para1002n さん プロフィール

  •  
para1002nさん: ごめんなさいでした
ハンドル名para1002n さん
ブログタイトルごめんなさいでした
ブログURLhttp://blue.ap.teacup.com/para1002n/
サイト紹介文鞆鉄道跡を歩いています。二月三十日の出来事で未来予測、はずしたらごめんなさい。囲碁ソフト比較テスト中
自由文旧暦二月三十日の出来事を集めています。中古ニュースで未来を大胆予測。
中古写真、古地図を元に失われた水路、道路、鉄道を探して現代の風景に甦らせる歴史散歩です。目に見えない物を目に見えるようにして現代の風景に甦らす、実物大パズルです。
最新囲碁ソフト8本の比較テストを継続中です。へぼですがどうぞお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2011/09/05 17:45

para1002n さんのブログ記事

  • 挿し木
  •  ハイビャクシンの枯枝を払い、日当たりをよくしようとして、間違って、青葉の付いている枝を切ってしまった。そのまま捨てるのは勿体ないので、花壇の隅で挿し木にした。 ハイビャクシンの育て方指南によると、挿し木の時期は梅雨時だそうだ。それはそうだ。いくら何でも、真冬の挿し木は間違っている。ごみとして捨てるのは勿体ないので、ダメ元でとにかく着根を期待するしかない。 生け花のように、水を入れたペットボトルに [続きを読む]
  • 笹の根撤去完了
  •  花壇のバラの周りにも肥料を入れようと、掘ってみた。あちこち少し掘っては、昼休憩や翌日回しのところはすぐ埋め戻していた。最後に施肥の段階で再び底まで掘る際に、中途半端なところが何カ所か残っていた。薔薇の周囲もそうだった。抜いて行くと、結構コンビニ袋一杯の笹の根を回収した。そのまま残しておいたら、またそこから成長して、手の付けられない状態に戻ったかもしれない。 薔薇の周囲の狭い範囲からこんなに笹の根 [続きを読む]
  • 切り株も残す
  •  重なり合っている枯れ枝を切った。切り株状態でも、幹から直接出ている新しい根がある。又日当たり条件がよくなれば、切り株からでも再生するかもしれない。本当に駄目になるまでは極力残しておくことにした。ただ、中央の切株だけは撤去した。真中が広く開いたので、土を掘る動作、笹の根を掘り起こす作業が格段にやりやすくなった。 周囲は皆切断してあるので、数センチずつ短くして、引っ張るうちに、ずるずるっと引っこ抜け [続きを読む]
  • 最後の難関
  •  ハイビャクシンが笹に覆われて枯れかけていたが、東側は、笹の背丈が低く、若干日当たりもあったエリアなので、枯枝のように見えても、根はまだ生きている。枯葉が積もって、低い枝が埋まっていたところには、枝の腹面から新しい根も出ている。条件が良ければ、挿し木でも増やせるので、もちろん枝が土に埋まっていれば途中から根が出るのも当然。 主根が朽ちて宙ぶらりんに見えても、幹から直接新しい根が出て、枯枝になってい [続きを読む]
  • 施肥
  •  笹の根を掘り尽くした後は、底にバラスを入れて、粗砂を敷いて、篩に掛けた土を被せる。枯葉や鶏糞、米糠の肥料を入れて、上に土を被せて終了。 南東隅からも平らなコンクリート塊が出て來た[画像] 底に栗石バラスを敷く[画像] 縁石の下の隙間にバラスを詰める[画像] プラタナスの落ち葉を細く切って腐葉土にする[画像] 鶏糞と米糠の肥料を入れて、あとで土で覆う[画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりし [続きを読む]
  • 土の入れ替え
  •  三角花壇の先端から順に底まで掘って、土を入れ替えた。(1)一番底には栗石を敷き詰め、(2)その上からバラスや粗砂を被せて、(3)土を入れた。さらに(4)笹の枯葉を入れて(5)その上に枯れ葉混じりの腐葉土化した土。 小分けにこのパターンを繰り返す。 笹の根を取って栗石を敷く[画像] さらにバラスや粗砂で覆う[画像] 篩に掛けた土を入れる[画像] 笹の枯葉や腐葉土化した表層[画像] 枯葉混じりの腐葉土[画像] ハイビャクシ [続きを読む]
  • コンクリート塊
  •  生コンは計算通りだと、少し足りない時に困る。若干余る程度なら、窪地の補修とか、処理もしやすい。地面にそのまま残されてコンクリート塊になることもある。基準になるコーナーを固定するために、アンカーのように埋められて処理されることもある。要するに産業廃棄物の体のいい処理でもある。[画像] 花壇の鬼門(北東隅)の縁石際の笹の根を掘っていたところ、平らな硬いものに行き当たった。面積はかなり広い。笹の根、薔薇の [続きを読む]
