Blumen−Kranz さん プロフィール

  •  
Blumen−Kranzさん: 時をこえて ー百年の庭ー
ハンドル名Blumen−Kranz さん
ブログタイトル時をこえて ー百年の庭ー
ブログURLhttps://ameblo.jp/blumen-kranz/
サイト紹介文百年の歴史を持つ庭の様子と趣味のカルトナージュやペーパークイリングの作品をお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供587回 / 365日(平均11.3回/週) - 参加 2011/09/11 21:46

Blumen−Kranz さんのブログ記事

  • カラミンサとニワナナカマド
  • 歩くのに邪魔なため、1ヶ月前に短く切りましたカラミンサ。 そのカラミンサにまた花が咲いています。 カラミンサの花はとても小さな薄紫色の花で、 いかにも「ハーブの花」という感じがします。 ちなみに切ります前は、このように大きくなっていました。 もともとカラミンサがありましたのは、シェフレアの鉢の中。 今でも鉢とそのまわりは、カラミンサで覆われています。 以前は植えましても自然に消えていましたカラミンサです [続きを読む]
  • 妖精像のまわり −アメリカフヨウとユウギリソウー
  • 「もう少し早く写真をとればよかったな。」 朝見ました時は、もう少し元気でしたアメリカフヨウ。 庭仕事を終えて、写真を撮ろうと見ますと 花の縁がもう咲き終わりになっています。 先日ご覧いただきました八重咲マツバボタンと一緒に購入しました西洋フヨウ。 購入時に花はありませんでしたが、 ツボミがいくつかありましたので購入しました。 どこに置こうか迷いましたが、テラスの妖精像の所に置くことにしました。 何気なく花 [続きを読む]
  • サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)のある光景
  • 庭のあちらこちらで紫色の花を咲かせています サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)。 前庭では、鳥のフェンスの前に置いています アガスターシュやエキナセアが咲くコンテナの中で咲いています。 他の花に比べ、かなり高い位置で咲いていますメドーセージ・・・ もう少し早い時期に切って、高さを低くしておけばよかったです。 ところで、このコンテナを購入しましたのは、ちょうど1年前・・・ その時には、こんな寄せ植えとして [続きを読む]
  • 八重咲マツバボタン
  • 「ついているタグの写真通りの花だな。」 私が好きなサーモンピンクの花。 昨日、お墓参りの帰りに寄りましたホームセンターで購入しました 八重咲マツバボタンです。 昨日地植えにしました時は、咲き終わった花がひとつあるだけでした。 ちなみに植えました場所は、アルセア(ホリホック)の横です。 アルセアも花が終わり、先日切り戻しました。 その八重咲マツバボタン、今朝見ますと色づいたツボミが2つあります。 「咲くのは [続きを読む]
  • 午後3時の庭 −ハゼランとランタナー
  • とても小さなピンクの花。 ピンボケになりながら、何とかハゼランの花をカメラに納めました。 お墓参りから帰りますと、時間は午後3時過ぎ・・・・ ハゼランが咲く時間だと思い、男の子の像の所に行きますと、 ピンクの小さな花が咲いていました。 午後3時に咲くことから、三時草の別名がありますハゼラン。 昨年の写真を見ますと、昨年は男の子と女の子の像の横でも咲き、 今の時期すでに赤い実までできていたようです。 ちなみ [続きを読む]
  • 庭と紅茶のある生活 −ミニチュアケーキー
  • 私の楽しみは、紅茶やお菓子をいただきながら、 手入れの行き届いた庭の花々を愛でること。 しかし、現実は蚊や雑草の勢いに負けて、 庭の手入れは思うようにいかなく、 なかなかお茶を楽しむことはできません。 そこで、ミニチュアでその楽しみを実現してみました。 お茶の時、こんなおいしそうなケーキがあれば言うことなしですね。 こちらのミニチュアケーキ、 なかたに先生にお習いし、私がペーパークイリングで作ったものです [続きを読む]
