sachilog さん プロフィール

  •  
sachilogさん: working momのコーヒーブレイク in マレーシア
ハンドル名sachilog さん
ブログタイトルworking momのコーヒーブレイク in マレーシア
ブログURLhttps://ameblo.jp/sachilog1/
サイト紹介文国際結婚家族が東京からシンガポールを経てマレーシアのジョホールへ。両国の良さを満喫し南国生活謳歌中。
自由文仕事はシンガポール、オフはマレーシア。慌しくも楽しい毎日を過ごすworking momが、ブログを書いてちょっと一息のコーヒーブレイクです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/09/08 17:16

sachilog さんのブログ記事

  • 新しい仕事
  • 今週から仕事を再開しました。心配していたビザも無事下りたのですが、時間がかかったおかげで、結局3ヶ月ものロングバケーションを満喫できて、本当にラッキーでした??満喫といっても大してやることもなく、子ども達が学校行ってる間、Xboxで遊ぶかネットフリックス見るぐらいしかやることありませんでしたが。笑今週は、引き継ぎをミッチリやって、色んな新しい人々に会い、色んなことを覚え、通勤も新しいカープールで、と何 [続きを読む]
  • シンガポールのドンキ
  • 今日はシンガポールに用事で行ったのですが、たまたま入ったタンジョンパガーのモールに、ドンキがありました。シンガポールではドン・キホーテではなくて、Don Don Donki という名前。ふらっと入ってみてビックリしたのですが、なんでも安い!調味料でもお菓子でも、日本のものってこちらでは高いのですが、普通、明治屋や伊勢丹で売ってる価格より2割ぐらい安くて、ほぼ日本と同じ価格でした!嬉しくなって、思わず日本のお菓子 [続きを読む]
  • テレビが 御臨終
  • 7年前、シンガポールに来てすぐに買ったソニーのBravia 55インチ テレビ。本日、御臨終となりました。2ヶ月ぐらい前からスピーカーがイカれて、低音がバリバリ音を立てて割れるように、、、。そして今日、スイッチをつけたら、映像がおかしい。動くと残像が出て、全く使い物にならない状態。リセットしたり、画質調整をいじったり、色々しましたが、ダメでした。昨夜はなんの問題もなかったのに、突然逝ってしまいました。たった7 [続きを読む]
  • 靴が崩壊
  • 南国に住んでいると、湿気のせいでなんでも消耗、劣化が激しいですが、特に靴の劣化には要注意です。スニーカー、サンダルなど、何年かするとソールが剥がれてしまいます。以前も久しぶりに履いたプラットフォームサンダルでディナーに行ったら、途中でソールが剥がれて靴が完全に分解してしまって、歩けなくなったことがあってとても恥ずかしい思いをしました。ランニング用のスニーカーも全部ソールが剥がれてダメになったし、今 [続きを読む]
  • 仕事
  • 本来なら今日から新しい仕事開始のはずだったのですが、実はまだエンプロイメントパスが承認待ちで、就任できません、、、申請して3週間ぐらいになるのですが、なんだか時間がかかってます。今までは長くても1週間ぐらいでパスしたのに、今回は長い。シンガポールのエンプロイメントパスは年々審査が厳しくなっているし、私の場合年齢が結構いってるから、余計なのかな。若かったらもっと早く下りるのでしょう。もしビザがおりなか [続きを読む]
  • まさか?
  • 息子の大の仲良しの子が最近シンガポールに引っ越してしまって、プレイデートしたいということで、先日お家に遊びに行ってきました。ボタニックガーデン近くの、$10-20 million級の豪邸が立ち並ぶ超高級住宅街。引っ越したばかりの新居は、ビバリーヒルズにあるような白亜の豪邸。プールも、大きいメインのとプランジプールと2つありました。ジョホールでも、これホテルですか?っていうぐらいの大豪邸に住んでいて、リビングルー [続きを読む]
  • 新しい肌
  • フラクショナルレーザー施術から5日。紙やすりのようにザラザラでワッフル模様に焦げてた肌。このまま戻らなかったらどうしよう、、、やらないほうがよかったかも 、、、とかなり不安でしたが、ひたすら引きこもっているうちに すっかり一皮むけて、ゆで卵のようにツルツルな新しい皮膚が再生していました!まだ所々ザラザラが残ってますが、概ね完了。クリニックでもらったクリームでしっかりケアして、外出時はマスクにサングラ [続きを読む]
  • フラクショナルレーザー翌日
  • 昨日は顔が燃えてどうしようかと思ったフラクショナルレーザー。先生に言われた通り、昨日は早く寝て、今日はクリニックでもらったクリームをしっかり塗って、お水をたっぷり飲んで、一日引きこもっていました。顔の赤みも腫れもすっかりひいています。見苦しいので写真は載せませんが、顔の皮膚表面には、小さい小さいレーザーのミクロの穴がブツブツあいた跡がたくさん見えます。要するに、傷痕ですね。それらが茶色くかさぶたに [続きを読む]
  • ブキインダでレーザー初体験
  • 前からずっと気になっていた、頬骨の上のシミ。 最近一層大きくなってきたので、せっかく今仕事もしてないし、レーザー治療を受けてみることにしました。 ブキインダにあるEstee Clinic という美容皮膚科に行ってきました。受付のお姉さん達はみんな色白で肌がきれいで、かわいくって、なぜかスカートがとっても短い。笑 先生も女性だろうとばかり思いきや、出てきたのは30代ぐらいの若い中華系の男の先生。彼も色白でお肌がきれ [続きを読む]
  • MACSの行く末は?
