ぽー さん プロフィール

  •  
ぽーさん: 息子のテニスな日々
ハンドル名ぽー さん
ブログタイトル息子のテニスな日々
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/poe921/
サイト紹介文母が綴る、息子たちのテニス日記。テニストーナメントの記録など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/09/09 15:49

ぽー さんのブログ記事

  • トーナメントのない近況
  • 以前は一ヶ月に二、三回、最低でも一回はトーナメントに参加していたマサキ。しかし現在はケンタの指示で、 一ヶ月に一回がやっと。週末にゆっくり寝れるから、母は凄く嬉しいのだが、反対に少し寂しい気がする。だからブログに書く事も少なく、とりあえずランキングを記録のために載せておこう。因にケンタとマサキにとって、ランキングはもう関係ないらしい。18歳以下州:71位(167位)セクション:165位(197位) [続きを読む]
  • マサキ、16歳
  • マサキがとうとう16歳になった。もう16歳という気持ちと、やっと16歳という気持ちが、これまでの思い出とともに寂しさと嬉しさで母にとっては複雑な想いだ。マサキは何でも言う事を聞く、大人しくでも甘え上手な可愛いぽー家の末っ子だった。1歳になるまでに、アルファベットのパズルを完成させることができ、末は博士にでもなるのかと母は思っていた。母のその頃の職場ということもあり、5歳から始めたくもんで、国語算数 [続きを読む]
  • 18歳以下セクションレベル3 その3
  • インターネットと自宅電話のプロバイダーとの特別料金だった二年契約が過ぎてしまい、毎月の支払いが標準金額になった。しかしプロバイダーから電話があり、新しい二年契約お得料金があるという。それは今の金額は変わらないが、ケーブルテレビを付け加える事ができる。どうせ同じ金額を払うのなら、ケーブルテレビがあった方が、ニュースを見れていいかもと思った。マサキがアカデミーに入って以来、誰もテレビを観る時間がなかっ [続きを読む]
  • 18歳以下セクションレベル3 その2
  • 今回のトーナメントの18歳以下男子は、35人がレジスターしたが、その内の32人が試合に入いる事ができた。その32人はウォーターフォール形式でランキング順に二つのグループに分けられる。その18歳以下32人中のサザンランキングトップは、レッドグループの第一シードだった。しかしUTRで彼は、一番上ではなかったのだ。(UTR=ユニバーサル・テニス・レイティング)32人中UTRのトップは、アンドレアというイタリア [続きを読む]
  • 18歳以下セクションレベル3 その1
  • ケンタが家へ帰ってきた時、もうマサキを16歳以下へは出場させないからと言う。彼はなんて無謀なことを・・・、と母は思っていた。18歳以下の一番下のレベルは、州レベル5であるが、とりあえずレベル4からマサキは参加し始める。ローカルの州レベルへ出場するのは久々だったが、マサキは難なく優勝することができた。そしてその上の州レベル3へ出場したのが、三週間前のこと。決勝戦は少しタフではあったが、この時も心配す [続きを読む]
  • エバートテニスアカデミー
  • エバートテニスアカデミー (ウエブサイトへリンクします。) エバートテニスアカデミーの事を母は本当に詳しくは知らない。クリス・エバートの兄弟であるジョン・エバートが運営しているとコーチSから聞いただけだ。我が家の近くのテニスセンターへ、ジョンコーチが来たのが8月の初め。彼に会いに来るようにと、コーチSに呼ばれてセンターへ行った。母はほんの10秒くらい、ジョンコーチと言葉を交わしただけ。そして記念にと [続きを読む]
  • 久々のトーナメント報告@18歳以下州レベル3
  • 9月16日〜9月17日18歳以下州レベル3セクションレベル5ジョージア州メーコン市 18歳以下の試合へは、今回二度目の参加。先々週は州レベル4で優勝。今回は州レベル3で優勝した。優勝と言っても、マサキがこれまで戦っていたレベルよりは低いし、18歳以下と言っても勝つのは当たり前の試合。 州のトーナメントに出たのは、マサキがまだ14歳のとき、16歳以下に出て優勝したのが最後だっただろう。それ以降はセクシ [続きを読む]
  • ケンタ効果
  • ケンタが大学を卒業して、早くも四ヶ月が経とうとしている。夏休みの間は家の近くのテニスセンターでバイトをしていたが、現在はマサキと一緒に、彼のアカデミーへ毎日通っている。ケンタは毎日練習を観て、それが終ってマサキと話をする。勉強の時間はマサキの横にいて、ネットを観たりゲームしたり。マサキは独学が好きだから。そして帰り道では、車の中で一日の反省会。一つ一つケンタの考えを伝え、次は何を重点的にするかマサ [続きを読む]
