智 さん プロフィール

  •  
智さん: 萬文習作帖
ハンドル名智 さん
ブログタイトル萬文習作帖
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tomoei420
サイト紹介文山の青年医師の物語×陽昇続篇ミステリーほか純文学小説連載中+森や山の写真コラム+文学コラム
自由文ドラマ陽はまた昇る続篇「side story」警視庁山岳救助隊の法治ミステリー×オリジナル「Aesculapius」山の青年医師ほか純文学小説を連載中、森・山岳写真、SS小説・短篇読切・文学コラム・論文のコツ。同性愛もBLと違うリアルで描きます※文章・写真共に著作権放棄はしていません、ご利用は必ず事前連絡ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供536回 / 365日(平均10.3回/週) - 参加 2011/09/05 18:23

智 さんのブログ記事

  • 街角点景:公孫樹の街
  • 昔なじみの道、いつも通り黄葉並木。横浜市木と神奈川県木はいずれもイチョウです、笑撮影地:山下公園通り@神奈川県横浜市にほんブログ村 blogramランキング参加中! 著作権法より無断利用転載ほか禁じますこんなの作りました(^^)ブログトーナメント [続きを読む]
  • Vol.11 Wisdom 叡智の標 act.8−Savant
  • To me, fair frend, 馨二十歳、紀之十九歳の四月Vol.11 Wisdom 叡智の標 act.8−Savant外へ出て一歩、桜が香る。「はー…、」タメ息から深呼吸、ふわり甘く風ぬるむ。春麗らか明るいキャンパスに馨はふりむいた。「紀之、ほんとにもう…ああいうのダメだよ?」本当に困る、あんなことは。心底からの願いに一年後輩はからり笑った。「見つからなかったろ?ナニが問題なんだよ、」「問題だよ?二年生の履修講義じゃないんだから、勝 [続きを読む]
  • 登山装備:秋山遭難、気軽×危険
  • 安全確保は自己責任@山登山装備:秋山遭難、気軽×危険秋、遭難事故が多発しています。「遭難したら警察or消防が助けにきてアタリマエ」なんて安易な考えが一番の遭難原因だよって前にも書いたけど、そんなトンデモ遭難者予備軍に先週末また遭いました、…あいたくないなあ二度と。○下山途中の12時過ぎ遭遇○普段着○運動靴○登山装備ナシな、20代カップルだったんですけど、おそらく何度も同じこと言われていたんだろうけど、「 [続きを読む]
  • 第10章 Libertas 選択の翼 act.3−Aesculapius 杜嶺の医神
  • Are clad in one green hue,  単調から、雅樹28歳・光一13歳11月第10章 Libertas 選択の翼 act.3−Aesculapius 杜嶺の医神 伏魔殿、そんな言葉つい思いだす。だから故郷が慕わしい、でも今は。「ふ、」呼吸ひとつノック2回、扉ごし気配ゆれる。あたりまえのよう待たれていた、そんな表札に雅樹は告げた。「失礼します、ERの吉村です、」「はい、」女声が応えて、かちり、扉が開く。パーテーションの前、スーツ姿きちんと女性は [続きを読む]
  • 紅葉点景:深紅葉
  • 伊呂波紅葉イロハモミジ、大紅葉オオモミジ、深紅の光り織りなす秋の瞬き。季節の彩り 79ブログトーナメント撮影地:川上牧丘林道@山梨県山梨市2017.11路面陥没(かなり大穴)+凍結+落葉松の葉スリップなど危険個所もある林道です、運転要注意で。にほんブログ村 blogramランキング参加中!  著作権法より無断利用転載ほか禁じます [続きを読む]
  • 霜月十六日、紅山茶花―sober colouring
