しぐれ さん プロフィール

  •  
しぐれさん: 雨
ハンドル名しぐれ さん
ブログタイトル
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bach0925
サイト紹介文しとしと降り続く毎日に虹が見たい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/09/10 09:31

しぐれ さんのブログ記事

  • 無題
  • 恋というにはあまりに淡く、憧れというにはあまりに遠く、友達というにはあまりに特別で、でも淡色だったそれは気付けば熱をもってすっかり濃い桃色になってしまったのかもしれない。 [続きを読む]
  • 無題
  • 少し昔、ばあちゃんがいた頃、廊下でピアノを弾いていた自分に ばあちゃんは『おやすみ、また明日ね』と。『おやすみ、また明日ね』とかえすと、また明日ねっていい言葉だよねと嬉しそうにしみじみと言っていた。その時にようやくどういう言葉なんだろうと考えていた自分。たしかにほんわか暖かい気がして、大切な人や、柔らかな気持ちにさしたい人に言いたくなるような言葉のような気がする。ばあちゃんは何を感じてあのように言 [続きを読む]
  • 無題
  • ちょっと前に実現させたい目標みたいなのを書いて壁に貼ってたことがある。叶うとは思ってなかったが、まずは意識することが大事かなと思って。気付けば実現してたけどね。また貼ってみようかな…。今度は目標じゃなくて習慣化させたいこと。 [続きを読む]
  • 無題
  • 春を待つのはこんなにも辛いものだったか。雪解けを待つフキノトウはこんな気持なのか。僕は春を一番乗りする雪割草になりたい。陽気なそよ風にみつばちが舞う頃、羽を借りてその胸元に羽ばたかん。 [続きを読む]
  • 無題
  • 古典を学びたいと思い関係書籍を開いている最近。中学、高校ではあれほど退屈な講義だったのにね。…。そもそも順番が間違ってる。〜は楽しいものですよ、さぁ、皆さん勉強しましょう!で、勉強できる子供ではなかった。そんな勤勉じゃなく感性の鋭い子でもなかった。僕にとって学校というところは、公式やそういったものを教える場所じゃなくて、切っ掛けや、おもしろさ、そういったものを最初に教えてくれるか気づかせてくれる場 [続きを読む]
  • 無題
  • 見上げれば花が咲いている。手を伸ばすつもりなどなく、眺めていれば満足。でも、人は視線の方へと手を伸ばす生き物なのか。視線の方へ進んでしまう生き物なのか。ふと気づけばさっきまでと違う景色が見えている。怖いから戻りたいけど戻るのも怖い。臆病者は動くことすら怖く、どうしていいかわからず、またあの綺麗な姿を見上げている。 [続きを読む]
  • 無題
  • 今年、最後の買い物は手帳にしようかな。ちょっと背伸びした手帳。っていうのは、これから先の未来を変えたくてね。その願掛けと期待を込めて。もう自分には期待してないけど、これくらいの期待は大目に見てほしい。 [続きを読む]
  • 無題
  • 仕事して、食べて、ピアノ弾いて、寝る。そんな繰り返しだから、他の一切の情報が入ってこない。人と話すとよくわかるが、恥ずかしいほどに何も知らずに生きている。そして弾いてばかりのくせに秀でるものもない。焦りを感じるも 弾き始めると全てが見えなくなるから、また弾いて、また弾いて、その次も、次も次も次も…怖くなるから、もう、弾いて見ないようにするしかない。 [続きを読む]
  • 10/4
  • お金の使い方は、貯め方以上に品性や人色が出ると言う。なら今は使うときではないのかもしれないが、使えるときに使え的な感じの生き方だから、そろそろ迷うのも止めにしようかと思う。近年は、誕生日を口実に毎年9月に欲しいものを買っていた。今年はというと高嶺過ぎて未だ手が出ていなくて…明日、自分が生きてる保証はない。明日も自分や世の中がまともである保証なんてない。楽しいことが楽しいうちに楽しむ。な〜んて [続きを読む]
  • 9/8