  • US Open 写真集
  • 練習中のプロ達の写真を数枚撮ったから載せておこう。 母が絶対に観たかったフェデラーの練習。プロ選手がヒッティングパートナーだった。申し訳ないけど、普通のおじさんに見えてしまった。それにしても実際はあんなに細身だったんだね。フェデラーの次はもちろんナダル。彼も思ったよりは細身だった。彼のヒッティングパートナーもプロ選手だった。それはキッズデーのイベントが多くあり、彼らの練習できるコートが少なかったか [続きを読む]
  • キッズデー再挑戦(USオープン)  その3
  • 三日目の朝8時半に、関係者や選手が待ち合わせし、50名くらいが大型バスに乗り、国際テニスセンターへ向かった。 まだ殆ど誰もいないセンター。私達は写真を撮ったりうろうろしているうちに、ブラスバンドが演奏を始め、ダンサーチームが踊り始める。午後9時半頃に門が開かれた時、 子ども達の歓声が聞こえた。大勢の観客達がセンターへなだれ込んできたのだった。一般客はラケットバッグなど、大きなバッグは持って入れないが [続きを読む]
  • キッズデー再挑戦(USオープン)  その2
  • 二日目はお昼前に起きて、私達は日本の食料品店へ。そこで日本食を食べ、ニューヨーク観光をした。とにかく歩き回った。午後3時頃からまた地下鉄に乗り、国際テニスセンターへ行く。この日も入場無料でプロの練習や、予選試合を観る事ができた。連取中のリチッチ。この人は本当に大きかった。練習中のドナルド・ヤング。今回はケンタの高校のチームメイト、ザックがドナルドのヒッティングパートナーだった。(ザックはコーチSの [続きを読む]
  • キッズデー再挑戦(USオープン)  その1
  • このブログに書く事をためらう程、私達がとても落ち込んでいた出来事が二週間前にあった。今は何とか落ち着いたから、記録のために書いておこうと思う。マサキは二度目のチャンスを、コーチSに貰った。それはUSオープンのキッズデーにある、ヒッティングターゲットへの参加。二度もこのイベントへ出たジュニアは、これまでにいたのだろうか。一度目は二年前のマサキがまだ13歳の時。現在は体が少し大きくなり、15歳なりにメン [続きを読む]
  • 今日から10年生
  • マサキは今日8月7日から、10年生になった。アメリカは9年生から四年間がハイスクール。だから10年生は高校2年目。とは言えマサキの場合、アカデミーのクラス編制は学年別になっているわけでなく、テニスのクラス分けで、同じ時間に勉強する仲間がいるだけ。ある時は中学生と、ある時は高校生と同じ時間に、勉強部屋で勉強する。そこは「クラスルーム」と呼ばれていて、先生と生徒しか入れない。30人弱ほど入れる小さな部 [続きを読む]
  • 拍手という機能
  • このブログの「拍手」という機能を、6年目にして初めて知りました。これまで拍手してコメントを入れて下さった皆様、お返事が大変遅くなって誠に申し訳ありません。心温まるコメントを頂き、本当にありがとうございます。そのコメントに対して、どのように返信すれば良いのか全く分からないので、このブログの記事上でお返事をさせて頂きました。またしてもブログ更新を情けない母はさぼっていますが、近々更新させて頂きます。こ [続きを読む]
  • セクショントーナメントと近況
  • ケンタが家に帰って来たけれど、マサキにはこれと言って変化はなく、毎日刻々と時が経っているだけ、と言う風に母は感じ取れる。先週は土曜日から木曜日にかけて、息子達二人は車で8時間運転して、大きなテニストーナメントへ参加して来た。セクション16歳以下の256人ドローでマサキは17シード。マサキは一、二回戦とも危なかしく勝ち進み、三回戦で第二シードと戦う。珍しくスタートは良く、4−0まで取るもひっくり返さ [続きを読む]
  • 兄ケンタの卒業
  • マサキの兄ケンタが、先々週の土曜日に大学の建築科を卒業した。とうとうと言うかやっと、五年間の大学生活を終えた。 スタジオに隠りきりの忙しい建築科ではあるが、彼はその限られた時間の中で、テニス同好会のリーダーになり、建築科のプレジデントを二年間も任される。それだけではなく、学校に所属するアートセンターで、セールスの仕事をしたり、教授のアシスタントやピザ屋で夜通し働き、家賃や食費を自分で稼いだ。五年間 [続きを読む]
  • 足の怪我
