小泉 明 さん プロフィール

  •  
小泉 明さん: ダイヤフラム
ハンドル名小泉 明 さん
ブログタイトルダイヤフラム
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ak0612
サイト紹介文ダイヤフラムの設計製作をメインに工業用ゴム製品製造業を営んでおります。
自由文ダイヤフラムについて色々情報を発信しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/09/09 10:18

小泉 明 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ダイヤフラムの補強繊維(基布、布)まとめ  8 
  • 東京でダイヤフラムを専門設計製作している永島パッキング製作所の公式ブログへようこそ!今まで7回にわたり、弊社で使用している織物(基布、布)を紹介致しましたが今回で繊維については最終回のまとめと致します。ダイヤフラムゴムの性能という面では、力学的な部分を受け持ち、最重要な要素が補強繊維、基布、布と呼ばれている部分です(補強繊維を使用しているのが前提)。いままで、その織り方には触れていませんでしたが、 [続きを読む]
  • ダイヤフラムの補強繊維(基布、布) 7
  • 東京でダイヤフラムを専門設計製作している永島パッキング製作所の公式ブログへようこそ! 今回も、弊社で使用している織物(基布、布)を紹介いたします。ポリエステルの次はの次は、アラミド織物について。一般に高強度、高耐熱性、高耐薬品性、高価格の高機能繊維と呼ばれております。アラミド繊維は2つに大別されていて、メタ系とパラ系とに分かれ、性格も異なります。パラ系アラミド繊維で織られた材料は、特に強度、防弾・ [続きを読む]
  • ダイヤフラムの補強繊維(基布、布 )6
  • 東京でダイヤフラムを専門設計製作している永島パッキング製作所の公式ブログへようこそ! 今回も、弊社で使用している織物(基布、布)を紹介いたします。ナイロンの次は、ポリエステル(テトロン)織物について。日本では帝人のテ、東レのト、をとりそれにナイロンのロンを足してテトロンと呼ばれているらしく、商標登録されています。ポリエステル繊維は日本でも世界的に見ても、もっとも生産量が多い繊維であります。原料は石 [続きを読む]
  • ダイヤフラムの補強繊維(基布、布) 5
  • 東京でダイヤフラムを専門設計製作している永島パッキング製作所の公式ブログへようこそ! 今回は、弊社で使用している織物(基布、布)を紹介いたします。まずはナイロン織物から。弊社で使用している織物で一番多いものは、ナイロン繊維を使用したものであります。ナイロン繊維は、接着しやすく、強度もあり、比較テク簡単に入手出来るのでダイヤフラムの補強繊維で数多く使用されております。 ナイロンは、石油を原料にして作 [続きを読む]
  • ダイヤフラムの補強繊維(基布、布) 4
  • 東京でダイヤフラムを専門設計製作している永島パッキング製作所の公式ブログへようこそ!今回は、ダイヤフラムで使用する織物(基布、布)の選定について説明いたします。ダイヤフラムに補強繊維を使う必要性は、以前説明したようにダイヤフラムの伸びの抑制であります。特に精密に繰り返し駆動するダイヤフラムに使用するためには、その使用圧力に耐えることを前提に致します。また、現在の課題としてダイヤフラムの実働域での補 [続きを読む]
  • ダイヤフラムの補強繊維(基布、布) 3
  • 東京でダイヤフラムを専門設計製作している永島パッキング製作所の公式ブログへようこそ!今回は、一般的な織物(基布、布)を説明いたします。まず、織物とは、糸を経(縦) 糸と緯 (横) 糸にして織り上げたもの。糸の種類や太さ,あるいは組織の仕組み方,織り方の密度,さらに用途などに応じて多種多様な織物がある。また、英語風にテキスタイルまたはテクスタイル(英語:textile)とも呼ばれる。(多摩の産技研でケブラー繊維 [続きを読む]
  • ダイヤフラムの補強繊維(基布、布) 2
  • 東京でダイヤフラムを専門設計製作している永島パッキング製作所の公式ブログへようこそ!今回は、補強繊維(基布、布)の種類を説明いたします。まず、ダイヤフラムに補強繊維(基布、布)が使用されているかの確認方法を述べます。 1.ダイヤフラムは通常外径は抜き仕上げで加工しておりますが、  その端面を拡大して布が入っているか確認いたします。    ただの目視だと確認できない事が多いです。 2.ダイヤフラムを延ば [続きを読む]
  • ダイヤフラムの補強繊維(基布、布) 1
  • 東京でダイヤフラムを専門設計製作している永島パッキング製作所の公式ブログへようこそ! 暫くぶりに公式ブログを更新してゆきます、宜しくお願いいたします。今回からダイヤフラムに必要不可欠である補強繊維(基布、布)についてブログを更新して行きます。 まず、ダイヤフラムゴムで、ゴム単体の物もあります。これは、だいたいエアーポンプのように回転数が速く、モーターに直接クランクなどでつながり1500,1800rpmの速 [続きを読む]
  • 機械要素技術展にダイヤフラムを出展致しました。
  • 今年度も品川区のバックアップを戴いて東京ビッグサイトにて、3日間、機械要素技術展に出展致しました。今年度は、特に事前に弊社HPよりダイヤフラムのお問い合わせを頂いておりました企業様のとの商談が多くあり、全国からご来場いただき、誠に感謝しております。 また、会場内でもダイヤフラムのご質問、ご相談を多くいただき、今後の対応に尽力いたします。1年に1回のビッグサイト出展に必ずお目にかかれる方も多く、以前 [続きを読む]
  • 高機能素材week in 東京ビッグサイト
  •   初日に高機能素材weekへ行ってきました。今、私が注目しているカルレッツを扱っているデュポン株式会社のブースを見学いたしました。 なかなかカルレッツの接着は、情報が少なく保証がない状態ですが、巷ではFFKMに使える接着剤は、存在するそうです。 ダイヤフラムで可能かは未確認です。ところが、ここのブースでは、カルレッツの布入りシートが展示してありました。補強布はもちろんノーメックスが選択してありま [続きを読む]
  • ダイヤフラムコンサルティング
  •  弊社HPのCONTENTSにコンサルティングを追加致しました。 先日来、行っていた新企画を、ご好評により単発ではなく、事業として組み込みました。 しかしながら、全問い合わせを、完全に対応できるわけでもなく 実際、自動車、民生品業界の依頼は、請け負う最終単価が折り合わない場合が多く、弊社少量多品種を狙っている立場では、無理が生じます。 できるだけ、聞き取り調査をし、助言はしておりますが、難しい局面 [続きを読む]
  • 仮工場稼働状況
  •  品川区小山の本社工場から大田区東糀谷5-12-7の仮工場の移転が終わり、本格稼働に移りました。この間、お客様への至らぬ点が多々生じ誠に申し訳ございませんでした。 また、6月の機械要素展に出展したにもかかわらず仮移転作業に追われ、満足な御対応が出来ず、誠に申し訳ございませんでした。2Fから見たプレス成型機1Fから見たプレス成型機オープンロール設置状況  [続きを読む]
  • 新企画始めました。
  •  暫くの間、弊社建て替えのため、仮工場移転の影響で時間が取れず、問い合わせなども戴いておりましたが満足にご対応が取れない期間が続いており、ご迷惑をお掛け致しており、誠に申し訳ございませんでした。 やっと仮工場の方も落ち着いて、来ましたので、HPにも、掲載いたしました通り、何でもご相談にお答えしたいと思います。  今現在、新規案件が4件同時進行しておりますが可能な限り、前向きに取り組もうと考えており [続きを読む]
  • 過去の記事 …