Blumen−Kranz さん プロフィール

  •  
Blumen−Kranzさん: 時をこえて ー百年の庭ー
ハンドル名Blumen−Kranz さん
ブログタイトル時をこえて ー百年の庭ー
ブログURLhttps://ameblo.jp/blumen-kranz/
サイト紹介文百年の歴史を持つ庭とシュロが印象的で改造中の庭、コレクションの西洋陶磁器のことなどを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供554回 / 365日(平均10.6回/週) - 参加 2011/09/11 21:46

Blumen−Kranz さんのブログ記事

  • サロン・ド・ルールブルー −ネックレスー
  • 「とても素敵な仕上がりだな。」 先日のサロン・ド・ルールブルーで、 西海先生に特注でお願いしていましたネックレスが昨日届きました。 そこで、カルトナージュ用に購入しました ダマスク柄のブルーの生地の上で記念撮影・・・・ これまでも、西海先生にはネックレスを何点か作製していただき、 cocomama先生にお習いしました宝石箱(cocohouseレシピ)と 一緒に撮影したことがありました。 ちなみに手前のローラ・アシュレイの [続きを読む]
  • 野菜と多肉君
  • 「わぁ、野菜がオシャレに飾ってあるな。」 前回は庭のアスパラガス・スプレンゲリーをご覧いただきましたが、 今日はオシャレに飾られた野菜をお楽しみください。 昨日叔母が案内してくれましたレストラン。 お店の中にはたくさんの鉢植えの木や植物があり、 ちょっとしたガーデンという感じです。 そして、カウンターにオシャレに飾ってある野菜に驚きました。 野菜は数か所に飾ってあり、カウンターの角に飾ってありました野菜 [続きを読む]
  • アスパラガス・スプレンゲリーの赤い実
  • 緑から赤に至るいろいろな段階の実がありますアスパラガス・スプレンゲリー。 6月にとても小さな白い花を咲かせ、 ツワブキが咲く10月にはこんな緑の実でした。 アスパラガス・スプレンゲリーの細い葉は、 昨日ご覧いただきましたロータス・コットンキャンディの葉に似ています。 そんな葉の先にあります赤くなった実。 昨年Tilda(ティルダ)の生地を使って カルトナージュで作製しました額付きポストカード入れ。 このクリス [続きを読む]
  • ライムカラーのティエラシリーズ
  • 女性像の小道に行ってみますと、 ライムカラーのティエラシリーズがなかなかいい感じになっていました。 近づいてみますと、花も真ん丸になっているものがあり、名前通りです。 そんなティエラシリーズの塀側では、マンリョウが赤い実を見せています。 「本当にマンリョウは庭のあちこちにあるな。」 そんなことを思いながら、女性像のまわりの変化を探す私でした。 人気ブログランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • ロータス・コットンキャンディのその後
  • 「ロータス・コットンキャンディ―に新しい葉が出ている。」 男の子と女の子の像の横の鉢に植えてありますロータス・コットンキャンディ。 そのコットンキャンディの前ではストックが元気な姿を見せています。 今までは下を向いた葉ばかりでしたコットンキャンディですが、 最近新しい元気な葉が姿を見せています。 しかし、中には色が変わって白っぽくなっている古い葉もあります。 そこで、そんな葉を思い切ってカット・・・ 思 [続きを読む]
  • 輝くラケナリア・ヴィリディフローラ
  • 「わぁ、なんてきれいなんだろう。」 ツボミの上の方まで透明になっていますラケナリア・ヴィリディフローラ。 光を浴びて透明な翡翠色に輝く様子はとても神秘的です。 球根だけを入れていました鉢で、 ラケナリア・ヴィリディフローラが発芽しているのに気がつきましたのは10月半ば。 そのまま土なしで様子を見ていましたところ、ここまで成長しました。 「やはり土を入れた方がいいかな。」 成長した姿を見て慌てて鉢に土を入 [続きを読む]
  • テラスの花壇 −ガイラルディアと宿根リナリアー
  • テラスの花壇の手入れをしていますと、 ガイラルディアが咲いているのに気がつきました。 ツボミもたくさんあり、なかなか趣のある眺めです。 ちなみに8月にはこのような眺めでしたテラスの花壇。 この時と比べますと、ガイラルディアの花の色はずいぶん違いますが、 冬に花が咲くとはちょっと驚きです。 そのガイラルディアの横では、宿根リナリアが新しい葉を見せています。 ハリネズミの左にある宿根リナリアがもともとのもの [続きを読む]
  • 冬のヘリクリサム・パステル