  • 長い間かかったけど昨日やっと、スポーツ医学の医者に会った。彼はこの街で一番大きな病院に所属していて、特にテニス選手に関しては詳しい。彼は国外で行われていた学会へ出席して帰国したばかり。その他のスポーツのプロ選手や、大学の選手にも関わっている。マサキのアカデミーへは、週に一度来ると言っていた。だからマサキとは、既に面識があった。マサキの足のレントゲンを撮り、y診察をした結果は、母にはよくわからない症 [続きを読む]
  • 9年生最後の月
  • 5月はアメリカの学校では、日本で言う3月に当たる。 もう最後の月に入ったというのに、マサキのやらなければならない勉強の量は膨れ上がる一方。本当に今月中に終るのか。毎日6時間以下の睡眠が、未だに続いている。そして毎日の練習に、長時間の通学時間。全てに於いてマサキの体を酷使している気がする。マサキの身長は、ケンタに比べても伸びが遅い。最近は測っていないが、170cmに届いているのかどうか。体は見た目はま [続きを読む]
  • 見通しが立たない
  • 母はこのブログを、書き始めるが完結できないで、何度も途中で止めている。長続きしない。前回の記事を書いてから、既に4つのトーナメントが終った。母がここに書かないのは、そのモチベーションが湧かないから。子どもより先にテニス熱が、燃え尽きてしまったのかしら。マサキは去年の8月より高校生になってからと言うもの、いつも勉強が遅れがちで、夜中過ぎまで起きてコンピューターに向かっている。彼の場合勉強は、オンライ [続きを読む]
  • 大学進学
  • マサキは大学進学を、全く考えていない。周りはとりあえず大学に入ってそれから考えれば良いと、殆どの人が助言しているのだが。去年の8月からマサキは高校生になった。日本では中学3年生だけど。そうするといきなり、成績が下がったのだ。難しくなったかどうか、私にはわからないが、反抗期絶好調という時期もあるのか。ケンタも高校入りたては、F(最低のスコア)が並んでいた。母は何度学校へ足を運んだ事か。現在マサキも同 [続きを読む]
  • 16歳以下セクションレベル1ナショナルレベル3
  • マサキが怪我をした。三週間前の金曜日、家に帰った後いきなり、「足のレントゲンを撮れとコーチに言われた。」とマサキが母に告げる。もちろん母は突然の事だから、半パニックになった。 プロアメリカンフットボールのヘッドパーソナルトレイナーだったマサキのアカデミーメイトの親が、マサキの足を診て判断したそうだ。週末は何も出来ないから、月曜日になって主治医に会い、別の病院へ行きレントゲンを撮る。結果はすねの筋が [続きを読む]
  • 16歳以下セクションレベル2(2016)
  • 今年に入って既に半月。マサキのテニスに関して、あまり力が入らなくなったと言うよりは低迷が長過ぎて、母が大人しくなってしまったという感じだろうか。マサキも既に15歳。ドナルドは15歳で、テイラーは16歳でプロになった。二人のようにはなれないが、諦めずに今年も頑張ろう!12月27日〜12月30日16歳以下セクションレベル2テネシー州ノックスビル市年末の祝日の合間の平日に行われたサザンレベル2トーナメン [続きを読む]
  • 2017年
  • 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。いつも拙いこのブログを読んで頂き感謝です。ケンタもマサキも母の愚痴をも気にせず、日々成長をしています。相変わらずテニスな日々を家族で送っていますが、今年もまた気持ちを新たにして、頑張っていきたいと思います。どうぞ今年も宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • クリスマスとランキング
  • メリークリスマス!今年で23回目のクリスマスを、母はアメリカで迎えた。アメリカに来て翌々年の二月、母はこの地でクリスチャンになる。それからというもの、母と子ども達は毎週教会へ通い、彼らは生まれながらにして自らをクリスチャンだと思っている。もちろん心を開けば、その時からクリスチャンではあるが、クリスチャンとして成長して行く過程は、人それぞれだから、母としては心配なところ。たった一つ言える事は、クリス [続きを読む]
  • 兄、ケンタ
  • この写真はまだマサキが6歳、ケンタが13歳の日本での夏。父親を失くしたばかりの夏。あの頃マサキはいつも、ケンタの後ろを歩いていた。母の大好きな写真だ。来年の五月にケンタは、五年間の長い大学生活を終える。卒業後の計画は、日本で建築家のインターンとして働く事を予定している。既にいろいろと調べているみたいだ。しかしケンタはそれを始める前に、卒業後の一年間は休むと言う。今はマサキの大事な時期だから、 [続きを読む]