  • 6月頃に、マレーシアのMACSがいきなり打ち切りになって久しいですが、これ、本当に深刻です。MACSは1年有効のいわゆる数次再入国許可のようなもので、これを取るとマレーシアとシンガポールを行き来する際にいちいちパスポートにスタンプを押さなくていいのです。それが、新政府になってからいきなり打ち切り。今持っている人は有効期限が切れるまで使えるけど、新規の発行は無しになってしまいました。理由については定かではあ [続きを読む]
  • 新しいカープール
  • 職場が変わるので 新しいカープールを探していました。カープールは主にFacebook でjb-sg carpool などのページで見つけます。あとはcarpoolworldというサイトを検索したり。でも、なかなか同じ方面に行く便がありませんでした。あっても時間が合わなかったり、毎日じゃなかったり。マイカーで通勤するか、近くまで行く便でとりあえず行ってバスに乗るしかないのですが、やっぱりどうしても運転は嫌だし、バスに乗り換えたりするの [続きを読む]
  • 面接で聞くべき5つの質問
  • 今回 転職 (というか再就職) 活動をして面接の準備にとっても助かったのが、アメリカの面接コンサルタントのAndrew LaCivitaのYouTube channel でした。こんなことを聞かれたらどう答えたらいいか、を実に丁寧にコーチしてくれて、その内容もとっても鋭くて、的を得たものばかり。特に私が助かったと感じたのは、"面接で聞くべき5つの質問"で 、これを彼の言う通り聞いたおかげで仕事のことがよくわかったし、面接官に強い印象を残 [続きを読む]
  • まさかの展開
  • 転職することになりました。 というか実は業績不振のため前職をリストラされてしまいまして、、、。9月から無職のプー子でした。 40代半ばでリストラされたら、さすがにもう新しい仕事なんて見つかるわけないだろうな、、、シンガポールはビザの条件も厳しくなっているし、もう絶対に無理に違いない、とちょっと落ち込んでました。 でも、いざ職探しを始めてみると、結構面接してくれるところもあって、誰もが知る世界的超有名企 [続きを読む]
  • サバイバーな彼
  • うちのメイドちゃんの旦那様の趣味は釣りだそうで、あちこちの池やら海辺に出没しては、たくさんお魚を釣ってくるそうです。もちろん釣った魚は、メイドちゃんが料理して晩御飯のおかずにしています。すごい、なんか太古の昔のハンターみたいでかっこいい!(笑)彼には釣りが唯一の道楽で、衝動的にすぐ釣り道具買ってしまうみたい。"まったく、お金がないのに、ちょっといい釣竿があるとすぐ買っちゃうんです、、、"と苦笑するメイ [続きを読む]
  • 体脂肪率が
  • 先日、ちょっとした機会があって、かなり広範囲に渡る健康診断を受けました。普段会社で受けてたのは、血液、尿検査、視力、聴力、マンモグラフィー、子宮頸がん検査、エコーなどでいつも異常なしでしたが、今回はそれらに加えて生まれて初めての胃カメラ、MRI、CT、エコーも甲状腺のをやってもらい、さらにはガンの遺伝子検査まで。その結果、まあ血液検査など異常無しではあったものの、エコーなどちょっと気になる結果が幾つか [続きを読む]
  • 飲み会の常備薬
  • 長かった夏休みも終わり やっと新学期が始まり 子供たちも学校へ戻って行き、ホッとしています。Back to school ということで、久々にママ友達と飲み会。日本、オージー、イギリス、インド 、中国、ロシア、マレーシア、シリア(!)、と、実にいろんな国籍のママが集まり、楽しくてついつい飲み過ぎてしまいました、、 帰ってきたら、グルグル目が回って、悪酔い、二日良いの予感。明日は仕事だというのに、どうしよう、、、。 そん [続きを読む]
  • ジョホールバルでサーカス
  • ジョホールバルに新しくオープンするCapital City というモールでサーカスが見れるというので、行ってきました。ジョホールにサーカス団が来るのは初めてみたいです。 モールはまだ一部建設中なのですが、シアターだけは先にオープンしていました。きっとモールもとっくに完成しているはずだったんだろうけど工事が遅れて間に合わず、でもサーカス団はブッキングしちゃったから、なんとかシアターだけは先に開けなくちゃ!という感 [続きを読む]
  • マレーシアの我が家に帰って
  • 韓国旅行を終えてマレーシアに帰り、仕事も始まりました。 蒸し暑いマレーシアの我が家に帰ってきてなんだかホッとしているのは、やっぱりシンガポール、マレーシアは言葉が通じるということ。そして、いろんな人種、国籍の人がいる環境がまた心地いいです。 韓国って、街並みや清潔さ、人々の習慣など、日本にそっくりで、言葉が違うだけでほとんど日本にいるような感覚でしたが、言葉が通じないというのは想像以上に苦しいですね [続きを読む]
  • ニューヨーク大学が医学部を無償化!
