • しぶとくまだ悪足搔きをしています。手前の細長い空き地、無理矢理バラックを建てます。久しぶりの下見板貼り。一昔までは、こんな狭小貸家がよくありましたね。もちろん風呂なし。シンメトリックに2軒と、物置完成。ガード脇のビルにも看板をつけました。ウェザリングして、ビル設置完了!2軒のバラックも設置完了!設置前とでは、その効果は一目瞭然。この勢いで、搬入前日まで雪崩れ込みます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 電信柱、架線柱色々
  • 出展モジュール、まだ終わりません。現在も進行中ですが、区切りの良いところまでのご報告。竹ひごと、木片でなにやら作ってます。「なにやら」パート2。検車区の電信柱と、鉄道電話箱でした。今回のモジュール、架線柱もバリエーションがあって、銀座線は第三軌条だから架線柱なし、玉電はトロリー用柱、井の頭線は鉄柱です。トロリー用の柱は簡単でよいのですが、それだけでは面白くありません。複葉機の模型を作るときに用いる [続きを読む]
  • とりあえずビル竣工
  • 追い込みじゃあ!追い込みじゃあ!えらいこっちゃ!!実質、今日明日が山場です。ビルを仕上げていきます。まず下地の塗装。屋上の手摺と階段室をつけて・・・。次にパターンシートを細く切り、塗装。装飾タイル貼りのビルにします。仮置きしてみました。たった一棟のビルですが、街なかであることをアピールしてくれるような気がします。あと一息、とはいうもののまだまだやりたいことは一杯あって・・・さぁ、どこまで実現できる [続きを読む]
  • 詰所の設置と、ビル建築着工
  • 完成した詰所を設置します。詰所の前の三角形の空き地は、中庭にしました。ちよっとしたアクセントになります。久しぶりにカッティングマシーンのシルエット・カメオを引っ張り出して、これから作る建物の窓枠を切り出し。さらに、カッティングシートで、ここに貼るもの、桁下高標示を切り出しました。かなり効果的なのではと、自画自賛。窓枠の方も、揃いました。精度良く、量産できる。まさにカメオさまさま。スチレンボードで壁 [続きを読む]
  • 検車区詰所
  • 私の作るレイアウトにしては、今回建物がほとんどありません。ちょっと寂しいです。ということで、変電設備横の空き地に、詰所を建てます。久しぶりの建築作業。やっぱり土木工事より、建築工事の方が好き♪さくさく作業が進むもんなぁ。と、言っている間に完成です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 検車区のバラスト撒き完了
  • T-TRACKコンテスト。出展レイアウトが完成していない者が言うのもなんですが、2週間前になっても出展案内が来ず、ちょっと不安になっていました。が、やっと来ました。ということは、もう逃げられなくなったとも言います。検車区のバラストを撒きました。途中ボンド液をたらしていた容器から液が盛大に噴き出して、大洪水になるというアクシデントに見舞われました。折角防水したはずのポイントも、もしかしたら死んだかも・・・。 [続きを読む]
  • 第三軌条
  • コンテストまで2週間を切りました。さあ、間に合うのか?変電設備、ウェザリングしたら結構リアルになりました。検車区の鉄橋も、ウェザリングして、線路も塗装。検車区の目玉は、やっぱり第三軌条。銀座線の最大の特徴ですからね。グリーンマックスのキットをちまちま塗装して、取り付けます。本当はもう少し線路に寄せなければならないのですが、台車にぶつかっても困るので、離し気味に。バラストを撒く前、ボンド液がポイント [続きを読む]