Blumen−Kranz さん プロフィール

  •  
Blumen−Kranzさん: 時をこえて ー百年の庭ー
ハンドル名Blumen−Kranz さん
ブログタイトル時をこえて ー百年の庭ー
ブログURLhttps://ameblo.jp/blumen-kranz/
サイト紹介文百年の歴史を持つ庭とシュロが印象的で改造中の庭、コレクションの西洋陶磁器のことなどを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供556回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2011/09/11 21:46

Blumen−Kranz さんのブログ記事

  • ”10/22(日)FM世田谷『緘黙の歌声』” と皇帝ダリアのその後
  • 数日前に贈っていただきました『緘黙の歌声』のCD。 ここに書かれていました「場面緘黙(ばめんかんもく)」という言葉・・・・ この言葉を知っていらっしゃる方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか? 場面緘黙とは、家庭では問題なく話せても ある場面(学校、人前、会社)になると話したくても話せない事です。 その場面に対する不安や恐怖から言葉が発せなくなる場面緘黙症という病気。 澄んだ美しい歌声で、場面緘黙で体験し [続きを読む]
  • マイクロコチョウラン
  • 「今年のマイクロコチョウランはインパクトがあるな。」 斑模様の花に少し驚きました私・・・ こちらは昨日届きましたマイクロコチョウランですが、 サカタのタネさんの株主優待で送られてきたものです。 Sheena Orchidsというタグが入っており、 椎名洋ラン園で栽培されたランのようです 2年前から株主優待はマイクロコチョウランを選んでいますが、 2015年の10月に送られてきましたのは、「リンゴホワイト」でした。 これ [続きを読む]
  • スカイブルーの花 −サルビア・アズレアの開花ー
  • 「雨続きじゃなければ、もっときれいに咲いただろうな。」 地面に倒れるようにして、 サルビア・アズレアが青い花を咲かせていました。 このアズレアを購入しましたのは2年前。 タグに書いてありますように爽やかなスカイブルーの花でした。 その後センリョウとアカンサスの間に植え、特別な変化がありませんでしたが、 そのアズレアにツボミがあるのに気がつきましたのは、2週間前の事でした。 開花を楽しみにしていましたが、そ [続きを読む]
  • 色づくコキア
  • 「あっ、コキアが赤くなっている。」 雨の日が続いたためかうなだれていますが、 コキアの葉が緑から赤に変わっていました。 コキアを植えましたのは7月の末・・・ ホウキグサの別名もありますコキアはフワフワした緑の葉で、 咲き出しましたサマーポインセチアの後ろで、 こんもりした姿を見せていました。 それから3ヶ月・・・・ 大きくなりましたサマーポインセチアの陰になり、 覗き込みませんとコキアはよくわかりません。 [続きを読む]
  • ヘリクリサム・パステルの綿毛
  • 「本当にヘリクリサム・パステルの花期の長さには驚くな。」 1ヶ月前はツボミでしたが、 久々に晴れました庭で、元気に花を咲かせています。 その鉢の前に切り取った古い花を置いてみました。 何故ならその花に綿毛ができていたからです。 タンポポと同じような綿毛です。 「綿毛をまいたら芽が出るかな?」 そう思い、鉢に綿毛をまいてみました。 発芽するでしょうか? 3月に購入した時の姿を思い出す私でした。 人気ブログラ [続きを読む]
  • ツワブキのツボミ
  • まわりをリュウノヒゲに囲まれ、ツヤのある緑の葉を見せるツワブキ。 その葉の間から茎が伸び、黄色に色づいたツボミが姿を見せています。 その手前にもツワブキが群生している場所がありますが、 メドーセージやコムラサキの葉に隠されていました。 それらの葉を切り取りますと、すっきりと姿を現しましたツワブキ。 こちらにもツボミがあります。 花が咲いたら素敵な眺めになることでしょう。 すっきりと姿を現したツワブキ越し [続きを読む]
  • オレンジ色のアブチロン
  • 「わぁ、オレンジ色が鮮やかだな。」 男の子の像の側で、たくさんのオレンジ色の花を咲かせていますアブチロン。 植えました時よりも色が濃くなり、とても華やかです。 このアブチロンを植えましたのは7月。 その時は、花越しに男の子の像がはっきり見えていましたが、 今はアブチロンが大きくなり、 男の子の像は所々が見える程度です。 そんな男の子の像のずっと手前には、 ツワブキの緑色の葉やコムラサキの紫の実が見えます。 [続きを読む]