  • 台風の後の庭 −ランタナとルリマツリー
  • 「ランタナがきれいだな。」 台風が過ぎた庭に出ますと、ピンクのランタナが目に入りました。 花は一時に比べますと少ないですが、ツボミがあちこちにあります。 ドラセナの下で、5月頃からずっと咲き続けていますランタナ。 この写真は6月の中旬の様子ですが、 今ではさらに大きな株になっています。 この株が花でいっぱいになると、さぞかし見応えがあることでしょう。 ちなみに2年前の今頃は、 テラスからたくさんのランタナ [続きを読む]
  • 残り生地を利用して
  • 「残り生地を使って、ちょっとしたプレゼントを作ろうかな。」 そう思って、のし袋ホルダー(cocohouseレシピ)を作りました。 こちらは、友人から依頼されて作成しました色違いのブック型ボックスですが、 このブランコの少女の残り生地を使って作成しました。 それといいますのは、友人から 「とても気に入った。」という知らせとともに、御礼が届いたからです。 ブック型ボックスに関しましては、下の記事をご覧ください。 ブラ [続きを読む]
  • 前庭の様子 −ハナトラノオとこぼれ種からの植物ー
  • 「ずいぶんハナトラノオの花穂がわかるようになったな。」 昨年ハナトラノオが咲きましたのは、9月の初め・・・・ 開花までにはまだ時間がかかりますが、花穂がたくさんあり楽しみです。 ハナトラノオは、庭の2か所にありますが、 今回花穂ができましたのは、前庭のエキナセアの鉢の横にあるものです。 エキナセアが咲きましたのは、7月初め・・・・ もう1ヶ月以上咲いていることになります。 話は変わりますが、ハナトラノオ [続きを読む]
  • 妖精像のまわり ーローズマリーとブドウー
  • 「ローズマリーがやっと花を咲かせたな。」 昨年かなり切り戻しましたローズマリー。 そのため今年は全く花が咲きませんでしたが、 数日前から緑の葉の所々に薄紫の小さな花が姿をみせています。 ローズマリーの鉢の指定席は、ブドウを持った妖精像の右隣。 左隣の鉢では、ユウギリソウがまた花を咲かせ、 ツボミがあるのが遠目からもわかります。 以前ユウギリソウが咲きました時は、 このような大きな花穂でしたが、今回は小ぶりで [続きを読む]
  • ムクゲとスイショウラン
  • 女性像のレンガの小道の横で、ピンクのツボミを見せていますムクゲ。 ムクゲの方を見ますと、たくさんのピンクの花を咲かせています。 そんなムクゲの手前で、嬉しい変化が起きていました。 その嬉しい変化とは、スイショウランにツボミができたことです。 気がつきました時は、 グランドカバーのスミレにまわりを覆われていましたが、 そのスミレを抜きますと、くっきりした姿を現しました。 スズランを彷彿させるツボミと斑入り [続きを読む]
  • ツイードの縫わないバック
  • 「このバック、買ったの?」 先日、Toko先生にお習いしました縫わないバック。 主人に見せますと、買ったのだと思ったようです。 私が見ましても、自分で作ったとは思えないくらいオシャレなツイードバック。 市販品と比べましても遜色ありません。 ショルダーバックとしてお習いしましたが、 このようにしますと、ハンドバックとしても使えそうです。 Toko先生、御指導ありがとうございました。 ところで、Toko先生がこのバックの [続きを読む]
  • 美しいハツユキカズラとルリマツリ
  • 「まるで花が咲いているようだな。」 先日ご覧いただきましたルリマツリ。 その後ろに白やピンクが見えましたので、 行ってみますと、ハツユキカズラの葉でした。 その前では、サマーポインセチアが緑の葉を広げています。 花に負けないくらい美しいハツユキカズラの葉。 サマーポインセチアが赤くなると、さらに素敵な眺めになることでしょう。 ところで、今朝見ますと、 ツボミでしたルリマツリが咲いていました。 涼やかなルリ [続きを読む]
  • ニチニチソウの成長ぶり