  • 慕わしき憂愁に、11月16日の誕生花霜月十六日、紅山茶花―sober colouring夕闇にも紅い、あざやかな愛惜の色。「なんて、ね?」紅い花に微笑んで、ぱちん、花鋏ひとつ鳴らす。ほのかな甘さ鏤められる、この奥ゆかしい香が好きだ。「きれい、」笑いかけた花そっと香る、これなら空気を妨げない。きっと静かに華そえてくれるだろう?そんな一輪に呼ばれた。「おーい、開店あと20分だぞ、」「はーい、」応えて花枝もうひとつ、ぱちん [続きを読む]
  • 第85話 春鎮 act.42 another,side story「陽はまた昇る」
  • To me, fair frend, 佳客なる友は、harushizume―周太24歳3月下旬第85話 春鎮 act.42 another,side story「陽はまた昇る」どうして、どうやってここに来たのだろう?そんな疑問は雪ふる門前、浅黒い笑顔すこやかに佇む。「…田嶋先生?」「おう、周太くんも昨日からおつかれさん、」呼びかけて返してくれる、その笑顔は白まじる髪が朱い。日焼も雪焼もなじんだ健やかな貌まっすぐ周太を見て、マフラーうずめた唇おおらかに笑った [続きを読む]
  • 写真訳詩:黄金の荷×William Blake
  • 秋に、写真訳詩:黄金の荷×William BlakeThus sang the jolly Autumn as he sat;Then rose, girded himself, and o'er the bleakHills fled from our sight; but left his golden load.座ってこのように歓びの秋を謳った。やがて立ちあがり、身支度をし、そして荒涼の上に丘は視界から消え去って、けれど黄金の荷を残した。【引用詩文:William Blake「To Autumn」抜粋自訳】撮影地:森@神奈川県、山梨県北杜市  にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紅葉点景:大弛峠へ朱色
  • 登山帰路、林道かたわら朱色紅葉。伊呂波紅葉イロハモミジ、大紅葉オオモミジ、枝に交わす朱赤×黄金グラデーション。第2回 ☆紅葉・黄葉☆ブログトーナメント撮影地:川上牧丘林道@山梨県山梨市2017.11路面陥没(かなり大穴)+凍結+落葉松の葉スリップなど危険個所もある林道です、運転要注意で。にほんブログ村 blogramランキング参加中!  著作権法より無断利用転載ほか禁じます [続きを読む]
  • 山岳点景:360度×Highest point ―北奥千丈岳2017
  • 蒼天、2,601メートル 山岳点景:360度×Highest point ―北奥千丈岳2017奥秩父山塊の最高峰へ、入口は木道から。幅が狭い段もあり足もと注意、で、登ると最初の展望スポット夢の庭園。青と白の稜線は南アルプス、連なる三千メートル峰。また樹林帯×木道を登る道、ときおり見える銀嶺に見惚れます。右サイド、岩のオベリスク佇む頂は百名山の金峰山。登山口は同じ大弛峠から入れます。吹きだまり残る雪、凍って硬くなっています。 [続きを読む]
  • 第10章 Libertas 選択の翼 act.2−Aesculapius 杜嶺の医神
  • These plots of cottage-ground, 尖塔の一隅で、雅樹28歳・光一13歳11月第10章 Libertas 選択の翼 act.2−Aesculapius 杜嶺の医神 「シムビコートを出します、前にもお話した通り、発作が治まっても使い切ってくださいね?」笑いかけながら左手はペン奔らせる。どうか少しでも悪化しなければいい、祈る想いに患者は頭下げた。「はい、こほっ…、吉村先生いつもすみませ、ごほんっ、」いつも、そう微笑んだ唇すこし乾いている、熱 [続きを読む]
