停車場遍路 さん プロフィール

  •  
停車場遍路さん: 停車場遍路のJR各駅停車
ハンドル名停車場遍路 さん
ブログタイトル停車場遍路のJR各駅停車
ブログURLhttp://teishaba.hatenablog.com/
サイト紹介文JRの駅巡りの際に撮影した記録画像を駅毎にアップします
自由文生来の鉄道好きで、全国鉄道乗り潰しは20世紀中に完了しました。以後の開業区間は少しだけまだ乗ってません。今は駅めぐりにハマてます。

駅巡り旅行記(セミリアルタイム版)をはじめ、「鉄道車両のツーショット」・「元スイッチバックの駅」「古い駅と大木」・「地図で見る鉄道」などのシリーズもののほか、カテゴライズできない単発記事もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2011/09/10 13:10

停車場遍路 さんのブログ記事

  • 肥薩線-8:白石駅
  • 次の「白石」は相対式ホームの駅である。駅舎左から入口駅舎内駅名標沿線観光案内駅舎ホーム側手前側ホームで上り方を見る振り返る向かい側ホームで上り方を見る振り返る次の駅「球泉洞」に続きます [続きを読む]
  • 奥羽本線-24:天童駅
  • 一つ手前の「南天童」は未訪問で画像が無いのでスキップして、「天童」は2面3線の駅である。東から1〜3番線となっている。東口駅名標1番線で上り方を見る2番線で上り方を見る3番線で下り方を見る振り返る跨線橋から上り方を見る行き違い中駅名由来次の駅「乱川」に続きます [続きを読む]
  • 総武本線-5:錦糸町駅
  • 緩行線・快速線が並んで「錦糸町」は、それぞれ島式ホームの高架駅である。入口快速線駅名標快速線ホーム4番線で下り方を見る:左に留置線がある右に振る:右が緩行線ホーム緩行線駅名標緩行線ホーム1番線で下り方を見る次の「亀戸」へ続く [続きを読む]
  • 肥薩線-5:瀬戸石駅
  • 次の「瀬戸石」は島式ホームの駅である。遠目から入口:駅舎は無い駅名標上り方を見る振り返る上で見えている待合室の反対面振り返る上で左に見えている建屋から上り方を見る(乗務員に許可を得てトイレを借りた)振り返るキハ31(トイレ無し)行き違いのキハ40駅前は道路をはさんですぐに球磨川である次の駅「海路」に続きます [続きを読む]
  • 奥羽本線-19:羽前千歳駅
  • 引き続き標準軌と狭軌が単線並列で北上し、「羽前千歳」に着く。島式ホームをそれぞれの単線がはさんでいる。この先、狭軌は仙山線となる。入口奥羽本線駅名標仙山線駅名標ホーム上り端で上り方を見る:これまで標準軌の西にあった狭軌は仙山線として東へ向かうのでクロスする。仙山線の列車がその地点を通過している。振り返る:標準軌側右に振る:狭軌側跨線橋のホーム降り口から上り方を見る跨線橋から下り方を見る:仙山線が右 [続きを読む]
  • 総武本線-2:両国駅
  • 「両国」は島式ホームの高架駅である、北側の地平に行き止まりホームが残っている駅舎右に振る駅名標上り方を見る下り方を見る上り方へ移動して列車ホーム末端から見る快速線の起点は「東京」ですが東海道本線でアップ予定なので、その次の「新日本橋」へ続く [続きを読む]
  • 奥羽本線-18:北山形駅
  • 「山形」から標準軌と狭軌が単線並列で北上し、次は左沢線が分岐する「北山形」である。東口旧駅舎入口西口旧駅舎跨線橋から上り方を見る:左手前へ来る線路群が奥羽本線、右へ曲がっていく相対式ホームが左沢線奥羽本線上に移動:右の狭軌、新幹線の通る左が標準軌標準軌上で振り返る:ホームは右から単式・島式・単式と並んでいる上の画像の島式ホームの下り端で下り方を見る左の狭軌を通るのは仙山線直通の列車のみ振り返る:3 [続きを読む]
  • 肥薩線-2:坂本駅
  • 次の「坂本」は相対式ホームの駅である。まだ夜が明けない時間帯に降り立った。3月4日の早朝だったのでこれがあった元出札口だろう駅名標行灯タイプ駅舎向かい側ホームから右に振って上り方を見る:駅舎側に保守用車が留置されている下り方を見る駅舎側ホームで上り方を見る上り方へ移動して下り方を見る次の駅「葉木」に続きます [続きを読む]
  • 総武本線-1:浅草橋駅
  • 起点の「御茶ノ水」は中央本線、次の「秋葉原」は東北本線としてライブドアブログに載せたので、3つ目の「浅草橋」から始めます。blog.livedoor.jpblog.livedoor.jp「浅草橋」は相対式ホームの高架駅である東口駅名標上り方を見る下り方を見る次の「両国」へ続く [続きを読む]
  • 奥羽本線-17:山形駅
  • 引き続き北上して山形盆地に入り、「山形」は橋上駅で新幹線1面2線(1・2番線:1番線は下り方向が行き止まり)、奥羽本線(山形線)が島式ホーム1面2線(3・4番線)、左沢線・仙山線(狭軌)が島式ホーム+切り欠きで1面3線(5・6・7番線)である。東口奥羽本線(山形線)駅名標3番線で上り方を見る:左が新幹線用1・2番線振り返る:右は新幹線改札部分4番線で上り方を見る:右が狭軌の5番線振り返る:左は狭 [続きを読む]
  • 肥薩線-1:段駅
  • 奥羽本線シリーズと並行して肥薩線も始めました。起点「八代」の次の「段」から始めます。「段」は単線の駅である。まだ夜が明けない時間帯に降り立った。入口:左奥がホーム道路とホームの間にかつては線路があって、元は島式だったことがわかる駅名標ホームで下り方を見る振り返る次の駅「坂本」に続きます [続きを読む]
  • 奥羽本線-16:蔵王駅
  • 引き続き北上して、次の「蔵王」は相対式ホームの駅である。駅舎入口アップ駅名標下りホームで上り方を見る振り返る:右の上りホームは元は島式ホームだった上りホームで上り方を見る跨線橋から上り方を見る:狭軌の側線の跡がある跨線橋の駅舎側上り口で下り方を見る:側線跡は続いている次の駅「山形」に続きます [続きを読む]