  • 「あれ、ここのツボミの感じは購入した時と似ているな。」 冬だというのに元気に花を咲かせていますヘリクリサム・パステル。 今年の3月に購入しました時はこのようでしたが、 最近株の一部がこの時と同じようになってきました。 離れて見ますとこのようですが、 茎がまっすぐな部分は購入しました時と同じ感じです。 花よりもツボミの方が私好みですが、どちらもカサカサしています。 いつも花を咲かせている印象がありますヘリ [続きを読む]
  • 男の子の像のまわり −ピンクのワビスケー
  • 「ワビスケの花がずいぶん増えたな。」 男の子の像の後ろにありますピンクのワビスケ。 以前見ました時は、ピンクの花はほんの数輪でしたが、 今は以前よりも花が増えて、木のあちらこちらにピンクの花があります。 ツバキといいますと、この珍しい葉をしましたキンギョバツバキ。 このツバキも所々で咲き始めました。 その隣にありますユズは、黄色の実で庭を彩ってくれています。 少しずつツバキの花が増える百年の庭でした。 [続きを読む]
  • 男の子の像のまわり −小菊とリムナンテスー
  • 咲き終わりに近い小菊。 小菊は前回ご覧いただきましたロウバイの根元にあります。 1ヶ月前は、このような美しい姿を見せていました小菊。 その小菊の足元では、リムナンテスが発芽しています。 毎年こぼれ種から発芽しますリムナンテス。 春にはこんなリムナンテスの花が見られることでしょう。 春に向けて植物が動き出している百年の庭でした。 人気ブログランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • 男の子の像のまわり ーロウバイー
  • 「今年はたくさんツボミがあるな。」 黄色く色づき、ぷっくり膨らんできましたロウバイのツボミ。 咲きますと、こんな花を咲かせます。 ロウバイがありますのは男の子の像の斜め前・・・・ ここ数年あまり花を咲かせませんでしたが、 今年は昨年とは比較にならないくらいたくさんのツボミをつけています。 ところで、男の子の像のまわりを歩きますと、シャリシャリという音がします。 霜柱が立っているからです。 霜柱が立ち、ロウ [続きを読む]
  • クレマチス・日枝の3番目の花
  • 細かいドットでワインレッドに色づけされました花びら・・・ 一輪ずつゆっくり開花してきていますクレマチス 日枝ですが、 ついに3番目の花が咲き始めました。 2番目が咲き始めました時は下向きで、花の様子がよくわかりませんでしたが、 今回は葉の上にのせてそのお顔を拝見・・・・ 購入しました時の日枝はツボミだけでしたので、 タグの写真を参考にどんな花が咲くかをいろいろ想像していましたが、 花は想像していましたよ [続きを読む]
  • ツバキ 侘助
  • 紅葉したドウダンツツジの前で咲き始めましたピンクのツバキ 侘助。 ピンクの侘助がありますのは、男の子の像の斜め後。 何気なく男の子の像を見ますと、その後にピンクの花が見えました。 ところで、男の子と女の子の像の斜め後でも、侘助が咲いています。 こちらの侘助は白。 義母がツバキが好きでしたので、たくさんのツバキがあります百年の庭。 ツバキを見ながら義母を思い出す私でした。 人気ブログランキング にほんブロ [続きを読む]
  • ラケナリア・ヴィリディフローラのツボミ
  • 透明な翡翠色の神秘的なツボミ。 その開花を楽しみにしていますラケナリア・ヴィリディフローラのツボミが、 透明な翡翠色になってきました。 前回ご覧いただきました時は、 葉に隠れるようにして地面近くで姿を見せていました小さなツボミ。 今では茎が伸び、葉の上でその神秘的なツボミを見せています。 なかなかピントが合いませんでしたが、ムスカリのような咲き方です。 ちなみにこちらは、昨年咲きましたムスカリです。 ラケ [続きを読む]
  • パンジー アプリコット
  • 「真ん中のパンジーが他のものより大きくなっている。」 植えました時は同じ大きさでしたパンジー アプリコット。 しかし、今は中央のパンジーが大きくなってたくさんの花を咲かせています。 購入しました時は、こんな大きさでしたパンジー。 「絶対おすすめのタグが付いていただけのことはあるな。」 すでに倍ぐらいの大きさになって、 かわいらしいたくさんの花を咲かせています。 他の苗も早く大きくなってほしいと思う私でし [続きを読む]
  • 白い妖精 アンスンエンシス
  • 「こんなにたくさんのツボミがあったんだ。」 以前ご覧いただきました時は丸い緑のツボミでしたが、 今では細長い白いツボミになりましたクレマチス アンスンエンシス。 このアンスンエンシスはテラスでポットのまま育てていますが、 葉の中にツボミが隠れているようなので、2枚ほど葉を切り取りますと、 たくさんの膨らんだ白いツボミが姿を現しました。 開花まであと少し・・・・ 白い妖精アンスンエンシスの季節がそこまで来 [続きを読む]
