コバタケ さん プロフィール

  •  
コバタケさん: 利他のこころ
ハンドル名コバタケ さん
ブログタイトル利他のこころ
ブログURLhttps://ameblo.jp/195906/
サイト紹介文キャリアカウンセラーやコーチングそして起業・講演講師など将来起業目指しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2011/09/12 09:31

コバタケ さんのブログ記事

  • 【人生に無駄というものはありません】日野原重明
  • 【人生に無駄というものはありません】日野原重明☆辛い経験の先に幸せが待っています☆病気に限らず、どんなに辛いことがあっても、その経験は必ずや将来に生きてきます。人生には何一つ、無駄な経験はないのです。...日野原先生の言葉 本当に勇気がでます!今 ここで 生きている ことに意義があると思うと愉しくなります。さあ今日も集中して目の前の人を笑顔に♪かむながら ありがとうございます もっと見る [続きを読む]
  • 【道は心の内にあり】
  • 【道は心の内にあり】「道という言葉に迷うことなかれ   あさゆうおのおのがなすわざと知れ」至道無難禅師...人間として僕は僕だ、(中略)1個の人間として天を楽しみ、地を楽しんで世を渡るなら、実に満足で愉快な人生ではなかろうか。(中略)道といものは自分にあるものであり、心外無別道(三界(欲界、色界、無色界)のすべての現象は心によってのみ存在し、また、心のつくり出したものであるということ。その三界にはた [続きを読む]
  • 【聖徳太子の棺(ひつぎ)の一部?太子は実存!】
  • 【聖徳太子の棺(ひつぎ)の一部?太子は実存!】今夜のNHKの歴史ヒストリアは大変ためになりました♪、「太子は実在しない」という説を打ち消すような、棺や墓などの発見。また 法隆寺本尊で国宝の釈迦三尊像が実は聖徳太子?ではないかなど。...冠位十二階の制や憲法十七条そして遣隋使など今の私達に素晴しい実績を残した聖徳太子をしっかり学び次世代に引き継いでいきましょう!l もっと見る [続きを読む]
  • 【教育は共育 教師は共師】
  • 【教育は共育 教師は共師】日本江戸しぐさ協会(山内あやり理事)に依頼された東京都内の ある高等学校の授業で、オーストラリアからの交換留学生にむけて日本文化講座第二クール終了♪今回 異文化の方に 日本の文化を伝えることの難しさを改めて感じましたが 逆に いろいろ教わる事 そして人間として根っこの部分で 感じ 共感 共有できるとこがあるんだなぁと!...そして生徒さんから いろいろ教えて頂き 己を磨くこ [続きを読む]
  • 【道は近きにあり、然るにこれを遠きに求む”(孟子)】”照顧脚下”
  • 【道は近きにあり、然るにこれを遠きに求む”(孟子)】”照顧脚下”人は自然と先ばかり見る。志や夢・目標を持つことは人生において大事なことだが、着手はまず手に届くとこから始めよう!原理原則を大事にしよう!昨年は千手 えり子さんご指導で初めて謝仏に挑戦し 無心の境地で聖観音菩薩を描きました(^o^)いや筆が自然に動いてかかされている感覚があり まさしく ”いま ここで 素直に生きる”という声が聞こえた感じで [続きを読む]
  • 【宝=田から】=祖母からの教え
  • 【宝=田から】=祖母からの教え私の田舎は 栃木県の藤岡という田舎です。小さい頃よく遊びにいき 明治女の祖母からいろいろ教わりました。田舎は代々農家でお米を育てておりました。そんな祖母から 私達の”宝”は、田からとれたものであり、土で育て自分の体の幹となり 育てて頂ける土壌となる ”田んぼ”であると。...*田植えのうたそろた 出そろたさなえが そろた植えよう 植えましょみ国のために米はたからだ たか [続きを読む]
  • 【志大国日本の実現に向け!】子供は国の将来を担う”宝”です!
  • 【志大国日本の実現に向け!】子供は国の将来を担う”宝”です! 「古(いにしえ)の小学は、人に教うるに、灑掃(さいそう)、応対、進退の節、親を愛し長を敬い師を隆(たっと)び友に親しむの道を以ってす。 皆、身を修め家を斉(ととの)え国を治め天下を平らかにするの本となす所以にして、必ずそれをして講じて、これを幼穉(ようち)の時に習わしむ。 その習、智とともに長じ、化、心とともに成り、扞格(かんかく)し [続きを読む]