  • アンカー
  •  街灯の支柱の周りには、瓦礫がたくさん埋まっていた。掘り返していくと支柱を固定するアンカーが見えてきた。これ以上深くは笹の根も潜れないので、ここに土のないエリアを設けることにした。土の選別をしていると、たくさんの栗石、小砂利、粗砂が出てくる。粗砂は腐葉土や米糠を土と混ぜて、縁石沿いの底の方に戻す予定。 栗石、小砂利は、支柱を挟んで、帯状にダンボールの仕切り板を境界線にして埋め戻す。花壇の土の選別が [続きを読む]
  • パーライト
  •  花壇の笹の根を取り除いている。予想外に手間がかかる。掘り返した土はまた埋め戻すので、できるだけ笹の根の欠片やひげ根も取り除きたい。根の一本からでも再生するとは思わないが、できることならひげ根の切れ端まで取り除きたい。 バールで笹の根を抉じ上げる[画像] 篩を二重にして、最初に7mmの篩で、バラスと節の付いた笹の根や、ひげ根を取り除く。その下に2mmの篩がある。下に篩われて落ちるのはごみのないぱらぱらの土 [続きを読む]
  • 笹の根退治
  •  毎日少しずつ笹の根を掘り出しては、その日のうちに、水を撒いて埋め戻している。今月4日から地上部分の笹を刈り始め、枯枝を剪定したり、表土を掻き出したりしてから、6日目になる。絡み合って狭い隙間から少しずつ土を掘り起こす作業は遅々として進まず。明日からは午前中に作業に取り掛かれるので、とりあえず北側の縁石際の笹の根は完全撤去を終われる予定。その後、南側をぐるっと一周したら、最終段階、腐葉土と米糠を混ぜ [続きを読む]
  • ハイビャクシンの救助
  •  今年の夏の暑さでハイビャクシン(這柏槙)が枯れ始めた。国道2号線沿いの花壇の話。どの花壇のハイビャクシンも全部枯れているかと云えば、そうでもない。福山市役所(広島県)の南側の花壇はちょっと高級なハイビャクシンの別品種が植えてある。それも、ところどころ枯葉の塊が目立つ。 東桜町のビッグボーイの交差点の花壇は、ほぼほぼ全滅に近いくらい枯れていた。これは暑さのせいばかりではない。笹が覆い尽くして、日が当た [続きを読む]
  • サイクリングしまなみ
  •  国内で唯一らしい。高速道路を自転車で赱れる国際サイクリング大会。10月28日(日)朝、6時から正午まで因島北から今治までのしまなみ海道が車両通行止めになり、その間、臨時のフェリーが運行された。[画像][画像][画像][画像][画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりしてく ?]  人気ブログランキング ←ワン をよろしく!! [続きを読む]
  • 順位戦負けなし
  •  聡ちゃんは23日、関西将棋会館で行われた第77期順位戦C級1組で千葉幸生七段(39)に勝ち、5連勝。デビュー以来、順位戦では15連勝中。師匠の杉本昌隆七段も5戦全勝中だが、今期の順位戦では子弟対戦の予定はない。子弟同時昇級で、来期のB級2組で再び直接対決の可能性はある。 朝の対局開始から、ライブで見ていた。将棋は分からないのに、見るだけの観る将ファン。さすがに疲れて、途中テレビ(写真撮影のため、パソコンとテ [続きを読む]
  • 在庫の種を自然界に返す
  •  芦田川(広島県福山市)の大渡橋のほうで採取したムラサキツメクサの種をストックしていたが、もう播く場所もなくなった。播種時期を過ぎて越冬するよりは元の自然に返した方がいい。自然界の植物にとって、他の草の種は敵に違いない。他の植物の種は発芽しないように何らかの物質が出ていてもおかしくない。水遣りもできない自然界で、種を蒔くなら氾濫時の漂流物が集まっているエリアがよかろう。ごみもさることながら、枯草やそ [続きを読む]
  • モモイロクローバー
  •  夏の暑さで枯れたシロツメグサの抜き跡にムラサキツメクサの種を蒔いた。逆に、赤花の咲くシロツメクサの株は抜かずに保護した。生き残ったムラサキツメクサや、赤花シロツメクサの秋花が咲いた。一段と色の濃いシロツメクサの赤花株の種を増やして、シロツメクサの抜き跡に撒いて世代交代していけば、あくまで、バラが主役だけれど、やがて桃色の背景に埋め尽くされる理想に到達できるかも。 芦田川河川敷(広島県福山市)神島橋 [続きを読む]
  • 日韓囲碁対局in鞆
  •  対潮楼(広島県福山市鞆町)の所蔵資料など「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコ「世界の記憶遺産」に登録されたことを記念して、日韓囲碁最高段プロ棋士による対局が行われた。 日本側は日本棋院関西総本部の石田篤司九段。韓国側は、韓国棋院の尹(ユヒョンソク) 九段。年長の石田篤司九段が握って、半先。尹九段が黒番で席はそのまま。通常なら廊下側の窓側が下座。南面する席は上座のはずだが、韓国棋士は朝鮮使節との設定で [続きを読む]