  • 異国の人を思い気分よろしく、ベランダで枯れかけのヒマワリを、月を背景にファインダーにおさめてみる。花の命は短いが美しさの命はそれほど短いとは思えない。種から始まり、鮮やかな緑、そして深い緑、花を咲かせ、ついには枯れ痩せまた種に戻っていく。結局、どこまで見れるかなんだと思う。その瞬間その瞬間の美しさがあり、すべてが美しい。花の美しさしか見れないような生き方はしたくない。花を知るならしおれていく姿にも [続きを読む]
  • 8/19
  • 弾きたい曲を選んでるわけだが、まぁ、バッハのところでつまづくと思ってたが案の定だ。ゴルドベルク変奏曲なんか反則的だ。弾きたいとかそういう次元超えて、どの曲も聞いてるとただただ幸せな気持ちになってくる。とにかくむしょうに選べない。というか選ぶ行為に嫌気がさしてくる。だってあの曲はいい、この曲はいや・・・ということだよ。自分なんかが。しかし、挑戦する曲を挙げていかないと、一生で弾ける曲がわからないまま [続きを読む]
  • 8/1
  • 録音が凄く嫌いだ。まぁ、好きな人なんかいないだろうけど、使える機能は使わないと勿体ないし、録音の効果ときたら絶大なものがあるのも事実。というわけで掲載・・・・・・。できないんだね(・・;)ブログって動画貼れなかったっけ?それにしても相変わらずひどい演奏。もう少しだけ上手くなりたいな。やっぱ、諦めないでリンクでもいいから、演奏動画、貼っつけようかな・・・ [続きを読む]
  • 7/17
  • 誰か教えてくれ。楽器を弾く人ならぶつかったことがあるんじゃないか・・・生きてるうちに弾きたい曲と自分の時間、天秤にかけると遥かに自分の時間が足りない。このモヤモヤをどう抱え込んでるんだろうか。割り切ろうと思って上手くいきかけて結局は挫折。悩めるだけ恵まれてるんだろうけど、誰か教えてくれ・・・儘にならぬが浮世の常ですか?君の手をとって夜のあの河原をもう一度歩きたい。儘にならぬが浮世の常ですか?人生っ [続きを読む]
  • 7/7
  • 普通に暮らしてたんじゃ音がない瞬間ってまるでないけど、こういう場所に来るとちょくちょく出会う。その瞬間のホッとすることこのうえない。無音の世界を音で表すのはおかしいかもしれないが、日差しがシンシンと降り注ぐ音が聞こえてくる錯覚。 [続きを読む]
  • 6/29
  • 年に1度。運が悪ければそれ以上。でも、いつか会える未来があるなら幸せだと思う。想い人が星の彼方より遠いところにいる人たちだっている。遠すぎて近くに感じる星に向かって手を伸ばしても、指先にかすりもしなく、無限の距離に言葉もない。な〜んてね!ちょっとセンチになって星空を撮ってみました。写真は鳥海山。もっと写真の腕を磨いてまた来たいね。 [続きを読む]
  • 6/19
  • さぁ、行こう。怖いのは当たり前。それでも僕は手を引いていこう。二人ならなんとかなる。 [続きを読む]
  • 6/14
  • 壊れたカメラで撮ったらなかなか面白い絵になった。アヤメ。・・・だと思う。正直、種類が多すぎてわからない(・・;)個人的にはもっと直線的で花も濃い紫の、シンプルだけどどこかギリギリの感じを醸してる、あっちの方が好きなんだな。 [続きを読む]
  • 6/3
  • こんな寒くて雷雨がひどいと、折角、夏っぽかった数日の面影もなくなる。だからそんな日こそ夏っぽし写真を載せたくなる。君の笑顔と繋がるものは沢山あるけど、夏もそのうちの1つ。この絵の向こうに見えるのは君の微笑み・・・なんてなww [続きを読む]
  • 5/29
  • 淀めば腐るが常。過激や派手さなんかはいらないが、常に流れのあるとこへ身を置いておくことは意識しないとなのかもね。そして、たまにぷかぷか浮いたり、何かに引っかかったり、或は沈んでみたり・・・ [続きを読む]
  • 5/25
  • 価値が一定しない金というもので、確固たる物を買っている。他人からしたら値段に見合うものではないのが殆どで、なら金とは実は物ではなくて、自分の価値観や情熱に対して支払っているものなのかもね。物なんてものはどうしたってその物以上ではなく、つまるところそれを手にする人の問題になってくる。対象をそれ以上にもそれ以下にもできる。そしてやっぱり金も物なんだと回帰してしまう。金ってやつは…まったくもって難 [続きを読む]