  • 【今夜は中秋の名月です♪ 】
  • 【今夜は中秋の名月です♪ 】”月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月”                   (作者 不詳)宮中で女官たちによって唄われたもので、歌の作者は不詳...ですが、昔は芋に箸で穴を開け、その穴から月を覗いてこの歌を詠まれるしきたりがあったそうです。京都ではこの月の宴のことを芋名月ともいい、芋をお月様にお供えしたり、その芋を食べたりする風習があったそうですね。中秋の名月 [続きを読む]
  • 【100年ライフ】
  • 【100年ライフ】*お金編重の人生を、根底から変える。*人生100年生きると考えると これからの生き方が変わってくる!...渡邉尚久さんから教わりました!人生100年カレンダー明るい未来になることを願います♪ もっと見る [続きを読む]
  • 【経営者モーニングセミナーで講話いたします】
  • 【経営者モーニングセミナーで講話いたします】☆10月13日(金)朝AM6時30分〜☆横浜国際ホテル...横浜中央法人会モーニングセミナーで講話させて頂きますテーマ「日本の美意識を世界へ」縄文からの江戸の先人の生き方を學ぶ先人の生き方から 世界に通じる 日本人らしさ 美意識を確認認識 理解することが 一番大事である早朝から學びはいかがでしょうか?http://www.rinri-kanagawa.com/eachcity.html?id=6 [続きを読む]
  • 【祖先を敬い、亡くなった方を偲ぶ日】秋分の日
  • 【祖先を敬い、亡くなった方を偲ぶ日】秋分の日元々農村部では、春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃に豊作を祝う自然信仰があり、山の神様である祖先の霊を春分以前に山から里に迎え、秋分以降に里から山へ送る儀式が行われていました。しかし、仏教の浸透とともに秋分は「秋の彼岸」として祖先を供養する意味を持ち始めました。明治時代に秋分の中日を「秋季皇霊祭〔しゅうきこうれいさい〕」と定め、宮中において祖先をまつる日と [続きを読む]
  • 【第五回 奥沢de北条時宗と元寇!日本最初の国難に立ち向かう】終了!
  • 【第五回 奥沢de北条時宗と元寇!日本最初の国難に立ち向かう】終了!改めて 北条時宗を中心に当時の御家人 朝廷 国民 まさしく国が一つになり ウシハクの蒙古軍を討ち破り シラス國日本を死守していただいた先人に感謝しなければならない!兎に角蒙古軍の侵略は”攻めた 焼いた 殺した 奪った 去った”で征服していった!文永の役での 対馬 壱岐侵攻は想像を絶する非情さだった!だからもし日本が蒙古に侵略されて [続きを読む]
  • 【一滴潤乾坤(いってきけんこんをうるおす】ー源頼朝公の墓前で誓いました!
  • 【一滴潤乾坤(いってきけんこんをうるおす】ー源頼朝公の墓前で誓いました!9月18日 鎌倉散策 歴史を学ぼう!で源頼朝公の墓前に献花させて頂きました。一滴潤乾坤とは、乾坤の乾は天、坤は地。「一滴のしずく」が、全宇宙を潤す一滴の水でこの宇宙乾坤を潤すことができる。一滴の水がよく大地を潤し、樹木草花を育み、緑に輝く地球を作りあげます。 私の活動もまさしく「一滴のしずく」かもしれません。でもその活動もいつかは [続きを読む]
  • 【偏(かたよ)らず,拘(こだわ)らず、囚(とら)われず 】
  • 【偏(かたよ)らず,拘(こだわ)らず、囚(とら)われず 】自分の未熟さか 人の一言に感情(怒り)が収まらないことがございます!でもそれは、己にとらわれ、メンツにとらわれ、立場にとらわれ、虚栄にとらわれる、偏るからだと思うと 自分の修行がたりないないなぁと!自省しております。...自分の天命を全うするためには,捉われず、拘らず、偏らず 素直な心を持とう!必ず人間的成長と道は拓けると信じて!かむながら あ [続きを読む]