  • ヒイラギナンテンとジンチョウゲ
  • 「咲いている。咲いている。」 ツボミが膨らんで色づき、開花が近いと思っていましたヒイラギナンテン。 今日見ますと、花穂の一番下のツボミが咲いていました。 他の花穂でもいくつか開花しているツボミがありますが、 この花穂の開花したものが一番かわいらしいです。 以前よりもさらに黄色になりましたヒイラギナンテンの花穂。 ヒイラギナンテンの斜め後方にはジンチョウゲがありますが、 そのツボミの先が少しだけ赤くなって [続きを読む]
  • ロータス・ブリムストンのその後
  • ユーホルビアの鉢に植えていますロータスブリムストン。 その葉の先が黄色になっているのに気がつきました。 ロータス・ブリムストンを購入しましたのは、今年の3月。 ユーホルビアの鉢にシレネと一緒に植え、5月にはこんな姿を見せていました。 それから半年以上が過ぎ、 ロータスブリムストンは茎が伸びてこんな状態になっています。 「切り戻した方がいいのかな?」 春に向け、このユーホルビアの鉢をオシャレにしたいと思う [続きを読む]
  • ツバキ 侘助
  • ふと見ますと、男の子の像の後でピンクの花がいくつか咲いていました。ピンクの花は、ツバキで侘助のようです。そして、別の場所では白の侘助も咲いています。白の侘助が咲いていますのは、男の子と女の子の像の斜め後です。ツバキが好きでした義母。そのため百年の庭にはたくさんのツバキがあり、3月頃まで何かしらのツバキが庭で咲いています。ツバキを見ながら義母を思い出す私でした。 人気ブログランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • 女性像の小道  −ケストルム・エレガンスー
  • 「ここのケストルム・エレガンスにもツボミができている。」 小さなツボミ越しに見ます女性像。 ツボミは先の方がほんのりと赤くなっています。 昨日ご覧いただきました 男の子と女の子の像の斜め前にありますケストルム・エレガンスは、 ラズベリーのような赤いツボミで開花し始めていますが、 日当たりの関係か、 こちらのケストルム・エレガンスはツボミがやっとできたばかりです。 ヒマラヤスギの間に植えてありますが、 レン [続きを読む]
  • 女性像の小道 
  • その開花を楽しみにしていましたポットマム ティエラシリーズ。 ライムカラーの花がついに開花し、 隣のイタリアンルスカスと鮮やかなコントラストを見せています。 その後ろには、新たに植えましたパンジーが見えます。 週末に庭の手入れをし、すっきりしました女性像の小道。 ライムカラーのティエラシリーズもひもで縛ってまとめ、 手前にあるスイショウランが見えるようになりました。 ティエラシリーズはまだあまり丸くはあ [続きを読む]
  • ケストルム・エレガンスの開花
  • 「あれ、ケストルム・エレガンスのつぼみがかわっている。」 今までラズベリーの様でしたツボミ。 近づいてみますと、そのラズベリーのようなツボミから細長いものが出ています。 どうもこれが花びらのようです。 そして、別の茎では開花しているものがありました。 小さなベル型の花が房状に咲いています。 いよいよ来ましたケストルム・エレガンスの季節。 今はこのような眺めも、 もう少ししますと、こうなることでしょう。 庭 [続きを読む]
  • 黄色になったヒイラギナンテン チャリティ
  • 「わぁ、ヒイラギナンテンが黄色になっている。」 花が美しいことで知られますヒイラギナンテン チャリティ。 ヒイラギナンテンは男の子の像の後ろにありますが、 像の方から見ますとその存在はあまりわかりません。 像のまわりではいろいろな花が咲き、庭の中で一番華やかです。 ヒイラギナンテンは3週間前はまだ緑色といった感じの花穂でしたが、 今はひとつひとつのツボミが大きくなって黄色になり、 花穂全体としても黄色に [続きを読む]
  • マンリョウとオモト −テラスー
  • 「わぁ、オモトの実がきれいだな。」 テラスの西の端にありますオモト。 その葉の根元に丸々した赤い実が姿を見せていました。 オモトの実が色づいているのに気がつきましたのは1週間前ですが、 その時は今ほどは鮮やかではありませんでした。 このオモトの芝生側は、 少し前まではシュウメイギクが美しく咲いていた場所です。 芝生側から見ますと、このように見えますオモトの実。 シュウメイギクは咲き終わった後、 枯れたもの [続きを読む]