  • ブルースターのツボミ
  • 5月にはこんなかわいらしいブルーの花を咲かせましたブルースター。 先日ふと見ますと、茎の先にツボミのようなものができていました。 ブルースターが植えてありますのはユーホルビアの鉢ですが、 放置していましたところ茎がツルのように伸びて、 アーチのところまで来ています。 「ブルースターってツル性の植物なんだな。」 そんなことを思いながら眺めますアーチの側の小さなツボミ。 その先では、鉢で咲くベゴニアやニチニ [続きを読む]
  • 雨の中のツワブキとアスパラガス・スプレンゲリー
  • シトシト降る雨・・・・ 雨の中勝手口に出ますと、ツワブキが咲き出していました。 その後ろに見えています細い葉は、アスパラガス・スプレンゲリーです。 ツワブキがありますのは鳥のフェンスの右端、 配管を隠すために置いていますアスパラガス・スプレンゲリーの前です。 この写真は、アスパラガス・スプレンゲリーが開花した時のものですが、 こんな小さなかわいらしい花を咲かせていましたアスパラガス・スプレンゲリー。 そ [続きを読む]
  • 庭の様子 ―ジニアとカルロスティエラ―
  • 「ジニアの色が濃くなったな。」 男の子の像の前に植えてありますピンクのジニア。 夏の間は白っぽくなっていましたが、最近ピンクの色が濃くなりました。 そのまわりでは、斑入りの黄色のランタナが咲いています。 ジニアといえば、 男の子と女の子の像の両側にあります黄色のジニアも 健在です。 そして、像の前ではカルロスティエラが元気に葉を広げています。 よく見ますと、葉の先には小さなツボミがあります。 昨年は、こ [続きを読む]
  • キンモクセイの香り
  • 甘い香りでその開花を知るキンモクセイ。 年によっては知らないうちに咲き終わってしまうこともありますが、 今年は数日前から気をつけていましたので、花を見ることができました。 キンモクセイがありますのは、男の子の像の後方・・・ 所々が何となくオレンジ色に見える木がキンモクセイです。 下にありますタカクマホトトギスが咲きました時は、 まだ緑でしたが、所々にオレンジ色が見えていましたキンモクセイ。 それから数日 [続きを読む]
  • 塔のある庭2
  • 「このジャックオランタン、うちにあるのと同じ種類だな。」 その素敵な塔のある庭の入り口には、 古びた木の椅子の上に淡いサーモン色のバラやランタンと一緒に ジャックオランタンが飾られていました。 ちなみにうちの玄関に飾ってありますジャックオランタンは、こちらです。 昨日ご覧いただきました塔のある庭。 この塔の横には、 ナチュラルな門があり、 その門の前に先ほどのジャックオランタンが飾られていました。 門の先 [続きを読む]
  • ダイアンサスと赤花マツムシソウ
  • 「急に華やかになったな。」 花苗のポットを置いていました鉢が、 ピンクと赤の花でいっぱいになっていました。 赤い花は、赤花マツムシソウ。 そして、ピンクの花はダイアンサスです。 どちらも八ヶ岳で購入しました花苗ですが、 しばらく花が切れていましたので、ニチニチソウの鉢に置いていました。 7月頃に購入しましたニチニチソウ。 鉢に仮置きしました時はこのようでした。 それから3ヶ月・・・・ ニチニチソウはこんな大 [続きを読む]
  • シュウメイギクとホトトギス
  • 満開まであと少しのシュウメイギク。 その花の後姿越しに見ます男の子と女の子の像・・・ 芝生から見ますと、こんな具合に白い花が連なって見えます。 花の重みで倒れそうな茎・・・・ それを棒で支えている茎もあります。 そして、その向かい側ではホトトギスもどんどん咲いてきています。 芝生側から見ますと、このように見えますホトトギス。 以前のこの光景は、 このように変わりました。 たくさんのシュウメイギクとホトトギ [続きを読む]
  • 塔のある庭
  • 1年以上前から入ってみたいと思っていましたお店。 そのお店には、こんな素敵な塔のあるお庭があります。 ゆるい螺旋を描く階段・・・・ その階段にはミニバラの鉢が置かれています。 塔の横ではピンクのバラが咲き、塔の後ろにはお店があります。 六角形のベランダがオシャレ・・・・ そして、中庭に置かれましたテーブルと椅子。 ちょっと懐かしい雰囲気が漂う素敵なお店でした。 人気ブログランキング にほんブログ村↑庭のこ [続きを読む]
  • フジバカマの開花