  • 山岳点景:富士遠望@Highest point ―前国師岳2017
  • 奥秩父山塊より、雲海うかぶ富士山×北奥千丈岳の稜線。撮影地:前国師岳@山梨県山梨市標高2,570メートルは寒冷地です、今シーズンも既に降雪あり。冬装備×登山靴きちんとお出かけください。○寒冷期の木道は凍結しやすい→滑って転倒も多いです、特に降雪×気温低下後は軽アイゼンあると安心だと思います※但し木道むきだしの個所はアイゼンで踏まないでください、木道を傷つける+アイゼンの刃をひっかけ転倒します。○降雪時 [続きを読む]
  • Vol.11 Wisdom 叡智の標 act.7−Savant
  • To me, fair frend, 馨二十歳、紀之十九歳の四月Vol.11 Wisdom 叡智の標 act.7−Savantそれだけ書きたかったこと、あるんでしょう?そう答えたとき、そのとき父の眼。そのとき父の言葉、そこにある時。『ミステリーを綴ったんだ、』そう父は言った、湯原教授はそう言った。そしてこんなことも言っていた。『斗貴子がいなければ今の私はいない、だから最初にページ開くのは君だ、』母が父のページを開かせた。それは「ミステリー」 [続きを読む]
  • 山岳点景:紅葉彩色
  • 山ふところ、草紅葉と黄葉に織られる秋・極彩色。戦場ヶ原の奥にある樹林帯×湿原です、登山装備でお出かけください。撮影地:小田代ヶ原@栃木県日光市2013.10標高1,400超える寒冷地です、今シーズン既に降雪もあったそうなので冬装備×登山靴きちんとお出かけください。○冬期はトイレ使用不可になります、使用できる場所を確認の上お出かけください。○寒冷期の木道は凍結しやすい→滑って転倒も多いです、特に降雪×気温低下後 [続きを読む]
  • 霜月十一日、白椿―Glory
  • 無垢なる光、君へ、11月11日の誕生花霜月十一日、白椿―Glory夜が明ける、でも、あのひとは眠らない。…かたん、そろり雨戸をひらいて、朝が白い。唇そっと白い靄めぐらせ微笑んだ。「霜…、」梢が白い、銀色きらきら苔光る。草の葉、残る菊、紅葉まだ来ぬ楓に白紗おおう。きっと踏めば地面は鳴るだろう?なつかしい期待と縁側のへり、踏みだして冷たい。「こおってる…、」板敷あわい銀色まとう、こんなところまで霜がふる?凍て [続きを読む]
  • 第85話 春鎮 act.41 another,side story「陽はまた昇る」
  • To me, fair frend, 美しいひとへ、harushizume―周太24歳3月下旬第85話 春鎮 act.41 another,side story「陽はまた昇る」小雪ふる門、常緑の葉も白くなる。こまやかな銀色かすかな風、どこか深く水が香る。深々、音もない白銀しずかな里にソプラノ朗らかに笑った。「着いたとたん降りだしたね、露払いかな?」ぱたん、運転扉をとじて施錠して、ふりむいて明眸が笑う。もう決意している、そんな眼ざしに周太は微笑んだ。「それっ [続きを読む]
  • 山岳点景:木洩陽の秋、柑子色
  • 柑子色、橙色、黄金、金茶色、秋の陽×黄葉えがく染める色事典。撮影地:美し森山@山梨県北杜市八ヶ岳下部2016.10美し森は標高1,542メートル、牛首山へ向かうルートは足場イマイチもあるので冬装備×登山靴きちんとお出かけください。○11月以降かなり冷え込みます、冬期は巨大な霜柱がベンチをひっくり返す零下の世界です。○冬期はトイレ使用不可になります、使用できる場所を確認の上お出かけください。○巨大な霜柱を普通の靴 [続きを読む]
  • 霜月九日、野菊―winds be free