  • 更地
  •  中国新聞地域センタービル(広島県福山市東桜町)の解体工事が完了した。掘り出され、山のように積み上げられていたべた基礎のコンクリートガラがすべて撤去され、更地になった。[画像] 山のようなコンクリートガラが搬出された[画像][画像] すっかり更地に戻った中国新聞地域センター跡地(東桜町)[画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりしてく ?]  人気ブログランキング ←ワン をよろしく!! [続きを読む]
  • 平成最後の新人王
  •  藤井聡太七段、平成最後の新人王おめでとうございます。 決勝の相手は、出口若武奨励会三段。新人王戦で決勝まで進出しているのに、まだプロになれていない。現在進行中の64回三段リーグこそ2勝無敗とはいえ、前回の63回三段リーグは、11勝7敗で12位。去年は17位。9勝9敗の互分の成績だ。こんなに強い三段が勝率5割ちょっとというプロ登竜門の三段リーグはなんと恐ろしいところか。虎の穴とも云われる地獄の三段リーグ。奨励会 [続きを読む]
  • 今朝のクローバー
  •  今朝は花壇の草取りをした。種を蒔いた日もそれぞれ違うし、街路樹のあるなしで、土壌の条件や、日陰の具合もエリアごとで違う。かなり成長しているエリア、まだ発芽のない場所、びっしり双葉の出て來たところと様々。 条件のいいところはだいぶ背丈が伸びた[画像] クローバーの発芽も初めは双葉[画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりしてく ?]  人気ブログランキング ←ワン をよろしく!! [続きを読む]
  • 墓地の草刈
  •  草戸の墓地(広島県福山市)の草取りが済んだので、今日は城北の墓の通路の草刈りに行って來た。通路の一部に段差を付けて水捌けをよくして、歩けるところは足元がぬかるまないように芝生が植えてある。向かい側の墓の人が除草剤を播いて、草丈が伸びないようにしている。除草剤の当たっていないところはだいぶ草が伸びていた。入口から隣近所も含めて通路の草を短く刈り揃えておいた。 入口から奥まで通路の草刈り[画像] 除草剤 [続きを読む]
  • ミニ薔薇と紫詰め草の競演
  •  花壇のシロツメグサを抜いて、風通しがよくなって、秋バラが咲いている。抜いたシロツメグサは乾燥させて、別の場所でマルチングに使っていた。シロツメグサを抜いた跡地に、ムラサキツメクサの種を蒔いた。上にマルチングに使っていた枯れ茎を撒いて日陰を作った。まだ発芽したばかりだが、この夏の暑さを乗り越えた生き残りがもう花を着けた。ミニ薔薇と競い合うように咲いている。[画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [続きを読む]
  • 台風と蚊
  •  蚊は軽いので風があると飛べないとテレビで云っていた。丁度防虫スプレーが切れたところだったが、まあいいかと、出かけた。テレビの情報番組を真に受けて、蚊取り線香も焚かなかった。一応、花器の水とか木陰などに殺虫剤は噴霧しておいた。しばらくは大丈夫だったが、やがてあちこち剥き出しの腕が痒くなった。刺され放題だ。腕に止まった蚊を叩き潰したら、吸っていた血が破れて出て來た。 テレビの情報番組なんて、碌でもな [続きを読む]
  • シロツメクサの赤花播種
  •  西側の花壇の草を一本いっぽん丁寧に抜いて、浅く耕した。先にムラサキツメクサの種を蒔いて、励起で畝を均し、後からシロツメクサの赤花の種も蒔いた。こちらの花壇は、種を蒔いたあとちょっとだけ水をやって、それ以外の養生は何もない。今日夕方から、3日間、雨が降ったり止んだりの天気予報。数日待って発芽しないようだったら、もう一度直播きする予定。何度か分けて蒔いておけばそのうち芽が出てくるだろう。[画像][画像] [続きを読む]
  • ソーラーパネル
  •  ムラサキツメクサの種を蒔いて、連日のように降雨。思いのほか発芽率がいい。正面の花壇はバッタや植物食性の虫がいて、発芽したばかりの双葉がほとんど食べられた。その他のところは虫の食害はほとんどなかったが、2度目の直播きをする際に、ついでに追加を撒いておいた。 クローバーは発芽直後は双葉が出てくる。しばらく放置しておくと、ひと際でかい3枚目がひょろっと出てくる。まるでソーラーパネルのように光を受けて、根 [続きを読む]