  • 男の子と女の子の像の前で、 元気な姿を見せていますピンクのニチニチソウ。 このニチニチソウを植えましたのは、3週間ぐらい前の事でした。 植えましたのはたったの3株でしたが、 今ではすっかり大きくなり、隙間なく像の前を覆ってくれています。 特に真ん中のニチニチソウが、他のものよりも大きくなっていて、 花の間にツボミも見え隠れしています。 そして、その後ろに見えますプランターの中のニチニチソウ。 数日前に像の [続きを読む]
  • ルリマツリ
  • 「ルリマツリのブルーって、本当に爽やかなだな。」レンガの小道の横で、ルリマツリがブルーの花を咲かせていました。駐車場から庭へと続くレンガの小道。ハーフアーチの手前では、ルリマツリが小道の方にしだれていて、その先にはたくさんのツボミがついています。この位置から見ますと、花は葉に隠れて見えませんが、 ハーフアーチに近づきますと、ルリマツリの花やツボミ越しに男の子の像が見えます。ツボミのいくつかは、ブルー [続きを読む]
  • 男の子の像の前 −ムクゲ・マーガレット・ハゼランー
  • 男の子の像の横で咲くムクゲ。 白の花びらと中央の赤の対比が美しく、いかにもムクゲといった感じです。 そのムクゲ、台風の影響で細い枝はかなり枝垂れてきています。 ムクゲの前にはカリガネソウがありますが、 花が終わりましたので短くしました。 ところで、男の子の像の前の植物は、 センダイハギ、 マーガレット、 そして、自然に生え出したハゼランです。 花は小さく白くなっていますが、 夏だというのに頑張って花を咲かせ [続きを読む]
  • クレマチス ダッチェスオブアルバニー
  • 庭の中央にありますドームベンチに絡めています クレマチス ダッチェスオブアルバニー。 春に咲いた時ほどではありませんが、なかなか見事に咲いています。 1週間前にご覧いただきました時は、このようなツボミで、 ドームベンチも緑一色でしたが、 今ではピンクの花越しに男の子と女の子の像が見えます。 向きを変えて見ますと、男の子の像も見えます。 像の後ろでは、ムクゲが咲いています。 「今度はムクゲを見に行こう。」 ク [続きを読む]
  • 赤花マツムシソウとペラルゴニウム・シドイデス
  • 「咲いている。咲いている。」 昨年の9月に購入しました赤花マツムシソウが、 かわいい花を咲かせていました。 お店では赤花マツムシソウと書いてありましたが、 タグを見ますと、クナウティア マースミジェットというようです。 こちらは1週間ぐらい前の写真ですが、 赤花マツムシソウがありますのは、ペラルゴニウム・シドイデスの隣で、 間には小さなヒューケラが植えてあります。 一見葉だけのような赤花マツムシソウでした [続きを読む]
  • ベランダ菜園 −キュウリのその後ー
  • 「キュウリができている。」 花の根元にできました小さく曲がったキュウリ。 今年は、テラスの鉢でキュウリを育てていますが、 1週間前に見ました時には、葉ばかりで何もありませんでした。 以前できましたかわいらしいキュウリも、 大きくならず枯れていました。 「キュウリの収穫なんて無理だな。」 半分あきらめムードでした私・・・ ところが、今日見ますと突然姿を現しました緑のキュウリ。 以前のキュウリよりも太くて期待 [続きを読む]
  • ”洞庭湖の風”
  • 「あっ、トウテイランが咲き始めている。」 男の子の像の横で咲くムクゲの様子を見ようと庭に出ますと、 その手前にあるトウテイランが、ほんの少しですが花を咲かせていました。 中国にあります洞庭湖の水の色に似てることから その名前がつきましたトウテイラン。 銀白色の葉と涼やかな薄紫の花が美しいです。 もう少しすれば、咲き進んでこのような光景を見せてくれることでしょう。 ところで、このトウテイランは、 6年前にブ [続きを読む]
  • 3姉妹のブック型ボックス
  • 「この生地って、鳥柄の部分も素敵だな。」 鳥柄の好きな私・・・・・ ボックスの中には、鳥が出るようにしてみました。 依頼されていました3つのブック型ボックス。 色違いのブランコの少女の生地で、このように完成しました。 依頼主は私の子供の頃からの友人ですが、 3姉妹のお嬢様方が宝石箱として使われるそうです。 作製に当たっては、cocohouseのyukie先生に 強度や厚紙の反りの事などでアドバイスいただきました。 先生、御指 [続きを読む]