  • 駈ける、11月9日の誕生花霜月九日、野菊―winds be free吐いて、呼吸する。ほら?風こんなに沁みる。「はー…あ、」腕やわらかに伸ばして呼吸のびる、鼓動のびやかに息をつく。大気ゆるやかに指へ爪先へ、髪ひとすじ深く細く沁みてゆく。「…しらなかったなあ…」微笑んで唇ほろ甘い、それとも渋い?かすかな芳香あまく渋く、この匂いどこから来る?知りたくて瞳ひらいて朱色きらめく空、紫と白あざやかに映った。「おい、何やっ [続きを読む]
  • 山岳点景:黄金水彩の森
  • 朝霧ゆれる黄金の森、鹿の声。11月の今は黄葉も終わり、雪×氷の季節へむかいます。撮影地:美し森山@山梨県北杜市八ヶ岳下部2016.10なんでもいいよ12ブログトーナメント美し森は標高1,542メートル、牛首山へ向かうルートは足場イマイチもあるので冬装備×登山靴きちんとお出かけください。○11月以降かなり冷え込みます、冬期は巨大な霜柱がベンチをひっくり返す零下の世界です。○冬期はトイレ使用不可になります、使用できる場 [続きを読む]
  • 霜月八日、柊―GUARDIAN
  • 慕わしさに、11月8日の誕生花霜月八日、柊―GUARDIANかすかな気配、時計は16時。「そろそろかな…?」待ちわびて声になる、その唇に香があまい。かすかで、そのくせ追いかけてしまう甘さは名残。それくらい毎日いつも傍にいて、そんな居場所は窓が明るい。でも暗く感じてしまうのは、君がいないせいだ。「…、」書斎の窓つい外を見る、仕事のパソコンつい指ゆるむ。速く済ませてしまいたい仕事、そのくせ足音ひたすら待ちわびる。 [続きを読む]
  • 山岳点景:秋色水彩の森で
  • 朱色きらめく黄金の森、草緑も光るゴールデンタイム。撮影地:小田代ヶ原@栃木県日光市日光国立公園内2014.10標高1,400超える寒冷地です、今シーズン既に降雪もあったそうなので冬装備×登山靴きちんとお出かけください。○冬期はトイレ使用不可になります、使用できる場所を確認の上お出かけください。○寒冷期の木道は凍結しやすい→滑って転倒も多いです、特に降雪×気温低下後は軽アイゼンあると安心だと思います※但し木道む [続きを読む]
  • 休憩雑談:雪山帰路の翌日→平日
  • 昨日は今シーズン雪山初め、今日は公用→実家→帰り道の途中休憩←今ココ。そんな神奈川県某所は雨の夜、ちょっと休憩雑談、笑昨日は栃木県と群馬県の県境に登ったんですけど、11月だから雪あるかもなーと事前に調べたら雪ありで、行ってみたら雪×ぬかるみリミックス登山道でした。あーやっぱりなあ、と、ゲイター履いて、雪が硬くなるごと標高も高く、斜面方角×地形で積雪量も変わって、……↑なんて書いたまま数日放置して火曜 [続きを読む]
  • 霜月六日、藤袴―tender recollection
  • 初雪におう、11月6日の誕生花霜月六日、藤袴―tender recollectionからり、ひらいた窓から雪匂う。やわらかな冷たさ頬なびく、あわい渋さ水が香る。唇そっと息が白い、くゆらす靄ふれるガラスに微笑んだ。「初雪だ…、」ゆうべは冷えこんだ、そうして明けた朝あわく白い。しめやかな湿度が吐息も染める、そんな雪化粧の庭に下駄つっかけた。からん、素足に冷気ふれる、つまさき冷たさ目覚めさす。雪に素足は無謀かもしれない、け [続きを読む]
  • 道路点景:県境の夕刻
  • 雪山の帰り道、ふつうの峠道で。山間部の道は街路灯が少ない×カーブ・急角度が多い=運転注意、撮影も「安全な場所」に停車してくださいね?撮影地:県境@群馬県×埼玉県第5回 ☆なんでも風景写真☆ブログトーナメントにほんブログ村 blogramランキング参加中!  著作権法より無断利用転載ほか禁じます [続きを読む]