  • アメリカのニューヨーク大学NYUが、なんと医学部の授業料を無償化しました。NYU 医学部の学費は、現在年間5万5千ドル。これを今年から全学生無条件に免除するというのです。しかも期間限定ではなく恒久的に。年々、天文学的に教育機関の学費が上昇し続けるアメリカにおいて、なんという英断!素晴らしい動きだと思います。無償化に踏み切った理由は、医学部の学費があまりにも高いことから、医学を専攻する学生が減ったり、多額の [続きを読む]
  • 韓国風日本料理?
  • 済州島を後にして、これからソウルに戻ります。韓国のお食事は美味しいですが、やっぱり何日も食べてると、サッパリした日本食が食べたくなってきます。なんでも基本的に味が濃くて辛くて、キムチベースなんですよね。 昨日は、無性におにぎりが食べたくなって、コンビニにおにぎりと海苔巻きがあったので喜んで買ったら、おにぎりはご飯が真っ赤なキムチ色だし、海苔巻きの具もキムチだった、、、。それで、日本食がたべたいとい [続きを読む]
  • 済州島旅行記
  • 韓国、済州島を旅行中。火山に由来する地形が残されていまして、ちょっぴりハワイを思い出す美しい島です。こちらはクレーターのサングムブリ。こちらは溶岩洞の萬丈窟。中は13度ぐらいでひんやり天然エアコンが効いてて気持ちいい西帰浦の滝。柱状節理の海岸。ちょっと見えにくいのですが、岩が蜂の巣のように六角柱状になっていて面白いです。済州島のいいところは、観光客で溢れかえっておらず、何もかも商業化されていないので [続きを読む]
  • 済州島で黒豚焼肉
  • いきなりですが 韓国の済州島(チェジュ島)に来てます。お腹ペコペコだったので、到着早々焼肉食べに行きました。こちらのお店。88デジ。迫力の600gの黒豚このキムチチゲ、最高に美味しかったです。今までの人生で食べたチゲの中で一番だった。笑お肉はお店の人が焼いて切ってくれますお肉は柔らかくて、夢みたいに美味しかった!お腹いっぱい、幸せいっぱい。地元でも有名な人気店みたいですよ。済州島へおいでの際ぜひ!88デジ( [続きを読む]
  • 一人でタイヤ交換
  • 先日、また車のタイヤがパンクしました。車を洗ってくれたメイドちゃんが、幸い出かける前に気づいて教えてくれました。道路のコンディションが悪く、暑さでタイヤの消耗が激しいマレーシアでは日常茶飯事のこと。つい最近もハイウェイでバーストしたし、、、、ちょうど出かける前で急いでいて、またまた夫もいなかったんで、修理屋さんを呼ぼうかどうしようか迷って、自分でスペアタイヤに交換することにしました。以前のバースト [続きを読む]
  • チャンギ空港ターミナル4 がゴージャスすぎる!
  • ソウルに遊びに来てます。今回は、9ヶ月前オープンしたばかりのチャンギ空港ターミナル4からの出発。ターミナル4は初体験でしたが、そのあまりのゴージャスさに仰天し、感動!待ち合いラウンジは、まるでホテルのロビーのようで、オシャレなソファーは座り心地抜群。こんな贅沢なラウンジが無料だなんて、太っ腹!ソファーの横には充電用のUSBポート、ソケット完備。こんな遊び心たっぷりなソファーも。美しいインストレーション [続きを読む]
  • 白人の子を家に招くときの必須アイテム
  • ここ数日、息子の大の仲良しのオージーのお友達H君が遊びに来ていました。 彼は、1年前にバンコクに引っ越してしまったのだけど、ご両親はイスカンダルに不動産物件やビジネスを持っているので、その雑務のためにママについて1年ぶりにジョホールに遊びに来ました。 しばらく見ないうちに10cmぐらい背が伸びて、一段とかっこよくなっていたH君。 ヘアスタイルと雰囲気が、ターミネーター2の子ども時代のジョン・コナーにそ [続きを読む]