ジビエ さん プロフィール

  •  
ジビエさん: 孤独のジビエ
ハンドル名ジビエ さん
ブログタイトル孤独のジビエ
ブログURLhttp://kodokunogibier.blog.fc2.com/
サイト紹介文狩猟、釣り、キノコ・昆虫採取などで出会った動物達との奇妙な物語 捕獲した獲物はキャッチ&イート!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/09/10 17:20

ジビエ さんのブログ記事

  • 生き残る唯一の方法は、何もせず神に祈る
  • (本日も透明度が高く視界良好。・・・でもスピアーフィッシングでは少し濁りがある方が、魚の警戒心も低くなっていいんだけどなぁ〜。)(・・・んっ!?) (なんだあの魚の群れ・・・高速でこっちに近づいてくる!!)(青物!?結構大きいぞ!?) (あわわわっ!?どれを撃つ!?どれを撃つ!?ええい!適当に撃ってしまえッ!!) (・・・・あ、あ〜あ。なんで手からヤスを離してるんだ、俺。) [続きを読む]
  • 内臓には要注意 『アオブダイのみぞれ揚げ』
  • 『アオブダイ』磯やサンゴ礁帯に生息する代表的な魚種のブダイ、その中でも頭のコブと大型ペンチのようなくちばしが特徴的なのがこのアオブダイです。スピアーフィッシングでは警戒心もさほど高くなく、群れて泳ぐ習性もあることから比較的簡単に突くことができます。さらに、迫力ある大型魚なので、突いた姿をインスタに乗っけると魚に詳しくないパンピーに自慢できるという、まさに初心者にはうってつけの獲物です。ん?アオブ [続きを読む]
  • 教えてスピアーフィッシング 〜実践編〜
  • <スピアーフィッシング装備編はこちら>水を吸い込んでしまった時に気を付けなければならないのは『咳』をすることだ。水中で咳をしてしまうと反射的に水を吸い込んでしまい確実に溺れてしまう。で、でも、水を吸い込んだのに咳を我慢するのは生理的に難しいんじゃないですか?うむ、なので咳が出そうになったら思いきって息を噴き出せ。咳をしてしまうとその時点で溺れるが、息を吐き出せば5秒程度は体内の酸素で意識が保てる。 [続きを読む]
  • イラストマニュアル・はじめての養蜂
  • 『エアライフル猟の教科書』からわずか3カ月ではありますが、先日新刊が出版されました。3作目のテーマは『養蜂』ッ!今回はちょっと著書の宣伝をさせていただきますヨ。 んぁー、おっしゃりたいことはよくわかります!!僕が執筆のテーマにしている野生動物を捕まえて食べる『キャッチ&イート』というテーマとミツバチを育ててハチミツを採る養蜂、何の関係があるんだよ!?と思われる方も多いでしょう。しかしですね!ある [続きを読む]
  • 教えてスピアーフィッシング 〜スピア編〜
  • スピア―フィッシングそれは、海のハンティング。 人間が絶対的に有利な立場から魚を騙して仕留める釣りに対して、人間が水中という魚のフィールドに攻め込み獲物を仕留めるのがスピア―フィッシング。魚と同じ目線で繰り広げられるこのアクティビティは、『呼吸ができない』という不利な条件の下で、時には油断させ、時には騙して獲物に近寄り、一発必中の一突きを決める、死力を尽くして闘う海のハンティングなのです! 大海原の [続きを読む]
  • 超・夏バテ解消 『コノシロのハチミツ酢漬け』
  • シンコ(〜4?)→コハダ(〜10?)→ナカズミ(〜15?)→と名前を変えていく出生魚のコノシロ。市場価格はコハダの方が高く、コノシロになると安くなります。しかし、決してコハダが美味くてコノシロがマズイわけではありません。10?というコハダのサイズは、お寿司で1匹がちょうど1貫になるから需要が高いためで、味的にはむしろコノシロの方が脂が乗っていて美味いです。世の中には『値段が高い=美味い』と思っている人 [続きを読む]
  • 相性抜群 『フォン・ド・ジビエと4種のソース』
  • <Aパートはこちら> 鳥のお肉ってニワトリぐらいしか食べたことがなかったんですけど、いろいろな味があるんですね〜「そうですね。ジビエの魅力は『おいしさ』というよりも『おもしろさ』にあると思いますね。未知なる味との出会い・・・まさに宇宙です。」う・・・宇宙・・・なのかな?「それじゃあ、次はソースによってジビエの味わいがどんな風に変わっていくか試してみましょう!」 [続きを読む]
  • ジビエアラカルト 『野鳥11種食べ比べ』
  • いや〜・・・いつ見てもこの倉庫の光景は異様ですねぇ。「冷蔵庫の容量に限界がありますからね。・・・あ、こっちにもありますよ。」 って、うわー!なんで鳥がこんなに吊るされてるんですか!?「いや〜、次の本の企画で『野鳥食べ比べ』ってのをやりたくて食材を集めたんですけど、地元で料理する時間がなかったので持って来たんですよ。そろそろ料理しないとなぁ〜。」野鳥食べ比べ?面白そうな話ですね!よければ色んな人を呼 [続きを読む]
  • エゾジカ
  • ??Next:カラスってどんな味???Prev:血のチョコレートでラブラブ大作戦♪??オススメ:ホンシュウジカの鹿子ちゃん [続きを読む]
  • 恋するレシピ 『鹿の血のチョコレート』
  • <エゾジカ猟編はこちら>・・・でも、実は私、今、恋の悩みをかかえています。 恋のお相手は同じ学校のジビエ先輩。すごく優しくってたくましい、私のあこがれの人です。 うう〜ん・・・やっぱりあきらめるしかないのかなぁ・・・ おとこのこをゲットしたいのなら、むかしから『いぶくろとたまぶくろをつかめ』といわれているミ!ここは しかこちゃんのとくいりょうりで、かれのこころをゲットするミ!なるほど!よ〜し!ジビエ [続きを読む]
  • 偏見無頼 『エゾジカしゃぶしゃぶ』
  • <エゾジカ猟編はこちら> (それにしてもエゾジカを3頭も捌いたら、すごい肉の量になるな。)ん?持って帰るのはそれっぽっちか?せっかくだからもっと持っていきなよ。「いや〜、地元に持って帰りたいんですが、それまでに保管しておく冷蔵庫がいっぱいで・・・。」冷蔵庫?そんなものなくったって、保管できるところなんていくらでもあるじゃないか。 [続きを読む]
  • 森の命は森に帰る
  • <エゾジカ狩猟編はこちら> こっちに来て獲物を引き下ろすのを手伝ってくれぇ。「は、はい!て言うか、このエゾジカ・・・・」 「でっかいですねぇ。」そうか?これでもまだ若い個体だけどな。ほら、こいつなんかは3歳ぐらいだ。角がまだ3段しかないだろう?「本当だ。本州や九州のシカなら十分大人のサイズなんですけどね。」おお〜い、みんな、さっさと解体を始めよう。お客さんも待ってるみたいだしな。(・・・お客さん?) [続きを読む]