  • ふと見ますと、フジバカマから糸のような細いものが出ていました。 ついに開花したようです。 フジバカマがありますのは、男の子の像に続く小道。 その小道を遮ぐようにしてフジバカマがあります。 花をよく見ようと近づいてみますと、花の間にハチがいるようです。 フジバカマは秋の七草のひとつですが、 こちらは同じ秋の七草のナデシコ。 2週間前このナデシコを彷彿させるダイアンサスを購入しました。 しばらく花がなかったダ [続きを読む]
  • 挿し木のクラウンベッチ
  • 今年の夏、八ヶ岳で見かけましたかわいらしいマメ科の特徴を持つ花。 この花苗が欲しいと思い、2週間前にお店に伺ってみますと、 残念ながら販売はしていないとのこと。 しかし、どんどん殖えるからと、茎を挿し木して下さいました。 それから2週間・・・・ 「あっ、小さな葉が出ている。」 それまでは茎だけでしたが、小さな新しい葉が出てきました。 お店の方もこの植物の名前は忘れたとの事でしたので、 調べて見ますとクラウ [続きを読む]
  • ラケナリア ヴィリディフローラの発芽
  • 今まで鉢置き場に置いていましたこの鉢。 芽が出てきましたので、テラスに持ってきました。 この鉢、今年の1月にはこんな姿を見せていました。 翡翠色の花はラケナリア ヴィリディフローラ、白い花はスノードロップです。 花が終わった後は地上部がなくなり土だけでしたが、 ラケナリア ヴィリディフローラが発芽してきたようです。 鉢置き場では、球根で置いていましたラケナリア ヴィリディフローラからも発芽しています。 土 [続きを読む]
  • 青い花 ―ルリマツリとヘブンリーブルー―
  • 「ルリマツリはいつが一番きれいですか?」そう質問されましたら、私は迷わずに「10月です。」と答えることでしょう。今までも何度か見頃がありましたルリマツリですが、10月に入りましてからさらに花が多くなり見事です。そして、「今年は咲かないかも・・・」と半分諦めていました西洋アサガオ ヘブンリーブルーが咲き始めました。ニセアカシアに絡んで上の方で咲いています青い花。ツボミもかなりあるようです。「天空の青い花 [続きを読む]
  • トリカブトと歓帰荘の紅葉
  • 皆様、3連休いかがお過ごしでしょうか?私は昨日から八ヶ岳に来ています。2週間前に八ヶ岳に来ました時にきれいに咲いていましたトリカブト。トリカブトが咲いていましたのは、玄関の横のあたり・・・・3株ほどあり、なかなかきれいでした。今回八ヶ岳に来ましたのは、歓帰荘であるイベントに参加するためでした。お庭の木々も紅葉し始め、とてもいい感じの歓帰荘。入口近くのコケの生えた石には、KANKISOの文字がありました。そし [続きを読む]
  • ホトトギスの開花
  • ついに咲き始めましたホトトギス。 以前ご覧いただきましたタカクマホトトギスは庭の東にありますが、 このホトトギスがありますのは庭の西。 シュウメイギクの向い側でコムラサキの後ろにあります。 コムラサキの紫色の実越しに見ました男の子と女の子の像。 その後ろのホトトギス越しに見ますと、横にはススキも見えます。 「そういえば、ホトトギスの斑点もボルドー色だな。」 あのボルドー色の携帯&眼鏡ケース(cocohouseレシ [続きを読む]
  • ボルドーカラー
  • バラ ホーム&ガーデンが咲き、いつもよりもロマンティックな百年の庭。ここのところ寒い日が続くため、ボルドーカラーのテーブルクロスを出してみました。そのテーブルの上にこんなカルトナージュの作品を置いてみました。 作品は、ジュイ柄の携帯&眼鏡ケース(cocochouse レシピ)です。 「最近カルトナージュや西洋陶磁器の記事が全くないな。」 そんなことを感じられていらっしゃる読者の方も多いと思います。 公式ジャンル [続きを読む]
  • イタリアンルスカスとトウワタ
  • 女性像のレンガの小道。 その小道の側でオレンジ色の実を見せていますのは、イタリアンルスカスです。 年々立派な株になり、丸々とした身をたくさんつけています。 ちなみに昨年はこんな様子でしたので、 今年はいかに実が多いかがお分かりいただけると思います。 ところで、今日外出しました時に見かけましたオレンジ色の花。 交差点のフェンスの横でこんな花が咲いているとは驚きです。 見たことのない花ですが、ハロウィンカラ [続きを読む]
  • 男の子の像に続く小道 −ルドベキア プレーリーサンー
  • 「ここだけはまだ夏が残っているな。」 小さなヒマワリを思い出させる黄色の花。 8月の初めに購入しましたルドベキア プレーリーサンです。 地植えしたばかりの頃は、後ろではエリゲロンが花を咲かせていました。 それから2ヶ月・・・・ 花の色は濃くなりましたが、元気に花を咲かせ続けています。 先日ご覧いただきましたフジバカマから門扉の方を眺めますと、 この黄色の花がポツンと目立って見えます。 「通りから見た時、花 [続きを読む]